PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

多彩なモードで『スター・ウォーズ』の戦場を体感せよ!【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2015/11/12

■『Star Wars™ バトルフロント™』3都市街頭イベントが開催!

東京、福岡、大阪の3都市で『Star Wars™ バトルフロント™』のイベントキャラバンが開催される。デモプレイを通じて本作の魅力を体感しよう。また、会場には試遊台も設置されており、プレイした人は『Star Wars™ バトルフロント™』特製グッズがもらえる!


<『Star Wars™ バトルフロント™』3都市街頭イベント会場・日時>

・東京 新宿ステーションスクエア......2015年11月21日(土)・22日(日)
・福岡 天神ソラリア ライオン広場...2015年12月12日(土)
・大阪 梅田ビックマン前広場............2016年1月10日(日)
※一部の開催会場および開催日時に関しては変更の場合がございます。ご了承ください。

本イベントの詳細はこちら!


本作では、1人の兵士として『スター・ウォーズ』に登場した戦場に参加可能。舞台となる惑星の再現度は非常に高く、氷の惑星・ホスや岩と砂の惑星・タトゥイーンは、βテストで体験できて原作ファンをうならせた。そして開発チームが設定資料をもとに作り上げた惑星・サラストも本作で登場。新たな『スター・ウォーズ』の世界を生み出している。

これらの戦場は、ゲーム開始時に選択したモードで決定する。モードごとに違ったルールでの戦いを楽しむことが可能だ。以下で現在判明しているモードを紹介していく。すべてのモードを楽しむもよし、好きなモードを中心にプレイするもよし。自分にあったモードを自由に選択できるのが『Star Wars™ バトルフロント™』の魅力と言えるだろう。


----------------------------------------------------------------------

前回の特集記事はこちら

原作映画が好きな人ほどハマる『Star Wars™ バトルフロント™』の魅力!【特集第1回/電撃PS】

----------------------------------------------------------------------





■1人プレイ&2人協力プレイが楽しめる「ミッション」

「ミッション」に属するモードは、1人でプレイできるほか、オンラインや画面分割による2人協力プレイを行なう。FPSやTPSといったジャンルに慣れていない人は、まず「ミッション」を遊んで、プレイの感覚をつかむといいだろう。


●トレーニングミッション

本作の基本を学ぶためのモード。操作方法やスターカード(プレイヤーが個人でセットできるアビリティのような要素)のレクチャーを受けられる。ほかにもXウイング、スピーダーバイク、AT-STなどのビークル(乗り物)の操縦、原作キャラクターの操作方法も学べるので、まずはこのモードで練習をしておこう。



●サバイバル

無数に押し寄せる帝国兵を撃退する「サバイバル」。一定数の敵を倒すと少しのインターバルを置いて、次の敵の一団が出現するウェーブ形式で進行し、後半のウェーブほど強力な敵や兵器が登場する。プレイ中は物資を搭載したドロップポッドを確保することで強力な武装を使えるようになり、戦闘を有利に運ぶことが可能だ。


◆Star Wars バトルフロント:ミッション初公開 - 協力プレイ




●バトル

反乱同盟軍、または帝国軍の一員として正面からの戦いに挑むモード。1対1の対戦や兵士を率いての小隊規模の戦闘まで自由に選択できる。CPU以外にフレンドを相手にして戦うことも可能だ。敵を倒すと出現するトークンを拾うことでポイントを稼ぎ、相手より先に100ポイント稼いだ陣営が勝利となる。



●ヒーローバトル

「バトル」の変化系のルールで、一般兵の代わりにルークやダース・ベイダーといった原作キャラクターとなって戦える。一般兵をものともしない力を振るえるぶん、倒したときor倒されたときのポイントが大きい。





■「マルチプレイ」で世界中のプレイヤーと戦う

オンライン上で、世界中のプレイヤーと対戦できるモード。単純に敵を倒すものだけでなく、目標を確保したり戦闘機でドッグファイトを繰り広げたりするものなど、多彩な種類が存在する。8人で対戦するものから最大40人が参加する大規模なものまで、『スター・ウォーズ』のあらゆる戦場を体験しよう!


●ファイター・スコードロン

20人のプレイヤーが戦闘機でドッグファイトを繰り広げる空中戦限定のモード。XウイングやTIEファイターなどの主力機はもちろん、ミレニアム・ファルコンやスレーヴ・ワンといった原作キャラクターが愛用していた機体も登場する。プレイヤーのほかにCPUが操作する機体が加わるため、映画さながらの無数の戦闘機による空中戦が楽しめる。目標は相手陣営よりも多くの敵機を撃墜することだが、反乱同盟軍と帝国軍の双方が輸送シャトルを運用しており、敵のシャトルの撃墜or味方のシャトルの防衛も重要。シャトルを防衛or撃破できればボーナスポイントが得られ、勝利が近づく。


◆Star Wars バトルフロント: 「ファイター・スコードロン」モード初公開




●スプレマシー

反乱同盟軍と帝国軍が5つの拠点をめぐって戦う。最大40人が参加する大規模戦で、10分間のラウンド中に5ヵ所の拠点をすべて占拠するか、終了時に制圧している拠点が多い陣営が勝利となる。開始時は互いに2つずつ拠点を持っており、正面からぶつかって拠点を占領しながら前線を押し上げていく。あらゆる兵器が密集した乱戦に身を置くことが多いので、激しい戦いを好むプレイヤーに人気を集めそうだ。



●カーゴ

互いの陣営の戦略物資が詰まったカーゴを奪い、自らの陣営に持ち帰ることが目的。FPSでは「キャプチャー・ザ・フラッグ」として知られるルールだが、本作では自分の物資が取られていても相手の物資を奪取出来るというアグレッシブなルールになっている。そのため、攻撃役と防衛役をどう分けるかが勝敗を左右するだろう。



●ドロイド・ラン

6対6で争うルールで、マップを動き回っているゴンク・ドロイドを起動して確保するのが目的。ゴンク・ドロイドは自由に動き回っているため、まずはドロイドを探す必要がある。制限時間は10分間で、このモードには原作キャラクターが出現しない。いかに早くドロイドを見つけられるかどうかがカギとなるため、起動力に優れた装備が向いている。



●ウォーカー・アサルト

スプレマシーと同様に最大40人が参加できる大規模戦。帝国軍は敵陣奥へ進軍を続けるAT-ATを破壊されないのが目的で、反乱同盟軍はYウイングによる爆撃を要請するために通信施設をめぐって戦うことになる。

明確に攻めと守りが分かれているため、所属する陣営によってセオリーが変化。AT-ATがジェネレーターに到達する前に一定数の爆撃要請ができないと、反乱同盟軍は不利な状況におちいる。しかし、スノースピーダーでケーブルをひっかけてAT=ATを転ばせるという一発逆転の展開も! 最後の最後まで勝敗がわからないモードだ。


◆Star Wars バトルフロント:マルチプレイヤーゲームプレイ | E3 2015 「ウォーカー・アサルト」ホス到来




●ブラスト

いわゆるチームデスマッチと呼ばれるモード。10対10に分かれ、先に100キルを達成するか、制限時間終了時に優勢な陣営が勝利となる。目的が単純明快なため、初心者でもゲームの流れを理解しやすい。反面、プレイヤーの腕が出やすいモードといえるだろう。



●ドロップ・ゾーン

反乱同盟軍と帝国軍に分かれ、空から落下してくる脱出ポッドをめぐって戦うモード。5つのポッドを確保するか、10分経過時に多くのポッドを確保していた陣営が勝利となる。確保したポッドを守らないと敵に再確保されてしまうため、戦力の分配や状況の確認が重要。チーム内での連携が試される。なお、ポッドからはパワーピックアップ(使い切りの特殊な装備)が手に入るため、戦力の強化という意味でもポッドを確保したい。



●ヒーローVS.ヴィラン

「ヒーローVS.ヴィラン」は、ジェダイの騎士やシスの暗黒卿、バウンティハンターといった強力なキャラクターたちを操作して戦う、3対3のルール。各陣営のプレイヤーは、それぞれランダムにその陣営のキャラクターを割り振られるが、一度倒されるとその後は一般兵としてプレイすることになる。目標は、敵陣営のキャラクターをすべて倒すこと。倒しきれなかった場合は、ラウンド終了時により多くのキャラクターが残っていた陣営が勝利となる。



●ヒーローハント

参加するプレイヤーは8人だが、そのうちの1人が原作キャラクターとなる。そのほかのプレイヤーは一般兵として原作キャラクターを狙う。原作キャラクターを倒した一般兵は、新たに原作キャラクターに代わり、今度は狙われる立場になるのが特徴だ。


今回は本作で遊べる主なモード紹介した。モードごとにルールやマップが変わるので、自分にあった楽しみ方が見つかるはずだ。作り込まれたマップの背景などにも注目して、『スター・ウォーズ』の戦場を堪能しよう。





■予約するとDLC「BATTLE OF JAKKU」をいち早く遊べるように!

本作を予約すると、12月に配信予定のDLC「BATTLE OF JAKKU(惑星ジャクーの戦い)」の先行プレイ権(※)が同梱される。「JAKKU」の戦い自体は無料で配信されるが、通常の配信より1週間も前にプレイできるので、気になる人は予約をしておこう。また、11月15日(日)までの期間限定で、PlayStation®Storeで本作のダウンロード版の予約も受付中。予約特典として「BATTLE OF JAKKU」の先行プレイ権のほか、『Star Wars™ バトルフロント™』のPS4®用テーマが付属するので、テーマが欲しい人はこちらで予約するといいだろう。



▼『Star Wars™ バトルフロント™』のPS Storeでの予約購入はこちらから



『Star Wars™ バトルフロント™』公式サイトはこちら


------------------------------------------

PS.Blogの『Star Wars™ バトルフロント™』ページはこちら

----------------------------------------


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら



Star Wars © & ™ 2015 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Underlying technology and game design © EA. All rights reserved.

(※)この特典はプロモーション用途に限定して発行されたもので、クレジットカー ド、チャージカード、デビットカード、ギフトカードの一部となるものではありません。『Star Wars™ バトルフロント™』(以下、「製品」)の新規購入でのみ有効となります。製品発売と同時に特典の期間は終了となります。コードは2015年12月7日まで 有効となります。キャンペーン参加販売店のみで適用されます。パッケージ版製品の場合、製品購入時にコンテンツへのコードが提供されます。デジタル版製品 の場合、製品のインストール時に自動的にコンテンツへの権利が授与されます。コードは各製品販売地域にて有効となります。先行アクセスの詳細なスケジュー ルについては、 http://starwars.ea.com/ja_JP/starwars/battlefront/news/star-wars-jakku-pre-order-offer をご覧ください。この特典を代用、交換、販売したり、金銭あるいはその他の商品やサービスと引き換えることはできません。EAによる明示的な許可がない限 り、他のプロモーション特典、あるいは割引特典と併用することはできません。対象コンテンツと引き換え可能なプリペイドカードと併用することはできませ ん。法律によって禁止、課税、制限されている地域では特典は無効となります。開示されている製品の詳細、およびエンドユーザー使用許諾契約書、コンテンツ 保護技術については www.ea.com/1/product-eulas でご覧いただけます。プレイにはインターネット接続およびOriginアカウント、シリアルコードによる登録、エンドユーザー使用許諾契約書への同意が必 要となることがあります。EAのオンラインプライバシー&クッキーポリシーおよび利用規約は www.ea.com/jp でご確認いただけます。Originアカウントを作成いただくには13歳以上である必要があります。オンライン要素の提供は、EAによる www.ea.com/jp/1/service-updates 上での終了通知掲載後、30日の経過をもって終了する場合があります。



【ゲームライフに「いいこと」プラス! PlayStation®Plus】

PlayStation®Plusは、加入者専用の機能や特典がご利用いただけるメンバーシップサービスです。名作ゲームが回数や時間の制限なく楽しめる「フリープレイ」、ご加入者限定の割引価格でコンテンツを楽しめる「ディスカウント」、データの快適管理機能「セーブデータお預かり」など、各種サービスをお手頃価格でご利用いただけます。

PlayStation®Plusに加入すれば、PS4®でオンラインマルチプレイを楽しこともできます。

PlayStation®Plusの詳細はこちら

記事を探す
トップに戻るボタン