PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【インディーズ探索隊】『Prismatic Solid』で美しきバレットの海を渡れ!ド派手な弾幕シューティングゲームを紹介!

by PS.Blogスタッフ 2015/02/25

毎回SCEJAのインディーズゲーム担当チームがオススメの作品とその魅力を解説する、連載コラム「インディーズゲーム探索隊」。
今回はどんな名作・力作を紹介してくれるのでしょうか!?
では担当チームのみなさん、よろしくおねがいします!
============================
どうも!ボウズです、イトゥです!!
2月もまだまだ寒いっすな~。髪短いとですね、頭から冷えるんですよ、頭から。
だから帽子が世の中に生まれた。そう、帽子はボウズと共にあるのです。きっと。。。w
そんな寒い季節、寒いときはアウトドアもいいけど、部屋での遊びを充実させたいですよね。そういうときこそ個性的なゲームを嗜むのもまた一興!
ということで幅広いジャンルがそろうインディーズゲーム、本日もお気に入りの1本を紹介します。

インディーズゲームをPlayStation®で配信されるにはいろいろな経緯があります。「日本でインディーズゲームの展開をやります」とさまざまなチームに声をかけ始めて、すぐに「一緒にやりましょう!」と意気投合し制作をスタートした作品のひとつが、今回ご紹介するPlayStation®4のシューティングゲーム『Prismatic Solid』です。


制作のメインスタッフはなんと1人!あとは音楽、デザイン面での協力スタッフも含めて4名ほどで、濃密なシューティングゲームを作り上げています!なんといっても皆さん一線で活躍するプロばかり。音楽はゲーム音楽では大変に有名な細江慎治さんと佐宗綾子さんが参加。世界観とテクノ調のゲームBGMが相性よく、頭で音楽がリフレインしますよこれは。
また、制作者は1人で1年強のPlayStation®への対応を経てオリジナル要素も追加されていよいよ配信となりました!!

ゲーム内容は大変に分かりやすいシューティングゲーム。そしてそのつくりが面白い。四角、丸、三角といった単純な造形を使って一見抽象的できれいな世界の中、うまくその造形を組み合わせることで、あら不思議な障害物や敵キャラクターへ。ものすごい弾幕量と共に立ちはだかってきます。 シンプルな造形の分だけシューティングの弾よけやショットの気持ちよさが分かりやすく表現されているのがこのゲームの面白いところ!


さらにもうちょっと詳しく。
自機のショットは6種類、敵を追随していくホーミングショットや、前方に高火力を集中させるショット、散弾でうまく前方の広範囲を狙うショットや左右後方へも広がるショット、状況に応じてショットを使い分けるのはシューティングの醍醐味でとても気持ちの良い切り替えができます。



あと自機の周りに3つの子機が。
この子機、優秀なのです。敵を倒して取ることができる各子機と同色のアイテムを取ると子機の触手?がうにゃっと伸びる。その触手部分で大体の弾幕をシャットアウト。弾避けは結構簡単にできるのが『Prismatic Solid』の特徴でっす。


弾避けよりは障害物避けが難易度高い印象。スピードが上がるので気合が入る一瞬です!


本作ではステージ選択が追加。1度到達したステージからプレイを開始することができるので練習が気軽にできる機能が追加になってます。これは便利!

それと、1度ゲームを始めると分かるのですが、このゲームは1週目はチュートリアルのようなものです。2週目以降の敵の配置が、こりゃまた、どえりゃーことになっとるです。
でもそれを乗り切るとちょっとユニークな追加モードが!!!是非、ご自身で到達してみてくださいっ!

イトゥもよくお話をしているクリエイターさんなのでちょっと今回は制作者・小森陽一さんの声もお届けしたく、インタビューもしてみましたっ!

イトゥ:小森さん、ゲーム制作は何年やってらっしゃるのですか?
小森:高校の頃からずっとで28年になります。シューティング以外にも制作していましたが、シューティングですと4作品は作っています。シューティングでいうと、実はPlayStation®のタイトル『iS internal section』の制作をしていました。『Prismatic Solid』と世界観やコンセプトに共通する部分が沢山あります。

イトゥ:端的に!『Prismatic Solid』のこだわりのポイントは??
小森:敵の攻撃にランダムな要素を入れて、プレイするたびに違った戦いになるようにしています。
イトゥ:えっそうだったんすか?それは攻略苦労するわけだww

イトゥ:小森さんのシューティング愛を感じる作品なので聞いてみたいのですが、小森さんが思うシューティングで大事な要素ってなんでしょう?
小森:「敵のリアクション」が重要だと思います。プレイヤーの動きに応じて動作を変えることで、機械的過ぎないかすかな知能を見せたり(若干のかわいらしさに繋がる)ダメージを受けたときの反動やエフェクトで攻撃の強さを表現したり、爆発したときの演出で爽快感を出すなどです。

なるほど~。小森さんありがとうございました!!
ちょっとこんな話も思い出しつつプレイすると、制作者の演出が見えてきて、より一層深く遊べますね。
久しぶりにシューティングの緊張感を味わって部屋で汗かけますよ。本当寒い冬にはもってこいですわ~!
是非皆さんも、『Prismatic Solid』チャレンジしてみてください!
あっそれとプレイ上達したらシェア配信してくださいね。スーパープレイ期待していますよ~!!

============================
ありがとうございました!
次回の「インディーズゲーム探索隊」も、どうぞお楽しみに!

▼PS4™専用ソフトウェア『Prismatic Solid』の購入はこちら


インディーズ特設サイトはこちら

記事を探す
トップに戻るボタン