PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

女の子たちの提案を採用するバトルが新しい、少女おしおきRPG『クリミナルガールズ2』11月26日発売!

by PS.Blogスタッフ 2015/11/19

■この中に本物の罪人がひとりいる!?
 謎に満ちた幕開けを迎える少女たちのヨミガエリの行方は......?

罪を犯す前に命を落とした「半罪人」と呼ばれる女の子を指導して、まっとうな人物へと更生し、現世へと送り返すことが目的の『クリミナルガールズ2』。日本一ソフトウェアより、いよいよ来週11月26日(木)に発売されるPlayStation®Vita専用のRPGだ。

クリミナルと呼ばれる敵がひしめく試練のダンジョン・地獄の塔での戦いは、現世へ復帰(ヨミガエリ)するにふさわしい人物かをテストする意味合いもある。そんな中、ヨミガエリの試練に挑むメンバーが本来6人のはずがなぜか7人いることが判明し、今回紹介する指導教官のマヤによって地獄送りにされてしまう......!?



◆「地獄の塔」に所属する指導教官

マヤ (CV:岡田 栄美)
「あなたたちを先に行かせるわけにはいかないわ」

規則や規律を重んじる性格の指導教官。ヨミガエリの試練に挑むメンバーの中に罪人が混ざっているとわかった途端、規則に従い一行を問答無用で地獄へと堕としてしまう。

主人公と同じ指導教官らしいが......?






■誰の提案を採用する?
 通常のコマンド入力式とは異なる独自システム!

本作のバトルの最大の特徴は、気ままなヒロインたちの「提案」の中からひとりの意見を採用し、そのターンの行動を決定する独自のバトルシステム。戦闘に参加するのは4人のメンバーで、4人の意見のうちどれを採用し、魔物たちと戦うかがカギとなる。


4人の提案のうち、どの意見を採用すれば有利になるかが悩みどころ。敵の弱点を突くような提案が飛び出せばラッキーだ。



◆スキルを使いこなせば、強敵だって怖くない!

女の子たちはおしおきを通じ、戦闘で提案できる行動の幅を広げることが可能。スキルには敵への攻撃スキル、体力を回復させるスキルや味方をサポートするスキルなど、種類も多彩。




◆スキルの習得に欠かせない「おしおき」について

各種スキルは、セーブポイント(キャンプ)で女の子を「おしおき」することで習得できる。おしおきは、悪い心が具現化した泡を擦り落としたり、心が綺麗になるスライムをぶっかけたりする、れっきとした「ヨミガエリ」の一環なのだ。おしおきという教育的指導を経て獲得したスキルで、現世への復帰を目指せ! 


操作はすべてタッチスクリーンで行なえる。




◆女の子たちの絆が、メンバーに新たな力を与える!

ストーリーを進めていくと、女の子たち2人が協力して発動する「キズナアタック」というスキルを入手することがある。この「キズナアタック」は通常よりも大ダメージを与えたり、さまざまな追加効果を持つ技が発動したりと、非常に強力。






■女の子たちを好みの属性に染め上げよう!?
 S属性とM属性のスキルについて

『クリミナルガールズ2』から新たに、女の子たちが習得可能なスキルとしてS属性とM属性という要素が追加された。習得しているスキルの属性に応じて、女の子のSM値と呼ばれる数値が変動し、これによって戦闘で彼女たちを「指導」する際に影響が出てくるという。


スキル名の前についている「S」「M」のアイコンがその属性だ。属性の数によって、右側に表示されている女の子のSM値も変化していく。



◆戦闘中に女の子たちを「指導」することで、やる気を引き出そう!

本作から加わった戦闘システムに、女の子たちを戦闘中に褒めたり叱ったりすることで、戦闘に影響を与える「指導」システムがある。この「指導」はSM値と密接な関係があり、S属性の女の子は与えるダメージが。M属性の女の子は受けるダメージがそれぞれ変化する。

習得スキルはプレイヤーが任意で変更が可能なので、S属性とM属性のどちらが有効か考えつつ、スキルを決めていけるのがユニークだ。


指導の種類は「叱る」「褒める」「気遣う」「心配」の4つ。どの指導が誰に有効か、SM値の違いによる反応も見ながら指導していこう。





提案の採用や指導といった本作独自のシステムが、なんともユニークなRPG『クリミナルガールズ2』。スキルの習得に必要な「おしおき」など、気になる要素があったらぜひともプレイしてみよう!


『クリミナルガールズ2』の公式サイトはこちら



©2015 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン