PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

人気シリーズ第一作が『アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- Ancora』としてPS Vitaに完全移植! パワーアップ箇所とともに作品をおさらい!

by PS.Blogスタッフ 2015/12/04


■地中海に浮かぶ島を舞台にした、運命と絆のイタリアンファンタジー!

2011年に発売されたPSP®「プレイステーション・ポータブル」用ソフト『アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-』は、「乙女ゲーム×少年マンガ」をコンセプトとしたスタイリッシュなアドベンチャーゲーム。そのPS Vita版が12月23日(水)にCOMFORTより発売される。

物語の中心となるのは、地中海に浮かぶ小さな島・レガーロ島を守る自警組織「アルカナ・ファミリア」のメンバーたち。組織を統べるパーパの一人娘・フェリチータ(※主人公・名前の変更は可)は、組織の一員としての一歩を踏み出したばかり。しかし、全ファミリーをあげての華やかなパーパの誕生日の場で、フェリチータにとって衝撃の発表をパーパが宣言し......!?

物語を彩るキャストは福山潤、代永翼、吉野裕行、杉田智和、中村悠一、小杉十郎太、遊佐浩二などの豪華声優陣。キャラクターデザイン&原画を手掛けるさらちよみ氏の美麗なグラフィックを高解像度で楽しめるところもポイントである今回の移植版。シリーズの原点をPS Vitaで楽しもう!




◆新たな驚きもいっぱいのPS Vita版の追加要素をチェック!

・軽快なタッチ操作で電子コミックを読む感覚でプレイができる
本作はタッチスクリーン操作にも対応しており、PS Vitaならではの快適なタッチ操作は、コミック風に進む本作のストーリー(コミアルシステム)と非常にマッチ! ヒロインの能力によって心の声を読み取る「ココアルシステム」もタッチ操作が可能となり、指先でキャラクターの心を読み取る操作だって直感的に行なえる!


高画質な映像となった点も、大きなパワーアップポイントのひとつだ。一作目が美麗な画面で楽しめる!




・オープニングムービーもリニューアル!
シリーズの原点となる主題歌「Stellina」(歌:原田ひとみ)はそのままに、オープニングムービーを本作のためにアレンジした新装オープニングムービーにリニューアル!



・期間限定公開のSSをゲーム内に再録!
公式ブログ内に期間限定で公開されていた本作のショートストーリー『Tanti auguri Felicita!』を、ゲーム内に特別収録!


元がショートストーリーのため、この特別編は音声なしの仕様だ。限定公開のSSが、コミアルシステムで楽しめる!





■アルカナ・ファミリアの仲間とともに、運命に挑め!
 本作の物語を彩るキャラクターたち

アルカナ能力と呼ばれる不思議な力を使い、レガーロ島を守ってきたアルカナ・ファミリアのメンバーたち。そのトップの座であるパーパの称号と、現パーパの娘・フェリチータとの結婚を賭けて行なわれる「アルカナ・デュエロ」の開催は......フェリチータ本人にとっても衝撃の内容。彼女は自身の運命を変えるため、メンバーとともに「アルカナ・デュエロ」を勝ち抜くことを決意するが......?

本作の物語を彩るアルカナ・ファミリアの中心メンバーをご紹介。作中でフェリチータと彼らの関係性がどう変わっていくかも見どころのひとつだ。


◆リベルタ
CV:福山潤
「オレは、この剣で未来を切り拓く!」

新しいもの、珍しいものが大好きな少年で、船の上の生活が自分には合っていると考えている。自分がこうと思ったら即決、すぐに行動に移すタイプだが、それが元で失敗することも多々。しかし、そうしたピンチを運だけで乗り切ることもまた多い。直感的に自分が仲良くなれると思った相手のためなら、労力を惜しまない。



◆ノヴァ
CV:代永翼
「僕は絶対お前を好きにならない。......お前が僕を好きになるんだ」

才能豊かな少年で、若くして幹部としての頭角を現したヒロインの従兄弟。ヒロインの両親に心から信頼を寄せているが、それゆえヒロインに対して妙な敵対心を持っている。かつてパーパがヒロインとの結婚をすすめたが、全力で嫌がったという過去を持つ。精神的に幼い面を持っており、よく周囲にからかわれている。



◆デビト
CV:吉野裕行
「死ねば助かるぜ。羨ましいよ、ブタ野郎」

口は悪いが、意外な面倒見の良さと見た目の危険な雰囲気で、街の娘たちからも大人気。女性は好きだが、さらに好きなのはギャンブル。スリルと駆け引きを好み、相手を注意深く観察することが得意な人物。逆に嫌いなことは、相手に縛られること。パーチェやルカとは幼なじみで、3人でよくつるんでいる。



◆パーチェ
CV:杉田智和
「お嬢ー! だ・い・す・き・だー!」

少しお調子者なところがある、陽気なムードメーカー。留守がちな幹部長の代わりに「交渉役」として、島民や各幹部間の調整に当たっている。知恵はあるが、知識は足りないため、いざという時は拳で黙らせるタイプ。動物的な感覚だけで生きていると周囲には思われている。デビトやルカとは仲が良く、けっこうな食いしん坊でもある。



◆ルカ
CV:中村悠一
「私の聖域(お嬢様)に、近づく事は許しません」

ヒロインが幼いころからの世話係で、料理や裁縫などの家事が得意。彼女にナイフの技術を教えたのはルカであり、その腕前は相当なもの。デビトやパーチェとは幼なじみ。頭脳派な男で錬金術を好み、実験をしているときが至福の時間という。錬金術の師匠であるジョーリィとは、あまり仲が良くない。



◆ダンテ
CV:小杉十郎太
「......子どもの出る幕などない。下がっていろ」

元は地中海を根城にする海賊だった男。パーパとは昔からの付き合いがあり、ファミリー内で一番の頼れる人物。人望があり、曲がったことは大嫌い。ユーモアセンスも悪くなく、「人を楽しませる」ことを知っている。整えられたあごひげが昔から変わらないトレードマークで、リベルタにとっては父親のような存在。



◆ジョーリィ
CV:遊佐浩二
「おいで、私の花嫁」

パーパの片腕で、ファミリー内での権力はナンバー2。ファミリーの相談役として、非情な決断や他者に対する容赦ない制裁を加えるため、島の人々からは畏怖の対象になっている。どこか得体の知れない空気を持つが、実力はあるので一目置かれている。錬金術の腕と知識は、島随一とされる。



◆フェリチータ (※名前の変更は可能)

15歳まで母のスミレ・従者のルカとともに、人里離れた小さな家で暮らしていた少女。「自分の人生は自分で切り拓きなさい」と説くドライな母親と、「いつか王子様が迎えに来てくれますよ」と言う夢見がちなルカの2人に育てられたため、クールに見せかけて、乙女チックな一面も持っている少女に育つ。自立心は強いため、現パーパである父の過剰な愛に対し、素直になれずにいる。





■コミックのような感覚で遊べる本作ならではのゲームシステム

本作はいわゆるアドベンチャー形式のゲームだが、「コミアルシステム」「ココアルシステム」「デュエロシステム」という本作ならではの3つのシステムにより、より楽しくテンポ良く物語に没頭できるのだ。


<コミアルシステム>
一般的なアドベンチャーゲームの表現に加え、特定のシーンでは専用のコマ絵を採用し、コミックのような演出も挿入される本タイトル。流線や集中線、描き文字といった演出が「動きのある映像」として表現されるため、シーンの印象が際立つことうけあいだ。


<ココアルシステム>
ヒロインが持つアルカナ能力「恋人たち」は、相手の心を見ることができる特別な力を有している。これにより、攻略対象のキャラクターがどんな気持ちでいるか、現在考えていることは何か......などを知ることができる。仏頂面のキャラクターの内面だって、このシステムでチェックできてしまう。


<デュエロシステム>
これは作中で表現されるバトルシーンなどで、制限時間内に指示された操作を行なうシステム。コミアルシステムとも併用されることが多く、緊迫感のあるシーンが楽しめる!





人気シリーズの一作目がPS Vitaでプレイできるのは、ファンにとっては嬉しい限り。アニメやコミックで本作を知ったという人は、この機会にシリーズの「原点」をプレイしてもらいたい。PS Vita版ならではの「快適なタッチ操作」もぜひお試しあれ!


------------------------------------------

アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- Ancora

発売元:COMFORT(原作・開発:HuneX)
対応プラットフォーム:PlayStation®Vita
ジャンル:運命の輪を廻すアドベンチャー(女性向け恋愛ADV)
発売日:2015年12月23日発売予定
希望小売価格:
 パッケージ版 4,980円+税
 ダウンロード版 4,500円+税
CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


『アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia- Ancora』公式サイトはこちら



©HuneX / COMFORT

記事を探す
トップに戻るボタン