PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

勇者の死から始まるRPG『勇者死す。』──物語の行方を左右する数々の要素を紹介!

by PS.Blogスタッフ 2015/12/10

■神様からもらった猶予期間はわずか5日――
 限られた時間をどう活用するかはプレイヤー次第

日本一ソフトウェアから来年2月25日(木)に発売される『勇者死す。』は、勇者が魔王を倒してもなお残る「世界のさまざまな問題」を描く、ありそうでなかったタイプのRPG。フィーチャーフォンなどで発売されていた同作のPlayStation®Vita版での注目ポイントを、改めてチェックしよう。

今回紹介するのは、魔王を倒した勇者が神様からいただいた「5日間」という......限られた「生の時間」をどう活用するか? といった本作のキモとなるシステムパート。さらに、ヒロインとの関係性を左右するシステムなどもご紹介。魔王軍残党の実力者、といった敵キャラクターたちも明らかに!


魔王亡きあとも、実力ある魔物たちは各地で暴れまわっている。その問題を解決するか、それとも限りある時間を別のことに使うかは、プレイヤー次第というわけだ。


■勇者の旅もラクじゃない? 勇者の行動に関わるエトセトラ

勇者に与えられた5日という時間でさまざまな問題を解決するには、残された時間をできるだけ有効に使う必要がある。本作ではその「時間」というリソースが、他のゲームよりも重要なファクターとなっている。たとえば「宿屋に泊まる」という行動も、本作ではこんなに悩ましい要素になっていたりする!


画面左下の「疲労」というアイコンにご注目! 疲労度が高まると、どんなことが起こる? 




◆勇者の弱体化と疲労度について

本作では時間の経過とともに、勇者はどんどんと弱くなっていく。復活直後のステータスは魔王を倒した全盛期のものでも、タイミリミットが近づくにつれてステータスは下がり、魔法も忘れていってしまう。

この弱体化の進行は「疲労度」との関わりが非常に強く、疲労度は時間の経過とともに蓄積されていく。疲労度が高い状態で行動すると弱体化のスピードはどんどんと早まるため、疲労度をためすぎないことが重要となってくる。


勇者が弱体化する演出。なんとも不吉なエフェクトとともに、勇者の能力は失われていく。



弱体化により、魔法の一部も忘れてしまう。できれば弱体化の進行を遅くしたいところだが......。



宿屋での休憩やキャンプで休憩をすると、疲労度は下がるが時間が経過してしまう。どのくらい休憩するのがベターか、疲労度やステータスを考えながら行なう必要があるだろう。なお、ゲーム内の1日は約1時間で進むため、1プレイあたりの時間(5日間)はおよそ5時間となっている。




◆移動手段について

作中で最も時間がかかるのは、街から街、街からダンジョンといった移動の時間。「お金はかからないが時間がかかる徒歩」「お金はかかるが時間が節約できる馬車」「アイテムによる移動」「MPを使う移動魔法」など、選択肢はいろいろあるのだが......どれも一長一短。アイテムは所持していないと使えないし、移動魔法は仲間か勇者自身が習得していないとそもそも使えないし......なかなかに悩ましい。



■勇者に迫る決断のとき! さまざまな選択が本作の物語を左右する

各地の問題を解決するうち、勇者はさまざまな選択を迫られることになる。選択によっては思いもよらない展開が待ち受けていることもあり、選択肢の回答は慎重に行ないたい。


◆王女・フローラとの結婚!?

フローラは勇者との結婚を望んでおり、勇者にレアアイテムをゆずるかわりに結婚を持ちかけてくる。もし承諾すると王族となるため、葬式も豪華なものになるかも......。



フローラから誓いの品として受け取るレアアイテムが他のヒロインが必要としているものであったり、ストーリーの進行に必要なアイテムだったりすることも......。とりあえず結婚という選択もナシではないかもしれないが、仲間たちがその行動をどう感じるかはわからない。




◆かつての仲間と、剣を交えることもある!

勇者の行動次第では、かつての仲間たちと戦うような場面もある。味方のうちは頼もしいが、敵に回すと手強い相手。日に日に弱っていく勇者に、勝ち目はあるのだろうか?


リューは森の木を守るため、かつての仲間だった勇者と対決する。どの陣営にくみするかで、勇者の立ち位置も変わってくる。




◆捕らわれのヒロインたちを救う? それとも?

勇者と関わりを持ったヒロインたちが、ときに国家に仇なす反乱分子として逮捕されることがある。彼女たちが捕まっている間は、当然そのヒロインとのイベントは進行しない。彼女たちを解放するよう働きかけることもできるが......。


ヒロインたちが牢に拘束される理由はさまざま。勇者の働きかけで解放することもできるが、それによってどんな影響があるかもわからない。助けるか、そのままにしておくべきか......。




◆死んだはずの魔王が復活するという噂も......?

魔王と刺し違えた際、魔王は勇者に自分の復活をほのめかすような言葉をのこしていく。そのセリフが本当なら、もう一度魔王と戦うこともあるのだろうか。



さらに各地で耳にする、魔王を復活させようとする者の噂。この話の「真偽」はいかに......?


■仲間やヒロインたちとの関係を深めるイベントあれこれ

仲間にプレゼントを贈ったり、ヒロインに特別なプレゼントを贈ったり......ここでは、そうした「贈り物」に関するイベントを紹介する。死を前に子孫を残す......といった驚きの展開も!?


◆装備やアイテムをプレゼント

次代の勇者としてがんばるヨナに、愛用の剣をプレゼント。このように、仲間になったメンバーに装備品やアイテムをプレゼントすると、メンバーがプレゼントを気に入ってくれた場合、その装備を使ってくれるといったメリットがある。

日に日に弱まる勇者が持てなくなった装備を、他のメンバーにプレゼントしてみるのも悪くない。ちなみに勇者の装備は魔王を倒すほどの装備だけあって「高額で売る」こともできるため、旅の資金にするのも手ではある。




◆真紅のバラをヒロインにプレゼントすると......

プレゼントできるアイテムの中に、真紅のバラという特別なアイテムがある。赤いバラの花言葉はズバリ「あなたを愛しています」。ヒロインや女性キャラクターにプレゼントすると、新たな展開があるかもしれない。




◆特別な関係となったヒロインとはこんな展開も!?

死に向かう5日間で関係を深めていったヒロインの中には、勇者との間に子供を残すことを希望するヒロインもいる。勇者の子供を宿したヒロインは、彼の葬式でどのような言葉を勇者に贈るのだろうか......。

■PS Vita版の新要素・釣りについて

神様から与えられた5日間を、なんと釣りをして過ごすこともできるPlayStation®Vita版。この釣りは、基本的に時間を無駄に過ごすだけのものであり、魚を釣ったとしても何らかの問題が解決されるわけではない。しかし、釣りをすることでしか聞けないセリフがあったりするし、何かに追われることのない5日間というのも時には悪くないはずだ。釣り竿を持っていれば世界中のいたるところで釣りができるため、どこでどんな魚が釣れるか調べてみるのも一興かもしれない。


釣った魚の記録はデータとして保存される。残された時間を、こうしてのんびりと過ごすこともできるわけだ。



■魔王亡き世界で生きる魔物たち

魔王が討伐されたあと、RPGの魔物たちはきれいさっぱりいなくなるのだろうか? 本作ではそうしたRPGファンの疑問に対して、ひとつの答えを提示している。魔王という支えを失い、各地で生きる魔物たちが引き起こす諸問題......それを解決するかどうかは、プレイヤーの行動次第である。


◆魔王の番犬・ブラッディ
「この坑道にお前の血で真っ赤な池を作ってやるぜ!!」

粗暴な性格や荒々しい発言が目立つものの、個体としての能力が高く、戦時中は魔王を守る役目を与えられていた。魔王への忠誠心が高いため、「魔王の番犬」と呼ばれていた。戦後はナオミたち鉱山の民・穴民(あなたみ)の仕事場である坑道に棲みついている。


ブラッディが坑道に住み着いた件は、かつての仲間だったナオミが抱える問題のひとつ。魔王討伐直後の勇者なら、倒すことはたやすいが......日数が過ぎて弱った身では、苦戦は必至だろう。




◆名誉を重んじる武人の魔物・バルドス
「嵐を止める方法はひとつ。貴様の命、我に差し出すがいい!!」

魔王配下の力ある魔物のひとり。忠義に厚く、魔王が討たれたことを知ると、死に場所を求めてとある洞窟へと流れ着く。魔王を倒した勇者や、同胞を倒した人間、亜人種を憎み、周辺海域に嵐を巻き起こしている。


バルドスがいる洞窟は、地理的に遠く離れた街と街をつなぐ航路に大きな影響を与えている。バルドスを討伐するとこの航路が使えるため、移動の際の選択肢がグッと拡がるはずだ。進めたいイベントがこの海域に関わるようなら、早めに討伐したいところではある。





わずか5日という期間の中で、勇者にできることは限られた一部のイベントのみ。そのイベントをどう取捨選択し、どんな結末を勇者は迎えるのか。そんな試行錯誤も楽しい『勇者死す。』。

数多くのイベントを見ることで、この世界で起こっている問題が断片的にわかってくるのもユニークな仕掛けなので、発売日を楽しみにしてもらいたい!


------------------------------------------

PS.Blogの『勇者死す。』ページはこちら

------------------------------------------


『勇者死す。』の公式サイトはこちら



©2016 Nippon Ichi Software, Inc.
©G-MODE, Shoji Masuda/Pyramid

記事を探す
トップに戻るボタン