PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

年末年始はみんなでアニメ三昧! 「アニマックスPLUS on PlayStation®」のおすすめ作品はコレ!

by PS.Blogスタッフ 2015/12/11

『デジモンアドベンチャー』

・配信期間:12~22話 (配信中~2016年1月4日まで)

デジモンとの出会いを通した、7人の小学生の成長物語


【解説】
サマーキャンプにやってきた八神太一を中心とする7人の子どもたちは、真夏なのにもかかわらず、突然の吹雪に遭遇。さらに日本で見えるはずのないオーロラや大量の水流がやってきて太一たちは吸い込まれ、太一たちは忘れられない夏休みを過ごす。デジタルの仮想世界と現実の東京を巧みに交錯させながら、7人の子どもとデジモンの不思議な冒険と成長、そして現代社会の問題も描く人気のテレビアニメシリーズ。


●ここに注目!
1990年代後半から2000年代初頭にかけて一世を風靡した"デジモン"が、帰ってきた! 1999年に『デジモンアドベンチャー』としてテレビアニメ化を果たしてすぐに世界的なヒット作に記録した本作。その後もテレビシリーズは何作か作られたが、本作は記念すべき第1作。少年少女とデジモンによるわくわくするような冒険物語がぎっしり凝縮されているのは、まさにシリーズの原点だからこその魅力だ。

未知の世界を懸命に生き抜く太一たちとデジモンとの友情物語は、パパママ世代となった、かつての小学生たちとっては懐かしい物語であると同時に、現役の小学生たちにとっても心に染みるストーリーが盛りだくさんに詰まっている。第1作目の主人公たちの6年後や、高校生となった姿を描いた映画『デジモンアドベンチャー tri』の第1章はすでに公開済み。全6部構成で今後も続編が作られるという。太一たちの冒険がいかに進化したか、子どもと一緒に見届けよう!


©本郷あきよし・東映アニメーション





『フランダースの犬』(全52話)

・配信期間:配信中~2016年7月31日まで

時代を超えて感動を呼び起こす、ネロとパトラッシュの絆


【解説】
1870年頃のベルギー、フランダース地方。絵を描くのが得意な少年ネロは、おじいさんと貧しいながらも幸せに暮らしていた。ある日、道ばたに捨てられていた犬のパトラッシュを助けて一緒に暮らしはじめる。元気になったパトラッシュは牛乳運びの仕事を手伝い、ネロと唯一無二の親友になる。しかし、おじいさんが体を壊したことをきっかけに、ネロの運命は変わり始める。それでもネロはパトラッシュと一緒に健気に立ち向かうが......。


●ここに注目!
1975年に「世界名作劇場」で放送され、『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』とともに同番組の代表作となった名作アニメ。「画家になりたい」という将来の夢を抱きながら、貧しくも明るく、日々を懸命に生きる少年ネロのひたむきさを描く。そんなネロのそばにいつも寄り添い、苦しいときも悲しいときも支え合った忠犬パトラッシュとの絆。ネロの幼なじみで、ちょっぴりワガママだけれどネロとパトラッシュが大好きな、おしゃまな女の子アロア。そんなネロたちを優しく見守るおじいさんの包容力あふれる存在感。人と人、動物との心温まる交流、そして人生のままならなさ......。

放送から約40年以上経ったいまの時代に観ても、新しい感動が静かに蘇る永遠の名作。最終回のラストシーンで、主題歌「よあけのみち」が流れる瞬間は、一度観たことがある人でも、涙なくしては観られないはず。子どもはもちろん大人の心にも響く、親子で楽しめるアニメだ。


©NIPPON ANIMATION CO., LTD.





『黒執事』

(1話のみ)

・配信期間:配信中~2016年7月31日まで ※2話目以降は、PS Storeで配信中

独特な世界観の魅力を堪能できる、19世紀後半のダークファンタジー


【解説】
舞台は19世紀後半、ヴィクトリア女王の支配下で栄華を極めたイギリス。英王室とのつながりも深い伯爵家ファントムハイヴ家に仕えたセバスチャン・ミカエリスは、あらゆる物事を完璧にこなす執事である。主人は12歳ながら当主の座に就いたシエル・ファントムハイヴ。伯爵家でのコミカルな日常とは裏腹に、シエルは裏社会の血なまぐさい問題を解決する宿命を背負っている。そして、執事のセバスチャンもシエルと契約した悪魔だった......。


●ここに注目!
原作は2006年から連載中のコミック。テレビアニメは2008年から2014年にかけて3シリーズも続くなど、人気の高いダーク・ファンタジーだ。舞台となる19世紀末期のイギリスは、植民地政策を推し進めたヴィクトリア女王の統治のもと、劇的な経済発展を遂げた一方で、切り裂きジャックに代表される社会の闇が浮き上がる時代でもある。"女王の番犬"として働く伯爵家のシエルと、彼と契約した悪魔であり、執事として仕えるセバスチャンは、女王陛下のもと、裏社会の問題を誰にも知られることなく始末する重い任務がある。

クールで個性的な男性キャラクターの魅力はもちろん、複雑に絡み合う因縁関係のドラマが展開するので、ダークで上質なドラマそのものを堪能したい。水島ヒロ主演の実写映画版(2014年)も話題になったが、実写版は2020年のアジア某国が舞台のオリジナルストーリー。アニメ版と見比べて設定やアプローチの違いも楽しみたい。


©枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS




【PS.Blogで最新情報をチェック!】

PS.Blogでは毎週、「アニマックスPLUS on PlayStation®」の最新情報を紹介しています。新着作品の見どころなどをチェックしてみてください!

◆PS.Blogの「アニマックスPLUS on PlayStation®」ページはこちら!

◆「アニマックスPLUS on PlayStation®」のサービスについて詳しくはこちら!



▼「アニマックスPLUS」のアプリケーションのダウンロードはこちらから!



「アニマックスPLUS on PlayStation®」の公式サイトはこちら



© 2015 Animax Broadcast Japan. All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン