PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

大正ロマンのエッセンスあふれる『大正メビウスライン Vitable』が来年1月28日発売!

by PS.Blogスタッフ 2015/12/18

■大正末期を生きる「異能の力」を持つ青年たちの物語

dramatic createより2016年1月28日(木)に発売を予定している本作は、2012年にPCソフトとして発売され、2014年に発売されたPSP@版も好評だった、架空の「大正時代末期」を舞台にした人気のボーイズラブアドベンチャーのPS Vita版だ。

異能の力を持つ登場人物たちが、列強の脅威にさらされた大日本帝國を救うべく、互いの絆を深めながらさまざまな事件に巻き込まれていく本作。コンシューマ版キャストは内匠靖明、花田光、三浦祥朗、日野聡、興津和幸、赤羽根健治といった人気声優陣の美声が、迫力ある戦いや緊迫感ある祝詞など、本作のミステリアスなシーンを彩っていく。中条ローザ氏の重厚なシナリオで描かれる、許されない恋心や葛藤......ボーイズラブ作品ならではの楽しみを、作り込まれた世界観で堪能できる一作となっている。


◆気になるPS Vita版の追加要素は?

PS Vita版はゲームのグラフィックが高解像度になり、ビジュアルが美しい画面で堪能できるようになったほか、過去に公開された「本作に関するグラフィック画像類」をひとつにまとめたコンテンツが収録予定!
タッチスクリーン操作にも対応。物語をより直感的に、よりスムーズに読み進めることが可能となった。

そして目玉と呼べるコンテンツが、WEBや雑誌で公開されたショートストーリーなどを本編で遊べるようにしたオマケモード「小噺」。ショートストーリーの内容にあわせ、背景やBGMなどゲームと同様のシチュエーションで楽しむことができるコンテンツだ。本編と合わせて楽しみたい。


◆PlayStation®Storeで体験版が配信中!

ただいまPS Storeにてゲームの体験版も配信中なので、本作独自の雰囲気や世界観を味わうなら、まずはそちらをチェックしてみよう。

体験版では物語の序盤がそのまま遊べてしまう。興味がわいたらぜひともプレイしてみよう。



体験版の内容はほかに、PS Vita追加要素であるオマケモード「小噺」にてショートストーリー「前夜」を読むことも可能だ。



▼PS Vita『大正メビウスライン Vitable』体験版のダウンロードはこちらから



■大正末期の帝國をあでやかに彩る登場人物たち

時は大正末期。日本が軍事国家として世界の列強と争わねばならない時代。帝國大学へと進学した主人公の京一郎は、勉学にはげむべくやってきた帝都で予期せぬ事件に巻き込まれていく......。

本作の物語は、幼少期に大病を患ったことが原因で、死した人間「死霊」が見えるようになってしまった京一郎を中心に動き出す。死霊を外国の脅威に対抗する力と考える軍部の者や、その計画を阻止する者など、さまざまな思惑を持った人物が、京一郎の前に現れる。彼らとどう接するかは、プレイヤーであるあなた次第だ。



◆柊 京一郎 (ひいらぎ きょういちろう)
CV:内匠靖明

帝國大学に入学するため、郷里の桃木村から上京してきた青年。気は優しいが、両親に「ノブレス・オブリージュ」の精神を叩きこまれ、理不尽なことには融通がきかない性格をしている。剣術が得意で、昔から家に伝わる刀を持って帝都にやってきた。死霊を見ることができるせいで、軍部から半ば強引に協力を求められている。


◆ミサキ
CV:花田光

京一郎が困ったときに現れる青年。京一郎と同じように異能を持ち、それゆえ軍部と関わるなと忠告をしてくる。ぶっきらぼうで強引、どこかつかめない人物だが、いざという時に頼りになる。


◆時雨 (しぐれ)
CV:三浦祥朗

天司の葬儀などを取りまとめている組織・五本刀に所属している青年。しかし、とある事情で軍部と対立したことから、五本刀は中枢から追放されてしまっている。現在は軍部の計画に反対し、軍事的に衝突していることから、その命を狙われている。


◆千家伊織 (せんげ いおり)
CV. 興津和幸

軍部で「死兵計画」を考案し、推進している軍事的急進派。だが、それらはすべて大日本帝國のためであり、 私心からというわけではない。神職十四家を束ねる存在で、自身もとても強い異能を持つ。新華族。


◆館林開 (たてばやし かい)
CV:日野聡

大日本帝國陸軍の特殊遊軍部隊を指揮し、自身も死霊召喚などの能力を持つ軍人。日本を治める天司に忠誠を誓っており、人望もあるが、今はとある事情で軍の位を返上している。真面目すぎる性格ゆえ、軍部から厄介者とも認識されている。華族。


◆伊勢馨・伊勢薫 (いせ かほる・いせ かおる)
CV:赤羽根健治

館林配下の双子。弟の薫は以前の大事故で大けがを負ってしまい、今なお治療中。死霊を見、操ることができる神職十四家に属している。しかし館林に仕えているため、同じ神職家からは冷遇されている。

双子だけあって区別がつきにくいが、眼帯&包帯をしているほうが弟の薫だ。




■購入者特典としてPS Vita用のカスタムテーマもついてくる!

本作のパッケージ版・ダウンロード版のいずれかを購入すると、購入者特典としてオリジナルのカスタムテーマがダウンロードできるプロダクトコードもついてくる。PS Vitaのアイコンや壁紙を本作仕様に染め上げよう!


------------------------------------------------------------------------------------

今回の記事で気になったキャラクターがいたら、ぜひ一度体験版をプレイしてもらいたい。独特の空気感や会話のテンポなど、実際にプレイして感じることもきっと多いはず。ゲーム序盤がそのままプレイできるので、まずはダウンロードしてみよう。


▼PS Vita『大正メビウスライン Vitable』体験版のダウンロードはこちらから


------------------------------------------

大正メビウスライン Vitable

発売元:dramatic create
対応プラットフォーム:PlayStation®Vita
ジャンル:大正剣劇浪漫アドベンチャー
発売日:2016年1月28日(木)発売
希望小売価格:
 パッケージ版 5,400円+税
 ダウンロード版 4,400円+税
CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------


『大正メビウスライン Vitable』公式サイトはこちら



©LoveDelivery/dramatic create

記事を探す
トップに戻るボタン