PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『バトルフィールド 4』の最新拡張パック『バトルフィールド 4: Legacy Operations』が本日より無料配信開始!

by PS.Blogスタッフ 2015/12/16

■クラシックマップ「Dragon Valley」がリニューアルされ復活!

PlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『バトルフィールド 4』は、チームプレイを中心とした唯一無二のマルチプレイヤーや、破壊可能なダイナミックな環境、乗り物がぶつかり合う激しい戦闘を楽しめる、アクション満載の超大作ゲーム。そのマルチプレイとFPSアクションは、ジャンル最高峰のクオリティを誇る。

本日12月16日(木)より配信開始された『バトルフィールド 4: Legacy Operations』は、PS4®向けの最新拡張パックで、無料でダウンロードできる(プレイするにはPS4®版『バトルフィールド 4』本編が必要)。この拡張パックでは、『バトルフィールド 2』のクラシックマップ「Dragon Valley」が新しいビジュアルとゲームプレイとともにリニューアルされ、「Dragon Valley 2015」として登場。広大で美しいマップを最新技術で再現した舞台で、これまで以上にダイナミックな戦闘を楽しめる!

※今回の配信に合わせて『バトルフィールド 4』もアップデートされる。このアップデートは自動でダウンロードされ、『バトルフィールド 4』と『バトルフィールド 4: Legacy Operations』をプレイするには必須。




【ドラゴンの伝説が息づく谷で繰り広げられる新たな激闘】

『バトルフィールド 4: Legacy Operations』の一部として登場する「Dragon Valley 2015」は、乗り物向けの広大なマップで、黄色いドラゴンが王を助けて洪水の水を海に流したという古い伝説が残る牧歌的な峡谷。コンクエストモードでは8つの占領ポイントが用意され、『バトルフィールド 4』の中で最も大規模なマップの1つとなっている。


このリニューアルされたバージョンでは、オリジナルの「Dragon Valley」よりも木や植物の数が増加し、より詳細な地形、より高くなった山々、雲の層、破壊可能な建物などが追加されている。橋を戦術的に破壊すれば敵の襲撃経路を断つことができ、逆に修復すれば戦術的なアドバンテージが得られるといったように、地形を活かした戦略性を存分に味わえることも魅力だ。


『バトルフィールド 2』の「Dragon Valley」(左)と、今回リニューアルされた「Dragon Valley 2015」(右)を比べると、木や植物が増えただけでなく、高低差の大きいダイナミックな地形になっていることがわかる。



また、「Dragon Valley 2015」の北の拠点には造船所エリアが存在する。『バトルフィールド 3』の人気マップ「Noshahr Canals」にインスパイアされたエリアで、チームデスマッチモードでは歩兵プレイヤーによる激しい近接戦闘を楽しむことができる。




▼PS4®『バトルフィールド 4』の購入はこちらから

▼拡張パック『バトルフィールド 4: Legacy Operations』のダウンロードはこちらから


「バトルフィールド 4」シリーズ公式サイトはこちら

『バトルフィールド』公式Twitterはこちら

『バトルフィールド』公式Facebookはこちら



©2015 Electronic Arts Inc. Battlefield and Battlefield 4 are trademarks of EA Digital Illusions CE AB. All other trademarks are the property of their respective owners.

本ゲーム内で描写される武器または乗り物は、実際の製造者との提携、スポンサーシップ、推奨を示唆するものではありません。

記事を探す
トップに戻るボタン