PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

シリーズ初の"武将プレイ"を実現した最新作! 『信長の野望・創造 戦国立志伝』が登場!

by PS.Blogスタッフ 2015/12/18

戦国時代の日本で、全国に割拠する大名となって日本全土の統一を目指す「信長の野望」。シリーズ30周年記念作品となった『信長の野望・創造』の登場から約2年、新たな要素を満載した最新作『信長の野望・創造 戦国立志伝』(以下『戦国立志伝』)がPlayStation®4、PlayStation®3、PlayStation®Vitaに向けて2016年3月24日(木)に登場する。シリーズ史上初となる"武将プレイ"をはじめ、注目の新要素を一挙に紹介しよう!





■戦国乱世をひとりの武将として生きる"武将プレイ"に対応

"乱世を生きる武将のリアリティ"をコンセプトとする『戦国立志伝』。その最大の特徴と言えるのが、「信長の野望」シリーズ史上初の"武将プレイ"の搭載だ。プレイヤーは戦国時代を生きた数々の武将の内の1人となり、大名、城主、一介の家臣(以下、領主)といった身分に応じて変わるプレイスタイルを楽しむことができる。


領主でプレイした場合、大名や城主のもとで、下された「主命」の達成にむけてまい進する。



プレイヤーが領主である武将を選んだ場合、城下の一角を所領として与えられるところからゲームがスタート。城主や大名からの主命をこなしたり、合戦で活躍したりして実績と信頼を得ることで、勲功が高まっていく。多くの勲功を上げると他家から引き抜きの打診を受ける場合も!

出世を重ねて一国一城の主となれば「家臣団」を編成したり、大名に対してさまざまな「提案」を行なったりとできることが増え、さらに活躍の場を広げていける。従来通りに大名でプレイして天下統一の覇業にまい進するもよし、裸一貫から成りあがりを目指すもよし、自分なりの立身出世ストーリーを実現しよう。





■一所懸命の領地経営を再現する"箱庭内政"システム

武将プレイの導入に合わせて導入されたのが、領地に商人町や南蛮町といった施設を自由に建設して発展させていく"箱庭内政"システム。与えられた領地で内政を行ない主君や領民から信頼を得て、領地の平穏を乱しに来る敵部隊を撃退するなど、戦国時代に自分の所領を守った"一所懸命"の領地経営が内政システムとして再現されている。

領主、城主、大名と、身分に応じて内政を行なえる規模もスケールアップ! 効率よく領地を育てていく内政の楽しさが、これまで以上に深まっている。加えて、フル3D全国一枚マップ上でも天候が変化する演出が導入され、さまざまな町の表情も楽しめるようになった。


最初は更地に近い状態の領地だが、内政を重ねることで大きく発展していく。



支配した区画には好きな施設を建設できる。川の近くなら水田をを作ることができる。



<領主の内政画面>

<城主の内政画面>

<大名の内政画面>

領主、城主、大名と身分が高まることで、内政の規模もどんどん大きくなる。



『戦国立志伝』では、フル3D全国一枚マップ上でも天候の変化が確認できるようになっている。





■合戦では武将視点での行動が可能に! 「攻城戦」や「海戦」も本格導入!!

領主として合戦に参加する場合は、自ら鍛え上げた手勢を率い、味方軍と連携して敵に立ち向かう、武将視点での戦いが展開する。時折戦場で下される任務を達成しながら、さまざまな陣形や兵科ごとのアクションを駆使して戦功第一を目指す、今までにない戦い方が可能となった。


武将自ら部隊を率いて敵軍と対決! 陣形や兵科も意識して味方と連携しよう。



敵部隊に向けて鉄砲隊が斉射。状況や兵科に応じ、陣形を変えることが重要だ。



一段階引いた視点では、各部隊の規模や陣形をわかりやすく確認できる。



方陣から鶴翼へ、陣を変更中。的確な指示で戦いを有利に進めよう。



『戦国立志伝』では、合戦に本格的な「攻城戦」と「海戦」が本格導入されている。攻城戦では地中から城を攻める"土竜攻め"や大筒を使った攻城作戦のほか、敵の兵糧が尽きるまで拠点の防衛設備を活用して敵を凌ぎきる籠城作戦まで、戦国時代に活用された多彩な戦い方を再現。城のバリエーションも豊富になり、リアリティを感じさせる攻防が実現されている。また、従来は3Dマップ上での自動進行のみだった海戦にも、今作では直接采配を振るうことが可能に! これにより、海を主戦場とした猛者達の活躍の場が広がっている。


攻城戦では、攻め側も守り側もさまざまな戦法が使える。城の銃眼からの射撃も再現!



水上で敵味方の船団が激突する海戦。多くの船が入り乱れる、迫力の戦いが展開される。




■「大坂の陣」にフォーカスした、シナリオやイベント合戦が充実!

戦国時代の終わりを決定付けた「大坂の陣」と、そこで活躍した真田家に関連する要素が大きくフィーチャーされているのも本作の新要素。『信長の野望・創造』や『信長の野望・創造 withパワーアップキット』にはなかった大坂の陣直前から始まるシナリオが用意され、大坂城を巡る激闘をテーマにしたイベント合戦も発生する。

ほかにも、真田幸村や徳川家康といった参戦武将たちの顔グラフィックの新たな描き下ろしや、戦国時代末期に活躍した約200名の武将の追加など、大坂の陣前後の時代を再現すべく注力されている。


大坂の陣シナリオ開始時の勢力状況。大坂の豊臣と京の徳川が隣接し、一触即発の状況になっている。



豪奢な大坂城と、真田幸村が詰めた真田丸も再現され、イベント合戦時に登場!



<真田幸村>

<徳川家康>

大坂の陣での真田幸村と徳川家康。イラストが年齢によって変化する武将も登場する。





■豪華特典満載の限定パッケージもチェック!

『戦国立志伝』のパッケージ版では、通常版のほか、ゲームソフトに「シブサワ・コウ秘伝攻略データ&武将アートブック」をはじめとした5つの豪華特典が付属する「『信長の野望・創造 戦国立志伝 TREASURE BOX』も同時発売。本作の使用楽曲はもちろん、『信長の野望・創造』『信長の野望・創造withパワーアップキット』の楽曲も全て収録した「『信長の野望・創造』コンプリートサウンドトラックCD(2枚組)」や、新規描き下ろしの「武将アートクリアファイル(10種)」など、『戦国立志伝』の世界をより深く楽しめる内容となっている。シリーズファンなら、忘れずに予約してゲットしておこう。

<『信長の野望・創造 戦国立志伝 TREASURE BOX』内容>

・ゲームソフト本体
・『信長の野望・創造』コンプリートサウンドトラックCD(2枚組)
・『信長の野望・創造 戦国立志伝』シブサワ・コウ秘伝攻略データ&武将アートブック
・『信長の野望・創造 戦国立志伝』武将アートクリアファイル(10種)
・『信長の野望・創造 戦国立志伝』特製卓上スクールカレンダー
・シナリオ「戦乱止まず」限定ダウンロードシリアル


ほかにも、予約必須の限定生産パッケージなどが用意されているので、公式サイトで確認しよう。

『信長の野望・創造 戦国立志伝』公式サイトはこちら


------------------------------------------

信長の野望・創造 戦国立志伝

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:歴史シミュレーション
・発売日:2016年3月24日(木)予定
・価格
 通常版 パッケージ版 希望小売価格:PS4®/PS3®版 8,800円+税/PS Vita版7,800円+税
     ダウンロード版 販売価格:PS4®/PS3®版 7,619円+税/PS Vita版6,762円+税
 TREASURE BOX 希望小売価格:PS4®/PS3®版 12,800円+税/PS Vita版 11,800円+税
・CERO:審査予定

------------------------------------------

※掲載されている画面はすべて開発中のものです。

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン