PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【特集最終回】『ジャストコーズ3』──本日発売! バカンスの記念に混乱と破壊による壮大な花火を!!【バカンス3日目】

by PS.Blogスタッフ 2016/01/21

いざ、地中海に浮かぶ「メディチ共和国」へ! 本日1月21日(木)に日本上陸を果たしたPlayStation®4用ソフトウェア『ジャストコーズ3』は、広大なオープンワールドを縦横無尽に駆け巡り、混乱と破壊の限りを尽くせるアクションアドベンチャー。高い自由度による解放感と、バリエーション豊かな破壊がもたらす爽快感により、先行発売されている海外では多くのユーザーがその虜となっていた。そんな海外のユーザーを羨む日々とも、今日でおさらば!


プラットフォームがPS4®になったことで、オープンワールドの広さをはじめ、グラフィックやアクション、武器や乗り物など、あらゆる要素がパワーアップ! 日本語版には日本語音声と日本語字幕が収録されているのはもちろん、日本語音声と英語音声との切り替え機能も実装されている。ゲームの仕様や表現などに海外版との違いが一切ないのも、うれしいポイントだ。解放感と爽快感に満ちた『ジャストコーズ3』での"バカンス"を、存分に満喫してほしい!


PS.Blogスタッフが過ごしたバカンスの模様をお届けする特集も、いよいよ最終回! 今回は『ジャストコーズ3』の大きな魅力である、"破壊"の醍醐味をお伝えする。

ディラベロ将軍によって支配された「メディチ共和国」。これまでは、その解放なんてストーリーはそっちのけで自由気ままに散策していたが、お世話になった「メディチ共和国」に最後の恩返しを! ゲーム発売の記念に、ディラベロ将軍と政府軍に対して、混乱と破壊によるデッカイ花火を打ち上げてやろうじゃありませんか!!


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

特集第1回 地中海に浮かぶ風光明媚な島々へ! 冬のバカンスに向けた「メディチ共和国」観光ガイド【バカンス準備編】

特集第2回 自由気ままなバカンスの始まり! ストーリーそっちのけで「メディチ共和国」を探索!?【バカンス1日目】

特集第3回 バカンスがますます過激に楽しく! やりこみ要素「チャレンジ」と強化要素「ギアMOD」を満喫!【バカンス2日目】

------------------------------------------




■バカンス3日目スタート! まずは破壊すべきものを吟味せよ!!

ディラベロ将軍の石像といったオブジェや橋などの建造物はもちろん、乗り物や山の木々など、さまざまなものをブッ壊せる『ジャストコーズ3』。そういったものを無秩序に破壊しまくるのも楽しいし、むしろこれまではそうしてきたけど、それじゃあ「メディチ共和国」の住民も大迷惑! 恩返しとして「メディチ共和国」をディラベロ将軍の支配から解放するなら、なるべく政府軍が壊されて困るものだけを破壊した方がスマートだよね。というわけで、まずは「メディチ共和国」の解放に必要な、積極的に壊すべきものを紹介しよう!




【政府軍に正義の鉄槌を! 赤いものはとにかく壊してOK!!】

ディラベロ将軍に支配された町や村には、独裁政権の象徴でもあるディラベロ将軍の石像や、プロパガンダのための看板やスピーカーなどが、あちこちに設置されている。こういった住民の生活を脅かすものは、ガンガン壊してOK! 全て破壊して主人公のリコたち反乱軍の旗を掲げれば、村や町を政府軍から解放できる。破壊の快楽を味わえるうえに、住民から感謝されるのだから一石二鳥! 解放のために壊す必要があるものは基本的に赤い色で塗られているため、とりあえず"赤いものはブッ壊せ!"と覚えておけば大丈夫だ。......赤いスポーツカーやバイクなんかはどうすりゃいいのかって? まあ、壊して問題ないっしょ! 紛らわしい色の乗り物に乗ってる方が悪いんだよ!!


破壊の対象には、一定時間以内にすべてのスイッチを入れないと壊せない、特殊な監視モニターなども存在する。解放のために破壊すべきものは、残りの数によって徐々にマップに表示されていくので、何を壊せばいいか迷ったときは参考にしよう。また、破壊活動を始めると、当然ながら政府軍が駆けつけてくるのでご注意を!


住民を監視するための警察施設や軍事施設には、燃料タンクや電気の変圧器、巨大なアンテナやレーダーといった、政府軍にとって重要な設備が存在する。もちろんこれらも赤く塗られており、解放に向けた破壊の対象だ。しかし警察施設や軍事施設は、侵入しただけで攻撃されるのはもちろん、敵兵の数も町や村とは段違いに多い!


さらに、軍事施設にはギミックを稼働させることで一定時間だけ破壊できるようになる設備なんてものもあり、町や村の解放よりも難易度は高め。とはいえ、軍事施設には町や村では見られないような巨大なオブジェが多く、それらを豪快にフッ飛ばした時の見ごたえや爽快感は格別だ。軍事施設にいるのは基本的に敵兵だけなので、住民を巻き込む心配もご無用! 群がる敵をなぎ倒し、増援部隊も蹴散らしながら、心ゆくまで破壊の限りを尽くそう!!





■何をどうやってブッ壊すかはプレイヤー次第!
 あなた好みの破壊がきっと見つかる!!

高い自由度がウリの『ジャストコーズ3』だけに、破壊の手段も実にさまざま。銃器による破壊を筆頭に、遠隔操作できる設置型爆弾や、戦車といった乗り物での砲撃に加えて、移動手段としても大活躍の「グラップリングフック」でさえも破壊の道具として活用できちゃうんですよ!

"百聞は一見に如かず"ということで、まずはさまざまな手段による破壊の模様を、動画で確認してほしい!


バリエーション豊かな破壊の宴を動画でチェック!



いかがですか!? 破壊の基本となる銃器1つ取っても、ハンドガンやロケットランチャーだけでなく、ショットガンやライフル、ガトリングガンなど多種多様! 乗り物についても、それ自体の武装だけでなく、乗り物そのものを武器として突っ込ませることもできるんです。

巨大なオブジェが倒壊する模様や大爆発による爽快感はもちろん、多彩な手段の中からどうやって何をブッ壊すか模索する楽しみも、『ジャストコーズ3』の魅力の1つ。あなたはどんな破壊がお好みですかな?




【銃器をガンガン撃ち込んでブッ壊せ!】

ハンドガンやマシンガン、ショットガンをはじめ、ロケットランチャーやグレネードなど、リコが使用できる武器は実に多彩だ。これらを駆使した破壊は、『ジャストコーズ3』の基本中の基本。頭をカラッポにして、とにかく何かをブッ壊したい人にはオススメだ! 弾切れになった場合? そんな時は倒した敵兵から武器を奪ってもいいし、警察施設や軍事施設などには武器庫があるので、そこから補充するのもアリ!


燃料の詰まったドラム缶などを撃てば、爆発によって周囲を巻き込む破壊の連鎖が発生! 小さな破壊が大きな破壊へとつながるカタルシスを、存分に味わえる。




【設置型爆弾で計画的な爆破を!】

ゲーム開始当初から入手できる設置型爆弾GE-64は、同時に設置できる数に制限はあるものの、無限に使用できる強力な道具だ。破壊したいものに近づいて直接設置しなければならないが、複数個を設置すれば巨大なオブジェをフッ飛ばすこともできるうえ、遠隔操作で起爆できるのがポイント。確実な、そして計画的な破壊を目論む人には、まさにうってつけ!


爆発に巻き込まれては元も子もないため、爆弾は設置した場所から離れて起爆しよう。かなり遠く離れた安全な場所から起爆して、大爆発の模様とその混乱を優雅に眺めるのも、また乙なものですよ!




【乗り物を駆使した豪快な破壊!】

戦車や武装ヘリなどの軍事兵器は、強力な火器で敵やオブジェを攻撃できる破壊手段。軍事施設に置いてあるものを奪ったり、増援として駆けつけた敵の乗り物を乗っ取ったりといった、状況に合わせたアグレッシブな破壊を求める人に向いている。軍事兵器の武装は基本的に残弾が無限のため、ガンガン撃ちまくれて気持ちいいことこのうえなし! 自らの軍事力が脅威に変わる恐怖を、政府軍にたっぷりと思い知らせてやろうじゃありませんか!!


軍事兵器以外の乗り物も、立派な破壊の道具に! 例えば、バイクは運転しながら銃器を使うことができ、破壊から素早く逃走する手段として優秀だ。また、普通の乗用車やバスなども、突っ込ませて爆発させることはもちろん、乗り物そのものに設置型爆弾を仕掛けて破壊したいものの側まで移動して爆破するなんて過激なことも!




【「グラップリングフック」を使った知的な破壊活動!】

頭を使った破壊を楽しみたい? そんなインテリなあなたには、ガジェットの「グラップリングフック」がオススメ。リコのトレードマークであり、シリーズの特徴でもある「グラップリングフック」が、パワフルに進化! ワイヤーを射出した場所へ瞬時に移動できる従来の性能に加えて、『ジャストコーズ3』では複数のワイヤーを展開し、さらに遠隔操作できるようになってるんですよ!


破壊したいオブジェと地面をワイヤーでつないで引きずり倒したり、オブジェと爆発物をつなげてぶつけたりすることも! 大きなオブジェを引っ張る場合は複数のワイヤーを設置しなければならず、つなぐ位置を考える必要もあるものの、ワイヤーの方向によって破壊の連鎖をある程度コントロールできるのが大きな魅力だ。うまくオブジェを引き倒せたときや、思案を重ねた破壊の連鎖がうまくいったときの爽快感はひとしお!


これまでに紹介した破壊の手段をどう使うかは、プレイヤーの自由! 1つのオブジェを破壊するにしても、人によってさまざまな方法があるのが『ジャストコーズ3』の面白いところだ。プレイヤーの発想次第では、ここで紹介していない新たな破壊が誕生することも......? ぜひ実際にゲームをプレイし、あなただけの破壊を存分に堪能してほしい!




■楽しい日々をありがとう!
 バカンスの締めくくりに政府軍を襲撃!?

それでは、お世話になった「メディチ共和国」とその住民たちに感謝を込めて、ディラベロ将軍の支配に立ち向かってみますか! これまでの特集記事でお伝えしてきた勝手気ままなバカンスによって、リコやガジェットの操作にも慣れたし、ガジェットや武器もそこそこ強化してあるのでガンガン行っちゃうよ!


【まずは手近な町から解放! スピーカーの破壊が襲撃の狼煙に!!】

手始めにディラベロ将軍の石像と、大きな音でプロパンダ放送を垂れ流すスピーカーを「グラップリングフック」で引き倒す。これで少しは静かになるかと思いきや、すぐ側の警察施設から政府軍がワラワラと出現! さあ、パーティの始まりだ!!


そのまま警察施設に飛び込み、閉じていたゲートを内側から開ける。すると、反乱軍がリコの救援に駆けつけてくれたではないか! これは心強い!! 反乱軍と協力して敵兵を蹴散らしながら、施設内の変圧器や燃料タンクなどの重要な設備を次々とブッ壊していく。敵兵の叫び声と響く銃声、そして爆発がもたらすカオスな雰囲気に、こちらも「ヒャッハー!」という世紀末じみた掛け声が脳内をよぎる。


警察施設を鎮圧し、町にある残ったオブジェを破壊に向かう。ディラベロ将軍の描かれた看板を引き倒すと、これでこの町の全ての破壊目標を壊した模様。意外にあっさり終わってしまったけど、スタート地点に近い町だからこんなところかな? さっそく町の広場へ行き、反乱軍の旗を掲げてディラベロ将軍の支配から町を解放! 住民にも活気が戻ったようで何より!!




【今度は遠くの軍事施設を襲撃! 空からの爆撃をかいくぐれ!!】

町をひとつサクッと解放し、調子に乗ったPS.Blogスタッフは、今度は遠くにある軍事施設の攻略に挑戦! しかし、正面から堂々と突入するというバカンス気分丸出しの暴挙に対して、意外な洗礼が......!?

軍事施設に近づくと、「防衛システム作動! 空爆FOWを回避しろ!」という不穏なメッセージとともに、リコの周囲に何やら赤いマーカーが表示されたではないか。なんだかわからないけど、とにかくヤバい! という空気を感じ、急いでそこから離れると、その直後にマーカーの位置へ空からの強烈な爆撃が!


戦闘機による空爆はかなりの上空から行なわれており、「グラップリングフック」をひっかけることはもちろん、銃器での撃墜もまず不可能。しかも、上空を高速で行ったり来たりしながら、執拗にリコをねらってくる始末。これは、この爆撃をかいくぐりながら軍事施設を攻略しろってことですかね......? なかなか厳しいシチュエーションだけど、いっちょやってやろうじゃありませんか!


とりあえず軍事施設に侵入したものの敵兵の数が多く、攻撃も苛烈! オブジェを破壊したくても、空爆と敵兵からの攻撃をかわすだけで精いっぱいといった具合だ。しかし、画面には、なぜか着実に目標を破壊していると表示される。あれ、なんで? と疑問に思ったが、答えは簡単。なんと戦闘機の空爆に、敵兵はもちろん、オブジェも巻き込まれていたのだ!


味方もろともこちらを攻撃してくる、あまりにもブラックな政府軍。対峙する敵兵を少しかわいそうに思いながらも、空爆をうまく誘導しながら、次々とオブジェを破壊していく。ある意味では楽かもしれないけれど、一歩間違うと巻き込まれてこちらもやられてしまうため、一瞬たりとも気が抜けないんですよ!


これまでのバカンスでつちかったプレイヤースキルを駆使し、巧みに移動を続けながら設備を破壊。空爆のタイミングにも慣れてきたので、その合間に銃器やグレネードでの破壊も欠かさない。周囲をよく見ると、頑丈な屋根があって空爆から逃れられる場所もあり、落ち着けば意外となんとかなるようだ。


そんなわけで、なんとか最後の設備を破壊し、軍事施設を解放! ふう、なかなか手ごわかったけど、熱いシチュエーションに大満足! 今となっては空爆による強烈な爆発も、爽快感の演出にひと役買っていたかもなあ......と思いきや、なんと空爆は止まらない。しつこい、しつこすぎるよ!! いつかあの戦闘機を落とし、空爆を終わらせる日が来るのだろうか......?




いまだ敵の戦闘機が舞う空に思いを馳せながら、解放した軍事施設を一目散に後にしたPS.Blogスタッフ。......実はあとで知ったのだが、この軍事施設はミッションの攻略で訪れる特別な基地で、空爆はミッションの過程で解除できるんですよ! 図らずしも超高難度の軍事施設を、いきなりクリアしてしまったというわけ。そりゃあ難しいわけだ!!

例えるならRPGのイベントバトルに登場するような、本来なら特殊な方法で弱体化しないと倒せないボスにいきなり挑み、弱体化せず強引に倒してしまったようなもの。プレイヤーの発想とテクニック次第でなんとかなる『ジャストコーズ3』の自由度の高さを、あらためて実感!


ディラベロ将軍に支配された町や村はたくさんあり、軍事施設もまだまだ健在だけど、少しは「メディチ共和国」の平和に貢献できたかな? ここから先はぜひ、あなたの手で「メディチ共和国」をディラベロ将軍の支配から解放してほしい! もちろんそんなことはそっちのけでバカンスに夢中になっても許してくれる、最高の場所ですよ!!




■ダウンロード版の早期購入特典キャンペーンも要チェック!
 公式生放送「社長と遊ぼう"ジャストコーズ3"」のアーカイブでの視聴も!!

いよいよ本日1月21日(木)に発売となった『ジャストコーズ3』。PlayStation®Storeでは本日よりダウンロード版を対象とした、早期購入特典キャンペーンがスタートしている。2月3日(水)までの期間中に『ジャストコーズ3』のダウンロード版を購入すると、ロケットランチャー付きの武装ビークルと、「ウイングスーツ」「パラシュート」にフレイムパターンを施すことができるスキンがもれなくもらえる!


◆PS Store『ジャストコーズ3』ダウンロード版 早期購入特典キャンペーン 概要

PS Storeにて期間中に『ジャストコーズ3』のダウンロード版を購入した人に、早期購入特典として下記の追加ダウンロードコンテンツをプレゼント!


早期購入特典

・武装ビークル:ロケットランチャー スポーツカー
ロケットランチャー付きのスポーツカー。スピードと破壊力を兼ね備えた武装ビークルで、混乱と破壊の渦を巻き起こせ!

・ウイングスーツ&パラシュートスキン:フレイム
リコ・ロドリゲスのトレードマークでもある「ウイングスーツ」と「パラシュート」に、フレイムパターンを施すことができるスキン。


開催期間
2016年1月21日(木) ~ 2月3日(水)まで


また、公式生放送「社長と遊ぼう"ジャストコーズ3"」では、スクウェア・エニックス代表取締役社長の松田洋祐氏がホストとなり、毎回さまざまなジャンルのゲストを迎えて、テーマに沿った実況プレイを公開している。これまでに配信された放送は、YouTubeやSQUARE ENIX Presents JAPANのページから視聴できる。まだ見たことのない人や見逃した回がある人は、ぜひチェックしておこう!

「社長と遊ぼう"ジャストコーズ3"」の視聴はこちら





高い自由度による解放感と爽快感を、バカンスに例えてお届けした『ジャストコーズ3』特集。これまでの記事で紹介したさまざまな内容は、フリーダムな「メディチ共和国」での過ごし方のほんの一部だ。あなたもさっそく今日から「メディチ共和国」へ旅立ち、自分だけの気ままなバカンスを存分に楽しんでほしい!



▼PS4®『ジャストコーズ3』の購入はこちらから!

『ジャストコーズ3』の発売をみんなに伝える!


------------------------------------------

PS.Blogの『ジャストコーズ3』ページはこちら

------------------------------------------


『ジャストコーズ3』公式サイトはこちら

「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」公式サイトはこちら



Just Cause 3 c 2015,2016 Square Enix Ltd. All rights reserved. Developed by Avalanche Studios. Published by Square Enix Co., Ltd. Just Cause 3 and the Just Cause logo are trademarks of Square Enix Ltd.

記事を探す
トップに戻るボタン