PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【特集第1回】『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』──全てが進化した最新作がPS4®に見参!【基本ノ章】

by PS.Blogスタッフ 2016/01/22

原作コミックやアニメを通じて、国内のみならず世界中のファンから支持を集める人気作品「NARUTO-ナルト-」。その壮大な物語の中で描かれた数々の忍たちの激闘を、アニメとゲームを融合させた"超アニメ表現"で再現するPlayStation®4専用ソフトウェア『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』(以下『ナルティメットストーム4』)が、2月4日(木)にいよいよ発売される。


個性的なキャラクターがさまざまな忍術や体術を駆使して戦う忍ならではのバトルを、爽快なアクションとアニメさながらの美しいビジュアルで表現してきた「ナルティメット」シリーズ。最新作である『ナルティメットストーム4』は、PS4®でさらに美しく迫力が増したグラフィックとストーリーモードをはじめとした充実のモードで、「NARUTO-ナルト-」の世界をフルに体感できる、まさにシリーズの決定版とも呼べる内容になっている。最新PVでその見どころや進化したポイントが一挙に紹介されているので、まずはその目で確かめてほしい。


PS4®「NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4」第5弾PV



PS.Blogでは、PS4®初のシリーズ最新作である『ナルティメットストーム4』の魅力をわかりやすく伝えるべく特集をスタート! 第1回は収録されるモードや主要キャラクター、数々の新要素が取り入れられたバトルシステムなど、プレイの前に知っておきたい、その全貌を紹介する。さらに開発スタッフを直撃し、本作の注目すべきポイントも聞いているので、そちらもお見逃しなく!!


現在、PlayStation®Storeではゲームの魅力をひと足早く楽しめる体験版を配信中。興味を持った人は、PS4®の能力によってさらに進化した驚くべきクオリティのビジュアル表現とアクションを体験してみよう。



▼『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』体験版のダウンロードはこちらから





■ストーリー、アドベンチャー、フリーバトルなど
 豊富なゲームモードで「NARUTO-ナルト-」ワールドを堪能!

『ナルティメットストーム4』には、「NARUTO-ナルト- 疾風伝」のストーリー最終章を追体験できる「ストーリーモード」、緻密に再現された作品世界を冒険できる「アドベンチャーモード」、好きなキャラクターを使って対戦を楽しめる「フリーバトル」、世界中のライバルと対戦できる「ネットワークバトル」の4つのモードが収録される。ここでは各モードの内容を簡単に紹介しよう。



【原作の名シーンを自分の手で体験!「ストーリーモード」】

ストーリーモードは章仕立ての構成で、原作の流れに沿ったバトルに勝利することで物語が進行していく。各章には複数のステージが用意され、ボリュームはかなりのもの。大軍勢と戦う群衆バトルや尾獣となって戦う巨大ボスバトルなど、通常とは異なる形式のバトルもあり、バラエティあふれる忍の戦いが楽しめる。


また、バトル開始前やバトル中のインタラクティブアクション発生時には、アニメと見紛うようなクオリティの演出シーンが挿入される場面も。キャラクター同士の熱いやり取りは、「NARUTO-ナルト-」ファンなら燃えること間違いなしだ。




【「アドベンチャーモード」で第四次忍界大戦後の世界を冒険】

第四次忍界大戦が終結し、復興を遂げようとする世界を自由に駆け巡り、新たな物語を楽しめるアドベンチャーモード。平和になった木ノ葉隠れの里や砂隠れの里では、大戦をともに戦い抜いた仲間たちと再会することもできる。ライバルたちのその後など、知られざるエピソードが語られる可能性も......?




【トレーニングや演出確認にも最適の「フリーバトル」】

フリーバトルでは、使用可能になったキャラクターを選び、自由な組み合わせや設定で気軽にバトルを楽しめる。コンピュータを対戦相手にすることもでき、新たなアクションシステムを使いこなすための練習や、キャラクターごとの奥義の演出を見て楽しむのにも活用できる。友達同士で集まったときに役立つトーナメントやリーグ戦の機能も!




【世界中の忍と「ネットワークバトル」で対決!】

インターネットで世界中のプレイヤーと対戦を行なえるネットワークバトル。ランクバトルなどの豊富な試合形式が用意されているほか、対戦で勝利してキャラクターカスタマイズ用のアイテムを手に入れる「ビンゴブック」というボーナス要素も用意されている。





■数々の新システムでバトルはさらに戦略的に!
 100忍以上のキャラで存分に忍の戦いを体験!!

多彩な術を扱う忍たちが3D空間を自由に移動しながら、忍術と体術を駆使して戦う「ナルティメット」シリーズのバトル。『ナルティメットストーム4』では、バトル中に操作キャラを切り替えられる"リーダーチェンジ"などの新システムが導入され、戦いの駆け引きが一層熱く進化した。さらに最新のストーリーが網羅されたことで、プレイアブルキャラクターも100人以上に増加! 原作ストーリーの終盤に登場した人物たちも加わり、その強さを自分の手で確かめられるようになっている。



<"リーダーチェンジ"が真のスリーマンセルの戦いを実現>

バトルシステムに、3人までのチームを組んだ際に操作キャラを自在に変更できる"リーダーチェンジ"や、装備が破壊される代わりに攻撃力が上昇する"装備破壊"、忍術が地形の影響を受ける"属性効果"といった新システムを多数採用。"連係覚醒""援護射撃""チャージアシスト""合体奥義"など、チームメンバーが連係する要素も追加&強化され、原作で描かれたスリーマンセル(3人1組)での戦略的な行動をバトルの中で再現できるようになった。


<シリーズ最多! 総勢115人+αが集結!!>

原作の最終局面といえる第四次忍界大戦をテーマとしている『ナルティメットストーム4』には、歴代の主要キャラクターの多くが登場する。原作で驚異的な力を見せつけたうちはマダラ(六道)や大筒木カグヤはもちろん、主人公のナルトのように技や能力が大きく異なる別モードの同名キャラが追加されたものもあり、合計すると115キャラという圧倒的なボリュームに!! 初回特典のうずまきボルト&うちはサラダのように、ダウンロードコンテンツで配信されるキャラクターも用意される。

◆うずまきナルト(六道仙人モード)


◆うちはサスケ(輪廻写輪眼)


◆うちはマダラ(六道)



◆大筒木カグヤ





■開発スタッフに聞く!
 PS4®専用の『ナルティメットストーム4』はココがすごい!

PS.Blogの特集では毎回、開発スタッフに『ナルティメットストーム4』のさまざまな魅力をQ&A方式で直撃! 第1回はバンダイナムコエンターテインメントの中河美穂プロデューサーに、本作のコンセプトや注目してほしいポイントなど、ゲーム全般についてお答えいただいた。



Q. 『ナルティメットストーム4』がPS4®専用タイトルになった経緯を教えてください。

A. もともと、PS3®とPS4®に向けて開発を行なっていましたが、両ハードでの開発を進めるに従い、ハード性能の差を感じるようになりました。開発を始め1年近く経った頃、「ナルティメット」シリーズ最新作としてお届けするためにはPS4®のスペックに特化し、今まで以上の"超アニメ表現"を生み出す必要があると考え、PS4®専用タイトルとして方針を切り替えることを決定しました。


Q. 開発にあたってのコンセプトは何でしょうか?

A. コンセプトは"超破壊"です。新システムとして搭載されている"装備破壊"もそうですが、本作ではステージそのものが破壊されるなど、ダイナミックな表現でバトルを演出しています。また、映像の面でもPS4®だからこそできた表現が目白押しです。特にキャラクターの表情を今まで以上に、より豊かに描いているドラマシーンはぜひとも見ていただきたいです。


Q. 開発上で特に苦労された点があれば教えてください。

A. 初めてのPS4®での開発だったため、PS4®クオリティを出すためにはどうしたらよいか、かなり試行錯誤しました。2014年12月に、現在体験版としても配信されているボスバトル「創生の死闘」をつくり、ここでやっと方向性が見え、手ごたえを感じました。その後は、このボスバトルを1つの基準として開発チーム内でも共有し、制作を行ないました。


Q. これまでのシリーズ作品と比べ、最も進化したと感じる部分はどういった点ですか?

A. フリーバトルにおける新システムは、戦略性だけでなく、「NARUTO-ナルト-」らしさを増すことに成功していると思います。3人のキャラクターを瞬時に切り替えながら闘う"リーダーチェンジ"では、真のスリーマンセルを実現しました。また、火遁の攻撃を受けると火が服に引火するといった"属性効果"、一定以上のダメージを受けると装備が破壊され、防御力が下がる代わりに攻撃力がアップする"装備破壊"などにより、バトルの臨場感も今まで以上のものになりました。


Q. 収録されるゲームモードで、特に注目してほしいものを教えてください。

A. なんといっても、「NARUTO-ナルト-」原作におけるナルトVSサスケのバトルを描いたストーリーモードです。エンディングでは必ず感動していただけると思いますので、ぜひ最後までプレイしてください!


Q. やり込み要素も含め、ゲーム全体のボリュームを教えてください。

A. ストーリーモードとアドベンチャーモードをクリアするのに15時間程度、やりこみ要素を含めると40時間程度のボリューム感です。アドベンチャーモードは、忍界大戦終結後の平和になった世界を舞台とし、「木ノ葉隠れの里」などの世界を駆け回りながらクエストをクリアしていくオリジナルストーリーとなっており、遊べる内容もたっぷり用意させていただいております!


Q. PS4®だからこそ実現できたと思う部分はどういった点でしょうか?

A. 映像表現、ゲームシステムなど、どれをとっても従来ではできなかったような表現が目白押しです。今までのシリーズを遊んでいただいた方も、本作でシリーズに初めて触れる方も、きっと驚いていただけるような内容になっていると思いますので、ぜひ発売までもう少しお待ちいただけますと幸いです!





■ボルト&サラダなどの最新キャラクターやコスチュームが
 初回封入特典で使用可能に!

『ナルティメットストーム4』には初回封入特典として、「限定特典」と「早期開放」の2種類のプロダクトコードが同梱される。

限定特典プロダクトコードを使うと、映画「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」からの登場となる、ナルトとヒナタの息子うずまきボルトと、サスケとサクラの娘うちはサラダがプレイアブルキャラクターとして使用可能に! 2人専用の合体奥義も使用でき、新たな世代の忍の力をゲームの中で体験できる。また、映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」で登場した、はたけカカシ(火影)のコスチュームもセットになっている。


◆うずまきボルト/うちはサラダ/はたけカカシ(火影)コスチューム

<限定特典プロダクトコード>

・プレイアブルキャラクター
 うずまきボルト(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)
 うちはサラダ(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)

・合体奥義
 うずまきボルト(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)×うちはサラダ(BORUTO -NARUTO THE MOVIE-)

・コスチューム
 はたけカカシ(火影)(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)



早期開放プロダクトコードでは、映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」に登場したうずまきナルトと、うちはサスケがプレイアブルキャラクターとして早期開放される。こちらもナルトとサスケ専用の合体奥義や、映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」版の日向ヒナタと春野サクラのコスチュームがセットになっている。早めの予約で、初回封入特典を確実にゲットしよう!


◆うずまきナルト/うちはサスケ/日向ヒナタ/春野サクラ

<早期開放プロダクトコード>

・プレイアブルキャラクター
 うずまきナルト(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)
 うちはサスケ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)

・合体奥義
 うずまきナルト(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)×うちはサスケ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)

・コスチューム
 春野サクラ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)
 日向ヒナタ(THE LAST -NARUTO THE MOVIE-)





数々の新要素を含む圧倒的なボリュームを備えて登場する『ナルティメットストーム4』。次回は、PS4®でさらに迫力を増したグラフィック演出を存分に楽しめるストーリーモードの詳細をお届けするので、お楽しみに!


------------------------------------------

PS.Blogの『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』ページはこちら

------------------------------------------


『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』の公式サイトはこちら

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』ソフトウェアカタログはこちら




©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
©劇場版NARUTO製作委員会 2014
©劇場版BORUTO製作委員会 2015
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※ゲーム画面は開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン