PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「Hulu」1月のおすすめ作品はコレ!

by PS.Blogスタッフ 2016/01/29

ホロウ・クラウン/嘆きの王冠

(毎週月曜日に1話ずつ配信中)

イギリスの「イケ面俳優」たちが歴代の英国王に 王冠を継ぐ者たちの物語


【解説】
シェイクスピアの史劇「リチャード2世」「ヘンリー4世」「ヘンリー5世」。イギリスの中世に生きた国王たちの苦悩と戦いを描いた有名な史劇をドラマ化。出演はベン・ウィショー、ジェレミー・アイアンズ、トム・ヒドルストンなど。シェイクスピアの描く華やかで、力強く、憂いに満ちた世界を、壮大な風景と歴史的建造物とともに堪能できるシリーズだ。


●ここに注目!
シリーズの幕開けとなる「リチャード2世」の主演は『007 スカイフォール』以降Q役を演じるベン・ウィショー。そのキュートな風貌で日本の映画ファンにもおなじみとなった彼が演じるリチャード2世は、英国王きっての美男子とされ、華やかな宮廷生活を送った人物。だが彼は、市民への過酷な徴税により王位を奪われることとなる。

リチャード2世から王位を奪った冷静でしたたかな王「ヘンリー4世」を演じるのは、『運命の逆転』でアカデミー賞主演男優賞を受賞、身近なところでは『ダイ・ハード3』でテロリストのボスを演じたジェレミー・アイアンズ。聡明な王としての顔と、悩み多き父としての顔の両方を演じきる、彼の高いパフォーマンスは見応えあり。

そして物語の最後を飾るのは『アイアンマン』シリーズのロキ役で大ブレイクを果たしたトム・ヒドルストン。国政に興味を示さず仲間とつるんで放蕩三昧、父ヘンリー4世の頭痛の種だったハル王子、のちの「ヘンリー5世」を好演。ヘンリー4世の崩御後、彼が生まれ変わったかのような活躍をみせるのも感慨深い。

イギリスを代表する3人の俳優たちにいざなわれ、シェイクスピアが描いた歴史ロマンの世界へトリップしてみてはいかが?

『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』についてはこちら!


© 2012 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED





『ウェントワース女子刑務所』シーズン2

(毎週火曜日に1話ずつ配信中/全12話)

シーズン1よりさらに加速する「世界で最もキケンな格付けバトル」


【解説】
オーストラリアの有料チャンネル史上No.1視聴率を誇る本ドラマは、オーストラリアのテレビ界で最も権威あるロギー賞を2015年に受賞、そしてエミー賞といわれるアステラ賞を2014年、2015年と連続受賞し、世界20カ国で放映される大人気ドラマ「ウェントワース女子刑務所」のシーズン2。冷血女看守長ジョアン・ファーガソンを筆頭とする新キャラクターも加わり、女囚人たちの格付けバトルからますます目が離せない!


●ここに注目!
主人公のビー・スミスは、自分を虐待する夫を殺そうとしたとはいえ、普通の主婦らしさもあるキャラクターだった。そんな彼女がシーズン1のストーリーを経て、シーズン2では復讐の鬼と化してしまうのは納得はできるものの、やはり驚きの展開。

また、一度は落ち着きを見せていた女囚人たちのパワーバランスも、クセモノ揃いの新キャラクターたちの登場によって新たな波乱が巻き起こり、おなじみの戦いがさらにヒートアップする。

もちろん、ドロドロした感情のぶつかり合いだけでは終わらないのが本作の良さ。キャラクター同士の息詰まる頭脳戦もますます興味深く描かれる。これが本作品が性別を問わず、しかも幅広い年代に評価されているポイント。シーズン1を越える急展開、どんでん返しに引き込まれるはず!

『ウェントワース女子刑務所』についてはこちら!


©FremantleMedia Ltd.





『Black Sails/ブラック・セイルズ』シーズン1

(エピソード1〜4配信中/エピソード5〜8は2月12日(金)に配信予定)

『トランスフォーマー』のマイケル・ベイが仕掛ける、ド迫力の海賊アドベンチャー!


【解説】
海賊黄金時代、美しきカリブ海に浮かぶ島。むき出しの欲望がぶつかり合うその無法者たちのパラダイスで、新しい人生を手に入れることができる幻の財宝を海賊たちが奪い合う──。『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが仕掛ける、ド迫力の海賊アドベンチャー!


●ここに注目!
2014年にシリーズ1が配信されるや瞬く間に大ヒット、エミー賞で2冠を獲得、今年1月には全米でシーズン3の配信もスタートした大人気シリーズがついに日本上陸。製作総指揮が『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイということで、期待どおりのアクション、チェイス、ハプニング、そしてまたアクションの連続! 海の男たちの戦い、財宝を積んだ船をめぐる出し抜きあい、美しくもスリリングな航海場面など、テンポよく続く映像を観ているうちに、時を忘れてしまう。

主人公キャプテン・フリント役は『007 ダイ・アナザー・デイ』でダイヤモンド王グスタフ・グレーヴスを演じたトビー・スティーヴンス。その他にも『マレフィセント』でプリンセス・レイラ役を演じたハンナ・ニューなど、演技派の俊英たちがカリブ海で躍動する。

日本ではHuluとdTVだけの共同独占配信という点もポイント。海外ドラマファンなら、この話題の大作をお見逃しなく。

『Black Sails/ブラック・セイルズ』についてはこちら!


© 2014 Starz Entertainment, LLC



◆「Hulu」のサービスについてはこちらから!



▼「Hulu」のアプリケーションのダウンロードはこちらから!


「Hulu」の公式サイトはこちら



© 2016 Hulu

記事を探す
トップに戻るボタン