PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

思い通りにライブを演出!『初音ミク -Project DIVA- X』新モード情報公開!

by PS.Blogスタッフ 2016/02/01

「ライブ&プロデュース」をテーマに、初音ミクがライブパフォーマンスを披露するPlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフトウェア『初音ミク -Project DIVA- X』。PS Vita版は3月24日(木)、PS4®版は2016年秋に発売が予定され、ファンの注目を集めている。

メインとなる「ライブクエストモード」では、5種類のエレメントがつかさどる5つのエリアをめぐり、リズムゲームをプレイ。ボルテージを稼ぎながら、モジュール(コスチューム)やアイテムをゲットしていく。遊べる楽曲は全30曲。収録楽曲はメドレー曲含め全51曲! 新モジュールもたっぷり収録され、楽曲とモジュールを組み合わせてミクたちのライブをプロデュースする楽しみも味わえる。


さらにこのたび、思い通りのライブを演出できる「ライブエディットモード」も判明! 新たに公開された「フリープレイモード」、楽曲、モジュールの情報とともにお届けしていこう。





■理想のライブを演出できる「ライブエディットモード」を新搭載!

「ライブエディットモード」は、収録楽曲やステージを組み合わせ、理想のライブステージを演出できるモード。従来の「ライブスタジオモード」とエディット要素が結びついたもので、簡単な操作でライブシーンを作り上げることができる。

ゲーム内に収録されている全楽曲をフルサイズで収録しており、リズムゲーム中では見られないモーションが楽しめる曲も多くある(リズムゲームの楽曲がフルサイズ収録の場合は同じモーションとなる)。タイムライン上で、プリセットされたカメラを切り替えられるほか、ライト演出やワンショット演出など、ステージ上の演出を好きなタイミングで設定できる。

なお、PS Vita版で「ライブエディットモード」を使用するには、追加コンテンツ「ライブエディットスタートパック」(無料)をPlayStation®Storeからダウンロードする必要がある。


タイムライン上に配置されたエディット項目。自分なりの指示を設定し、理想のライブをプロデュースしよう。



リズムゲームとは異なるカメラを設定することもでき、新鮮なアングルでのライブを楽しめる。カメラはプリセットから選ぶので、操作も簡単!



「ワンショット演出」は、ステージごとに設定された単発の演出のこと。好きなタイミングで使用できるうえ、「変身演出」も設定可能。



照明の設定も可能。ステージごとに、チューニングされたライティングを使いこなしたい。



「ステージ演出」は、ステージ全体の印象を変える大掛かりなもの。ドラマティックな演出を楽しもう。




■ステージもモジュールも組み合わせ自由! 「フリープレイモード」を満喫!!

「フリープレイモード」は、ステージやモジュールを自由に組み合わせてプレイできるモード。ルールは過去の「Project DIVA」シリーズとほぼ同じ。ソングエナジーゲージやクリアランクも、シリーズを踏襲している。

ライブクエストで解放・入手した楽曲やステージ、モジュール、アクセサリは、「フリープレイモード」でも使用可能。「フリープレイモード」にはクエストやエレメントの縛りがないので、ステージやモジュールを自由に組み合わせて遊ぼう。


エレメントやボルテージの概念はなし。好きなモジュールで、思う存分リズムゲームを楽しめる。



モジュールの「スキル」設定もなし。代わりに、ヘルプアイテム、チャレンジアイテムを使用できる。



新しいモジュールはドロップしないが、手持ちの中から変身するモジュールを自由に設定できる。



ステージを自由に入れ替えれば、いつもと違う雰囲気でリズムゲームを楽しめる。ルールは、過去のシリーズとほぼ同じ。



■収録楽曲、続々公開!! ミクたちキャラクターの魅力を引き立てる新モジュールも!

全30曲でリズムゲームを楽しめる本作。もちろん、それぞれの楽曲にぴったりのモジュールも用意されている。新たに公開された楽曲&モジュールを紹介していこう。


<楽曲>

◆「罪の名前」
 アーティスト:ryo(supercell)
 エレメント:ニュートラル

本作のオープニングテーマ曲として書き下ろされた希代の1曲! 壮大な物語と深いメッセージを秘めたこの曲は、聴く者を大いに圧倒する。



◆「ハジメテノオト」
 アーティスト:malo
 エレメント:ニュートラル

その歌声が原点、全てのはじまり。音声合成ソフト『初音ミク』が発売された2007年に作られた名曲です。



◆「紅一葉」
 アーティスト:黒うさP (WhiteFlame)
 エレメント:ビューティ

追憶が、時を超えて愛しい人の面影を呼び寄せる。それは紅葉が見せた幻なのか......。和の美しさが照り映える、黒うさPの佳曲が今ここに。



◆「愛Dee」
 アーティスト:Mitchie M
 エレメント:ビューティ

世界で一番ゴキゲンなステージがここにある! ミクが歌い、ルカがラップで魅せる、2人の最高のセッションを楽しもう!




<メドレー楽曲>

◆「クール・メドレー ~サイバーロックジャム~」
 収録曲:アンハッピーリフレイン (アーティスト:wowaka)
     / マイリスダメー!(アーティスト:ライブP) / 天樂 (アーティスト:ゆうゆ)
     / Palette (アーティスト:ゆよゆっぺ)
     / このふざけた素晴らしき世界は、僕の為にある(アーティスト:n.k)
 メドレーアレンジ:DIVELA
 マニピュレート:攻 (おさむ)
 エレメント:クール

ロック魂あふれる名曲の数々をハイスピードなメドレーにアレンジ! フレッシュでサイバーなサウンドは必聴!


<モジュール>

◆カンタトリス
 デザイン:優
 エレメント:ニュートラル

語り継がれるべき物語を歌にして、永遠のものとする──それが歌い手、カンタトリス。今日はどんな物語を歌で紡いでくれるのだろうか?


◆十六夜
 デザイン:一葉モカ
 エレメント:ビューティ

十六夜(いざよい)は、十五夜を過ぎた欠け始めの月。空に上るのが十五夜より遅いことから、「ためらう」という意味も持つ。


◆アノード・エレクトロニカ
 デザイン:藤ちょこ
 エレメント:ビューティ

アノードは「正電極」。「負電極」(カソード)と組み合わさることで、妙なる歌声を生み出す電子の歌姫!


◆カソード・エレクトロニカ
 デザイン:藤ちょこ
 エレメント:ビューティ

カソード(負)とアノード(正)、相反する個性が生み出すエネルギーを最高のフレーズに変えるラッパー、そしてDJ!


<クールエリアのエレメントテーマモジュール>

ロッキンストーン
 デザイン:Nidy-2D-

クールでロックな歌姫がここに誕生! オッドアイが特徴のクールエリアのテーマモジュール。


◆バーニングストーン
 デザイン:Nidy-2D-

クールに燃えあがる熱さを感じさせる、リンのモジュール。大きなゴーグルがカワイイ!


◆ライトニングストーン
 デザイン:Nidy-2D-

クールな中に電光石火の閃きを見せる、レンのモジュール。ドクロのワンポイントが映える!


◆ドミネントストーン
 デザイン:Nidy-2D-

威風堂々、支配者のクールさがあふれ出す、ルカのモジュール。これはかっこいい!


◆ワイズストーン
 デザイン:Nidy-2D-

ハードでラフな着こなしに潜む知性のきらめき。これがMEIKOのクールスタイル!


◆マジェスティックストーン
 デザイン:Nidy-2D-

自信に裏打ちされた威厳か。クールなKAITOのたたずまいに惚れる!




「ライブクエストモード」だけでなく、「ライブエディットモード」と「フリープレイモード」でも思う存分ミクさんたちのライブを楽しめる『初音ミク -Project DIVA- X』。プロデューサーになったかのような気分で、ステージをつくりあげる楽しさを味わおう。

PS Vita版『初音ミク -Project DIVA- X』は、予約特典としてアーケードゲームのプレイデータを管理できるオリジナルデザインの「Aime(アイミー)カード」がもらえるので、予約を忘れずに!


「アーケードにもAimeきて!カード」

Illustration by KEI


------------------------------------------

初音ミク -Project DIVA- X

発売元:セガゲームス
フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
ジャンル:リズムアクション
発売日:PS Vita版 2016年3月24日(木)予定/PS4®版 2016年秋予定
希望小売価格:PS Vita版 6,990円+税/PS4®版 未定
CERO:PS Vita版 B(12才以上対象)/PS4®版 審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『初音ミク -Project DIVA- X』ページはこちら

------------------------------------------


『初音ミク -Project DIVA- X』公式サイトはこちら



© SEGA
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net 
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。

※画面はすべてPlayStation®Vita版の開発中のものです。
本作のキャラクター設定は SEGA feat. HATSUNE MIKU Projectが
本作のために設定したものであり、公式設定とは異なります。

記事を探す
トップに戻るボタン