PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ファイナルファンタジーXV』の最新情報・映像を世界初公開! 「台北ゲームショウ2016」ステージイベントレポート

by PS.Blogスタッフ 2016/02/02

■『ファイナルファンタジーXV』最新情報の数々にアジアと世界のファンが大興奮!

※中文をSCE側でローカライズしたものです。

2016年1月28日(木)から2月2日(火)にかけ、台湾の台北ワールドトレードセンターにて開催された「台北ゲームショウ2016」。1月31日(日)には、世界中が注目するシリーズ最新作、PlayStation®4用ソフトウェア『ファイナルファンタジーXV』のステージイベントが行なわれました。

ソニー・コンピュータエンタテインメント台湾(SCET)プレジデントの江口達雄が、本作の台湾およびアジア展開に関して、スクウェア・エニックスの田畑端ディレクターに質問を投げかけるかたちで進行。数々の最新情報や映像が発表されました。


左から、SCETプレジデントの江口達雄(えぐち・たつお)、『ファイナルファンタジーXV』ディレクターの田畑端(たばた・はじめ)氏。




【日欧米にアジアを加えた世界同時発売】

イベントの冒頭で江口プレジデントは「PlayStation®にとって、「ファイナルファンタジー」はなくてはならないシリーズだと思っています。初代PlayStation®のときは『FF VII』があり、PS2®のときは『FF X』があり、そしてPS3®では『FF XIII』が引っ張ってくれただけでなく、その後さまざまなタイトルが中文化ローカライズされるきっかけになりました。PS4®においても『FF XV』がお互いに支え合う存在になってくれると思います」と、本作に大きな期待をかけていることを強調しました。


そのうえでアジアでの展開を問われた田畑ディレクターは、本作がアジアのスタジオ9社の協力を得て制作が進められていること、そして日欧米と同じタイミングでアジア言語へのローカライズ版の発売を予定していることを発表。「日米欧亜を同じプライオリティで取り組み、世界中のファンが同じタイミングで遊んでもらうことを目標としています」と述べると、集まった台湾のゲームファンから大きな拍手が起こりました。


※中文をSCE側でローカライズしたものです。




【最新映像2本を世界最速で公開!】

続いて、江口プレジデントから「(『FF XV』は)面白いんですか? 約束どおり2016年に発売されますか?」という、なんともストレートな質問が。田畑ディレクターは「面白いです。そして2016年に必ず出します!」と力強く宣言し、この言葉を裏付ける2本の映像を用意してきたとのこと。また、映像の公開に先立ち本作がどんなゲームかを説明するために表示されたスクリーンショットのうち1枚は世界初お披露目となっていました。


世界最速で公開された1本目の映像「プログレスレポート Ver.2.0」は、開発途中のものをあえてユーザーに見せることで、どんなゲームが出来上がるかを楽しみにしてもらうための映像。戦闘での連携や武器チェンジの動きといったシーンや、これまで明らかにされていなかった機能がダイジェストで映し出されました。


ステージに同席した台湾の「FF」ご意見番、Randal Du氏からは「体験版の『ファイナルファンタジーXV -EPISODE DUSCAE-』をプレイしたユーザーから要望が多かった、武器の切り替えがスムーズになっているように感じました」との感想が。また、槍を装備してのダイナミックな空中戦に関して、田畑ディレクターは「本作ではリアリティというキーワードを大事にしていて、その中でいかにハイレベルなアクションを実現するための開発を進めてきました。ある程度、僕たちの目標としているところに近づけることができたので、分かりやすくお伝えするために空中挙動を中心とした槍の映像をお見せしました」と説明。体験版からのフィードバックを含め、着々と完成に近づいていることが実感できる内容でした。


続いて、2本目の映像「最新バトルフッテージ」を公開。こちらは製品版に近い完成度となり、ニフルハイム帝国の軍施設に潜入するミッション一連の流れを見ることができました。


ノクトがワープしながら次々と敵を倒し、仲間との連携やファイアの魔法で魔導アーマーに対抗する迫力のバトル映像には、江口プレジデントも「鳥肌が立ちました!」と大興奮。Randal氏が注目した魔法の使い方については、田畑ディレクターが「『FF XV』のファイアは、これまで多くあった火の玉が飛んでいくようなものではなく、出現させた炎の延焼によって敵にダメージを与えるシステムです。周囲の環境に作用し、オイルに引火させる応用も効くようになっています」と回答しました。

これらバトルのシステムや表現力は、PS4®だからこそできた技術ばかりとのことで、田畑ディレクターは「リアリティや爽快感、手触りがきちんとあって、それをオープンワールドの中で作り上げているのは、世界でも『FF XV』しか例がないと思います」と言葉を結びました。





【3月に大規模なイベントを開催! プレイアブルテックデモも配信決定!】

世界最速公開の映像に感動した江口プレジデントから、「少しでも早く触りたい!」というさらなる直球での要求を受けた田畑ディレクターは、3月に開催予定の大規模イベントで発表するつもりだった新情報の一部を早出しで公開!

その内容は、以前に無料配信を発表したプレイアブルテックデモに関する続報。「ただ技術に触れるだけでなく、いろいろと楽しめるように工夫を凝らした準備をしています。発売前に触っていただく機会を作ることをお約束します!」(田畑ディレクター)とのことで、会場スクリーンでは子供時代の主人公ノクトが公開され、"デモのヒント"に世界中のファンの期待が高まりそうです。



イベントの最後に田畑ディレクターは、「今後、アジアの発展がさらに加速することを期待して、グローバル用の情報をここ台北で公開することを初めて試みてみました。みなさんが最高のゲーム体験を続けていけるように協力していきたいと思っていますので、これからも応援をお願いします!」とコメント。『ファイナルファンタジーXV』への期待感とともに、さらにアジアを盛り上げる熱量を感じられるイベントとなりました。

なお、ステージイベント後に配信された「FINAL FANTASY XV Active Time Report January 2016」では、最新映像2本のほか、3月のイベントの詳細などをご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。


「FINAL FANTASY XV Active Time Report January 2016」はこちら


『ファイナルファンタジーXV』公式サイトはこちら



© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

記事を探す
トップに戻るボタン