PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Unravel』プレイレポート! 運命を紡ぐ毛糸アクションの見どころを紹介

by 電撃PS編集部 2016/02/12

今回紹介する『Unravel』は、赤い毛糸から生まれた主人公・ヤーニーとなって、写真のなかの風景を冒険しながら"想い出"を集めていく横スクロールアクション。自分の体から伸びる毛糸を利用してギミックを解きながら、ゴールを目指して進んでいくアクションゲームです。操作はカンタンですが頭を使った謎解きも多く、柔軟な発想で進むことが求められる場面も! 毛糸を使ったアクションを解説しながら、その魅力を紹介していきましょう。





■手ごわいトラップを乗り込えるカギはヤーニー自身!

『Unravel』には、難しい操作はいっさいありません。アナログスティックで移動して、×ボタンのジャンプ、○ボタンで物を運ぶ。そして、自分の体から伸びる赤い毛糸を使ったアクションで、どんなギミックでも解くことができます。口で言うのはカンタンですが、このギミックが絶妙な配置になっており、かなり頭を使わないと解けないものも。ヤーニー自身は虫のように小さな体なので、人間だったら、ひとまたぎで乗り越えられそうな場所も、大きな難所として立ちはだかります。


背景とヤーニーのサイズ差による、普段の日常では見られない風景も必見。まるで、自分自身が小さな生き物のようになった感覚で冒険できます。ギミックが解けずに詰まったら、ひと呼吸置いてあたりを見回してみましょう。解法が見えてくるかもしれませんよ? もぐらに追いかけられるといった例外もありますが、基本的に時間制限はないので、焦る必要はありません。むしろ、北欧の美しい風景をゆったりと満喫しながら、ヤーニーの冒険を見守るように遊ぶのが、本作の醍醐味と言えるでしょう。





■赤い毛糸を使えば、ジャンプ台や振り子も作れる!

本作では赤い毛糸を使ったアクションがとても重要です。毛糸はR2ボタンで前方に伸ばせます。さらに、R2ボタンを押し続けることで、赤く光る場所をつかむことができます。つかんだ状態で毛糸を伸ばせば、振り子のように遠心力を利用して、遠くまで飛ぶことも! この振り子アクションが、もっともよく使う行動になるでしょう。


さらに、赤く光る場所の近くで□ボタンを押せば、毛糸をその場に巻き付けることも可能です。毛糸を巻き付けておけば、R2ボタンを放しても命綱のようになってくれるので安心。巻き付けた状態でL2ボタンを押すと、毛糸を手繰り寄せて短くすることもできます。毛糸は、手繰り寄せて重たい物を引っ張ったり、様子を見ながら崖を降りたりと、ロープのような使い方も可能。2点間をつないで結べば、橋のように毛糸の上を渡り歩いたり、反動を利用して飛ぶジャンプ台にすることもできます。行き詰まったら、毛糸を引っ掛けていろいろ試してみると新たな道が開けるかもしれません。


赤い毛糸の使い方がカギとなるヤーニーですが、彼にも1つ大きな欠点が......それは、毛糸の長さに限界があるということ! ステージ内にある毛玉を見つけて長さを補充しないと、ゴールまでたどり着くことができなくなってしまいます。しかも、毛玉から毛玉までの長さがギリギリまでのことが多く、ギミックを解いたと思ったのに、毛糸の長さが足りなくて届かない......なんてことも。毛糸をムダにしないように注意しながら、うまく補充していきましょう。





■写真のなかに隠された想い出と"秘密"

本作の目的は、写真の風景を探索しながら、おばあさんの想い出を集め、記憶を紡いでいくこと。基本的に右方向へ移動していき、ゴールにある想い出を回収するとクリアになります。


ステージをクリアすると、部屋の入口にあるアルバムに写真が追加され、おばあさんが家族と過ごした思い出の一部を読み解くことができます。何気ない風景であったり、家族が一緒に歩いている場面だったりと、本当に日常で撮ったような写真ばかりなのですが、まるで"誰かの想い出のアルバム"を実際に見ているような、不思議な感覚にさせられます。


ステージ内には目的となる想い出だけではなく、隠しアイテムのように配置された"秘密"も多く存在しています。クリアするうえで集める必要はありませんが、一度クリアしたステージは何度でも再挑戦できるので、頭を使って秘密を探してみるのも楽しいでしょう。


これまでいくつか見どころやプレイのポイントなどを語ってきましたが、正直なところ『Unravel』は、実際に遊んでみてこそわかるゲームです。冒険を通していろいろと試行錯誤し、ギミックに頭を悩ませる体験を、ぜひ味わってみてください。おばあさんの想い出を紡ぐ設定も、あえて直接言葉で語られることはないので、プレイする人それぞれで受け取り方も変わってくるのも、おもしろいところではないでしょうか。謎解きは頭を使いますが、操作の難易度は高くはないので、気になる人はぜひ遊んでみてください。


2月10日(水)に配信された「プレイステーション」公式生放送プレキャスでは、電撃PlayStationの西岡編集長が『Unravel』をピックアップ。インディーズ特設サイトではその模様をアーカイブ映像で公開中です。ヤーニーの動きも確認できる映像をぜひご覧ください!

インディーズ特設サイトはこちら





■リアルヤーニーのフィギュア(毛糸製)を手に入れよう

最後に、PlayStation®Storeでは2つのヤーニーフィギュア(毛糸製)プレゼントキャンペーンを実施中です。

1つは、PlayStation®4『Unravel』を購入&応募券取得者のなかから、抽選で10名様にヤーニーフィギュア(毛糸製)をプレゼントするキャンペーン。募集は2月23日火曜日までなので、ダウンロード購入した方々は、応募券のダウンロードもお忘れなく!

もう1つは、PlayStation®Store公式TwitterアカウントのヤーニーTwitterプレゼントキャンペーンのつぶやきをリツイート&PlayStation®Store公式アカウントをフォローしている方々のなかから、抽選で5名様にヤーニーフィギュア(毛糸製)をプレゼントするもの。こちらは2月16日火曜日までの実施となっています。

それぞれ手間のかからない簡単な応募方法となっているので、フィギュア(毛糸製)がラブリーだという方々は、応募を忘れずに! キャンペーンの詳細については、下記のページをご確認ください。


ヤーニーフィギュア(毛糸製)プレゼントキャンペーンはこちら



PS Store公式Twitterはこちら



▼PS4®『Unravel』のPS Storeでの購入はこちらから!


© 2016 Electronic Arts Inc. Unravel is a trademark of Electronic Arts Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン