PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

劇場版アニメ『ガラスの花と壊す世界』2月17日より配信開始。世界観を探る「公開記念PV」も無料配信中!

by PS Videoスタッフ 2016/02/17

■ストーリー・キャラクター

無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間――「知識の箱」。 そこには幾つもの世界があり、幾度の時間があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーの2人はそこで敵と戦っていた。

敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。

ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの出現を感知する。そこにはウイルスに襲われている少女がいた。少女を救った2人は、静かに彼女の目覚めを待つ。

少女は何者か――どこから来て、どこへ行くのか。
やがてその少女が目覚めた。その少女は「リモ」と名乗ると、ひとことつぶやいた――。

「お花畑に、帰らないと......」。

◆リモ/CV:花守ゆみり◆
記憶を失った少女。襲われていたところをデュアルとドロシーに救われる。
自分の正体が何者なのかもわからない。
唯一覚えているものは自分の名前と「お花畑に、帰らないと」という言葉だけだった。
◆デュアル/CV:種田梨沙◆
<知識の箱>を守るため、どこからか襲い来る敵と戦っている少女。
口数は少なく寡黙。敵に襲われている少女と出会う。
デュアルはその少女の正体を探すために動きはじめる。
◆ドロシー/CV:佐倉綾音◆
<知識の箱>を守るため、デュアルと競い合いながら敵と戦っている少女。
口やかましく多弁。デュアルをライバル視しているが、実力はほぼ互角。
デュアルとともに記憶を失った少女リモと出会う。
◆スミレ/CV:茅野愛衣◆
小さい頃からピアニストになる夢を持ちコンクールで金賞を獲るほどの
実力で春からロンドンへの留学が決まっている少女。

■スタッフ・キャスト

原案:Physics Point『D.backup』(「アニメ化大賞」大賞作品)
監督:石浜真史
脚本:志茂文彦
キャラクター原案:カントク
キャラクターデザイン: 瀬川真矢
メインアニメーター:川村敏江
世界コンセプトデザイン:六七質
画面設計:竹内志保
色彩設計:中尾総子(Wish)
美術監督:吉原俊一郎(美峰)
撮影監督:髙橋賢司(旭プロダクション)
音響監督:本山 哲
音響制作:ダックスプロダクション
音楽:横山 克
音楽制作:ポニーキャニオン
制作:A-1 Pictures

リモ/CV:花守ゆみり
デュアル/CV:種田梨沙
ドロシー/CV:佐倉綾音
スミレ/CV:茅野愛衣

■純粋に「何度でも観たくなる」作品

本作は、2013年にポニーキャニオンで行った「アニメ化大賞」の大賞作品のD.backupを原案とし、制作はA-1 Picturesとポニーキャニオンで贈る劇場アニメーションプロジェクトです。

PS Videoアニメ担当も大好きな本作おける、大きな特徴のひとつは「映像美」にあります。
ウィルス、データ、OS、コンピュータといった冷たく硬いイメージの用語が登場し、それに見合う背景、衣装、エフェクトのひとつひとつがとても繊細に、且つ深い色使いで描かれることで、一層この謎めいた世界観に引き込まれます。また「人との絆」に触れる部分も多く、特にキャラクターにおいては衣装・表情などで、対になる「暖かさ」を上手く表現しており、映像の美しさ・バランスが際立っていると感じます。

また、その各キャラクターにおいては、冷静沈着なのに表情豊かなデュアル(CV:種田梨沙)、ひたすら元気でお転婆なドロシー(CV:佐倉綾音)、記憶喪失ながらも2人をリードするリモ(CV:花守ゆみり)と特徴的な3人が、自分たちは何者なのかと問い、「セカイ」とは何なのかを見聞する樣を描きつつ、それを演じる3名の役者がオリジナルアニメーションの短時間の中でもしっかりと感情移入させてくれる演技力が本当に素晴らしいです。

加えて、映像だけでなく作品を彩る「音楽(劇伴)」も、先の3名が唱う主題歌"夢の蕾"や各挿入歌との映像の組み合わせで、観るものに「世界の美しさ」を伝えてくれます。

1時間弱という尺の中で、表現できうる全てを詰め込んだ作品だと思います。
また、謎の多い設定と世界観が本作の特徴でもあり、それらを繰り返してじっくり観るという意味では、早戻し、停止が可能なデジタル配信がとても相性が良いと思います。 併せて、主演の花守ゆみりさんが世界観をナビゲートする公開記念スペシャルPV」も無料配信中ですので、この機会に「セカイ」を覗いてみることをお薦めします。

■配信概要

配信開始日:
2016年2月17日(水)〜 好評配信中!

対応機器:
PlayStation®4、PlayStation®3、PlayStation®Vita、PSP® (PlayStation®Portable)、PC、 ならびにXperia™スマートフォン、Xperia™タブレットのモバイル機器 ※モバイル機器でご購入後、ダウンロードをするためにはWiFi環境が必要です。

配信価格:
HD版 514円(税込)
SD版 412円(税込)

■出演者自らが語る「公開記念スペシャルPV」を無料配信中

本作の世界観を、約24分のPVにて主演の花守ゆみりさんがナビゲート。 幾つもの世界があり、幾度の時間があり、幾多もの人を内包し浮遊している無重力の空間――「知識の箱」。そこで繰り広げられる少女たちの友情、葛藤、そして戦い。 石浜監督のインタビューも織り交ぜて、「ガラこわ」を掘り下げていく。

■本日17日の「プレキャス」に石原プロデューサーご出演!

2月17日20時~の「プレイステーション」公式生放送プレキャス℠に、配信開始記念としまして株式会社ポニーキャニオンの石原プロデューサーが自らご出演!本作の成り立ち、世界観、舞台裏などをいろいろ解説いただき、皆様と共に「ガラこわ」のセカイを楽しみたいと思います!

2月17日(水)20:00から生放送! 「プレイステーション」公式生放送 プレキャス℠

今後ともPlayStation™Videoを宜しくお願い致します。


『ガラスの花と壊す世界』公式サイト
©Project D. backup

記事を探す
トップに戻るボタン