PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

SNKプレイモアの名作が続々配信中! PS2®アーカイブス参入第5弾のラインナップを紹介!

by PS.Blogスタッフ 2015/03/19

対戦格闘ゲームをはじめとして、多くのPlayStation®2用ソフトウェアを発売しているSNKプレイモアが、昨年11月に「PlayStation®2アーカイブス」に本格参入。これまでに毎月リリースを行っており現在「THE KING OF FIGHTERS」シリーズを中心に全8タイトルがランナップされています。今月も第4弾リリースとして2015年3月18日(水)に新たに『ADK魂』、『THE KING OF FIGHTERS 2000』、『メタルスラッグ5』の3タイトルが追加。そこで今回は知る人ぞ知るメーカー「ADK」が開発した珠玉の5タイトルが遊べる『ADK魂』にスポットを当てて紹介しますね。


■「NEOGEO」の名作ゲームを完全移植!

『ADK魂』は「NEOGEO」プラットフォームでリリースされたADK開発ゲームの5タイトルをパックにしたタイトル。どれも独特でありながらキラリと光るセンスを持ち、NEOGEOゲームファンの間では隠れた名作として知られています。ジャンルもバリエーションに富んでおり、初めて知ったという方でも懐かしい気分で楽しめることうけあいですよ。

◆『ニンジャコンバット』
忍者が主人公のゲームが多いADKが放つ、ニンジャゲームの代表作がこの『ニンジャコンバット』。横スクロールアクションゲームで、メイン武器の手裏剣や道中で拾った武器を使い襲い来る敵を倒していきます。「NINJAタワー」にいるボス「幻妖斎」撃破を目指す、といった海外の「ニンジャ映画」っぽい独特の雰囲気も特徴。

・ド派手な必殺技で敵を蹴散らせ!
ボタンを押し続けることでパワーを溜めることができ、パワーが最大の状態でボタンを放すと自分の体力を消費して強力な必殺技が出せます。キャラクターごとに違う、ド派手な演出は見所ですよ。

・爆笑必至!? 「えびぞりアタック」
また、主人公である「ジョー」と「ハヤブサ」は特殊必殺技「えびぞりアタック」も使用可能。一度見たら忘れられない、『ニンジャコンバット』を代表する技なのでプレイしたら必ず使ってみてください!

・操作キャラクターも豊富
プレイヤーキャラクターは主人公の「ジョー」、「ハヤブサ」に加えてステージをクリアするごとに「ムサシ」、「カゲロウ」、「ゲンブ」の3人が使えるようになります。どれも特徴のある能力を持っており、キャラクターによって色々な攻略ができるのも楽しいポイントです。


◆『ニンジャコマンドー』
『ニンジャコンバット』に続く、ニンジャゲーム第2弾。こちらは縦スクロールのシューティングアクションで、ボタンの連打速度が速ければ速いほど強力な攻撃が出せる、というシステムを搭載。ほかにも「バク転」や「忍術」、さらには「変身」といった大技をくり出すこともできます。

・コマンド必殺技を使いこなせ!
『ニンジャコマンドー』最大の特徴と言えば「必殺技」。シューティングアクションというジャンルでありながら、格闘ゲームのようなコマンド必殺技が出せちゃうんです! 当然通常の攻撃より使いこなす事が難しいのですが、その分威力は折り紙付き。中でも「リュー・イーグル」の使う「爆烈究極拳」は入力が「上、左下、右下、左上、右上、下、ショットボタン」というとても複雑なもので、NEOGEOゲームファンの間ではかなり有名な技となっています。

・意外なSF世界観とデモシーン
「タイムマシーンで過去の時代を操作し、未来を戦場の渦に巻き込もうと企む死の商人"スパイダー"。彼らの魔の手から歴史を守るために、世界中の忍者が集結!」という意外にもSFな物語設定。そのため原始時代から日本戦国時代、さらには未来までさまざまなステージが登場。また、各ステージで発生するキャラクターたちの会話デモがあるのですが、これがとても独特なセリフ回しや演出で楽しめることうけあいですよ。


◆『痛快GANGAN行進曲』
2D格闘ゲーム隆盛の頃、常識を覆す斬新な要素を多数採用して登場した1本。一見普通の2D対戦格闘ゲームですが、自由に画面の奥や手前に移動できたり、振り向く、回り込む、ボタンでジャンプする、などなど3D格闘ゲームのようにステージ内のフィールドを自由に動き回れるんです。なお、自由に練習できる「プラクティスモード」やゲーム内でサッとコマンドを確認できる「スキルリスト」機能も搭載しています。

・驚きのシステムがたくさん!
独自のシステムはまだまだあります。相手を攻め続けていれば自分の体力が少しずつ回復するので、追いつめられても大逆転が可能。また落ちているアイテムを使って攻撃できたりもします。

・超必殺技は奇想天外!
一定条件下で使用可能になる超必殺技「ガンガン必殺技」はどれも驚きの技ばかり。舎弟にタックルさせて相手の動きを封じたり、ペットの白虎を召喚して相手にけしかけたり、果ては目の前でキスをして大ダメージを与える、なんてものまであるんです!


◆『ニンジャマスターズ~覇王忍法帳~』
ADKニンジャゲームの集大成がこの『ニンジャマスターズ~覇王忍法帳~』。幕府も文明開化もないまま1882年になった日本、時叛宮(ジパング)を舞台に多数の忍者をはじめとしたキャラクターが戦い合う対戦格闘ゲームです。質実剛健なベースに独自のシステムが相まって、今でもあせないプレイ感は本格派というに相応しい作りとなっています。こちらも「プラクティスモード」と「スキルリスト」完備ですよ。

・コンボシステムは爽快感抜群!
パンチ(斬り)やキックといった通常攻撃から通常攻撃へ連係させていく連続技システム「スプレンディッド・コンビネーション」を搭載。各キャラクターに多くの組み合わせがあり、用途に合わせて使い分ける事が勝利への近道となります。またゲージがMAX時にのみ使える「闇コンボ」という特別派生の技も用意されていますよ。

・戦略的な武器の着脱が可能
キャラクターは全員武器を装備しているのですが、武器を装備した格闘ゲームとしては珍しく自分の意志で自由に武器の着脱が可能。多くのキャラクターで武器装備中はリーチが長い、素手だと隙が少ないなどといった特徴があり、中には必殺技が変化する場合も。この切り替えシステムによって、深い戦略性が醸し出されています。

・多彩な必殺技で一発逆転!
通常の必殺技はもちろん、連続して必殺技を出す「瞬殺烈火」、超力ゲージを溜めて使う「真息吹」や「超力必殺技」、さらには体力ゲージが赤色になったときに使える「真超力」、そして発動条件が厳しい代わりに最も強力な「闇超力」など窮地から一発逆転できる必殺技を多数搭載。威力はもちろんですが、演出もとても派手で豪快。忍者たちが魅せる技の数々は必見!


◆『ティンクルスタースプライツ』
対戦型シューティングゲームの先駆けと言えるのがこのタイトル。それまでのいわゆるスクロール型シューティングゲームは1人でプレイ、もしくは2人で協力プレイするものばかりで、非常に新しい試みとして当時のシューティングゲームファンから支持を得ました。

左右に分割された画面構成で1プレイヤーは左、2プレイヤーは右のフィールドで別々にプレイ。現れた敵を倒して進んでいきますが、この敵の倒した数や倒し方によって相手プレイヤーに敵を送り込むという形で攻撃していきます。プレイヤーキャラクターにはライフ(体力)が設定されており、先に相手のライフをゼロにしたほうが勝利。敵を倒すテクニックに、敵の爆破に他の敵をまきこむ「連爆」というものがあり、パズルゲームのような要素もテクニックとして大きな比重を占めています。

プレイヤーキャラクターは性能に特徴がある全13人で、ファンタジー色の濃いアニメ調のかわいいデザイン。魔法少女的な世界観ということもあり、シューティングゲームでありながら女性ファンも多く生まれてます。対戦ゲームでは定番のキャラクター同士の掛け合いも多数用意されており、ストーリーモードでは、各キャラクターが活躍するストーリーをたっぷりと楽しむことができますよ。

懐かしいADKの「NEOGEO」タイトルを思う存分楽しめる『ADK魂』、いかがでしたか? 気軽に楽しめるアクションゲームから本格対戦格闘、友達とわいわい楽しめる対戦シューティングまでバリエーションに富んだ内容がPlayStation®3で気軽に1200円(税込)というお手頃価格で楽しめるのはPS2®アーカイブスならでは。SNKプレイモアでは今後もPS2®の名作タイトルをリリースする予定とのことですので、来月以降も期待ですね!


SNKプレイモア公式サイトはこちら

SNKプレイモアゲーム製品情報「ゲームアーカイブス」はこちら


©SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン