PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「ビルダーズパーツ」の可能性は無限大!『ガンダムブレイカー3』のカスタマイズシステムを徹底解説!!【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/03/03

------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

ガンプラを集めて、創って、仲間と協力して戦い抜け!『ガンダムブレイカー3』の見どころを大紹介!!【特集第1回/電撃PS】

SDガンダムは勇猛果敢なパートナー!『ガンダムブレイカー3』の御伴(オトモ)システムをチェック!!【特集第2回/電撃PS】

------------------------------------------





■熱血青春ガンプラバトルが展開するストーリーに注目!

本作には、従来のシリーズと同様にストーリーが搭載。プレイヤーは、さびれてしまった彩渡(あやと)商店街の復興を目指すミサとともに、ガンプラファイターたちと戦っていく。地元の大会を経て、ガンプラファイターとして成長し、やがて世界中のライバルたちと火花を散らす展開に。彩渡商店街は復興するのか? そしてプレイヤーはガンプラバトルを勝ち抜いていけるのか? 存分に物語を堪能してほしい!






■「SDガンダム BB戦士」との夢の共闘が実現!

多種多様なガンプラが登場する本作には、あの「SDガンダム BB戦士」からも仲間が参戦する! SDガンダムたちは、プレイヤーを攻守にわたってサポートしてくれる心強い味方だ。機体ごとに特徴や必殺技が異なるうえ、モジュール機能により参戦メンバーがパワーアップするメリットも! 戦場では方向キーやタッチパッドを使って指示を出すことで、戦局に合わせて行動してくれるのもうれしいポイント。装備のカスタマイズはできないものの、カラー変更は可能なので、プレイヤー好みのカラーリングで一緒に戦場を暴れまわろう!






■カスタマイズはセットアップカウンターから!

ガンプラのカスタマイズは、仮想空間上に投影されたVRハンガーで自分のアバターを操作し、セットアップカウンターへアクセスすることで行なえる。ちなみにセットアップのメニューには、各部のパーツを組み替えるアセンブルに加え、ペイント、機体名の編集、写真撮影、SDガンダムの機体選択、SDガンダムのモジュール設定、SDガンダムのペイントも可能で、ここで機体のカスタマイズからセッティングの総仕上げまでを行なえるようになっている。なお保存しておきたいセッティングは、設計図にセーブしておけるので安心だ。






■各部のパーツを組み替えてガンプラをグレードアップ!

アセンブルでは、L1、R1ボタンを押して画面上部に表示されたタブを切り替えることで、近接武器、射撃武器、頭、胴、腕、脚、バックパック、盾、ビルダーズパーツ、特殊アクションの設定を行なうことができる。最初は手持ちのパーツが少ないので、派手な外見にするのは難しい。それにビルダーズパーツの要素は、本編のCHAPTER 1をクリアしないと開放されないので、まずは機体性能を重視してカスタマイズしてみよう。ゲームを進めてたくさんのパーツを集めてから、本格的に外見のグレードアップに取り組むのがオススメだ。






■ミッションをクリアしたり、ショップでGPと交換してたくさんのパーツをゲット!

カスタマイズに使用できるパーツは、本編のミッション、ショップで販売されているキット、バウンティハンターモードなどで入手できる。本編のミッションでは、敵ガンプラが落とすパーツを回収するか、各所に設置されたアイテムボックスから入手可能。ミッションに出現する敵機の情報はミッション選択画面で確認できるので、それを目安に好みのパーツを集めていこう。ただし、途中で乱入してくる挑戦者はランダムで、その敵機から思いがけないパーツが入手できることも! また、それはバウンティハンターモードも同様で、本編よりも早いタイミングで新しいパーツが入手できる場合がある。そのほかMGシリーズのパーツはゲームを進めないと出現しないので、その点も覚えておいてほしい。まずは、手広くミッションを進めて手持ちのパーツをどんどん増やしていこう。






■カスタマイズの組み合わせパターンは計測不能!? ビルダーズパーツはマジで凄まじい!

本作で新たに追加された「ビルダーズパーツ機能」は、実際にガンプラキットとは別売りされている武器や追加装備のようなイメージで、設定上にはない武器や装飾などを取り付けて自分だけのガンプラを創造できるというもの。しかもシンプルに取り付けるだけでなく、武器はコントローラのボタンに割り当てることでオプション装備として使用することも可能だ。ビルダーズパーツは、頭、胴、両腕、左腕、右腕、両脚、左脚、右脚、バックパック中央、バックパック両サイド、バックパック左サイド、バックパック右サイドに装備スロットの範囲まで取り付けられ、それぞれの位置と傾き加減をX、Y、Z軸で、さらにスケールも精密に調整することができる。どのパーツを、どの位置に、どれくらいの傾きで取り付けるかはプレイヤーしだいで、その完成形は千差万別! まさに"ガンプラシミュレーター"と呼ぶにふさわしい要素といえるだろう。






■バウンティハンターモードを利用してGPとパーツをかせごう!

VRハンガーに設置されているアリーナカウンターを調べてアクセスすると、バウンティハンターモードがプレイできる。このモードは賞金(GP)が設定されているガンプラと擬似対戦を行なうもので、対戦相手をリストから選んでバトルを繰り広げていく。対戦相手となるガンプラは、オンラインでプレイする場合は写真撮影のモードから「MS開発室」に投稿されたものがほとんど。そして、オフラインの場合はゲーム内に登録されているガンプラが選択できる。そのなかには過去の「ガンダムブレイカー」シリーズで開催されたコンテストで優秀作品に選ばれたガンプラの姿も! バトルに勝利すると賞金に加え、その機体が装備していたパーツが入手できる場合もあるのがうれしいところ。

このほかアリーナカウンターでは、チャレンジモードも選択可能。こちらはオンライン推奨の協力プレイモードで、次々と出題されるお題に従ってガンプラバトルを行ない、一緒にプレイしている仲間とポイントを競い合うものだ。2つのモードで賞金とパーツをゲットしよう。




過去に開催された電撃PlayStationのガンプラコンテストで、大賞に輝いた機体がバウンティハンターモードに登場する。実際に戦ってみて、その実力を体感してみてほしい!


電撃PlayStation杯 大賞受賞作品
機体名:海賊



"電撃「ザ・マスターガイド」杯" 優勝作品
機体名:ジンクス・アッテンタート



参戦機体は150機以上にのぼるため、武器や盾を除いたとしても組み合わせのバリエーションは約750億通り。これに2種の武器と盾をプラスし、さらにビルダーズパーツの要素を加えると、もうとんでもないことにっ! 外見にこだわるか、強さにこだわるか!? それぞれの思い描く形で、世界に1つだけのガンプラを創造しよう!!

※使用している画面はPS4®版の開発中のものです。



▼PS4®/PS Vita『ガンダムブレイカー3』の購入はこちらから

ガンダムブレイカー3』の発売をみんなに伝える



------------------------------------------

ガンダムブレイカー3

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:創壊共闘アクション
・発売日:好評発売中
・価格:PS4®版パッケージ版 希望小売価格:7,600円+税
    PS4®版ダウンロード版 販売価格:7,600円+税
    PS Vita版パッケージ版 希望小売価格:6,800円+税
    PS Vita版ダウンロード版 販売価格:6,800円+税
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

『ガンダムブレイカー3』公式サイトはこちら

------------------------------------------

PS.Blogの『ガンダムブレイカー3』ページはこちら

------------------------------------------

©創通・サンライズ
©創通・サンライズ・MBS
©創通・サンライズ・テレビ東京

記事を探す
トップに戻るボタン