PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

戦場だけが「バトルフィールド」じゃない!? 警官VS犯罪者の激闘を描く『バトルフィールド ハードライン』!

by PS.Blogスタッフ 2015/03/17

「バトルフィールド」は、様々な時代の"戦場"を舞台に臨場感たっぷりの戦いを再現し、世界トップクラスの人気を誇るFPSシリーズ。日本でも『バトルフィールド4』が2014年の国内PlayStation®StoreランキングのPlayStation®4部門で第1位を獲得するなど、着々とファンを増やし続けている大人気シリーズです!

そんな同シリーズの最新作PS4™/PlayStation®3用ソフトウェア『バトルフィールド ハードライン』(以下『ハードライン』)が、いよいよ3月19日(木)、日本でも発売となります! PS.Blogでは、シリーズ初の要素が満載のこちらの注目作を2度に渡って特集。今回は、ストーリーや世界観、進化した戦いについてお伝えします!


■警官VS犯罪者! アメリカ西海岸が舞台のシリーズ初の世界観!

これまでの「バトルフィールド」は兵士たちが争う戦場が舞台でしたが、『ハードライン』はまずそこが大きく変化! 戦場ではなくアメリカ西海岸を舞台に、大都市の様々な地区など新鮮なロケーションで警察の特殊部隊と武装した犯罪者が激突する、シリーズ初の世界観を採用しています。敵味方の攻防で建設中のビルのクレーンが倒壊するような大規模な環境破壊をはじめ、好評の要素はもちろん健在! その上で、今までにない新鮮なシチュエーションでさらに迫力を増した戦いを体験できるのです!


■ハリウッド映画や海外ドラマのようなドラマチックなストーリーも!

1人プレイ用のシングルキャンペーンでは、『ザ・ホワイトハウス』でエミー賞を受賞したビル・ジョンソン監督ら豪華スタッフが手がける、エピソード形式の犯罪ドラマが展開します。主人公はマイアミ警察の新人刑事であるニック・メンドーサ。裏社会を身近な存在として育った彼はその世界と決別するために刑事となり、麻薬戦争に揺れるマイアミで捜査に臨みます。ニックや同僚の女性刑事カイ・ミン・ダオをはじめ、ひとクセもふたクセもある多彩な人物が織りなす先の読めない物語を楽しみましょう!


ニック・メンドーサ

カイ・ミン・ダオ



■逮捕システムなど刑事モノならではの新アクションも!

本作のシングルキャンペーンでは刑事が主役ということで、敵に警察バッジを掲げて警告したり、手錠をかけて無力化したりといった行動がゲームシステム上で導入されています。他に、潜入捜査時に空の薬莢を投げて敵の注意をそらすなど、ステルスゲームのようなアクションも。また、高性能なスキャナーで犯罪の証拠を集めて捜査ファイルを作り、それを提出してボーナスをもらい、強力な裝備や武器を入手することもできます!

さらに、シリーズでおなじみの乗り物を利用した攻防もパワーアップ。パトカーなどのように、従来のシリーズに登場した車種よりスピードの速いタイプの乗り物が加わり、ストリートを駆け抜けるアクション映画のようなカーチェイスも楽しめます!

警察と犯罪者、2つの勢力が新しい戦場を縦横無尽に駆け巡る『バトルフィールド ハードライン』。シングルキャンペーン関連の情報を中心にお届けした今回の記事に続き、次回はシリーズ伝統のオンラインプレイにクローズアップ! 7種類の対戦ルールやマップ、使用できる乗り物などについて詳しく紹介します! ちなみにPS4™版のオンラインマルチプレイでは圧倒的なグラフィックに加えて、最大64人という圧倒的な人数での対戦が楽しめますので、対戦プレイ好きの方はPS4™版が絶対オススメです!


また、本作では早期購入特典として、バランスに優れた高性能アサルトライフルと、各種武器対応の専用迷彩ペイント、XPブーストをセットにしたダウンロードコンテンツ「ユーティリティーバトルパック」を用意。国内全店の共通特典としてプロダクトコードがプレゼントされますので、購入はお早めに!


『ハードライン』が描き出す新たな楽しさを友達にも伝えましょう!

『バトルフィールド ハードライン』公式サイトはこちら

『バトルフィールド ハードライン』公式ツイッターはこちら

『バトルフィールド ハードライン』公式Facebookページはこちら

© 2015 Electronic Arts Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン