PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

独特の世界で壮大な復讐劇を描くPS4®『Shadow of the Beast』──ビーストにされた男の叫びが再び響く

by PS.Blogスタッフ 2016/03/04

1989年にシリーズ第1弾がAmiga向けタイトルとして登場し、ダークな世界観でゲームファンの話題を集めた2Dアクションゲーム「Shadow of the Beast(シャドー・オブ・ザ・ビースト)」シリーズ。その名作が、さまざまな作品を手掛けた新スタジオ「Heavy Spectrum Entertainment Labs」の手で驚くべき進化を遂げ、2016年春にPlayStation®4のダウンロード専用タイトルとして蘇る。

個性的なアートスタイルで描かれた世界観とキャラクターを継承しつつ、PS4®ならではの美しいビジュアルと滑らかなアクションが導入された"新生"『Shadow of the Beast』。復讐に燃える異形のビーストとなり、敵の軍勢をアドレナリン全開で蹴散らすハイパーバイオレントなアクションを楽しもう。


◆『Shadow of the Beast』アナウンストレーラーはこちら!






■暴君マレトスの打倒を目指す、壮大な復讐劇!

『Shadow of the Beast』の主人公は、邪悪な暴君マレトスによってビーストにされたアーブロン。プレイヤーは彼を操作し、美しくも残酷で謎めいた異界の地"カラムーン"のさまざまな地域を探索していく。手にした異形の力を駆使しながら各地に待ち受けるボスとの戦いに勝ち抜き、マレトスに復讐を果たすべく冒険を繰り広げよう。



<『Shadow of the Beast』ストーリー>

千の魂を縛り付ける強さを秘める少年がいた。
魂を狩る死神、世界の破壊者と呼ばれる暴君"マレトス"はその力を恐れ、
少年"アーブロン"を捕えて自分のもとに連れてくるよう命じた。
囚われたアーブロンは魔術師の呪いによってマレトスの敵の荒れ狂う魂を流し込まれ、
異形のビースト(獣)へと変貌させられてしまう。
そうして新しいパワーを手に入れたマレトスは、美しき世界"カラムーン"の各地域を次々と支配していった。
やがて自我を取り戻したアーブロンは復讐を誓い、強大なマレトスの軍勢にただ1人で戦いを挑む。



◆アーブロン



■多彩なアクションを使い、群がる敵の軍勢に立ち向かう!

アーブロンの基本アクションは、威力の異なる打撃やジャンプ、投げ技、ブロックなど、オーソドックスなものだが、戦いの中でたまっていく"ブラッドゲージ"を消費することで、強力な必殺技を繰り出せる。必殺技はコンボのヒット数を増やしたり、自分のHPを回復させたりとさまざまな種類が用意され、状況に応じて使い分けが可能。ダメージを受けずにうまく戦えばブラッドゲージはたまりやすくなり、より多くの敵の血やスキルポイントを得ることができる。


アーブロンの行く手を阻むマレトスの軍勢も、人間のようなタイプから巨大なボスまで、さまざまな敵が登場。敵のアクションをよく見て攻略法を見つけ、華麗なアクションで殲滅していこう。




■キャラクター育成やギャラリー収集、オンラインランキングなど、
 やり込み要素も充実!

戦闘で入手したポイントを使ってアーブロンを強化する、成長要素も存在する。HPを増やす、ブラッドゲージをたまりやすくする、必殺技を強化するなど、成長させられる要素は複数あり、プレイヤーの好みで選択が可能だ。また、ポイントを消費することでコンセプトアートのギャラリーや、オリジナルシリーズに関係する多数のコンテンツをアンロックして楽しむこともできる。


ステージに隠れた敵を探したり、パズルを解いて隠された物を発見したりと、繰り返しプレイが楽しめるやり込み要素も充実。オンライン要素として、フレンドや世界中のプレイヤーと腕前を競えるランキング機能も搭載している。スピードやスコアなど、複数の項目が用意されたランキングで、世界の頂点を目指そう。


------------------------------------------

Shadow of the Beast

・発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクション
・配信日:2016年春配信予定
・価格:ダウンロード版 価格未定
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

『Shadow of the Beast』公式サイトはこちら



©Sony Computer Entertainment Europe. Developed by Heavy Spectrum Limited.

記事を探す
トップに戻るボタン