PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「DARK SOULS」が描いてきた、儚くも美しい枯れた世界とは?『DARK SOULS Ⅲ』の魅力を語る特別企画【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/03/18

全世界から高い評価を受けるダークファンタジーアクションRPG、「DARK SOULS」。本シリーズがロールプレイングゲームの本質的なおもしろさを持っている、ということは第1回ですでに述べたが、本シリーズは深みあるロールプレイを演出する「世界」にも魅力が満ちている。

「DARK SOULS」は、シリーズを通してひとつの世界で壮大な物語が語られている。最新作『DARK SOULS Ⅲ』では、いよいよ終末を迎える瞬間の世界がPS4®のクオリティで作り込まれた。また、各作品の関連性はシリーズ経験者が思わずニヤリとするものに留められているので、過去作を経験していないユーザーも、安心して最新作を手にとってほしい。最新作のプロローグは下記のとおりだ。



そこはロスリック。
火を継いだ、薪(まき)の王たちの故郷が流れ着く場所。

巡礼者たちは、皆北に向かい、そして、予言の意味を知る。

"火は陰り、王たちに玉座なし"

継ぎ火が絶えるとき、鐘が響きわたり、
古い薪の王たちが、棺より呼び起されるだろう



とはいえ、シリーズ未経験者の人たちにとって、「薪の王」とはいかなる存在なのか? 彼らが成した「火を継ぐ」とはどういうことなのか? というのは気になるポイントだろう。そこで特集第2回は「DARK SOULS」シリーズをプレイしたことがない人に向け、本シリーズの魅力あふれる世界とその物語を紹介していきたい。


------------------------------------------

前回の特集記事はこちら

「ロールプレイング」の面白さの原典がここにある。『DARK SOULS Ⅲ』の魅力を語る特別企画【特集第1回/電撃PS】

------------------------------------------





■"不死"の呪いに蝕まれた世界を生きる

本シリーズは中世ヨーロッパのような世界を舞台とした、王道のダークファンタジーアクションRPG。その世界は独特の世界観で彩られている。

登場するキャラクターの多くは"不死者"と呼ばれ、文字通り"不死"の呪いがかけられている。人としての尊厳を保ったまま死ぬことが許されず、自我を失ってもなお生き続けなければならない、というのがシリーズにおける"不死"の呪いだ。

不死の呪いが蔓延する世界には生気がない。街を訪れればそこに生活の気配はなく、城砦を訪れれば当時の栄光は失われ、騎士たちが亡者となり彷徨っている。PS4®で作り込まれた終わりゆく世界を、ぜひプレイして肌で感じてほしい。





■死が彩る世界でわずかにゆらめく生の象徴――火

枯れた世界のなかでわずかに残るものが"火"だ。これまでこの火を絶やさぬために、はじめてこの世界に火を灯し「火の時代」を築いた"グウィン"を筆頭として、数々の"薪の王"が火を"継いで"世界を保ってきた。グウィンにまつわるエピソードは、主に初代『DARK SOULS』をプレイすることで、そのはるか後の時代の王を巡る物語は『DARK SOULS Ⅱ』をプレイすることで、その一端を知ることができるだろう。


そして最新作『DARK SOULS Ⅲ』では、まさに火が陰り、途絶えようとしているところから物語が始まる。それは世界の根幹を成す火を巡る物語であり、"王殺し"の物語だ。不死者たるプレイヤーは薪の王になれなかった"火の無い灰"として、かつての王を殺し火を受け継ぐため、ロスリックを旅していく。





■「DARK SOULS」シリーズで語られるものたち

以下ではシリーズを通して物語に登場する単語について解説を行なっていこう。

◆薪の王
火を継ぐことができる存在。本シリーズにおいて、火は誰にでも受け継ぐことができるものではない。火の継承者には、あまたの不死者を打倒し、彼らのもつ"ソウル"をその身に宿すことで、自分の"ソウルの器"を大きくすることが求められる。

◆篝火
篝火とは、本作の象徴的なもの。また、プレイヤーが旅を続ける上で拠点となる、心強い存在でもある。篝火を守る存在として、火防女(ひもりめ)と呼ばれる女性たちもいる。

◆竜
竜は火がこの世に誕生するはるか昔から存在していたが、王たちとの戦いに敗北してからは他の生き物たちと同じく、滅びを待つ定めを負った存在となった。古来より竜は人から畏敬の念を持たれており、信仰あるいは討伐の対象だった。

また、初代『DARK SOULS』と最新作『DARK SOULS Ⅲ』のディレクターを務めた、シリーズの生みの親である宮崎氏は、『DARK SOULS Ⅲ』はシリーズの大きな区切りとなる作品だと語る。そこで描かれるのは"枯れた世界の美しさ"だという。シリーズ最新作となる『DARK SOULS Ⅲ』をぜひプレイして、その美しさを感じてほしい。

特集第3回では、本作で新たに実装された要素「戦技」のさまざまなアクションを、動画を交えて公開する予定だ。





■『DARK SOULS Ⅲ』完成発表会が開催!

3月10日(木)、東京のヒューリックホールにて、本作の完成発表試遊会が行なわれた。イベントは第1部と第2部の2部構成。第1部では、本作のディレクターを務めた宮崎氏より本作の完成に際し、ユーザーに向けた感謝の挨拶をはじめ、宣伝部の小倉氏より今後のプロモーションに関する発表が行なわれた。




第2部の目玉は、20もの試遊台による『DARK SOULS Ⅲ』最新ビルドの体験会。多くのユーザーが試遊を満喫することができた。このほかにもDOWBLとのコラボグッズの販売や本作の世界を黒板に描く、黒板ライブペインティングを実施。ファンにはうれしいエスト瓶の試飲や「太陽マーク」のボディペイントなども行なわれた。


また、ステージでは毎週水曜日にYouTube LIVEで配信中の「ダークソウル絶対攻略! 特別編」として、タレントの遥奈 瞳さんが『DARK SOULS Ⅲ』の初見プレイに挑戦したほか、全国からコスプレイヤーが集結し「DARK SOULS」シリーズの衣装を身にまとい披露する「ダークソウル キャラクターズ コレクション 2016 Spring」なども実施。歴代作品のアートギャラリーも設けられ、まさに「DARK SOULS」シリーズの世界をまるごと体感できるファン垂涎のイベントとなった。会場の外には入場待ちの長蛇の列も形成され、本作への期待の大きさをうかがい知ることができた。



▼PS4®『DARK SOULS III』のPS Storeでの予約購入はこちらから

------------------------------------------

DARK SOULS III

・発売元:フロム・ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2016年3月24日(木)
・価格:パッケージ版 希望小売価格:7,430円+税
    ダウンロード版 販売価格:7,484円(税込)
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『DARK SOULS III』ページはこちら

------------------------------------------


『DARK SOULS III』公式サイトはこちら

『DARK SOULS III』ソフトウェアカタログはこちら


『DARK SOULS III』PS4®刻印モデルについてはこちら



©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / ©2011-2016 FromSoftware, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン