PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

ヒーローシューター『バトルボーン』体験会で興奮の協力プレイを満喫! 発売日は予定を早めた5月19日(木)に決定!

by PS.Blogスタッフ 2016/03/23

■Gearbox Softwareが手がけるヒーローシューターが
 予定より1週間前倒しの5月19日(木)に発売!

PlayStation®4用ソフトウェア『バトルボーン』は、2Kおよび数々の賞を獲得した名作「Borderlands(ボーダーランズ)」シリーズの制作スタジオGearbox Softwareが手がける、新世代のシューティングゲーム。25人もの個性的なヒーローの活躍を楽しめることから、"ヒーローシューター"という独自のジャンルで呼ばれる期待作だ。そんな本作のプレス向け体験会が、3月17日(木)、東京のテイクツー・インタラクティブ・ジャパン合同会社にて開催された。


試遊に先だって行なわれたプレゼンテーションの冒頭では、『バトルボーン』の発売日が5月19日(木)に正式決定したことが発表された。以前の記事でも紹介したように、当初は5月26日(木)に発売される予定だったが、そこから1週間早く遊べるようになったことで、楽しみに待っているユーザーにとって非常にうれしいニュースといえるだろう。

続いて、本作のアート・ディレクターを務めるスコット・ケスター氏と、アート・プロデューサーのサラ・ローサ氏がゲームの特徴を説明してくれた。


アート・ディレクターのスコット・ケスター氏(左)と、アート・プロデューサーのサラ・ローサ氏(右)。



まずはスコット氏が25人のプレイアブルキャラクターが登場することに触れ、「『Borderlands』の特徴を"銃撃"と表現するなら、『バトルボーン』の特徴は"キャラクター"です。バラエティに富んだ戦い方を提供することを1つの命題として考えているので、誰にでも満足していただけると思います」とコメント。ゲームスタイル自体はFPSだが、射撃型のキャラクターはもちろん、接近戦を得意とする者や守りが堅いタンクタイプ、仲間を回復するサポートタイプなど、さまざまな戦い方を楽しめるのは大きな魅力だ。また、各キャラクターは5つの勢力に属しており、勢力ごとの科学力や文化によって、キャラクターが装備している武器やスタイルに影響するという。


次に、サラ氏がストーリーについて説明。遥かな未来、全宇宙を滅ぼそうとする謎の敵から、宇宙に残された最後の星「ソーラス」を守る物語となっており、「5つの勢力はそれぞれに事情を抱えていますが、生き残りをかけて一緒に戦うということが大きなテーマです。ストーリー性がとても強いので、みなさんには連続ドラマを見るように楽しんでほしいです」と語った。


しっかりと作り込まれた世界観とストーリー性は、現在公開中のトレーラー映像からも感じられる。まだ見ていない方は、早速チェックを!

「5/19発売『バトルボーン』トレーラー」はこちら!

「バトルボーン:レンダイン卿からの通達」はこちら!





■チームワークと戦略性が求められるミッションにチャレンジ!

プレゼンテーション終了後は、いよいよ試遊へ。今回はストーリーモードの「レネゲード」というミッションをプレイすることとなった。このミッションは、敵に捕らえられたキャラクターの救出が目的で、道中では防御コアと呼ばれる拠点の防衛戦も展開されるというものだ。

なお、『バトルボーン』のストーリーモードは、最初から最後まで1人でプレイすることもできるが、通信機能を使って他のプレイヤーと協力しながら楽しむことも可能。この日は5人がチームを組んでミッションに挑んだ。


試遊に臨むPS.Blogスタッフの緒戦は、フィービーというヒーローを選択。レイピアを使った華麗な剣技と瞬間移動が特徴で、前衛での接近戦が役割となる。実際の操作感も、機動性の高いキャラクターならではの軽快なアクションが気持ちいい!

また、『バトルボーン』には「ヘリックス・システム」という成長要素があり、レベルアップのたびに2つの選択肢から1つを選び、新たなスキルやアビリティを習得することができる。レベル1からレベル10まで、短時間でレベルアップしていくので、キャラクターがメキメキと強くなっていくのは楽しい。もっとも、レベルアップが可能になったら、プレイヤーの任意でメニューを開いて習得するスキルを選択する操作が必要で、その間も味方のプレイヤーは敵と戦っている。選択肢をじっくり選んでいるとチームのメンバーに負担がかかってしまうため、即座に選択する判断力が求められるのも面白いところだ。


チームが道中の防御コアに到着すると、波状攻撃を仕掛けてくる敵からコアを守る、いわゆるWAVEが発生。四方から大群が押し寄せてくる迫力と、コアを破壊された時点でミッション失敗となるスリルによって、メンバー全員が慌てながらも大盛り上がりの展開に!

ちなみに、キャラクターが力尽きても仲間の救出で復活できるが、救出行動が間に合わなかった場合はリスポーンを消費して復活する。このリスポーンはチーム全体で消費できる回数が決まっており、リスポーン回数がなくなってからの全滅もミッション失敗だ。PS.Blogスタッフの試遊緒戦は、防御コアの防衛戦でリスポーン回数を使い切り、その後の道中で出会った強敵に全滅させられるという結果となってしまった。


2回目の挑戦では、使用キャラクターをヒーラータイプのミコに変更。緒戦の反省から、傷ついた味方を回復しつつ、力尽きてしまった場合もすぐに救出する作戦で挑んでみた。そのおかげでリスポーン回数を消費することなく順調に進んでいったが、今度は防御コアを破壊されるという結果に......。

残念ながらミッションクリアはできなかったが、異なるタイプのヒーローを操る面白さと、プレイヤー同士の連携が重要な戦略性はたっぷりと味わうことができた。マルチプレイヤーモードでは、最大5人対5人のチーム戦を楽しむことができ、こちらも盛り上がること間違いなし!

5月19日(木)の発売前にオープンβテストも予定されているので、本作の醍醐味である多彩なキャラクター性と協力・対戦プレイを楽しみたい方は、ぜひ参加しよう!!


シニア・プロデューサーのクリス・ブロック氏。



----------------------------------------

バトルボーン

・発売元:2K / テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:FPS(ヒーローシューター)
・発売日:2016年5月19日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,700円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,484円(税込)
・プレイ人数:1〜10人(オンライン専用)
・CERO:C(15才以上対象)

----------------------------------------

PS.Blogの『バトルボーン』ページはこちら

----------------------------------------


『バトルボーン』公式サイトはこちら




© 2016 Necromonger, LLC. Gearbox, Battleborn, and the Gearbox Software logos are registered trademarks, and the Battleborn logos are trademarks, all used courtesy of Gearbox Software, LLC. All rights reserved. Published and distributed by 2K. 2K, the 2K logo, and Take-Two Interactive are trademarks or registered trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. in the U.S. and other countries and are used here under license. All marks are property of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン