PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

SF大作からギャグアニメまで! 「アニマックスPLUS on PlayStation®」今月のおすすめはコレ!

by PS.Blogスタッフ 2016/03/30

『ぼくの地球を守って』

前世の記憶を持つ7人の少年少女たち。"前世"ブームを巻き起こしたSF大作!


【解説】
坂口亜梨子は、植物の気持ちがわかる高校生。ある日彼女は、マンションの隣人である小学生・小林輪をあやまってベランダから突き落としてしまう。意識不明の輪の回復を必死に願う亜梨子、その祈りが強力な送信テレパスとなり、輪は前世の記憶を覚醒した。同じ頃、亜梨子はクラスメイトの小林迅八、錦織一成が共に見ている"月の夢"の話を聞く......。


●ここに注目!
1980~90年代、爆発的な人気を誇った日渡早紀のSF少女コミックをアニメ化。全6話中、第5話までは原作を再現し、第6話ではアニメオリジナルストーリーを描いている。

「平凡な学生だけど、実は特殊能力を秘めている」、「今はまだ開花していないけれど、自分には素晴らしい才能が眠っている」――。10代の頃、今の自分とは違う"特別な自分"を夢見た人も多いはず。『ぼく地球(たま)』は、そんな思春期女子のハートをガッチリ捉えた作品。主要キャラクター7人は、いずれも前世の記憶を持ち、かつては月の世界に暮らしていた異星人。現世では内気な主人公が、前世では聖女のように美しい生物学者だった......というように"本当の自分"願望を満たしてくれる。そのうえ、月基地をめぐる策謀、前世と現世で複雑に絡み合う人間模様、時空を超えた愛など壮大なドラマが描かれるのだから、夢中にならずにいられない! 当時"前世"ブームが巻き起こったのも納得、今なお色あせないSFファンタジーの大傑作!!


©日渡早紀・白泉社(花とゆめ)/フライングドッグ/PRODUCTION I.G





『となりの関くん』

となりの関くんは、今日も全力で授業をサボっていた......


【解説】
とある学校の授業中。先生の目を盗んで机での一人遊びに興じる男子生徒・関くんと、そんな関くんの遊びを隣の席から観察(or妨害or参加)する女子生徒・横井さん。本気すぎるドミノ、ルール無用の将棋、職人顔負けの机磨きなどなど毎回予想外の展開を見せる関くんの遊び、さて今回は......?


●ここに注目!
累計発行部数300万部突破、「日本唯一の授業サボりマンガ」が1話10分弱のショートアニメに! 波乱万丈のストーリーや感動のドラマは一切なし。授業中にもかかわらず全力で一人遊びをする関くんとそんな彼をハラハラしながら見守る横井さんの姿を淡々と描くだけなのだが、コレが妙にクセになる。「え、そこまでやっちゃうの!?」「先生に見つかるって!!」と、横井さん同様、いつしか関くんの一挙一動に釘付けになってしまう。

しかも、授業中だけあって関くん&横井さんの攻防はほぼ無言。横井さんを演じる花澤香菜が心の声でツッコミを入れるものの、関くんはほぼひと言もしゃべらない。人気声優・下野紘を起用しているにもかかわらず、「っ!」「!?」というリアクションだけという"下野紘の無駄づかい"がまたおかしい。

1話完結でサクッと視聴できるので、ちょっと息抜きしたい時、のんびりしたい時に観るのにぴったり。一度ハマると抜けられない、魅惑の関くんワールドへようこそ!


©森繁拓真/株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊・アニメの関くん製作委員会





『アニメで分かる心療内科』

観れば心が軽くなる!? 異色の心療内科×ギャグアニメ!


【解説】
うつ病、認知症、睡眠障害、人には言えないエッチなお悩み......。心と体に関する病気をわかりやすく解説する臨床心理士・療と、突飛な方向へ誤解しがちなナース・あすながお届けする最先端のメンタル治療!? 累計300万部突破の人気コミックを原作にした、"笑えて学べる"異色のギャグアニメ。


●ここに注目!
18歳以上で、うつ病、不安障害、パニック障害などの精神疾患にかかったことがあるのは5人に1人と言われる現代。アニメでもそう語られるとおり、心の病は今や身近なものになっている。とはいえ、いきなり心療内科の扉を叩くのは気後れしてしまうもので......。

と、そんな人に観てほしいのがこちらのアニメ。睡眠障害、うつからフェチ、EDまで、心の問題をわかりやすく解き明かしてくれて目からウロコが落ちまくり。具体的な症例のほか、「学校や職場で発生するストレスは、どうすれば楽にできるの?」「心がつらいのは何曜日?」「好きな色でメンタルチェックができる!?」など誰しも身に覚えのあるテーマを扱っているため、「自分はまだまだ健康だし」と思っている人も一見の価値アリ。しかも、1話10分弱なので気軽に観られるのもうれしいところ。専門的な話題も漫才のように面白おかしく解説してくれるので、自然と知識が頭に沁み込んでいく。医師&ナースのかけ合いを笑いながら観ているだけで、沈んだ心もちょっぴり軽くなる......かも?


©ゆうきゆう・ソウ/少年画報社・For All





【PS.Blogで最新情報をチェック!】

PS.Blogでは毎週、「アニマックスPLUS on PlayStation®」の最新情報を紹介しています。新着作品の見どころなどをチェックしてみてください!

◆PS.Blogの「アニマックスPLUS on PlayStation®」ページはこちら!

◆「アニマックスPLUS on PlayStation®」のサービスについて詳しくはこちら!



▼「アニマックスPLUS」のアプリケーションのダウンロードはこちらから!


「アニマックスPLUS on PlayStation®」の公式サイトはこちら



© 2016 Animax Broadcast Japan. All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン