PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

マーベルヒーローズがLEGO®になって集結! 子どもから大人まで楽しめる『LEGO®マーベル アベンジャーズ』の魅力を紹介【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/04/08

本作で再現されているのは、その名のとおりマーベル社が発行する人気アメコミ(アメリカンコミック)の世界。マーベル社を代表するヒーローたちが一堂に会する、"アベンジャーズ"の世界をモチーフとしています。近年、映画がヒットして日本でも注目を集めているマーベルユニバースが、LEGO®でどのように表現されているのか。本作の発売日となる4月28日(木)まで、全4回の特集記事でその魅力を紹介していきましょう。

■親子でも恋人同士でも、大人から子どもまで楽しめるLEGO®シリーズの魅力

LEGO®といえば、自由にくっつけたり、はずしたりして、さまざまな物を作り出せるのが魅力。子どもはもちろん、大人にも熱狂的なファンがいることで有名です。LEGO®ゲームシリーズでも、LEGO®ブロックの特性を生かしたギミックを取り入れており、衝撃でブロックがバラバラになったり、ブロックを組み合わせて物を作ったりすることができます。登場人物や乗り物などのオブジェクトがLEGO®ブロックにより作られている点も見逃せません。


2人協力プレイに対応した作品も多く、操作も簡単なので、親子で楽しめるのも大きな特徴です。シリアスだけどちょっとコミカルにアレンジされたキャラクターや、LEGO®ブロックを使っているからこそできるパズル要素などもあり、単純に原作の世界をLEGO®で再現しただけとはひと味違う展開を楽しめます。


シリーズとしては歴史も長く、多くのゲームが発売されています。まだLEGO®ゲームシリーズに触れたことない方は、過去作品のトレーラーを見ると雰囲気をつかみやすいかもしれませんので、ぜひご覧になってみてください。



◆過去シリーズのPV

ゲーム『レゴ®ムービー ザ・ゲーム』トレーラー



ゲーム『LEGO®マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』日本語版トレーラー



ゲーム『LEGO®ジュラシック・ワールド』トレーラー






■アベンジャーズ再集結! 映画のストーリーを内包したヒーローサーガを体験しよう!

本作は、日本でも大ヒットした映画「アベンジャーズ」と、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」をはじめ、6作品のキャラクターとストーリーを使用し、映画のシーンを実際に体験することができます。ヒーローにふさわしい超パワーで悪人たちを倒す、爽快なアクションが楽しめるのが本作の魅力。ゴールドブロックやスタッドを集めることで、追加キャラクターを解放していくことも可能です。

オープンワールド型のフィールドのステージがあり、そこでは自由に街を見て回ることができるのも特徴です。世界各国の象徴的なマーベル作品のロケーションで隠しキャラやアイテムなどを探索するのもおもしろいかもしれません。




これまでのシリーズと同様に、本作もLEGO®らしいユーモアに溢れた作品になっています。シリアスでクールな映画「アベンジャーズ」とはまた違った感覚で楽しめると思うので、映画を観た人は違いを探すのもおもしろいかもしれませんね。

なお、本作は手軽に遊べるPS Vita版も発売予定です。お手軽に外出先で遊べるPS Vitaの利点。体も心も外に出て街をパトロールしてみてはいかがでしょうか?


----------------------------------------

LEGO®マーベル アベンジャーズ

・発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・発売日:2016年4月28日(木)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 5,700円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 5,616円(税込)
    PS3® パッケージ版 希望小売価格 5,700円+税
    PS3® ダウンロード版 販売価格 5,616円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 4,700円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 4,536円(税込)
・プレイ人数:1~2人(PS Vita:1人)
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


『LEGO®マーベル アベンジャーズ』の公式サイトはこちら



©2016 The LEGO Group. TM & ©2016 MARVEL & Subs. ©WBEI. (s16)

※ゲーム内容はプラットフォームによって異なります。

記事を探す
トップに戻るボタン