PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

最大4人で協力!『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のマルチプレイを一足先にレビュー!【特集第2回】

by PS.Blogスタッフ 2016/04/15

5月27日(金)に発売されるPlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェア『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』は、前作の続編でありながら新たな主人公の冒険を描く完全新作。転職、モンスターへの変身など新要素も多数追加され、大きな注目を集めている。

中でも話題を呼んでいるのが、『Ⅱ』から新たに導入されたマルチプレイだ。最大4人まで参加でき、遊び方も2パターン用意されている。ひとつ目は、ストーリーのバトルを協力プレイで楽しむ方法。自分のパーティに友達を加えて戦ったり、協力してもらったりしながら、ひとりでは攻略が難しいステージや強敵を仲間と一緒に乗り越えることができる。ふたつ目のパターンは、1人〜最大4人で遊べるダンジョン「時空の迷宮」でのプレイ。ストーリーから離れ、物語中で入手した地図や無料配信コンテンツの迷宮を探索できる。

もちろんクロスプラットフォームにも対応しているため、ハードの垣根を越えてPS4®/PS3®/PS Vitaのユーザーが一緒にプレイすることも可能だ。それでは、4月9日(土)、10日(日)に開催された「ドラゴンクエストヒーローズⅡ プレミアム体験会 ~集え!冒険者たち!~」で体験したマルチプレイのレポートを交えつつ、詳しいシステムを紹介していこう。


------------------------------------------

前回の特集記事はこちら

シリーズ30周年記念作品『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』を基礎から教えます!【特集第1回】

----------------------------------------





■マルチプレイを体験してきた!
 「時空の迷宮」で、4人の冒険者が強敵に挑む!!

4月9日(土)、10日(日)に開催された「プレミアム体験会」では、シングルプレイのほか、4つのバトルステージで戦いを繰り広げるマルチプレイを体験できた。ここではインプレッションを交えながら、システムの詳細を紹介する。


【リッカの宿屋で仲間を募集! 好きなキャラでいざ迷宮へ】

マルチプレイを始めるには、まず街にあるリッカの宿屋へ。ホストひとりがルームを作成し、残りの3名はゲストとして仲間に加わる。


その後、ルイーダに話しかけると操作キャラクターを変更可能に。今回選べたのは、ラゼル、テレシア、トルネコ、ミネア、ハッサン、マリベル、ガボ、ククールの8キャラ。なお、前作に登場したアクト、メーア、ディルク、ジュリエッタ、ビアンカ、フローラ、ヤンガス、魔剣士ピサロは、「時空の迷宮」専用のプレイキャラクターとして発売後に無料配信される予定だ。


キャラクターは前衛、後方支援、回復系などさまざまなタイプがいる。他のプレイヤーがどんな特性のキャラクターを選んでいるのかチェックし、バランスを考えて選択すればスムーズに役割分担できそうだ。




【ラゼル&トルネコを操作 デスプリーストに挑む!】

今回の体験会では、ラゼルとトルネコを操作してマルチプレイに挑んだ。プレイしたのは、砂漠と雪原での戦闘、メタルキングが待つラッキーフロア、そしてデスプリースト戦の4ステージ。ひとつのステージをクリアすると旅の扉が出現し、参加者がそろって次のステージへ......という流れになっていた。


操作方法は、『Ⅰ』とほぼ同じ。□、△ボタンで攻撃、×ボタンでジャンプ、○ボタンを長押しすると「たぎる」ことができ、一時的にパワーアップ。R1ボタンを押しながら○×△□ボタンを押すと、"とくぎ"や"じゅもん"を発動できる。また、敵にダメージを与えてテンションゲージをMAXにすると、MPを消費せずに"とくぎ"や"じゅもん"を使えるうえ、○ボタンで必殺技を放つことも可能。簡単な操作で爽快アクションを繰り出せるので、『Ⅱ』からプレイしても操作系で戸惑うことはないだろう。


ラゼルの場合は、接近戦に強いので、MPを使い切ったら敵に密着してひたすら攻撃を叩きこむのが気持ちいい。前作の主人公メーアも使えた「ダイヤモンドダスト」、敵を連続で斬りつける「さみだれ斬り」などの特技も、抜群の爽快感を味わえた。


一方、トルネコは攻守のバランスが取れた万能キャラクターだ。空中の敵に無数の矢を飛ばす「クロスボウ」、鎖のついた鉄球を前方に叩きつける「はかいのてっきゅう」、○ボタン長押しで力を溜めてかまを振るう「くさりがま」など、手持ちの荷物から武器を取り出してフル活用。味方全員のHPを大きく回復する「けんじゃの石」も使えるため、ピンチに陥った時も心強い。


砂漠のステージではドラキーマ、ミニデーモンなど小型モンスターと戦い、雪原ではイエティ、キラーマシンといった手ごわい敵と激突。攻撃がなかなかヒットしないメタルキングにてこずりながらも撃破し、最後のデスプリースト戦に臨んだ。

デスプリーストは多彩な呪文を放つだけでなく、状態異常を引き起こしたり、仲間のモンスターを召喚したり、クセのある攻撃方法を持ち味としている。とは言え、他の参加者と協力したり、テンションゲージをMAXまで上げて発動する必殺技を使うことで、イベントで設けられた15分というタイムリミットの前に倒すことができた。


なお、他の参加者とのコミュニケ―ションには「ありがとう」「OK」などの定型コメントを利用できる。アクション性が高いため、慣れないと戦闘中はほとんどコミュニケーションを取れないが、ボス戦前に「ガンガンいこうぜ」と発信したり、HPを回復してもらった時にお礼を述べるなど、意思の疎通が図れるのもマルチプレイらしい特徴だ。




【HPが尽きたら、仲間を"おうえん"!】

強力な攻撃を食らうと、時にはHPが尽きて倒れてしまうことも。そんな時は、仲間を"おうえん"できるのが本作の特徴だ。仲間のHPを回復させるか、テンションゲージを高めるか、2種類の方法で応援できる。戦闘不能になったキャラが手持ち無沙汰になることもないうえ、まだ戦っている仲間もHPやテンションがアップするので感謝の気持ちが芽生える。プレイヤー同士の信頼感が深まるシステムと言えるだろう。


戦闘不能になったキャラは、「世界樹の葉」を使って蘇るほか、一定時間が経つと復活する。やられたら終わり、ではないので、初心者でも臆することなくマルチプレイに参加できそうだ。




【協力しあって敵を倒す、とびきりの達成感】

初めてのマルチプレイだったため、あれこれ試しているうちに戦闘が終了してしまったが、システム自体はシンプル。「ステージ上の敵を倒す」という目的がはっきりしているので、初心者でも戸惑うことなくバトルに参加できる。

より一体感を味わうためには、やはり役割分担が重要だと感じられた。前衛はラゼルやテレシア、ハッサンなどの近接攻撃が主体のキャラに任せ、遠隔攻撃に強いマリベル、ククール、全体回復ができるトルネコ、ミネアなども加えながら、偏りのないパーティ構成を心がけるのがおすすめだ。

『Ⅱ』はPS Vita版も発売されるので、オンライン上の見知らぬ仲間と戦うだけでなく、みんなでPS Vitaを持ち寄りコミュニケーションをとりながら強敵に挑むというのも楽しいだろう。




【発売後の無料大型アップデートで、対戦プレイも可能に!】

発売後には、竜王、エスタークとのボス戦も配信予定。さらに、無料大型アップデートにより、マルチプレイの対戦モードも追加! 対戦とはいえ、殺伐とした雰囲気になってしまったら「ドラゴンクエスト」らしくない。コーエーテクモゲームスの庄知彦ディレクターによれば、「ギスギスせず、みんなで楽しく対戦できるゲームシステム」とのことなので、どのようなルールになるのか続報を楽しみに待ちたい。





■『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』
 ダウンロード版の予約受付中!

現在PlayStation®Storeでは、PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェアとして発売される『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』ダウンロード版の予約を受付中。予約後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日にダウンロードを待つことなくプレイできる。



【PS Storeでのみ先行入手できる「ゴーレムグローブ」もお見逃しなく!】

ダウンロード版を予約購入すれば、専用特典として「ゴーレムグローブ」が先行入手できる。さらに、獲得経験値が一定時間増加する消費アイテム「元気玉」が付属! 「ゴーレムグローブ」はゴーレムの腕の形をした武器(コテ)で、アリーナとハッサンが装備可能。装備すると、盾で防御している敵に対して、防御の上からダメージを与えることができるようになるぞ!

また、パッケージ版、ダウンロード版ともに早期購入特典を用意。その内容は以下のとおりだ。


①「ドラゴンクエストⅠ」勇者コスチューム(主人公・男女用)
主人公男女が着替えることができる「ドラゴンクエストI勇者」のコスチューム。


②「元気玉」
使用すると、獲得経験値が一定時間増加する消費アイテム。

③『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』で使える「ホミロンの像のレシピ」
『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の追加アイテム。
フリービルドモード「知られざる島」にて「ホミロンの像」のレシピを覚えられる。




【豪華出演陣のメイキング映像を放映中!】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』の公式サイトや、PS4®とPS3®のPS Storeなどでは、主人公のラゼルを演じる俳優、森山未來さんを始め、テレシア役の武井咲さん、ツェザール役の山田孝之さん、アリーナ役の中川翔子さん、オルネーゼ役の水樹奈々さんといった、超豪華出演陣の収録メイキング映像を放映中! こちらもぜひチェックしよう。


◆予約受付期間
2016年2月24日(水) ~ 5月26日(木)23:59


◆価格
PS4®版 8,424円(税込)/PS3®版 7,344円(税込)/PS Vita版 7,344円(税込)
※PS4®版、PS3®版は、キャンセルできません。即座に決済されますので、ご注意ください。


◆PlayStation®Store予約購入特典

<ダウンロード版専用特典>
・「ゴーレムグローブ(先行入手)」(PS4®/PS3®/PS Vita用)
・消費アイテム「元気玉」

<早期購入特典>
・「ドラゴンクエストI」勇者コスチューム(主人公・男女用)
・消費アイテム「元気玉」
・「ホミロンの像のレシピ」(『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』用アイテム)


◆特典の入手方法
ダウンロード版限定購入特典、早期購入特典は、2016年5月27日(金)0時以降に、それぞれのプラットフォームのPS Storeより検索のうえ、ダウンロードしてください。


◆自動ダウンロード開始日

PS4®
ゲーム本編は、2016年5月25日(水)0時以降、ご予約いただいたアカウントに「いつも使うPS4®」として登録されているPS4®に自動的にダウンロードされます。

PS3®
ゲーム本編は、2016年5月25日(水)0時以降、本機に自動的にダウンロードされます。

PS Vita
ゲーム本編は、2016年5月25日(水)0時以降、予約された機器に自動的にダウンロードされます。自動ダウンロードの設定は、ダウンロードリストにてご確認ください。

※自動ダウンロードされるのはゲーム本編のみです。


◆プレイ開始可能日
2016年5月27日(金)午前0時以降
※PlayStation™Networkにサインインした状態でゲームを起動する必要があります。



▼『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』のPS Storeでの予約購入はこちらから



初心者でも気軽に参加できる『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のマルチプレイ。「オンラインゲームは苦手......」という人にこそ、チャレンジしてほしいモードとなっていた。なお、次回の特集では趣向を変えて特別企画をお届けする予定。お楽しみに!


------------------------------------------

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

・発売元:スクウェア・エニックス
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2016年5月27日(金)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    PS3® パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS3® ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~4人)
・CERO:B(12才以上対象)

※PS4®版でオンラインマルチプレイを楽しむには、PlayStation®Plusへの加入(有料)が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』ページはこちら

------------------------------------------


『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』公式サイトはこちら




© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※画面は開発中のものです。
※画面はすべてPlayStation®4版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン