PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『実況パワフルプロ野球2016』は「サクセス」や「パワフェス」だけじゃない! 多彩なゲームモードで野球をトコトン楽しめる【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/04/22

野球を楽しむためのゲームモードが充実しているのも「パワプロ」の魅力。これまでの特集記事では、選手育成が楽しめる「サクセス」や「パワフェス」、「栄冠ナイン」を中心に紹介してきたが、魅力的なゲームモードはまだまだある。以下では各種ゲームモードの内容と、新要素などの注目ポイントについて紹介しよう。


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

『実況パワフルプロ野球2016』これがNo.1野球ゲームの集大成! 選手育成モードの魅力を紹介【特集第1回/電撃PS】

『実況パワフルプロ野球2016』は「サクセス」がアツい! 注目の選手育成モードの基本とシナリオをバッチリ解説【特集第2回/電撃PS】

------------------------------------------





■野球ゲームの基本にして究極、「対戦」プレイはやっぱりアツい!

「対戦」ではプロ野球12球団はもちろん、自分の作ったアレンジチームを選んで、友達やCOMとの試合が楽しめる。本作から導入された「なりきりプレイ」で、選んだ選手の視点で投打や守備を行なうことも可能(「なりきりプレイ」はほかのモードでも利用可能)。

また、試合の視点をこれまでの「ノーマル」のほかに、ややナナメから見下ろす形にした「ダイナミック」に切り替えることもできるようになった。この視点の場合、打撃時に相手の守備陣形も確認でき、打つ方向を考えながらの打撃も行なえるのが魅力。ほかに、選手に指示を出して戦う「監督試合」や、COM同士の試合を見る「観戦モード」も健在だ。





■日本一を目指して戦う「ペナント」はデータ関連が超充実!

1チームを率いてペナントレースを戦っていく「ペナント」は、最大30年のプレイが可能に。その際、年度別の記録やタイトル、選手の個別データなどが更新されていく。好成績を残した選手が野球殿堂入りするなど、長期間のプレイを盛り上げる要素が追加されているのもうれしいところだ。

また、毎年開かれるドラフト会議では、ドラフト候補選手の経歴や大会での成績、冠名などが設定されるように。さまざまな情報を参考に獲得した選手がペナントで活躍したときは、喜びもひとしおだろう。





■新要素満載の「マイライフ」で理想の選手人生を!

1人のプロ野球選手として、ペナントレースを戦っていく「マイライフ」も、プレイ年数が最大30年に。選手として成功することはもちろん、家庭を持ったり、趣味を極めたりと、選手人生を楽しむための多彩な要素が盛り込まれている。

また、本作からは投手として登板しつつ、野手としても試合に出場する"二刀流"が可能に。特定の条件を満たしたときに発生する期間限定ミッションの内容が選択式になるなど、より自由度の高いプレイができるようになった。





■「新球種開発」でスペシャルなウイニングショットを生み出せ!

「新球種開発」は、自分だけのオリジナル球種が作成できる新モードだ。縦や横、ナナメ方向へ曲がる変化球かストレートをベースに、変化の角度や球速、球のキレなどのパラメータを細かく調整可能。

さらに、投球したときに出るエフェクトまで設定できるので、自分の理想とする新球種が作れるハズ。作成した新球種は「サクセス」や「パワフェス」をプレイ中に、育成選手に習得させられるので、これで理想のエースを育て上げよう!





■遊べば遊ぶほどプレイが有利になる「パワポイント」システム

本作では、各モードをプレイすることで「パワポイント」が入手可能。これは、ゲーム内のショップで、各モードで使えるアイテムと交換できる。たとえば「サクセス」なら、強化手術をしてくれるダイジョーブ博士が1プレイ中に必ず現れるようになる「ダイジョーブのメス」などが入手可能。「パワフェス」なら、試合中にチーム全員のパワーが上がる「かっとびバット」などが入手可能だ。

どれも役立つアイテムばかりなので、各モードをガッツリプレイして「パワポイント」をためよう。ちなみに「新球種開発」も、ここで「新球種開発ボール」を入手することで可能になる。





■「LIVEパワプロ」に接続すれば遊び方はさらに広がる!

多彩なオンライン要素も、本作の魅力の1つ。オンライン関係は「LIVEパワプロ」というシステムで統括されており、これを利用することでプレゼントアイテムを入手するなどできる。

また、「サクセス」などで作ったオリジナル選手は、「LIVE選手」でアップロード&ダウンロードが可能。自分の選手がダウンロードされれば、能力に応じた「パワポイント」も稼げるので、自慢の選手をここから送り出そう。





■万人が楽しめる『パワプロ』を家族みんなで楽しむ方法③

ここまで紹介してきた各ゲームモードをもっと楽しくする方法がある。それは、「アレンジ」で作成したアレンジチームを各モードに利用することだ。12球団のチームから好きな選手を選抜することはもちろん、「サクセス」などで育てたオリジナル選手もアレンジチームに入れられる。さらには、日本球界のレジェンドであるOB選手(「パワプロショップ」で購入すると使用可能に)までもOKだ。

「アレンジ」で作ったチームは「対戦」や「ペナント」で使用可能。家族みんなが自分の理想とするチームを作り、これらのモードで使えば、プレイはもっと楽しくなるハズ。とくに「ペナント」は、通常の12球団から最大16球団まで参加可能。家族どころか友だちの作ったチーム、オンライン上からダウンロードしたチームまでまとめて参加させられる。そんな大混戦のペナントレースは、実際のプロ野球でも見られないドラマが待っているだろう。


ちなみに「アレンジ」で保存できるチーム数は以前より増えており、PS4®版ではなんと55チームも保存可能。家族全員が複数チームを作っても十分な余裕がある。チーム名やロゴ、ユニフォームなどをオリジナルのものにすることもできるので、ぜひ利用してほしい。





■12球団&注目選手紹介第2弾<セ・リーグ編①>

続いて本作に登場する、実在のプロ球団を紹介。今回は2015年度のセ・リーグを制した東京ヤクルトスワローズをはじめとするセ・リーグの3球団を紹介しよう。なお、プロ野球選手のデータは、今年度のペナントレースの成績に応じて、随時アップデートされていく。活躍した選手がどんなデータに更新されるかにも注目したい。



【東京ヤクルトスワローズ】

2014年度ペナントレースは最下位に沈みながら、2015年度は一気にセ・リーグ優勝チームまでのし上がったスワローズ。打線は3割30本塁打30盗塁のトリプルスリーをなしとげた山田、首位打者の川端、打点王の畠山といった中軸の破壊力で、相手チームの投手陣を震え上がらせた。

今年は本塁打の日本記録を持つバレンティンが復帰し、より強力な打撃陣を構築している。投手陣も小川や石川などの左右エースをはじめ、先発とリリーフが粒ぞろいだ。ルーキーながら先発ローテーション入りしたドラフト1位・原樹理にも注目。


【読売ジャイアンツ】

2015年度は惜しくもペナントを逃したが、高橋由伸新監督のもと再スタート。投手陣はエースの菅野、守護神の澤村を中心に、今年も優秀な選手がそろっている。野手は坂本や長野といったレギュラー格が内外野のリーダーとしてチームを牽引。

外国人助っ人のギャレットやクルーズの活躍、ベテランの阿部や村田の復活も待たれるところだ。捕手の小林、外野手の立岡など、レギュラーに定着しはじめた若手の躍動にも期待したい。


【阪神タイガース】

タイガースは「変革」をテーマに掲げる金本監督の新体制に移行。投手・野手とも若手に積極的にチャンスを与える実力主義の選手起用でチームの若返りを狙う。ドラフト1位の外野手・髙山や3年目の横田などの若手の台頭は、新体制の成果といえる。

もちろんベテランの福留や鳥谷、外国人助っ人のゴメス、ヘイグといった面々の実力も見逃せない。投手陣はエースの藤浪、タイガース復帰後は先発に挑む藤川などが話題を集める。

以上、『パワプロ2016』の特集第3回をお届けした。次回の特集記事は、本作の発売日である4月28日に公開予定だ。モードのインプレッションなどを中心に、12球団紹介やファミリー向け企画など充実の内容を掲載するので、本作を購入する際の参考にしてほしい。



▼『実況パワフルプロ野球2016』『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』お得スタートパックの予約購入はこちら

------------------------------------------

実況パワフルプロ野球2016

・発売元:KONAMI
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:野球・育成
・発売日:2016年4月28日(木)
・メーカー希望小売価格:
 PS4® パッケージ版 希望小売価格 7,980円+税/ダウンロード版 販売価格 8,618円(税込)
 PS3® パッケージ版 希望小売価格 6,980円+税/ダウンロード版 販売価格 7,538円(税込)
 PS Vita パッケージ版 希望小売価格 6,980円+税/ダウンロード版 販売価格 7,538円(税込)
・プレイ人数:1~2人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------


『実況パワフルプロ野球2016』公式サイトはこちら

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』公式サイトはこちら




一般社団法人 日本野球機構承認 日本プロ野球名球会公認 (公社)全国野球振興会公認 プロ野球フランチャイズ球場公認 ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2015年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。 データ提供: スタッツ・ジャパン ©Konami Digital Entertainment

記事を探す
トップに戻るボタン