PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

話題の最新オススメ映画! 今月の「PlayStation™Video」イチ押しファミリー向け作品はコレ!

by PS Videoスタッフ 2016/04/27

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

新主人公を迎え、フォースをめぐる新たなる伝説が幕を開ける!


【解説】
昨年末に公開され、全米の興行記録を塗り替えたシリーズ最新作。9部作中の第7作であり、女性主人公レイによる新たな3部作の第1章にあたる。砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8と、ストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン率いる帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。やがてレイたちは、ハン・ソロとチューバッカに出会う。


●ここに注目!
約10年ぶりの新作公開とあって、全世界に熱狂をもたらした超大作。「スター・トレック」シリーズなどを手がけたJ・J・エイブラムスが監督を務め、ヒロインのレイには若手女優デイジー・リドリーを抜擢している。監督の意向により可能な限り実写で撮影されており、セット撮影とVFX技術を融合した映像も見どころだ。

舞台は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で宇宙に平和が訪れてから約30年後。にもかかわらず、帝国軍の残党ファースト・オーダーが台頭し、ルーク・スカイウォーカーは失踪中......。意外性にあふれた幕開けに、冒頭から一気に作品世界へ引き込まれていく。もちろん、旧作のキャラクターも多数登場し、善悪のせめぎ合い、家族の絆など過去の作品でのテーマも継承。シリーズファンも、安心して楽しめる仕上がりだ。2017年には続編『エピソード8』の公開も予定されている。劇場公開を見逃してしまった人も必見!

『スターウォーズ/フォースの覚醒』についてはこちら!


© 2015 Lucasfilm. All Rights Reserved





『アリスのままで』

病と闘うアリスの苦悩と家族の絆を描く感動作


【解説】
高名な言語学者として知られ、有名大学の教授を務めるアリス。しかし彼女が50歳を迎えた頃、その身に異変が生じる。言葉が出てこない、自宅までの道がわからない。やがて若年性アルツハイマーを宣告されたアリスは、家族のサポートを得ながらも徐々に記憶を失っていく。すべてが忘却の彼方に消えゆく中、アリスはとあるビデオメッセージを発見する......。


●ここに注目!
アリス役のジュリアン・ムーアが、アカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を獲得した、2014年公開の感動作。原作は、世界各国で25の言語に翻訳されたリサ・ジェノヴァのベストセラー小説『静かなるアリス』。自身もALS(筋委縮性側索硬化症)を患い、2015年に逝去したリチャード・グラッツァーと、ウォッシュ・ウェストモアランドのコンビが監督を務めている。

50歳で若年性アルツハイマー病を発症し、日々の記憶を失くしながらも最後まで諦めないアリスの姿は、涙を誘うと共に勇気を与えてくれる。彼女の変化を見守る家族たちの奮闘も、観る者の胸を強く打つ。彼らの苦悩と葛藤、ままならない運命への人生の痛みともどかしさ......。最後には自分の名前さえ思い出せなくなるアリスだが、彼女が生きた証が消えることはない。アリスの人生と同様、この作品を鑑賞した人の感動、痛みも、生涯胸に刻まれるはずだ。

『アリスのままで』についてはこちら!


© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.





『マイ・ファニー・レディ』(吹替版)

人間模様が笑いの連鎖を引き起こす、軽妙洒脱なロマンチック・コメディ!


【解説】
かつてコールガールをしていた女優の卵・イジーは、偶然出会った演出家アーノルドから「君の将来のために3万ドルをプレゼントする」という奇妙な申し出をされる。アーノルドの妻デルタが主演する舞台のオーディションを受けるイジー、デルタに好意を寄せるスター俳優、イジーに一目惚れする脚本家、その恋人のセラピスト。果たしてアーノルドの舞台は無事に初日を迎えることができるのか!?


●ここに注目!
ひょんなことから複雑に絡みあっていく人間模様が、笑いの連鎖を生み出すラブコメディ。監督は、『ラスト・ショー』、『ペーパー・ムーン』などの傑作を生み出してきたピーター・ボグダノヴィッチ。ルビッチ監督、オードリー・ヘップバーン、フレッド・アステアなどハリウッド黄金期へのオマージュを散りばめつつ、軽妙なロマンチック・コメディに仕上げている。

浮気性だが憎めないアーノルドを演じるのはオーウェン・ウィルソン。ヒロインは、ミュウミュウのモデルに起用されたイモージェン・プーツ。さらにドラマ『フレンズ』のジェニファー・アニストンは、コメディエンヌとしての才能を爆発させている。また、この作品では多くの著名人がカメオ出演していることでも話題に。誰がどんなシーンに出演しているのか、映画&海外ドラマファンならずとも、思いがけないキャスティングにワクワクさせられるはず!

『マイ・ファニー・レディ』についてはこちら!


©STTN Capital, LLC 2015




【PlayStation™Videoよりお得なSALE情報】

PlayStation™Videoでは、ゴールデンウィークにあわせて2016年4月27日(水)よりセールを実施します。あの名作を、ご家族で! 期間限定のお求めやすい価格でご提供いたします。
連休もPlayStation™Videoを楽しもう! ↑今すぐクリック↑



▼「PlayStation™Video」のコンテンツはこちらから!



「PlayStation™Video」の公式サイトはこちら

記事を探す
トップに戻るボタン