PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

大河ドラマのような濃密なストーリーが魅力の『越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~』体験版が配信中!

by PS.Blogスタッフ 2016/04/28


■独自の世界観での恋愛模様が魅力の本作を体験版でチェック!

「愛と嫉妬が渦巻く大河恋愛アドベンチャー」と銘打ち、架空の世界を舞台にした恋愛アドベンチャーである本作。

2012年9月にPCで発売され、2014年3月にはPSP®「プレイステーション・ポータブル」版も発売され、話題となったソフトがPS Vitaにパワーアップ移植を遂げて登場。作品の見どころはなんといっても、登場人物たちの国同士を巻き込んで展開していく、濃密な恋愛模様。それぞれのキャラクターの信念や葛藤といった心の動きを細かに描き多くのファンから支持されているタイトルだ。

6月23日(木)に発売を予定しているPS Vita版は、好評だったPSP®版を、原作全面協力のもと新たに追加要素を加えたパワーアップ版。人気男性声優陣の熱演で、恋愛描写もさらに濃密なものとなっている。




◆気になる配信中の体験版の内容は......?

本日4月28日(木)よりPS Storeにて配信中の『越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~』の体験版。

体験版ではゲーム序盤の物語をそのままプレイできるほか、PS Vita版の追加要素である「ノベルモード」の中から、登場人物のひとり・エスタのショートストーリー「誕生の日」をプレイすることが可能だ。

さらに、体験版では製品版ではプレイできない限定シナリオ「とある男の残影」が収録されている。これは体験版のみのシナリオなので、ぜひプレイしよう!


体験版のみの特別編がプレイできるサプライズ!


▼PS Vita『越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~』体験版はこちら




■ファンの要望が形になったPS Vita版だけのオリジナル要素!

PS Vita版のオリジナル要素として追加されたイベントの中には、キャラクター人気投票1位スレン(CV:宮下栄治)の追加シナリオも。ほか、描き下ろしストーリー「ノベルモード」など注目のコンテンツが目白押し。現在公開中のPS Vita版のOPムービーも要チェック!


スレンの新規シナリオは、ベストエンディングの「その後」を描いた物語。追加シナリオはもちろん新規CG&ボイス付きだ。




◆PS Vita『越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~』OP+インフォメーション




◆全13本のショートストーリーが楽しめる「ノベルモード」

原作者・松竹梅氏による書き下ろしショートストーリーは、過去に発表された10本のショートストーリーに加え、トーヤ・スレン・ノールの3本を新規収録。今回の書き下ろしショートストーリーは、ベストED後の甘い物語を描いたものとなっている。




◆専用ムービーも搭載して「ボイスドラマ」を再収録!

ルジ(CV中澤まさとも)の恋心が切ない「月を愛する人」とエスタ(CV牧野秀紀)ED「永久の待ち人」のその後を描いた「闇の中の楽園」の2編をボイスドラマ専用ムービー付きでゲーム内に収録。
(※主人公に音声はありません)




◆驚きのボイスセーブ機能、クロックモードを搭載

ゲーム中の好きなセリフをリストに登録し、いつでもそのボイスを再生できる「ボイスセーブ機能」、さらにゲーム中の名言や愛のささやきで時報やリアクションをしてくれる「クロックモード」を搭載。この機能でお気に入りのキャラのボイスを心ゆくまで堪能しよう。




■作品の世界観と主要な登場キャラクター

本作の物語は不治の病「腐死」により、女性が激減した大陸でのある事件を描いている。

南方の国・ルスで生きる少女ナァラは、北方の国・ナスラに母を奪われ、幼くして肉親を失ってしまう。途方に暮れた彼女を支えたのは彼女が「兄」と慕う、幼なじみの次期国王、オーリだった。そんな悪夢のような夜から数年後。ナァラは国王一家に養女として迎え入れられ、オーリの許嫁として過ごす日々に安寧を感じ始めていたが......。

再び襲いくる悪夢――ナスラが再び大軍を率いて現れ、女性を奪い去るナスラの大軍を前に、ナァラにとって決断すべき時が迫る。彼女が掴むのは従属の未来か、それとも......。



◆トーヤ (CV:立花 慎之介)
25歳
「分かってる。それでも俺は、お前達の幸せを願わずにはいられないんだ」

一年前に王座を継いだばかりのナスラ王。 亡き父王が定めた法に従い、一族を絶やさぬためにルスより多くの女性をさらってくる。しかし同時に「ナスラ選択法」を定め、女性への暴行を禁じるなど、前王とは違った方針を出し、なんとか女性たちの心を守れないかと日々思案している。



◆スレン (CV:宮下 栄治)
26歳
「教えてやりたくなるんだよ。所詮女は、男に守られ、従うしかない生き物だと」

ナスラの軍事司令官であり、戦場では王の次に決定権を持つ。 異性には度々尊大で強引な態度をとるので、ルスの女性たちからは恐れられているが、部下からの信頼は非常に厚い。粗野な見かけに反して、意外と頭の回転が速く、抜け目ない。



◆ノール (CV:鈴木 千尋)
28歳
「肉欲などという即物的なものには、とうに魅力を感じなくなってしまいまして」

王の最も信頼厚き側臣で、政治の場では王に次ぐ発言力を持つ。優しく温和に見えるが、ときに国体第一の冷血な一面をのぞかせる。恋愛に関しては一切興味がないようで、仮に女性から言い寄られたとしても笑顔でかわし続けている。





トーヤやスレン、ノールをはじめ、そのほか攻略キャラクターとしてナラン(CV:杉山紀彰)やルジ(CV:中澤まさとも)、PSP®版でルートが追加されたエスタ(CV:牧野秀紀)など、本作には魅力的なキャラクターが多数登場する。まずは体験版をプレイして、お気に入りのキャラクターを探してみよう。


------------------------------------------

越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~

・発売元:dramatic create
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:愛と嫉妬が渦巻く大河恋愛ADV
・発売日:2016年6月23日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,400円+税
    ダウンロード版 販売価格 4,752円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------


『越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~』公式サイトはこちら



©Operetta Due/dramatic create

記事を探す
トップに戻るボタン