PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

6タイプのフィールドを一挙公開! 「ドラゴンクエストヒーローズ・ザ・LIVE!@秋葉原出張版」レポート

by PS.Blogスタッフ 2016/05/06

5月27日(金)の発売日まで1ヵ月を切り、ますます期待の高まるPlayStation®4/ PlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェア『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』。そんな中、5月1日(日)にクリエイター自らが最新情報をお届けする生配信番組「ドラゴンクエストヒーローズ・ザ・LIVE!」の第3回放送が行なわれた。しかも今回は、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaのイベントスペースから出張配信! すぐ隣では店頭体験会も開催され、休日で多くの人々が賑わう中、数々の新情報が公開された。では、その内容をお届けしよう。


左からMCを務めた女優・タレントの結さん、スクウェア・エニックス青海亮太プロデューサー、コーエーテクモゲームス庄知彦ディレクター。ちなみに庄さんは、自称"コーエーテクモゲームスのいちばんいい男"だ!






■フィールドの導入により冒険感アップ! ゲームの内容をまるごとおさらい

放送がスタートすると、MCを務める女優・タレントの結さん、スクウェア・エニックスの青海亮太プロデューサー、コーエーテクモゲームスの庄知彦ディレクターが登壇。秋葉原からの公開生放送とあって多くの人々が足を止める中、本作をイチからおさらいするコーナーより放送はスタートした。


「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズは、スクウェア・エニックスとコーエーテクモゲームス「ω-Force(オメガフォース)」とのコラボレーションにより生まれたアクションRPG。歴代シリーズのキャラクターも登場し、モンスター、音楽など「ドラゴンクエスト」の世界観に浸れる上、ボイスにも対応しているのが特徴だ。


5月27日(金)に発売される『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』は、新たな主人公と新たな物語で紡がれる完全新作。前作はPS4®、PS3®の2機種に対応していたが、今回はPS Vitaも加わり、3ハードで楽しむことができる。さらにクロスセーブにも対応し、外出先はPS Vitaで、自宅ではPS4®やPS3®で続きが楽しめる。また、機種の垣根を超えたマルチプレイも実現しており、PS Vitaはアドホック通信による協力プレイにも対応。「アクションやバトルシステムもさらに進化しています」と、ふたりは強くアピールした。


数ある新システムの中でも、特に大きな見どころがフィールド。前回はステージクリア形式だったが、今回は「ドラゴンクエスト」らしい"冒険感"をさらに高めるため、フィールドでの探索が楽しめるようになった。庄ディレクターは「ダンジョンを探索するような感覚で、冒険感を味わえます。モンスターの生態などまだ公表していないネタもたくさんあるので、楽しみにしていてください」とアピールした。


さらに、今回から転職システムも搭載。主人公は好みの職業を選ぶことができ、条件を満たせば上級職にも転職できる。「職業によって武器も変わりますし、同じ武器でもさまざまなスキルをセットして戦うことができます。おすすめは盗賊。ぜひ一度は盗賊になって楽しんでください」と庄ディレクターも自信を覗かせていた。


また、モンスターを倒した時に入手できる「モンスターコイン」にも、新タイプが登場。今回は「アシスト」「サポート」のほか、自分自身がモンスターになれる「ヘンシン」タイプも追加されている。このコインを使えば、一定時間プレイヤーキャラクターがモンスターに変身! 固有の攻撃を発動できるほか、例えばももんじゃならしっぽをグルグル回して空を飛ぶなど、ユニークなアクションも楽しめる。庄ディレクターによれば、「モンスターコイン」にもまだまだ隠しネタがあるので、製品版をプレイして確かめてほしいとのことだ。





■実機プレイで6タイプのフィールドをお披露目! モンスターコインによる変身も!!


【天候の概念も導入された多彩なフィールド】

ゲームの基本をおさらいした後は、実機によるデモプレイが行なわれた。今回お披露目されたのは、庄ディレクターいわく「開発にいちばん苦労した」というフィールドの様子。ルーラで次々に移動しながら、草原、砂漠、森林地帯、雪原、荒野(溶岩地帯)、峡谷の6タイプのフィールドを一気に紹介してくれた。

ひと口に砂漠と言っても、砂地が広がる見通しの良い大地、オアシス、ピラミッド風の建造物など、さまざまなエリアで構成されており、プレイヤーの冒険心をくすぐってくれる。溶岩に足を踏み入れるとHPが削られたり、峡谷では突然大岩が転がってきたり、森のキノコを斬ると敵を眠らせることができるなど、各フィールド特有のギミックも用意されているようだ。また、今回のデモプレイではフィールドを自由に行き来していたが、実際はストーリーの進行によって各フィールドが開放され、特定の仲間を連れていないと入れないエリアもある模様。各フィールドでどんな冒険が待っているのか、大いに期待したい。


デモプレイの中では、教会で「冒険の書を共有」するとクロスセーブができること、教会でホイミストーンを補充しなくても街に戻るたびに自動的に補充されることも明かされた。また、モンスターがドロップしたアイテムはわざわざ拾いに行かなくても自動的に回収されたり、フィールド上のアイテムも近づくだけで拾えることも明らかに。些細な変更点に思えるかもしれないが、庄ディレクターによれば「プレイ感覚は非常に良くなりました」とのこと。「ゲームも後半になると、いちいちアイテムに近寄って○ボタンを押して回収するのは面倒になってきます。それがダッシュで回収できるので快適です」とアピールしていた。

各フィールドでは天候も変化し、砂漠では砂嵐が発生することも。なお、昼夜の概念については「あるようなないような......」と言葉を濁した庄ディレクター。おそらくユーザーが予想するような展開が待っているのだろう。


また、フィールドではモンスターとの戦闘状態になると、キャラクターが抜刀する。この状態ではルーラが使えず、モンスターを倒す、または逃げ切るまで戦闘状態が続く。HPの残量が少ない時には、注意が必要だ。さらに、リザードマンやストーンマンなどの強敵に戦いを挑むと、戦闘に勝利するまで結界に閉じ込められてしまう。時には全滅の危機にさらされることもあるので、十分な準備を整えてからバトルに臨みたい。




【「モンスターコイン」でモンスターに変身!】

続いて公開されたのは、新たに導入された新要素「モンスターコイン」による変身。モンスターを倒すと、時折「モンスターコイン」をドロップすることがあり、このコインを使うとモンスターが仲間になってくれる。呪文や特技を発動する「アシスト」タイプ、その場に留まって守りを固めてくれる「サポート」タイプは前作にも登場したが、『Ⅱ』では「ヘンシン」タイプが新登場! このコインを使うと、プレイヤーキャラクターが一定時間モンスターに変身!! スライムやキメラ、ももんじゃなど、さまざまなモンスターの姿になって、固有の技を発動できる。




【マルチプレイでは、定型文を使って気軽にコミュニケーション】

『Ⅱ』で新たに搭載されたマルチプレイも、実機デモを公開。マルチプレイには2種類あり、ストーリーのバトルを協力プレイで楽しめるほか、マルチプレイ専用ダンジョン「時空の迷宮」も用意されている。今回は「時空の迷宮」でのプレイを披露してくれた。

「時空の迷宮」では最大4人の協力プレイを楽しめるが、「今のパーティで時空の迷宮に行く」を選べばNPC3人を引き連れてひとりでプレイすることも可能。当初の予定にはなかったが、前2回の「ドラゴンクエストヒーローズ・ザ・LIVE!」で「ひとりでもプレイしたい」という声が多かったため、急遽仕様を変更したそうだ。


他のプレイヤーとのコミュニケーションには、あらかじめセットした定型のコメントを使用する。出撃前の宿屋用とバトル用、2パターンのコメントをセットできるのも便利だ。例えば宿屋用には「別の地図に行きませんか?」「初心者です」などのコメントを、バトル用には「助けて!」「集まって!」「ありがとう」などのコメントをセットしておくと、コミュニケーションも円滑に進みそう。「しんでしまうとはなにごとだ!」「グェッヘッヘ」など、どこかで聞いたようなセリフも用意されているので遊び心も発揮できるだろう。




【早期購入特典「ドラゴンクエストⅠ」勇者コスチュームを披露!】

すでにお伝えしているとおり、パッケージ版、ダウンロード版の早期購入特典は「ドラゴンクエストⅠ」勇者コスチューム(主人公・男女用)、「元気玉」、『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』で使える「ホミロンの像のレシピ」の3点。また、前作『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』のセーブデータがあると、前作の主人公アクトとメーアのコスチュームもゲットできる。

今回は、そのうち「ドラゴンクエストⅠ」勇者コスチューム、アクトとメーアのコスチュームを披露。庄ディレクターからは、「『ドラゴンクエストⅠ』勇者コスチュームで、追加ダウンロードコンテンツの"竜なんとか"を倒すのも楽しそう。戦う前にも面白い仕掛けを用意しています」とのコメントも。『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』はお求めやすくなった廉価版も発売中なので、『Ⅱ』発売前にぜひプレイしてほしい。





■発売日に向け、イベントも続々開催!

5月27日(金)の発売日に向け、各種イベントも開催される予定だ。このたび明らかになったイベントの数々をお伝えしていこう。



【アトレ秋葉原とのコラボイベントを実施!】

5月23日(月)~6月19日(日)、アトレ秋葉原が『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』色に染まる! 店内・店外の装飾が変わるほか、オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーも!


◆イベント第1弾 館内外キャラクタージャック
 開催期間:2016年5月23日(月)~6月19日(日)
 会場:アトレ秋葉原1

期間中、ラゼルやテレシアをはじめ、冒険する仲間たちがアトレ秋葉原1の館内外いたるところでお出迎え!ホミロン(声:釘宮理恵)による館内放送も!


◆イベント第2弾 スタンプラリーキャンペーン
〜ドラゴンクエスト モンスター討伐の旅〜
 開催期間:2016年5月28日(土)~6月19日(日)

冒険の書を持って、秋葉原に襲来したモンスター達を討伐する旅に出かけよう。7ヵ所のポイントで待つ仲間たちから討伐スタンプを集め、報酬をゲット!
※イベントの詳細は5月中旬に公開予定


◆イベント第3弾 ドラゴンクエストグッズキャラバンinアトレ秋葉原
 開催期間:2016年5月23日(月)~6月19日(日)
 開催場所:アトレ秋葉原1・2Fイベントスペース

オフィシャルショップ限定グッズを扱う「ドラゴンクエスト グッズキャラバン」が、期間限定でアトレ秋葉原1・2Fのイベントスペースに登場! ホミロンやスライムのぬいぐるみをはじめ、さまざまなグッズを販売する。


こちらの冒険の書をもって、秋葉原に襲来したモンスター達を討伐する旅に出かけよう!





【ローソンが「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」を発売!】

5月10日(火)から、全国のローソンで「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」を販売! 「ホイミ味......?」と一瞬不安になるが、青海プロデューサーいわく「ガーリックマヨネーズ味です」とのこと。ホイミのHP回復成分をガーリックで表現しているようだ。ちなみに、付属のようじは「ロトのつるぎ」型。購入すると、レジからレベルアップ音が流れるそうなので、ぜひ恥ずかしがらずに購入してほしい。なお、パッケージ裏面に記載されたシリアルコードはくじ引きになっており、5月27日(金)に公式サイトで発表されるナンバーと一致すれば、抽選で360名に「金色のスライム」をプレゼント! 食べ終わった後も、パッケージは捨てずに大事に保管しておこう。


食べ終わったパッケージは捨てずに保管。「ロトのつるぎ」型ようじも、捨てるのがもったいない出来ばえだ。





【スライムのたいぐんが あらわれた! ぬいぐるみ装飾展示を実施】

スライムのぬいぐるみを所狭しと敷き詰めた、スライム装飾展示を下記3ヵ所で展開。それぞれ展示内容、期間が違うので、東京近郊にお住まいの方はぜひすべてチェックしてほしい。


◆新宿
 開催日時:5月3日(火)~5月8日(日)
 開催場所:ビックロ ビックカメラ新宿東口店 1F正面入り口前柱付近
 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-29-1


◆渋谷
 開催期間:5月10日(火)~5月21日(土)
 開催場所:HMV&BOOKS TOKYO 7F
 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ


◆秋葉原
 開催期間:5月23日(月)~6月19日(日)
 開催場所:アトレ秋葉原1 1F 電気街口付近
 〒101-0021 東京都千代田区外神田1-17-6





【梅田、名古屋、川崎で店頭体験会を開催!】

ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaに続き、大阪、名古屋、神奈川でも店頭体験会を実施。各店頭では約10分の試遊を楽しめる。


◆大阪
 開催日時:2016年5月7日(土)、8日(日)  10時~18時30分
 開催場所:ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 東入口前イベントスペース付近
 ヨドバシカメラマルチメディア梅田の公式サイトはこちら


◆名古屋
 開催日時:2016年5月14日(土)、15日(日)  10時~18時
 開催場所:ビックカメラ 名古屋駅西店 1Fエントランス付近
 ビックカメラ 名古屋駅西店の公式サイトはこちら


◆神奈川
 開催日時:2016年5月28日(土)、29日(日)  10時~18時
 開催場所:ビックカメラ ラゾーナ川崎店 2F店頭入り口
 ビックカメラ ラゾーナ川崎店の公式サイトはこちら





【新宿駅メトロプロムナードで、前作に続くイベントが......!?】

前作の発売時、新宿駅メトロプロムナードで「スライム10万匹討伐戦 in 新宿」が開催されたのを覚えているだろうか。指でプチプチつぶせる10万匹のスライムが新宿に出現したものの、行き交う人々があっという間に討伐。その後、さらに10万匹が追加されたものの、こちらもあっさり討伐され、「ドラゴンクエスト」人気の高さを印象づけた。

『Ⅱ』の発売に際しても、同じ場所でなんらかのイベントが開催される模様。青海プロデューサーによれば「前回を超える面白い仕掛けを用意しています。ヒントは"かいしんのいちげき"です」とのこと。続報は公式サイトで発表されるので、お楽しみに!




すでに開発は終わっているものの、現在は発売後の無料追加ダウンロードコンテンツや、無料大型アップデートの作業に入っていると話していた青海プロデューサーと庄ディレクター。前作同様、発売後も長く楽しめることは間違いないだろう。PS.Blogでは今後も特集をお届けしていくので、そちらも楽しみにしてほしい。



▼『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』の予約はこちらから


----------------------------------------

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

・発売元:スクウェア・エニックス
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2016年5月27日(金)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    PS3® パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS3® ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~4人)
・CERO:B(12才以上対象)

※PS4®版でオンラインマルチプレイを楽しむには、PlayStation®Plusへの加入(有料)が必要です。

----------------------------------------

PS.Blogの『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』ページはこちら

----------------------------------------




© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※画面は開発中のものです。
※画面はすべてPlayStation®4版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン