PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ついに発売! ゲームを超えた体験を見逃すな!!【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/05/10

「アンチャーテッド」シリーズの主人公は、数々の財宝を探して世界中を股にかけて冒険するトレジャーハンターのネイト。この『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』は"最後"と銘打っているように、彼の冒険の終幕となるシリーズの最終章だ。一度は一線から身を引いていたネイトが、なぜふたたび冒険にその身を投じるのかがわかる物語の冒頭の流れや、プレイしてわかる本作の見どころを、インプレッションを交えつつ、電撃PlayStation編集部が紹介していく。なお、劇中の登場人物や新要素は前回の記事で触れているので、そちらも参考にしてほしい。


------------------------------------------

前回の特集記事はこちら

シリーズ最終章『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』! ついに冒険の幕が開く!【特集第1回/電撃PS】

------------------------------------------


ちなみに、物語は本作だけで完結しているため、本作のみでも十分に楽しめるが、過去3作をプレイしておくと、より本作の人間関係の描写やエンディングまでの盛り上がりを楽しめる。シリーズ未体験の人は、これを機にPlayStation®4で発売されている『アンチャーテッド コレクション』も一緒に購入し、順番にプレイしていくと感動が何倍にも膨れ上がると断言しよう!





■引退したネイトはなぜ復帰したのか? プレイヤーを引き込むストーリー展開に注目!

物語は、ネイトと彼の兄・サムが海上をボートで進むところから始まる。向かっているのは前方に浮かび上がる孤島。しかし何者かによって襲撃され、ボート上での銃撃戦が始まってしまう。最終的には敵の巨大ボートとぶつかり船は横転。海中に投げ出されてしまうのだが、ここの見どころは「どういう状況なのかはわからないが緊迫した事態」で、否応なしにプレイヤーをこの世界へと引き込むことだ。状況を整理するまもなく戦闘(チュートリアルにあたるものだが)が始まってしまい、没入感はさらに加速していく。


なお、揺れるボートの上では照準が付けにくく、いきなり難易度の高い戦闘かと思われるが、本作には近くの敵を自動でロックする自動照準機能が搭載されている。アクションが苦手な人でもカンタンに敵を倒せるほど優秀な機能で、難易度の選択と組み合わせればほぼ間違いなくクリアができるので安心してほしい。もちろん、腕に自身があれば自動照準をオフにして挑むのもいい。



続いてプレイヤーは、ネイトの少年時代――前作『砂漠に眠るアトランティス』で描かれたよりもさらに昔の、ネイトが孤児院で過ごしていた時期へと誘われる。夜中に孤児院を抜け出してサムと会うシーンなのだが、ここではステルスやパルクールアクションのチュートリアルをプレイできる。少年の割りにやたら運動能力が高く、優秀なトレジャーハンターとなる素養が見える。


2人の兄弟の絆が描かれる重要なエピソードで、サムがいかにネイトを大切に思っているかが伝わってくる。この"兄弟の絆"も本作の見どころのひとつ。この先、ネイトとサムの接し方を見ていくにつれ、この絆がどれほどのものかがとても響いてくる。



時は流れ、現在。前作『砂漠に眠るアトランティス』から3年後、ネイトはトレジャーハンターを引退し、数々の冒険をともにした女性・エレナと結ばれ、刺激は少ないが幸せな生活を送っている。海中に沈んだ資源を回収する仕事をしているようで、実際に水中での動作を学びながら簡単な資源探しをプレイ可能。


ネイトの自宅ではこれまでの冒険にまつわる道具や手帳などが置いてあり、調べることでちょっとしたネイトのコメントを聞けるという、過去作のプレイヤーには嬉しい仕掛けもあった。この自宅パートでは、ネイトとエレナな幸せな生活が見られる一方で、冒険への関心を捨てきれていないネイトの心のくすぶりを感じることができる。




そして公式トレーラーでも公開されている、サムがネイトの元に現れるシーンへとつながっていく。サムに海賊王、ヘンリー・エイブリーの財宝を探す冒険への協力を求められるネイト。エレナとの約束が頭をよぎり躊躇するも、最終的にはサムを手伝うことにする。エレナを想っているネイトが、なぜサムと冒険へ出ることを決心したのか。それはぜひ自分の目で確かめてみよう。





■冒険している感が楽しい"ワイドリニア"なフィールドはシリーズ初のおもしろさ

これまでの「アンチャーテッド」シリーズでは、基本的にルートはほぼ固定で、そこを自分なりのアクションで突破していく、という"リニアなアクションゲーム"だった。本作ではルートはありつつも、ワイドリニアと呼ばれる遊び方を追加。オープンワールドのように完全にフリーではないが、チャプターによっては広大なフィールドをプレイヤーが自由に動き回ることができるようになっている。スタート地点とゴール地点は決まっているが、どのルートを選ぶかはプレイヤーしだいだし、特定の場所では特殊な会話や小さなイベントが発生することもあり、トレジャーハンターの探索心を刺激する作りになっている。


少し道をはずれると崩れかけた遺跡があり、シリーズおなじみのトレジャーを発見できることもあった。トレジャーは直接ゲームには関係しないものの、それぞれグラフィックが見事に作りこまれていて、集めて鑑賞するだけでも楽しめるコレクション要素だ。一定時間おきに光るため、よく目を凝らして探して回るのもいいだろう。


また、場所によっては敵がうろついている&途中で遭遇する場面も。ワイドリニアなステージでは、こういった敵は無視して先に進むこともできる。ただし、実際にプレイした感覚ではこういった場所には上記のトレジャーや強力な武器を手に入れられることが多く、収集目的やその後の戦闘を有利に進めるためにも寄っておくのもひとつの手だ。基本的に敵はこちらに気付いていない状態で遭遇できるため、ステルスプレイの腕しだいでは気付かれずに全滅させることもできる。





■世界中の猛者と腕を競い合う「オンラインマルチプレイ」も搭載!

シリーズで人気の「オンラインマルチプレイ」は本作でも健在! 2チームに分かれて相手プレイヤーを倒す「チームデスマッチ」や、財宝を奪い合う「宝探し」などのルールで世界中のプレイヤーと対戦できる。新要素のグラップリングフックの登場でマップを縦横無尽に飛びまわれるようになり、展開がさらにスピーディーに進化したのも見逃せない。


また、ほかの新要素も追加されており「ミスティカル」はさまざまな特殊効果を発生させるギミックで、戦況を一変させる力を秘めている。過去作の財宝をモチーフにしたものもあり、派手な見た目的にもかなり重要な要素であることは間違いない。「サイドキック」はCPU操作となるパートナーを呼び出す要素で、遠距離から援護してくれるスナイパータイプや、敵に突っ込んではがいじめにしてくれるタイプなど、数種類存在する。単純な銃の腕前のみではなく、こういったサポート要素をどれだけうまく使って立ち回れるかも、勝敗を分けるカギとなるだろう。


アクションのクオリティの高さはもちろん、ストーリーとしても過去最高の展開を見せる『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』。これまで登場した中心人物たちの生き様に決着が付くのが本作の注目ポイントだ。ネイトとエレナ、サリーはどうなるのか、新たに登場したサムの真意は? 海賊王の財宝とはいったい何なのか? 本作に秘められたさまざまな謎は、ぜひその目で確かめて欲しい。



▼PS4®『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のPS Storeでの購入はこちらから

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の発売をみんなに伝える





【アンチャー情報】
『アンチャーテッド コレクション』セール終了間近! ネイトの過去の冒険を知りたい人は今がチャンス!

シリーズ1作目『エル・ドラドの秘宝』、2作目『黄金刀と消えた船団』、そして3作目の『砂漠に眠るアトランティス』の3作が、PS4®でまとめて遊べる『アンチャーテッド コレクション』のパッケージ版が6,900円+税、ダウンロード版は6,372円(税込)で好評発売中! ダウンロード版は2016年5月15日(日)まで30%OFFの4,460円(税込)で購入できる! PS Plus加入者ならばさらに10%OFFで購入できるので、まだ過去作をプレイしていないという人は、今すぐに手に入れてほしい。


▼PS4®『アンチャーテッド コレクション』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:通常版 パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    通常版 ダウンロード版 販売価格 8,532円(税込)
    デラックスエディション(初回生産限定) パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    デラックスエディション(初回生産限定) ダウンロード版 販売価格 8,532円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1〜10人)
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ページはこちら

------------------------------------------


『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』公式サイトはこちら


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら




©2016 Sony Interactive Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog LLC

記事を探す
トップに戻るボタン