PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4®『ウェイストランド 2 ディレクターズカット』が日本上陸! かつてない自由度の銃撃戦RPGを堪能しよう

by PS.Blogスタッフ 2016/05/12

ポストアポカリプスRPGとして1988年に発売され、極めて自由度の高いゲームシステムと独特の世界観で、その後のRPGに大きな影響を与えたと言われる名作RPG『WASTELAND(ウェイストランド)』。その続編『WASTELAND2』は、2012年にクラウドファンディングサイト「kickstarter」で、目標額を大きく上回る290万ドル以上の資金獲得に成功し、前作から20年以上を経てなお、根強い人気を誇ることを証明した。

その『WASTELAND2』に新要素を追加し、シリーズ初の家庭用ゲーム機タイトルとして2015年に海外発売された『ウェイストランド 2 ディレクターズカット』が、ついに日本で発売決定! 今回は、ストーリーや世界観に加え、自由度の高いカスタマイズや独自性の強いバトルシステムについて紹介しよう。





■STORY:砂漠地帯で活動する"デザートレンジャー"誕生

地球に落下した隕石郡を、敵国からのミサイル攻撃と誤認したことに端を発し、核戦争が勃発。

悲劇の起こったその日、アメリカ合衆国陸軍のエンジニアチームは、砂漠の遠隔地にて新設された刑務所や、その周辺に点在するコミュニティのために橋を建設する任務に当たっていた。

兵士たちは、この核戦争を生き延びる最善の場所は刑務所であると判断。収容されていた死刑囚たちを砂漠へ追放し、代わりにコミュニティの住民たちを招き入れる。

彼らは砂漠地帯とその周辺における生存者の救援活動を行ない、"デザートレンジャー"と呼ばれるようになった。





■WORLD:荒廃した世界でくり広げられる冒険

本作の舞台となるのは、核戦争による文明の崩壊と汚染で荒廃した"ウェイストランド"。生き残った人々は、汚染によって生み出された不気味なクリーチャーや巨大昆虫の脅威、わずかに残された物資を奪い合う人間同士の争いといった、弱肉強食の世界での生活を余儀なくされている状態だ。

プレイヤーは特殊機関"デザートレンジャー"の一員として広大なウェイストランドを旅し、さまざまな任務をこなしたり、戦前の建築物を探索したりといった冒険を繰り広げていくことになる。

本作は、「ワールドマップ」と「ローカルマップ」という2種類のマップでプレイが進行。ワールドマップで広大なウェイストランドを移動し、建築物などのロケーションを発見した際は、より詳細なローカルマップで探索する。

また、プレイヤーが持つことになる無線機は、本部との通信を行なうほか、周辺の生存者からのSOSを受け取ることもある。


<ワールドマップ>

<ローカルマップ>




■CUSTOMIZE:自由度の高いキャラクタークリエイション

プレイヤーはゲーム開始時にクリエイトした4人のキャラクターでパーティーを組み、ゲームを進めていくことになる。キャラクターには武器を効果的に扱うための「戦闘スキル」をはじめ、機械修理やコンピューターのハッキング、解錠などが行なえる「知識スキル」、そしてNPCとの会話やアイテム売買などに影響を与える「一般スキル」という3系統のスキルが用意されている。

各スキルは、キャラクタークリエイト時やレベルアップ時などに得られるスキルポイントを割り振ることで効果が増大していく。キャラクターの成長の方向性を、プレイヤーが自由に選択していけるというわけだ。


知識スキルには、機械修理とは別に「トースター修理」という特徴的なスキルも。これは各地に存在するトースターを修理することで、内部に隠された特別なアイテムを入手できるというものだ(本作の世界の住人は、トースターに物を隠す習性がある)。



戦闘スキルは武器ごとに存在し、銃火器関連は「ハンドガン」「サブマシンガン」「アサルトライフル」「ショットガン」など、タイプごとにスキルも分けられている。



一般スキルには、キャラクターの言動に関連するスキルが多い。NPCとの会話で強気に出たり、相手を持ち上げたりして、必要な情報を引き出すことができるようになる。





■BATTLE:戦略性の高いターン制バトル

本作では、ターン性のバトルシステムを採用。バトル中は、各キャラクターが持つ「アクションポイント」を消費することで、移動や攻撃、スキルの使用などが行なえる。使用可能な武器は銃火器や近接武器、爆発物と多彩で、特に銃火器は実在のものから未来的なレーザー銃など、さまざまなものが用意されている。

また、遮蔽物に身を隠すことで回避率&命中率を上昇させる「カバー」や、敵の腕や足を狙う「精密射撃」、さらに銃弾のリロードや弾詰まりといった要素も存在する。こういった銃撃戦を主体としたバトルが楽しめるのも、本作の大きな特徴だ。


遮蔽物に身を隠す「カバー」を行なうと、回避率に加えて命中率も上昇。銃火器をメインに据えた、独自性の高いターン制バトルシステムになっている。



ゲーム中には、レイダーといった敵対する人間だけではなく、巨大な昆虫をはじめとするクリーチャー、暴走したロボットなど、バリエーション豊かな敵が登場する。





ストーリーや世界観はもちろん、ゲームシステムに至るまで、全てが独特な味を持つ本作。ウェイストランドを探索できるその日を、心待ちにしていてほしい。


------------------------------------------

ウェイストランド 2 ディレクターズカット

・発売元:スパイク・チュンソフト
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:RPG
・発売日:未定
・価格:未定
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------


『ウェイストランド 2 ディレクターズカット』公式サイトはこちら



2015 - 2016 Published by Koch Media GmbH, Austria. Deep Silver is a division of Koch Media GmbH. Deep Silver, and its respective logos are trademarks of Koch Media GmbH.
©2015-2016 and developed by InXile Entertainment Inc and Co-published by Spike Chunsoft. InXile Entertainment, Wasteland and their respective logos are trademarks of InXile Entertainment Inc. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン