PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【デジモノステーション】 Xperia™ Z3 Tablet Compactで PS4™版『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』をリモートプレイ!

by DIGIMONO!編集部 2015/03/27

PlayStation®4のゲームを離れた場所でプレイできる「リモートプレイ」機能が、Xperia™Z3シリーズのタブレットやスマートフォン、Xperia™Z2 Tablet(Wi-Fiモデル)に対応。しかも専用アクセサリ「GCM10」があれば、PS4™専用ワイヤレスコントローラーDUALSHOCK®4を使って操作できる。
今回はXperia™Z3 Tablet Compactと「GCM10」を使い、PS4™版『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』をリモートプレイ。青海亮太プロデューサーが、その便利さを体感する!


試したのはこの方!
スクウェア・エニックス
『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』
プロデューサー・青海亮太氏

「ドラゴンクエスト」シリーズのプロデューサー。グッズやコラボレーション商品などにも携わる。

今回プレイしたゲームはこちら!
『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』

無双」シリーズや「討鬼伝」シリーズなどを手がけるコーエーテクモゲームス「ω-Force」とのコラボレーションにより、「ドラゴンクエスト」がシリーズ初の本格アクションRPGに! 簡単操作でモンスターの大軍勢をなぎ払う爽快感と、巨大モンスターとの白熱の攻防を存分に味わえる。また、歴代シリーズの人気キャラクターも続々参戦。操作キャラを切り替えてプレイできる上、自分好みに育成することも可能だ。

物語の舞台は、人間とモンスターが共存する平和な国エルサーゼ。ある日突然モンスターたちが人間を襲い始めたことから、主人公アクトとメーアの冒険が始まる!


『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』
スクウェア・エニックス
アクションRPG
好評発売中
PlayStation®4版:7,800円+税
PlayStation®3版:6,800円+税




■体験レビュー
リモートプレイで家じゅうどこでも経験値稼ぎ
DUALSHOCK®4を使えるので、操作性にも大満足!

――青海さんは『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』をリモートプレイで試したことはありますか?
青海:開発中に、PlayStation®VitaやXperia™ Z3でリモートプレイを体験しました。『ドラゴンクエストヒーローズ』のようなアクションRPGは、経験値を稼いでレベルアップし、キャラクターを強化するのがポイントです。リモートプレイならテレビの前にどっしりかまえなくても家じゅうどこでも遊べますし、環境さえ揃っていれば外出先でもプレイできます。ちょっとした空き時間に、どこでも経験値を稼げるのはいいですね。

――しかも『ドラゴンクエストヒーローズ』の場合、どこかひとつのステージをクリアするだけならサクッと遊ぶことができますよね。
青海:はい。今回はステージをクリアすれば、すぐに戻って来られるようにしています。そのため、自分の時間に合わせて遊べるようになっています。それに、リビングで遊んでいると家族から「テレビを占領しないで」と言われることもありますよね(笑)。そんな時でも、「じゃ、隣の部屋に移るわ」とリモートプレイで続きを気兼ねなく遊べるのは個人的にもありがたい。最近、据置きハードのゲームは敷居が高いと思われがちですが、リモートプレイによってハードルが下がるのではないでしょうか。

――今回はXperia™ Z3 Tablet Compactでプレイしていただきます。ゲームコントローラーマウントGCM10を使ってタブレットにDUALSHOCK®4を装着すると、PS4™と全く同じ操作でプレイできるんです。
青海:なるほど。バーチャルコントローラーだと操作が限られますが、PS4™コントローラーをそのまま使えると便利ですし安心感が違いますね。ゲームはやっぱりコントローラーを使ったほうが遊びやすいですから。

――特にこのゲームの場合、バーチャルコントローラーでは操作しづらいL2ボタンやR2ボタンもバトルで使用しますよね。
青海:そうなんです。L2ボタンが操作キャラクターの切り替え、R2ボタンが身かわしなので、DUALSHOCK®4を使ったほうがプレイしやすいですね。それにDUALSHOCK®4は、握った感触が心地良いんです。とても良いコントローラーだと思っているので、そのまま使えるのはうれしいです。約8インチサイズの液晶を搭載したタブレットにコントローラーがついているので最初は違和感があるんじゃないかと思いましたが、予想以上にしっくりきました。

今回使用したアイテムはこちら!
タブレットデバイス
Xperia™ Z3 Tablet Compact

世界最軽量*の約270g、薄さ約6.4mmを実現した防水タブレット。約8インチ、1920×1200ピクセルの液晶画面は、トリルミナスディスプレイ for mobileによる色鮮やかな美しい映像を楽しめる。約15時間のロングバッテリー性能、高速連写、パノラマ撮影などのカメラ性能、ハイレゾ音源やデジタルノイズキャンセリングに対応したオーディオ性能も優れている。
*8インチクラスの液晶を保有するタブレット製品において。2014年10月1日時点

タブレットデバイス
Xperia™ Z3 Tablet Compact
43,500円~+税




今回使用したアイテムはこちら!
ゲームコントローラーマウント
GCM10

Xperia™スマートフォン/タブレットにワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK®4」を取り付け、リモートプレイを楽しむための専用アクセサリ。専用アプリ「PS4 Remote Play」をXperia™にインストールし、スマホやタブレットの背面を吸盤で固定すれば、DUALSHOCK®4を使って快適にゲームを楽しめる。タブレットの角度を変えたり、プレイ中にDUALSHOCK®4を充電したりもできる。

対応機種:
Xperia™ Z3
Xperia™ Z3 Compact
Xperia™ Z3 Tablet Compact

ゲームコントローラーマウント
「GCM10」
2,980円+税



約8インチだから迫力十分、なのに疲れにくい!
最軽量タブレットの強みを発揮


――画面の見やすさについてはいかがでしょう。
青海:全く問題ありません。そもそもPS Vitaでリモートプレイを試した時も「こんなに繊細に表現できるんだ」と驚きましたし、開発スタッフとも「これはイケる!」と話をしていたんです。Xperia™ Z3 Tablet Compactはさらに画面が大きいので、迫力も増しますね。

――重量感、疲れやすさは感じませんか?
青海:思った以上に軽いですね。タブレットって意外に重量感がありますし、今回はコントローラーと一体になっているわけですからもっと重いだろうと思っていました。でも、実際に遊んでみると疲れません。そこはXperia™ Z3 Tablet Compactの軽さが活きているなと感じました。古いタブレットだと、タブレット単体でも持っていると腕がプルプルしてくることがあるのに(笑)。当たり前のことですが、「軽いっていいな」と思いました。

――テレビ画面と見比べて、表示の遅れは感じましたか?
青海:それも感じませんでしたね。『ドラゴンクエストヒーローズ』はアクションゲームなので、少しでも表示が遅れるとすごく気になるはずです。でもリモートプレイでも、遅延は気になりませんでした。リアルタイムで画面と連動しないとバトルに負けてしまうので、その点をクリアしているのはすばらしいですね。


――その他、アタッチメントの装着感などで感じたことはありますか?
青海:アタッチメントってデザインがおろそかにされがちですが、GCM10はゴツくないし見た目もすっきりしていますよね。DUALSHOCK®4に最適化された機能性とデザイン性は、さすがだなと思いました。

――Xperia™ Z3 Tablet Compactというタブレットの魅力、この機種でゲームをプレイするメリットについては、どのように感じましたか?
青海:本当に軽いし薄いですよね。しかも音も良い。タブレット端末は底面にスピーカーがある機種が多いので、片側からしか音が聴こえません。でもXperia™ Z3 Tablet Compactはフロントの左右にスピーカーがあるので、両側から音が聴こえますし音の広がりも感じられます。これはすごいですね。

――最後に、『ドラゴンクエストヒーローズ』の見どころをお願いします。
青海:これまで「ドラゴンクエスト」と言えば、コマンド式のバトルシステムでした。でも今回は、リアルタイムにアクションを操作できます。これまでコマンド式だった技や呪文がどのように表現されているのかがいちばんの見どころ。あの必殺技がどのように発動されるのか、モンスターの動きがどう表現されるのか、ぜひご覧いただきたいですね。また、発売から約1カ月が経ちましたが、現在も追加コンテンツを5週連続で配信しています。しかも無料! 発売後も楽しんでいただけるタイトルですので、じっくり遊んでください。

©2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




■デジモノステーション

春の新製品が満載! デジモノステーション5月号は絶賛発売中!!


記事を探す
トップに戻るボタン