PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

教育委員会も見放したヤンキー高校で恋と友情のガチバトル!『喧嘩番長 乙女』プレイレポート【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/05/19

主人公・中山 ひなこ(なかやま ひなこ/名前変更可能)は、天涯孤独で施設育ちの女の子。高校入学式の日に、自分とそっくりな双子の兄・鬼ヶ島ひかると再会したことから、主人公は彼の身代わりとしてヤンキーだらけの男子校・獅子吼学園に通うことになります。攻略対象キャラは、学園で出会う5人のヤンキー男子。彼らそれぞれに、男同士として絆を深める「友情ルート」と、女性だとバレてからの恋模様が描かれる「恋愛ルート」があり、ボリューム満点の物語が楽しめるのもポイントです。さっそく、ひと足早く本作をプレイしてみましたよ!


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

そろそろ、拳で愛を語ろうか──レッド・エンタテインメント×スパイク・チュンソフトのタッグで贈る女性向け恋愛AVG『喧嘩番長 乙女』の魅力に迫る!【特集第1回/電撃PS】

恋のお相手は全員ヤンキー!──話題の女性向け恋愛AVG『喧嘩番長 乙女』のキャラクターに注目【特集第2回/電撃PS】

恋の鍵を握るのはメンチ、タンカ、そして拳!!──注目の乙女ゲーム『喧嘩番長 乙女』のシステムをチェック!【特集第3回/電撃PS】

------------------------------------------



コミカルな小芝居から始まる波乱いっぱいの日々!

入学式に急いでいた主人公は、うっかり道でとある少年とぶつかってしまいます。その少年は、なんと自分とうりふたつの外見をしていました! ぶつかった拍子に複雑骨折してしまったという少年は、「自分の代わりに1日だけ獅子吼学園に行ってほしい」と主人公に頼みます。その現場を見ていた通行人からも、「獅子吼学園に行かないと、君はこの少年から莫大な慰謝料を請求されてしまうよ」と脅され、しぶしぶ主人公は獅子吼学園に向かうことに......。



この少年こそが、主人公の生き別れの双子の兄であり、ちまたでウワサの極道一家・鬼ヶ島組の息子「鬼ヶ島ひかる」だったのです。ちなみに、通行人の正体はひかるの付き人で鬼ヶ島組の若頭「坂口春生」。なんと2人は主人公を獅子吼学園に通わせるために、共謀して小芝居を打っていたのでした! 小芝居中の2人のわざとらしいセリフと、戸惑いながらも断れず獅子吼に向かう主人公のやりとりが楽しくて、早くも引き込まれます。なお、獅子吼学園は前述のとおりヤンキー高校なので、一般生徒たちの見た目が超いかついです。かつて、ここまでコワモテの一般生徒が登場する乙女ゲームがあったでしょうか? 人は見かけによらないと言いますが、とりあえず出会った当初の彼らの印象は見た目通り。体育館では、「タイマン勝負をして1年生のトップを決める」という、普通に生きていたらまず遭遇しないタイプの入学式が行なわれており、主人公は戸惑うばかりです。






初めての喧嘩、そして続々登場するメインキャラクター!

極道一家の御曹司である「鬼ヶ島ひかる」は、獅子吼学園の中でも注目の存在。そんなわけで、彼の身代わりである主人公は入学早々、クラスメイトの箕輪斗々丸から喧嘩をふっかけられてしまいます。本作には、ほかの乙女ゲームにはないまったく新しい要素が多数ありますが、「主人公が男子から喧嘩を挑まれる」という場面もそのひとつ。でも、主人公は幼い頃から体を鍛え上げており、あらゆる格闘技に精通しているので恐れることはありません。まずは、相手ににらみをきかせる「メンチ顔選択」でジャブ。いくつかある表情の中からどれかひとつを選ぶと、その内容によって、続く「タンカバトル」でのセリフが変化するのですが、「主人公が強い」という設定のおかげでプレイヤーも精神的に余裕があるので、「恋」を選んじゃいます。胸キュンなセリフで、斗々丸をいろいろな意味でノックアウトだぜ!



タンカバトルでは、メンチ顔選択で表示されたセリフを制限時間である5秒以内に完成させるのが目的。5秒というと短く感じるかもしれませんが、実際にプレイしてみると意外と余裕です。主人公が完成したタンカセリフ「そんなに見つめられると恥ずかしいよ」を叫ぶと、頬を染め、「オマエ、そんなこと思ってたのか?」とまんざらでもない様子の斗々丸。「冷」や「嘲」でも、キャラクターごとに異なる反応が見られるのですが、オススメはやっぱり「恋」。メインキャラクターの反応が楽しいのはもちろんですが、一般生徒たちも「恋」のセリフには一風変わった反応を返してくれるのです! 一般生徒を動揺させて遊ぶのも楽しいですよ。



ちなみに、タンカバトルで上手くセリフを完成させられると、続く「喧嘩バトル」を、相手の体力ゲージが少し減った状態から始められます。喧嘩バトルは、上から落ちてくるアイコンと同じボタンをタイミングよく押す、リズムゲームに近い内容。うまく攻撃が決まるとカットインが入るのですが、相手から攻撃されるときもカットインとボイスがあるので、たまには攻撃を受けてみるのもいいかも!? また、この手のゲームは苦手、という人でも「勝ったことにする」という選択肢があるので安心してくださいね。かなりやり込んで、「タンカはもう全部見た!」みたいな状態になった方は、メンチ顔選択で、表情ではなく「殴りかかる」という選択肢を選んでもOK。すると、タンカバトルを飛ばして即喧嘩バトルに入れます(相手の体力を減らせないぶん不利ですが)。出会い頭に他人に殴りかかれる乙女ゲームは本作だけ! ストレスがたまっている乙女にもオススメですよ。





友情と恋愛、どちらかと言わずどちらもチェックを!

7月までの共通ルートが終わると、各キャラクターの個別ルートに入ります。個別ルートの物語は、各キャラクターごとにテーマも内容も大きく異なるのがポイント。たとえば斗々丸なら「かつての親友との抗争と、家族の問題」。同じく同級生の金春ルートでは、「苦しい家計を助けるために彼が選んだ危ない選択」が物語のカギになります。ちなみに、主人公やひかるの腹違いの兄である鬼ヶ島鳳凰ルートでは、主人公の出生の秘密や、鬼ヶ島組が抱えた事情なども明らかに......!! いわゆる真相ルートに近い内容となっているためか、全員のいずれかのルートを見ていないと、鳳凰ルートには入れません。鳳凰のかっこよさを引き立たせる、前野智昭さんの熱い演技は、ファン必聴ですよ......!!



ちなみに、友情ルートと恋愛ルートの分岐は、個別ルートの後半。主人公のパラメータが「漢」と「乙女」、どちらに偏っているかによって変わります。喧嘩ばかりしていると「漢度」が上がって友情ルートに、会話で女性らしい選択肢を選んでいると「乙女度」が上がって恋愛ルートに入りやすくなります。それぞれのルートでしか見られないイベントCGもたっぷりなので、ぜひどちらもチェックしてみてください!!






WEBラジオ配信開始!! キャストからのコメントも到着!

『喧嘩番長 乙女』のWEBラジオ番組「斗々丸・金春の喧嘩番長 乙女とことんトトコンラジオ」が、5月20日(金)より配信開始いたします。パーソナリティは箕輪斗々丸役のKENNさんと、金春貴之役の蒼井翔太さん。ゲームの紹介はもちろん、さまざまな企画で『喧嘩番長 乙女』の世界をより盛り上げていきます。なんと最終回を記念して、ラジオに出演するおふたりからのコメントも到着しました! 



《箕輪斗々丸役 KENNさんコメント》

今回、金春役の蒼井翔太さんと『喧嘩番長 乙女』のラジオをやらせていただくこととなりました! 物語の舞台が高校ということもあり、男子高校生の休み時間や放課後みたいなわいわいした雰囲気でお 贈りしつつ、リスナーの皆さまと一緒に番組をつくっていけたら嬉しいです! 番組宛てにぜひ気軽にメールください。お待ちしております!!

《金春貴之役 蒼井翔太さんコメント》

この度、『喧嘩番長 乙女』のラジオが始まるということで、参加させていただけるのが凄く光栄ですし楽しみです! KENNさんとどんなラジオになるのか...乞うご期待です! 皆さん、ぜひ! 聴いてくださいね!



【斗々丸・金春の喧嘩番長 乙女とことんトトコンラジオ】

●配信日:5月20日(金)~不定期金曜配信 
●配信サイト:インターネットラジオステーション<音泉>





「メンチ顔選択で恋を選んで相手を動揺させる」「タンカバトルでわざと全然違うセリフを作ってみる」「通常のタンカではなく、隠された特別なタンカ=裏タンカを狙ってみる」など、本作は遊び方しだいでいろいろニヤニヤできちゃうのも楽しいですよ。自由なやり方で『喧嘩番長 乙女』を遊びつくしてみてください~!



▼PS Vita『喧嘩番長 乙女』のPS Storeでの購入はこちらから

『喧嘩番長 乙女』の発売をみんなに伝える


------------------------------------------

喧嘩番長 乙女

・発売元:スパイク・チュンソフト
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:拳で愛を語る恋愛アドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:
    PS Vitaパッケージ版 希望小売価格 5,980円+税
    PS Vitaダウンロード版 販売価格 5,940円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『喧嘩番長 乙女』ページはこちら

------------------------------------------


『喧嘩番長 乙女』公式サイトはこちら



©Spike ChunsoftCo., Ltd. All Rights Reserved. Developed by RED.

記事を探す
トップに戻るボタン