PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』シリーズキャラのアクションからPS Vita版レビューまで新情報総まとめ!【特集第6回】

by PS.Blogスタッフ 2016/05/19

5月27日(金)の発売日まで、あと8日と迫った『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』。今回はPlayStation®4、PlayStation®3に加えてPlayStation®Vitaにも対応し、自宅で、外出先で壮大な冒険を楽しめる。

同シリーズの特徴と言えば、爽快感あふれるバトルと冒険心をくすぐるストーリー。今回も「無双」シリーズ、「討鬼伝」シリーズを手がけたコーエーテクモゲームス「ω-Force(オメガフォース)」とのコラボレーションにより、簡単操作で群がる敵を豪快に一掃できる。

さらに、冒険感を増す要素としてフィールド探索を追加。草原、雪原、砂漠などさまざまなフィールドを駆けめぐり、バトルやアイテム収集などを楽しめる。また、最大4人が参加できるマルチプレイにも対応。ストーリーで行き詰まった時に力を合わせて難所を乗り越えたり、マルチプレイ専用ダンジョンで協力プレイを楽しんだりできる。



今回の特集では、シリーズキャラのバトルアクション、冒険の舞台となる7つの王国の詳細、PS Vita版レビューなどをまとめてお届け! 本作への期待感がさらに高まるはずだ。


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

シリーズ30周年記念作品『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』を基礎から教えます!【特集第1回】

最大4人で協力!『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』マルチプレイで白熱のバトルを楽しもう!【特集第2回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のホミロンが開発現場に潜入! 「ホミさんぽ」コーエーテクモゲームス編【特集第3回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』ヒーローたちのアクションを大解剖!/前編【特集第4回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のホミロンがスクウェア・エニックスに潜入! 「ホミさんぽ」第二弾公開!【特集第5回】

----------------------------------------



前作に続いてシリーズキャラクターが参戦! 新たに身につけたバトルアクションも!!

前作『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』からの継続参戦が決定しているアリーナ、クリフト、マーニャ、テリー、ゼシカ。本作では新たな呪文や特技を身につけ、さらに心強い仲間となった。前作で慣れ親しんだアクションと今作で新たに身につけたチカラを駆使して、大戦乱を勝ち抜こう!


なお、前作の主人公アクトとメーア、そしてディルク、ジュリエッタ、ビアンカ、フローラ、ヤンガス、魔剣士ピサロは、「時空の迷宮」専用のキャラクターとして登場。彼らのファンもご安心を!




【前作に続いて参戦! 5人のシリーズキャラクター】

◆アリーナ
CV:中川翔子
『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』より
武器:コテ

とある王国のお姫様。王女であるにもかかわらず、いつも騒ぎを起こすおてんば姫。類まれなる武術センスを広い世界で試すため、冒険の旅に出る。

鋭い風の刃を連続で繰り出す「かまいたち」。



急降下して地面ごと突く「せいけん爆撃」!




◆クリフト
CV:緑川光
『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』より
武器:ヤリ

姫君であるアリーナを密かに慕う若き神官。ときおり軟弱な部分も垣間見えるが、彼女のためなら、どんな逆境にも立ち向かう強い意思を秘めている。

連続で突きを繰り出す「雷光連閃突き」!



まれに敵の急所を突く「きゅうしょ突き」。




◆マーニャ
CV:沢城みゆき
『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』より
武器:扇

華麗なダンスで観客をトリコにする人気の踊り子。持ち前の情熱がギャンブルに向いてしまうことがあるのが玉にキズ。ミネアの姉でもある。

敵を攻撃する蝶を呼び寄せる「アゲハ乱舞」。



回転しながら周囲を斬りつける「つるぎの舞」は、迫力満点!




◆テリー
CV:神谷浩史
『ドラゴンクエストⅥ 幻の大地』より
武器:片手剣

世界一の剣を探し求めて放浪の旅を続ける生粋の剣士。ただひたすらに力を求め、他人との関わり合いを避ける孤高の存在。

体力を犠牲に大打撃を与える「もろば斬り」!



身体を鉄に変えて無敵と化す「アストロン」。見た目のインパクトも絶大!




◆ゼシカ
CV:竹達彩奈
『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』より
武器:ムチ

小さな村の名家出身。魔法の素養が高く、大人顔負けの呪文を使いこなす。抜群のスタイルを持ちあわせ、本人もそれを自覚している。自信家という一面も。

「スパークショット」で敵を幻惑!



地表の魔法陣から岩を生み出す「ジバリーナ」。





物語のカギを握る各国の王族たち 敵か味方か、逆転に次ぐ逆転のドラマが待っている!

物語の舞台は、古の大戦争によって7つに分かたれた国々。各国の王は「竜が太陽を喰らう日 双子が生まれ、再び大地は戦乱に覆われる」という古い予言を戒めとして、宗主国ゼビオンのもとに1000年に渡る平和を築いてきた。人間の治める国においても、魔物たちと共存共栄が図られ、平和を破る者などなかったはずなのだが......。


本作では、シナリオ原案にドラマ「相棒」シリーズなどの脚本を手掛ける徳永富彦氏を起用。サスペンス要素も加わり、逆転に次ぐ逆転を呼ぶ激動のストーリーをも楽しめる。7つの国の王のうち、誰が味方となり誰が敵になるのか、目が離せない!




【7つに分かたれた国とその王族たち】

雪原、草原、砂漠、森林地帯など、起伏に富んだ地形が広がるこの世界。人間と魔物が共存していたこの世界に、突如として戦乱が勃発する。7つの王国の実情と、各国を束ねる王の素顔を紹介しよう。


<ゼビオン>
世界の国々を束ねる宗主国ゼビオンには、世界中から多くの人が集まり、にぎわっている。中心には、博識で知られるゼビオン王が住む<伝承の塔>が。ゼビオン王に仕えるオルネーゼは、「赤き女戦士」としてその名を世界にとどろかせている。


◆ゼビオン王
CV:三ツ矢雄二

世界の盟主として7つの国を束ね、平和を守る役を担う。古の大戦争を平定した大賢者の末裔で、その博識は世界屈指とも言われている。



<ジャイワール>
ジャイワールは、この世界の南に位置する砂漠の国。友好国であるオレンカとの間には、頻繁に交易船や商船が行き交っている。主人公ラゼルとテレシアの生まれ故郷であり、彼らと冒険をともにするツェザールはこの国の王子だ。


◆ツェザール
CV:山田孝之

ジャイワールの王子にして、ラゼルとテレシアの幼なじみ。ツェザールのほうが年上だが、身分や年齢を越えて気が合うようだ。



<オレンカ>
にぎやかな港を備え、交易で栄えるオレンカ国。隣国ジャイワールとは友好国の間柄で、人々の往来も盛んに行なわれている。大聖堂には、古の予言をモチーフとした美しいステンドグラスがあることで広く知られる。


◆オレンカ王
CV:玄田哲章

国と民の平和を何よりも尊ぶオレンカ王。戦乱においても先陣を切り、民を守るために自らを盾とする真の武人だ。



<クレティア>
古くからつづく高名な魔法使いの一族が治めるクレティア。世界各地から魔法研究者が集い、敵の魔力を奪う技術の開発など魔法先進国として発展を遂げている。魔法研究の成果は街のいたるところで見られ、魔力により浮遊・回転する装飾も。


◆クレティア女王
CV:井上喜久子

世界屈指の魔法の使い手。数々の高等呪文を使いこなし、自在に宙を浮遊することもできる。他国の動きに警戒を強めているようだが......?



魔物たちの国・モンスタレア三国<モーリアス/フェルノーク/ダラル>
大陸北部に広がるモーリアス、フェルノーク、ダラルの3国は、「モンスタレア三国」と称される。この地で暮らしているのは、人間ではなく魔物。古の城壁によって、人間の国とは隔たれた荒野に、魔物たちだけの国を築いている。過酷な環境に適応した手ごわい魔物が数多く住むが、知性の高い魔物の王により平和に統治されている。


◆モーリアス王
CV:喜山茂雄

モンスタレア三国の西に位置するモーリアスの王。3つの眼と鋭い爪でツェザールに襲いかかる。


◆ダラル王
CV:乃村健次

モンスタレア三国の中心を占めるダラルの王。魔物の王の中でも特に温厚な人格者と謳われる。


◆フェルノーク王
CV:多田野曜平

モンスタレア三国の東に位置するフェルノークの王。強大な魔力を杖から放つ。




【主人公たちを待ち受ける魔物たち】

「ドラゴンクエスト」シリーズでおなじみの魔物たちとのバトルは、本作の大きな楽しみのひとつだ。山のような巨体を誇るものや摩訶不思議な技を繰り出すものなど、物語の節目に登場する強敵たちから、ごく一部を紹介しよう。


◆ウイングタイガー
市街地に、突如ウイングタイガーが出現! 翼の羽ばたきと激しい雄叫びで衝撃を起こす強敵を、チカラを合わせて撃退しよう。


◆ベロリンマン
巨大な舌を出し、主人公たちを戦慄させる魔物。時にはベロリンマンが4体に分裂し、攻撃を仕掛けてくることも!


◆バトルレックス
炎を吐き、巨大なオノを叩きつけるバトルレックス。激しい戦い振りで主人公たちに襲いかかってくる。





クロスプレイ&クロスセーブにも対応! 外出先で手軽に遊べるPS Vita版レビュー

前作はPS4®/PS3®対応だったが、『Ⅱ』ではPS Vitaもラインナップに加わっている。マルチプレイではPS4®/PS3®ユーザーとの垣根を越えたプレイ(クロスプレイ)ができるうえ、各ハード間でセーブデータを共有するクロスセーブにも対応。外出先ではPS Vita版、自宅の大画面テレビではPS4®版と、シチュエーションに応じて遊び分けることが可能だ。

もちろん難易度やプレイ内容は全機種とも同じなので、どのハードでも変わらぬ楽しさを味わえる。このたび、発売前のPS Vita版に触れる機会があったので、レビューをお届けしよう。


◆PS Vita版『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』プレイ動画



PS Vita版のグラフィックは、ハード性能に合わせて一部表示削減や簡易化をしているとのこと。とはいえ、建物や草木の質感、遠くにそびえる塔の描写、群がるモンスターの"ワラワラ感"は、PS4®版と比べても遜色ない。初めてPS Vita版でフィールドを走り回った時には、想像以上の美しさに思わず声を上げてしまったほどだ。

フレームレートは、PS4®版が60fps基準なのに対しPS Vita版は30fps基準。それでも動きがカクカクするというようなことはなく、滑らかなアクションを楽しめた。より美しい映像を望むならPS4®版をおすすめするが、PS Vita版でも十分満足できる映像クオリティだ。


PS4®/PS3®のコントローラーに比べ、PS Vitaはボタンの数が少ない。そのため、一部の操作がタッチスクリーンに割り振られている。例えば画面右側をタッチするとダッシュや回避、左側をタッチすると操作キャラクターの変更ができる。バトルでは、右下をタッチすると敵をロックオンすることも可能だ。操作タイプはオプションで設定できるため、しっくりくる操作方法を選べるのもうれしい。


テレビの大画面で壮大な冒険を楽しむのもいいが、空き時間に外出先でプレイしたり、ベッドに寝転がって遊んだりできるのはPS Vita版ならでは。PS4®版に比べても印象は大きく変わらない、プレイ環境などを考慮のうえ、自分に適したものを選んでほしい。





『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』 ダウンロード版の予約受付中!

現在PlayStation®Storeでは、PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェアとして発売される『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』ダウンロード版の予約を受付中。予約後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日にダウンロードを待つことなくプレイできる。


【PS Storeでのみ先行入手できる「ゴーレムグローブ」をお見逃しなく!】

ダウンロード版を予約購入すれば、専用特典として「ゴーレムグローブ」が先行入手できる。さらに、獲得経験値が一定時間増加する消費アイテム「元気玉」が付属! 「ゴーレムグローブ」はゴーレムの腕の形をした武器(コテ)で、アリーナとハッサンが装備可能。装備すると、盾で防御している敵に対して、防御の上からダメージを与えることができるように!

また、パッケージ版、ダウンロード版ともに早期購入特典を用意。その内容は以下のとおりだ。


①「ドラゴンクエストⅠ」勇者コスチューム(主人公・男女用)
主人公男女が着替えることができる「ドラゴンクエスト」I勇者のコスチューム。

②「元気玉」
使用すると、獲得経験値が一定時間増加する消費アイテム。


③『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』で使える「ホミロンの像のレシピ」
『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の追加アイテム。
フリービルドモード「知られざる島」にて「ホミロンの像」のレシピを覚えられる。




【豪華出演陣のメイキング映像を配信中!】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』の公式サイトや、PS4®とPS3®のPS Storeなどでは、主人公のラゼルを演じる俳優、森山未來さんを始め、テレシア役の武井咲さん、ツェザール役の山田孝之さん、アリーナ役の中川翔子さん、オルネーゼ役の水樹奈々さんといった、超豪華出演陣の収録メイキング映像を配信中! こちらもぜひチェックしよう。



◆予約受付期間
2016年2月24日(水) ~ 5月26日(木)23:59


◆価格
PS4®版 8,424円(税込)/PS3®版 7,344円(税込)/PS Vita版 7,344円(税込)
※PS4®版、PS3®版は、キャンセルできません。即座に決済されますので、ご注意ください。


◆PlayStation®Store予約購入特典

<ダウンロード版専用特典>
・「ゴーレムグローブ(先行入手)」(PS4®/PS3®/PS Vita用)
・消費アイテム「元気玉」

<早期購入特典>
・「ドラゴンクエストI」勇者コスチューム(主人公・男女用)
・消費アイテム「元気玉」
・「ホミロンの像のレシピ」(『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』用アイテム)


◆特典の入手方法
ダウンロード版限定購入特典、早期購入特典は、2016年5月27日(金)0時以降に、それぞれのプラットフォームのPS Storeより検索のうえ、ダウンロードしてください。


◆自動ダウンロード開始日

PS4®
ゲーム本編は、2016年5月25日(水)0時以降、ご予約いただいたアカウントに「いつも使うPS4®」として登録されているPS4®に自動的にダウンロードされます。

PS3®
ゲーム本編は、2016年5月25日(水)0時以降、本機に自動的にダウンロードされます。

PS Vita
ゲーム本編は、2016年5月25日(水)0時以降、予約された機器に自動的にダウンロードされます。自動ダウンロードの設定は、ダウンロードリストにてご確認ください。

※自動ダウンロードされるのはゲーム本編のみです。


◆プレイ開始可能日
2016年5月27日(金)午前0時以降
※PlayStation™Networkにサインインした状態でゲームを起動する必要があります。



▼『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』のPS Storeでの予約購入はこちらから





発売日が近づくにつれ、詳細がどんどん明らかに。次回は発売直前企画として、スクウェア・エニックスの青海亮太プロデューサー、コーエーテクモゲームスの庄知彦ディレクターの対談をお届け。宣伝担当のあのキャラも登場するかも......!?


----------------------------------------

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2016年5月27日(金)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    PS3® パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS3® ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~4人)
・CERO:B(12才以上対象)

※PS4®版でオンラインマルチプレイを楽しむには、PlayStation®Plusへの加入(有料)が必要です。

----------------------------------------

PS.Blogの『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』ページはこちら

----------------------------------------


『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』公式サイトはこちら




© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※画面は開発中のものです。
※画面はすべてPlayStation®4版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン