PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』新キャラクターの使用感などを電撃PSスタッフがロングレビュー!【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/05/26

人気対戦格闘アクション『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(以下、GGXrd R)』の魅力を、電撃PlayStationスタッフが紹介する特集企画の第3弾。いよいよ発売日を迎えた今回は、担当ライター・AOによるロングレビューをお届け。対戦の奥深さや新キャラクターの使用感など、本作の魅力を語り尽くす!

------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

アーケードの人気対戦格闘アクション「GUILTY GEAR」シリーズ最新作が、5月26日、キミの家にやって来る!【特集第1回/電撃PS】

プレキャス℠の番組MC、佐藤さきさんが『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』を先行体験! 初心者でも楽しめる魅力とは?【特集第2回/電撃PS】

------------------------------------------




攻め重視のゲームデザインに大ハマり!

編集部にサンプル版ROMが届いて以来『GGXrd R』づけの毎日な担当ライター・AOです。編集部の猛者たちにボコボコにされつつ、日夜強くなるための練習にはげんでいますよ! なぜ本作の対戦はこんなに楽しいのか? 個人的な感想となりますが、本作ならではの「攻め重視」のゲームデザインが魅力だと思っています。対戦ゲームといえど、攻めるという行為はわりと勇気のいる行動なんですよね。とくに格闘ゲームに慣れてないほど、攻め方がわからず、なんとなく距離を取ってしまうという人も多いはず。しかし、本作には「攻め」という行為に明確なごほうびがあるのです! 

まず1つは「テンションゲージの増加」。テンションゲージは前ダッシュや攻撃といった「積極的な行動」を取ると増加します。テンションゲージがあれば、覚醒必殺技やロマンキャンセルが使えるので立ち回りが有利に! 2つ目はR.I.S.C.ゲージ」の存在です。これは相手の攻撃をガードするとたまるゲージで、ゲージがたまった状態で攻撃を受けるとダメージが増加します。つまり、たくさん攻撃をガードさせたあとに相手のガードを崩せば、大ダメージを与えられるということです!

そんな感じで、攻めれば攻めるほど有利なのが本作のバトル。攻めることが楽しいので、対戦が楽しくなり、いつのまにか夢中になっちゃうわけですね。最終的には互いに攻めることを考えているので、ぶつかり合いは自然とヒートアップ! 常にバチバチした攻防が楽しめるのが大きな魅力になっています!!


攻めて攻めてテンションゲージをため、強力なコンボを決める! これが成功したときの爽快感がたまりません!





ロマンキャンセルを使った攻防の自由度!

本作を語るなら、やはり「ロマンキャンセル」の存在ははずせません! ロマンキャンセルはシリーズ伝統のシステムの1つで、テンションゲージを消費してすべての行動をキャンセルできます。さらに、発動中は相手の動きがスローになるという効果も。このスロー効果のおかげで、ロマンキャンセルを使ったコンボがとてもカンタンになりました。ロマンキャンセルはテンションゲージさえあればいつでも使えるので、コンボ以外にも攻撃の空振りをロマンキャンセルでフォローしたり、飛び道具をロマンキャンセルして一緒に攻めたりなど、戦術は無限大! こういったやり込みがいのあるテクニックなどで、アクション好きなプレイヤーはハマれること請け合いです。


ロマンキャンセルの使い方はプレイヤーによって多種多様。最初はコンボに使っていくといいですよ。





家庭用新プレイアブルキャラクターの使用感をレビュー!

新プレイアブルキャラクターの2人もガッツリ遊ばせてもらいました! いやー、個性的なアクションが豊富で操作していて楽しいです。とはいえ、対戦してくれた編集部のスタッフが強すぎて大幅に負け越しましたが(泣)。しかーし、そのかいあって2人の基本的な性能や戦術の狙いが見えてきました! その性能や連続技を紹介していきますので、新キャラクターに興味がある人は、ぜひ参考にしてくださいね。



【レイヴン】
中距離戦に長けた、スタンダードタイプ!

「あの男」の側近の1人であるレイヴン。通常攻撃のリーチが全体的に長く、中距離戦が得意なキャラクターです。立ちP、遠距離S、しゃがみHSのリーチが全キャラクターのなかでもトップクラスに長く、相手の動きを制限することに長けています。とくに、しゃがみHSは画面半分以上のリーチを誇るので、かなり便利。ヒット時は必殺技の「グラオザーム・インプルス(↓↘→+S)」がつながります。そのぶん、発生は遅めなので、スキの少ない立ちP、遠距離Sと状況によって使い分けていきたいですね。

レイヴンは空中ダッシュ(空中で→→)に攻撃判定があることも特徴です! 低い軌道で滑空するため、奇襲効果が高く、攻めの起点に大活躍です。空中ダッシュ後はヒットしてもガードされてもいいので、「ジャンプS>ジャンプP>ジャンプS」につなげましょう。ヒット時は「立ちK>足払い」でダウンを取り、ガード時はレイヴンが先に動けるので、そのまま攻めを継続すればOK。投げやダストアタックで、ガード崩しを狙いましょう!

また、レイヴンには固有ゲージの「興奮度」があり、このLVを上げることで攻撃力の上昇や、必殺技がヒットした時の性能が強化されるという特徴を持っています。興奮度は必殺技の「ここにされたい(↓↙←+K)」中に攻撃を受けるか、↓↙←+K(長押し)で上昇。「ここにされたい」中は攻撃を受け止められるので、相手の飛び道具や突進技にあわせて使うといい感じです。とはいえ、レイヴンは興奮度がなくても普通に戦えるので、慣れないうちは無理に興奮度を高めようとしなくてもOKかと。

まとめると、レイヴンは動きにクセがなく、比較的スタンダードなキャラクターです。対戦ではリーチの長い攻撃で相手の動きをけん制しつつ、空中ダッシュで奇襲を狙うといいでしょう。近距離で攻撃がヒットしたら、とりあえず「足払い>↓↘→+HS」につなげばOK! 初心者でも扱いやすいので、個人的にはぜひ使ってほしいキャラクターです!


遠距離Sはリーチ、出の早さともに優秀で立ち回りで大活躍! ジャンプキャンセル可能かつ、立ちHSまたは、しゃがみHSにつなげられるので、さまざまな攻めを展開できます。


「ここにされたい」に受けたダメージは、時間経過で回復する「回復可能ダメージ」として蓄積されます。回復が始まる前にダメージを喰らうと、回復可能ダメージごと消失するので、ダメージを背負ったときは無理しないように!


攻撃がヒットしたら「足払い>↓↘→+HS」につなぐのが基本。相手の起き上がりに飛び道具を重ねられるので、安全に攻めることができます。



<オススメコンボ>

1:立ちK>近距離S>立ちHS>足払い>↓↘→+HS
ガトリングコンビネーションからは、とりあえずこれ! ダウンした相手に飛び道具を重ねられます。立ちKが先端でヒットした場合は、立ちHSをはぶきましょう。

2:立ちK>近距離S>立ちHS>↓↘→+S(ロマンキャンセル)>前ダッシュ>近距離S>→+P(ジャンプキャンセル)>ジャンプK>ジャンプS(ジャンプキャンセル)>ジャンプK>ジャンプS>ジャンプD
ロマンキャンセルを使ったダメージ重視のコンボ。前ダッシュは左スティックor方向キーの横を入れっぱなしで距離を伸ばせます。





【琴 慧弦(クム=ヘヒョン)
やり込みがいのあるパワーファイター!

ヘヒョンはこのゲームでは珍しく、ガトリングコンビネーションが少ないキャラクターです。ガトリングコンビネーションは攻撃ヒット中に別のボタンを入力すればOKですが、ヘヒョンの場合は「攻撃がヒットした直後」にタイミングよく攻撃ボタンを入力すること(通称:目押し入力)で、通常攻撃をつなげることができます。コンボをつなげるのはやや難しいですが、一撃の威力が高く、少ない手数で大ダメージを与えられるのが魅力ですね。

全体的にリーチは短いぶん、近距離の攻め手が豊富です。とくに近距離Sは出が早く、ヒット時にどんなガードをされてもヘヒョンが先に動ける優秀な技。近距離Sからはさまざまな攻撃につながるので、攻めの起点になります。近距離Sがガードされたら、中段の立ちHSと下段の→+Kで相手のガードを揺さぶりましょう! リーチの短いヘヒョンはなかなか相手に近づくのがたいへんなので、飛び道具の「調伝丸(↓↘→+SorHS)」をロマンキャンセル(黄色)して近づくといいですよ。攻撃がヒットしたら、基本的には「足払い>↓↘→+HS」につなげばOK。レイヴンと同じく、飛び道具を起き上がりに重ねて安全に攻めを継続できます。

また、ヘヒョンはすべての必殺技に追加入力があり、ボタン長押しや左スティックor方向キー操作で技の性質を変化させられることも特徴の1つです。なかでも「四寅剣:後ろ派生(→↓↘+K長押し後すぐに←or↙or↖)」は非常に強力。ヒット時は追撃可能で、相手に大ダメージを与えられます......が、コマンドを見てわかるとおり、出すのが難しいです! とはいえ、これを自由自在に出せるようになれば、対戦の勝率アップは間違いナシ。ヘヒョン好きの人は、がんばって練習してみましょう! ちなみに自分は「→↓↘+K(ボタンは押したまま)↙(ボタンを離す)」というような入力で技を出しています。参考にしてみてください!

ヘヒョンの総評としては、やり込みがいのある近距離キャラクターといった印象。近距離の攻めが強いのですが、大きなダメージを与えるには「四寅剣:後ろ派生」をしっかり出すなどのテクニックが必要になります。練習すればするほど、強さを実感できるので「格闘ゲームの経験はあるけど「GUILTY GEAR」シリーズは初めてプレイする」といった方にオススメのキャラクターだと思います!


立ちHSは2段目が中段です。下段の→+Kと初動のモーションが似ているのでガードしづらいです。ヒット時はロマンキャンセルで追撃を!


↓↘→+HSは多段ヒットする飛び道具。発射後は左スティックや方向キーの左右で進行方向を操作可能。「足払い>↓↘→+HS」後は←入力で飛び道具を反転させ、相手の起き上がりに攻撃が重なるようにしましょう。


「四寅剣:後ろ派生」は、ボタン長押しの時間で性能が変化。蹴り上げのオーラがオレンジ色になると、相手の受け身不能時間が伸びて追撃がしやすくなります!



<オススメコンボ>

1:近距離S>足払い>↓↘→+HS
ヘヒョンの基本連続技。↓↘→+HSのあとは、↙を入力して相手の起き上がりに飛び道具を重ねましょう。近距離Sの前には、立ちKやしゃがみPを入れてもOKです。

2:立ちK>近距離Sor遠距離S>↓↙←+K(ロマンキャンセル)>しゃがみHS>→↓↘+K(長押し)~←>ジャンプP>ジャンプK(ジャンプキャンセル)>ジャンプS>ジャンプHS
突進技の↓↙←+Kからロマンキャンセルを使ってダメージアップ。しゃがみHSは2段目を→↓↘+K(長押し)~←でキャンセルします。→↓↘+K(長押し)~←がヒットすると相手が浮くので、そこをジャンプ攻撃で追撃しましょう。





ダウンロードコンテンツも多数配信予定!

上記の2キャラクターは、ダウンロードコンテンツとして初回生産分や予約などをして購入したユーザーは本日5月26日(木)の発売日からプレイ可能。また、同じく本日からは、DLC第1弾として、追加カラーパック全22種と、システムボイス全6種を発売。システムボイスとは、「レッツロック!」などのゲームのシステムボイスをキャラクターボイスに変更できるというもの。スレイヤー、ジョニー、ジャック・オー、ジャム、琴 慧弦(クム=ヘヒョン)、レイヴン、ディズィーの6種類分が用意されている(ほかのキャラクターのシステムボイスは、ゲーム内で入手可能)。さらに時期は未定だが、第3の新規プレイアブルキャラクターとしてディズィーも配信予定。各種DLCに関する詳しい情報は、『GGXrd R』公式サイトでチェックしよう!


キャラクターのカラーを変更した場合、各キャラのエピソード内のイベントやアニメーションにその色が反映される。





宣伝キャンペーンもただ今、実施中!

5月23日(月)から5月29日(日)まで、東京・秋葉原と新宿、池袋で、本作の広告トラックを使った宣伝キャンペーンを実施中! あわせて「『GGXrd R』広告トラック激写キャンペーン」も開催している。広告トラックを写真・動画で撮影し、ツイッターで"#GGXrd_truck"とハッシュタグを付けてツイートしてみよう。投稿された作品を開発陣が審査し、選ばれた作品の投稿者には「『GGXrd R』ポスターセット」をプレゼント! まだ期間はあるので、ぜひとも参加しよう!!


◆『GGXrd R』広告トラック激写キャンペーン

キャンペーン実施期間
5月23日(月)~5月29日(日)

・ハッシュタグ
#GGXrd_truck


広告トラックは上記のようなデザイン。信号待ちの状態を撮影できるようなポイントで待ち伏せるのがオススメ!?




▼PS4®/PS3®『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』の購入はこちらから

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』の発売をみんなに伝える


------------------------------------------

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
(ギルティギア イグザード レベレーター)

・発売元:アークシステムワークス
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3
・ジャンル:対戦格闘
・発売日:好評発売中
・価格
 PS4® パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,800円+税
 PS4® パッケージ版 限定版 希望小売価格 9,800円+税
 PS4® ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
 PS3® パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,800円+税
 PS3® パッケージ版限定版 希望小売価格 9,800円+税
 PS3® ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:2人)
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


◆限定版同梱物内容
1.GUILTY GEAR Xrd Visual Book
2.GUILTY GEAR Sound LIVE 2014 Archives
3.闘神激突 Blu-ray Disc

◆早期購入特典
琴 慧弦(クム=ヘヒョン)ダウンロード用プロダクトコード


『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』公式サイトはこちら




© ARC SYSTEM WORKS

記事を探す
トップに戻るボタン