PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

これはどこで登場したの?『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』と過去作との接点に迫る!【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/05/26

ワールドワイドで大ヒットを記録し、人々を感動の渦に巻き込んでいるアクションアドベンチャー『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』。ストーリーを終えた今もコレクション要素のやり込みを追求したり、駆け引きが熱いマルチプレイに没頭したりと、多くのプレイヤーが熱中している。そこで特集第3回では、シリーズタイトルだからこその過去作に絡めた関連要素に注目していこう。


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

シリーズ最終章『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』! ついに冒険の幕が開く!【特集第1回/電撃PS】

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ついに発売! ゲームを超えた体験を見逃すな!!【特集第2回/電撃PS】

------------------------------------------


主人公・ネイトの冒険の最終章と銘打たれた『海賊王と最後の秘宝』には、過去作に登場した要素がいたるところに散りばめられており、シリーズのファンがニヤっとさせられるシーンが多々あるのも特徴だ。これを知っているだけで、物語の感動がさらに倍増すること間違いなし。なお、今回紹介したもの以外にもまだまだ存在するので、2周目、3周目のプレイではぜひ意識して探してみよう!




シリーズ経験者は「おっ?」となる、ストーリーから読み取る過去作との接点


【オープニング】

まずはストーリーモードに登場する、過去作との関連を示すものから紹介。最初に目に付くのは、チャプター2終了時に流れるオープニング映像だろう。ネイトの過去の冒険が、紙の上にインクで描いた絵のような演出で語られていく。


①フランシス・ドレイク卿の棺(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』)

第1作目の『エル・ドラドの秘宝』の冒頭で、ネイトが海中からフランシス・ドレイク卿の棺をサルベージした場面。ここからすべては始まった。中にはドレイク卿が残した手帳が入っており、ネイトはこれを頼りにドレイク卿の足取りを追っていく。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




②ジャングル内に横たわるUボート(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』)

ジャングルの奥地には朽ち果てたUボート(潜水艦)があり、ネイトはそのなかから探し求める宝へのヒントを得た。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




③持ち去られる黄金像と、それを追うネイト(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』)

ネイトたちが追い求めていた黄金の像は、敵によって持ち去られてしまう。しかし直前でネイトは黄金像を固定するためのバンドに飛びつき、追跡することに成功する。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




④車に乗り、出発した列車を追うネイトとエレナ(『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』)

敵によって連れ去られたクロエ(※後述)を追うために、彼女を乗せた列車を追うシーン。エレナが用意した車に乗ったネイトは、ギリギリのところで列車に飛び移ることに成功し、戦いながらクロエを探す。

(『黄金刀と消えた船団』より)




⑤落下しかけている列車(『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』)

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』では、ネイトが危機的状況で意識を取り戻す場所からスタートする。そこは、今にも落下しそうな列車の中だった。この状況から生還したネイトが、自分に何が起こったを振り返る形で物語がスタートしていく。

(『黄金刀と消えた船団』より)




⑥シャングリラにある命の木(『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』)

マルコ・ポーロの軌跡を追ってシャングリラへと到達したネイトたちは、追っていた財宝が命の木――松脂の琥珀だと気付く。この松脂は、体内に取り入れた者に強靭な生命力をもたらすという効果を持っていた。

(『黄金刀と消えた船団』より)




⑦敵の輸送機での攻防(『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』)

敵に連れ去られたサリーを追うためネイトが選んだ方法は、敵の輸送機に紛れ込むこと。しかし途中で潜入がバレて戦闘に突入。飛行機の積み込み口から落とされそうになるネイトは、不安定な足場で敵と対峙する。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




⑧墜落した輸送機(『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』)

ネイトとの攻防のすえ、コントロールを失った輸送機は砂漠に不時着。ネイトも間一髪生きて地上に降りることに成功する。しかし、そこは一面砂に覆われた砂漠。命を拒む死の世界だった。その中でネイトはかつてないほどに弱り、生と死の境を体験する。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




⑨肩を組み合うネイトとエレナ(『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』)

『黄金刀と消えた船団』ののち、一時は付き合っていたネイトとエレナだったが、第3作の『砂漠に眠るアトランティス』の段階では別れていた。しかし、冒険を経てより絆を強めた2人は最後に肩を寄せ合い、ふたたびともに歩んでいく。そして今作、『海賊王と最後の秘宝』では無事に結ばれており、作中では2人の結婚式のアルバムなども見ることが可能だ。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)





【Chapter4】

続いてはチャプター4のスタート地点、ネイトの家の倉庫のシーンを見ていこう。ここにはネイトがかつて冒険で集めたお宝の数々や、ネイトが身に付けていたものなど、過去の冒険を思い起こさせる品が眠っている。


①怒っている神の像(『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』)

『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』のチャプター1で、最初に手に入る財宝。

(『黄金刀と消えた船団』より)




②銀の骸骨(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』)

『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』のチャプター15で手に入る財宝のひとつ。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




③スペイン金貨(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』)

『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』で、ジャングルにあった朽ちたUボートで見つけたコイン。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




④フランシス・ドレイクの手帳(『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』)

『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』で登場した、フランシス・ドレイク卿の棺の中にあった手帳。サリーが銃で撃たれた際に手帳に当たって一命をとりとめた。なかにはネイトとサリー、エレナが財宝と一緒に映った写真が挟まれている。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




⑤ネイトの手帳(『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』)

2作目『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』でネイトが使っていた手帳。なかにはこの作品で登場したキャラクター、テンジンとの2ショット写真が挟まれている。

(『黄金刀と消えた船団』より)


(『黄金刀と消えた船団』より)




⑥ネイトの手帳2(『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』)

3作目『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』でネイトが使っていた手帳。なかには2作目と3作目で登場した女トレジャーハンター・クロエからの手紙が挟まっている。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)


(『黄金刀と消えた船団』より)




⑦シャングリラの松脂(『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』)

別名チンターマニ石。その正体はシャングリラに生えている"命の木"の樹脂が固まった琥珀だった。石には不思議な力が宿っていると言い伝えられている。

(『黄金刀と消えた船団』より)




⑧フランシス・ドレイク卿の解読器(『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』)

『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』で登場した解読器。これとネイトが持ち歩いていたドレイク卿の指輪を組み合わせることで、隠された暗号を解読することができた。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




⑨ネイトが付けていたベルトのバックル(各作品)

各作品でネイトが付けていたベルトのバックル。左から『エル・ドラドの秘宝』『砂漠に眠るアトランティス』、手に持っているのが『黄金刀と消えた船団』のもの。



⑩射撃のマト(各作品)

おもちゃの銃で撃つためのマトには、各作品の敵の姿が描かれている。ガンベルトから見て一番手前のものが『砂漠に眠るアトランティス』のジン、2番目が『黄金刀と消えた船団』のシャングリラの番人、3番目が『エル・ドラドの秘宝』の呪われた怪物。最後に奥の屋根付近に『黄金刀と消えた船団』のボス、ラザレビッチが描かれている。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)


(『黄金刀と消えた船団』より)


(『エル・ドラドの秘宝』より)


(『黄金刀と消えた船団』より)



なお、このあとのサムとの再会シーンで出る選択肢は、それぞれ第1作~第3作の冒険のできごとを指している。


「エル・ドラドを見つけた...」が『エル・ドラドの秘宝』、「シャングリラを冒険した...」が『黄金刀と消えた船団』、「アトランティスを見つけた...」が『砂漠に眠るアトランティス』のあらすじをおおまかに語る内容となっている。どれを答えてもその後の展開には差がないので、思い入れのある選択肢を選ぶといいだろう。直前でセーブしておき、ロードし直して全部聞いてみるのもオススメだ。

そしてこの後の2人の会話では、ネイトがサムにトレジャーハンター仲間のカッターを紹介する一文が登場。カッターは『砂漠に眠るアトランティス』でともに冒険をした、腕利きのトレジャーハンターだ。


(『砂漠に眠るアトランティス』より)



このように、ゲーム序盤だけでも過去シリーズの要素が散りばめられている『海賊王と最後の秘宝』。もちろん元ネタを知らずとも十分に楽しめるが、これらを知ったうえでネイトの冒険を追えば、ラストシーンがより感慨深くなることだろう。好評発売中の『アンチャーテッド コレクション』では、『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』をPlayStation®4でまとめて遊ぶことができる。この機会に、ネイトの過去の冒険にも触れてみてはいかがだろうか?

また、5月27日(金)の20時からは、ニコニコ生放送SIE JAPAN Studio公式チャンネルで『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の魅力を伝える番組が配信されることが決定! なんとSIEスタッフとマルチプレイで遊べてしまうかも? 番組の詳細はこちら



▼PS4®『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のPS Storeでの購入はこちらから

▼PS4®『アンチャーテッド コレクション』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:通常版 パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    通常版 ダウンロード版 販売価格 8,532円(税込)
    デラックスエディション(初回生産限定) パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
・プレイ人数:1人(オンライン時:1〜10人)
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ページはこちら

------------------------------------------


『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』公式サイトはこちら


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら




©2016 Sony Interactive Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog LLC

記事を探す
トップに戻るボタン