PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

本日発売!『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』完成披露発表会レポート&DLC最新情報【特集第8回】

by PS.Blogスタッフ 2016/05/27

本日5月27日(金)、PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェア『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』が発売を迎えた。

同作は、「ドラゴンクエスト」シリーズ歴代キャラクターとともに冒険を繰り広げるアクションRPG第2弾。敵の大軍をなぎ払う爽快バトル、冒険心をくすぐるフィールド探索、二転三転するストーリーなど、さまざまな楽しみが詰まった作品になっている。


発売日前日の5月26日(木)には、「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井雄二さん、豪華キャスト陣を招いた完成披露発表会を実施。その模様をレポートするとともに、発表会後に行なった森山未來さん&山田孝之さんのインタビューをお届けしよう。

さらに、発売後に無料で配信されるダウンロードコンテンツや、本日限定で放送されるスペシャル映像に関する情報も。最後までお見逃しなく!!

------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

シリーズ30周年記念作品『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』を基礎から教えます!【特集第1回】

最大4人で協力!『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』マルチプレイで白熱のバトルを楽しもう!【特集第2回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のホミロンが開発現場に潜入! 「ホミさんぽ」コーエーテクモゲームス編【特集第3回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』ヒーローたちのアクションを大解剖!/前編【特集第4回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のホミロンがスクウェア・エニックスに潜入! 「ホミさんぽ」第二弾公開!【特集第5回】

『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』シリーズキャラのアクションからPS Vita版レビューまで新情報総まとめ!【特集第6回】

【対談】作り手に聞く!『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』の楽しみ方【特集第7回】

----------------------------------------




発売前日に完成披露発表会を開催! キャスト陣が30周年をお祝い!!

「ドラゴンクエスト」シリーズ誕生30周年の前日であり、『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』の発売前日でもある5月26日(木)、都内にて完成披露発表会が開催された。この発表会には、「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井雄二さん、スクウェア・エニックスの青海亮太プロデューサーのほか、ラゼル役の森山未來さん、テレシア役の武井咲さん、ツェザール役の山田孝之さんも登壇。収録時のエピソードなどを披露した。


左からスクウェア・エニックス青海亮太プロデューサー、山田孝之さん、森山未來さん、武井咲さん、堀井雄二さん、コーエーテクモゲームス小笠原賢一プロデューサー。




【祝30周年! 堀井雄二さんが語るシリーズへの思い】

発表会がスタートすると、まず堀井雄二さんが登場。

「明日(5月27日)は、いよいよ『ドラゴンクエスト』30歳の誕生日です。10周年、20周年の時は次回作を作るのに必死だったので、こうして誕生日を意識するのは初めて。今回このようなイベントを開催できることをうれしく思います。まさか30年も続くとは思わず、支えてくれたファンの方々、スタッフのみなさんに本当に感謝しています。また、30周年に『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』という新しい作品を発売できることもうれしく思っています。前作は100万本を越えるヒット作となり、今回は期待が高まる中での発売となります。今日はよろしくお願いします」と挨拶した。


そして、堀井さんの紹介により、森山未來さん、武井咲さん、山田孝之さんが登壇。武井さんと山田さんは映画で共演、森山さんと山田さんは10年以上前に共演したことがあるが、3人での共演はこの作品が初めてとのことだ。


続いて登場したのは、青海亮太プロデューサー。「30周年の誕生日に『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』を発売できることが本当にうれしいです。実は、前作よりも今回のほうが開発が大変でした。いろいろレベルアップしたため、さまざまな困難がありました。開発を手がけたコーエーテクモゲームスさんの『ドラゴンクエスト』に対する愛、キャストの方々の愛によって無事にこの日を迎えることができました」と喜びを語った。





【収録時のエピソード、各キャラへの思いを3人が語る!】

ここからは、キャスト3人を交えたトークが進行。堀井さんによると「森山さん、山田さんはガチガチの『ドラゴンクエスト』ユーザー」とのこと。武井さんも両親がプレイするのを見て育ち、本人も『いただきストリート』を通じて「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」のキャラクターを覚えたそう。そんな3人が語るだけに、トークは大いに盛り上がった。

まず、演じたキャラクターについての感想を聞かれると、ラゼルを演じる森山さんは「熱血漢でやんちゃな主人公です」と紹介。熱血漢のため叫ぶシーンが多く、収録は苦労も多かったようだ。

「最初は『そもそも主人公がしゃべるの?』というところから始まりました。ゲームのキャラを演じるのは初めてでしたが、とにかく分量が多いし、叫ぶことも多くて。前作からレベルアップしているので、ひとりあたりが話す量がハンパなく多いんです。しかも、前作では装備できる武器がひとり1種類でしたが、今回は転職によってさまざまな武器を装備できるので、特技や呪文のボイスが比較すると7、8倍。とにかく叫び続けていました」と語った。


堀井さんの演技指導に関しては、「じきじきに演出をしてくださるとは思いませんでした。神から演出を受けるようなものです」と語る森山さん。

中でも印象に残っているのは、ルカナン(敵の守備力を下げる呪文)の発音だったとか。「"ル"カナン(ルにアクセント)だと思っていましたが、ル"カ"ナン(カにアクセント)なんですね。マヒャド、リレミトのイントネーションも意外でした」と、「ドラゴンクエスト」ファンらしい発言も。

青海プロデューサーによると、「ボイスがついた『ドラゴンクエスト』は数少なかったので、それぞれのイントネーションで頭の中で再生していたと思います。我々スタッフも、堀井さんのイントネーションがようやくわかりました(笑)」とのこと。プレイすると、ボイス入りならではの発見がありそうだ。



武井さんは、自身が演じたテレシアを「しっかり者の学級委員長のような女の子」と評価。

収録の感想については、「声だけで表現する難しさがありました。『イケたな』と思っても、聞いてみると『ちょっと違うな』と感じることも。ひとりで収録したため不安でしたが、先に森山さんの声が入っていたので心強くて。セリフのかけあいのように演じられたので良かったです」と語った。



ツェザール役の山田さんは、収録時の感想を求められ「楽しかった」と即答。その反面、「声を張るセリフがうまく行かず、何度も演じ直しました」と難しさも感じる収録だったようだ。

なお、山田さんは前作発売時にPS4®のCMにも出演している。今回のキャスティングも、この時のCM出演がきっかけになったそうだ。

青海プロデューサーいわく「CMの撮影現場にうかがった時、山田さんが『僕にオファーが来てないんですけど』とポロリと言ったんです」。山田さん本人は冗談のつもりだったが、『Ⅱ』の制作に際して当時の言葉を思いだし、ツェザール役の起用に至ったとのこと。あまりにイメージがぴったりで、堀井さんも驚いたそうだ。



続いて、自分が演じたキャラクター以外の印象に関する質問が。森山さんは、武井さん演じるテレシアについて「ラゼルは無鉄砲ですし、僕自身も似たようなところがあります。こういうしっかりした人が隣にいたら安心だなと思います」と高く評価。

武井さんが、山田さん演じるツェザールについて「印象がぴったりです。ポーカーフェイスですが、心は優しくて」と語ると、すかさず森山さんもツェザールのキメゼリフを引き合いに出し「『俺の美学が......』とか言いそうだもんね」とからかうようなひと言。

最後に山田さんが、森山さん演じるラゼルの印象を聞かれると、「僕が収録する時には、ほとんどの声が入っていたので演じやすかったです。でもラゼルは熱血漢でずっと叫んでいるので、ちょっとうるせーなと思いました」と笑いを誘った。


なお、ラゼルの『じわじわたぎってきたぜ』、ツェザールの『俺の美学はわからんようだな』などのキメゼリフは、堀井さんが考えたとのこと。

「森山さんが『じわじわたぎってきたぜ』と言えば収録現場もたぎってきますし、山田さんが『俺の美学がわからんようだな』と言えば、『山田さんには美学がありそうだな』と思う。武井さんに『言うこと聞きなさいよ』って言われると、素直に聞きたくなるんです」と、堀井さんもキャストとキャラクターのイメージの一致に驚いたようだ。



最後は、演じたキャラクターにちなんだキャスト自身に関する質問。

森山さんに現在熱血になっていることを聞くと、「幼少期から踊りをやっていて、今も注力しています。遊び人から踊り子になってスーパースターになれれば(笑)」と、「ドラゴンクエスト」の転職を交えて答えを返していた。

学級委員長タイプのテレシアを演じる武井さんに対しては、学生時代に関する質問。

「高校生の頃はすでに仕事を始めていたので、ひとりでいることが多かったかもしれません。人見知りもあって、なかなか馴染めなくて。テレシアのようではなかったです」と、当時を振り返っていた。

とはいえ、妹さんがいることもあって、性格はテレシアに近いところもある様子。「なんでも自分でチャキチャキやりたいタイプです。ダラダラしている人のお尻を叩くようなところがあります」と、しっかり者の一面を覗かせた。

山田さんには「ツェザールの『俺の美学がわからんようだな』というセリフのように、自分の中の美学はありますか?」との質問が。「『ドラゴンクエスト』では、ツボとタルをひとつ残らず割ります。『ドラゴンクエストヒーローズ』では戦いが終わってからタルを割ろうとしたら、もう壊せなくて。先にツボとタルを壊してから、敵と戦うようになりました。でも、手に入るのは大体"うまのふん"ですけど」と、こだわりのプレイスタイルを披露した。





【30周年お祝いセレモニーに、スライムの氷像が登場!】

続く30周年お祝いセレモニーでは、「ドラゴンクエスト『序曲』」とバースデーソングを融合させた楽曲「ハッピーバースデードラゴンクエスト」とともにスライムの氷像が登場! 

高さ2mはある巨大スライムに、堀井さん、青海プロデューサー、キャストの3名も驚きの表情を浮かべていた。青海プロデューサーは「スライムがヒャドで凍ったみたい」、森山さんも「メラで溶かしたいですね」と口々に感想を述べていた。


発表会の最後には、登壇した5人からのメッセージが。

「30周年と言えば、僕の生きてきた時間とほとんど変わらない長さです。こうした作品、しかも個人的にも大好きな作品に携われたことをうれしく思います。ゲームの声優は初めてですし、仕上がりがまだわかりませんが、ゲームを楽しみながら自分の声を聞きたいです。『あ、違う』と思うこともあるでしょうが、そこも楽しみながらゲームをプレイしたいと思います」(森山さん)

「歴史的なゲームに携われて大変うれしく思います。私の自慢がひとつ増えたという思いです。これからもたくさんの人に愛されるゲームであるように、心から願っています」(武井さん)

「30周年と言わず、還暦までいってもらいたい。『ドラゴンクエスト20』ぐらいまでいってほしいです。『ヒーローズ』もどんどん生み出していただきたいですね」(山田さん)

「堀井さんの創り出した『ドラゴンクエスト』の温かい世界で育ってきました。こうして作り手として関わることができ、光栄です。お客さんに愛を込めてお届けするのがもっとも難しいハードルではありますが、今回この作品でやり尽くせたと思います」(青海プロデューサー)

「こうして誕生日を祝ってもらうのは初めてです。30年間続けてよかった。これからも『ドラゴンクエスト』をよろしくお願いします」(堀井さん)





ラゼル役・森山未來さん&ツェザール役・山田孝之さんにインタビュー!

発表会終了後、ラゼルを演じる森山未來さん、ツェザールを演じる山田孝之さんに個別取材を敢行。改めて『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』への思いを語っていただいた。



――ラゼルのキメゼリフは「じわじわたぎってきたぜ」です。『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』への出演が決まってから本日にいたるまで、おふたりが最もたぎった瞬間は?


山田:たくさんありますね。収録で呪文を叫んだ瞬間、ゲームのデモプレイをした時......。堀井さんにお会いした時も、たぎりました。


森山:僕はこの作品への出演が決まるまで、PS4®をまだ持っていなかったんです。そしたら、今回の出演に際して堀井さんのサインが入ったPS4®をプレゼントしていただきまして。これにはたぎりましたね。


山田:自分も初めてお会いした時に、堀井さんからサインをいただきました。しかもサインをいただくのは、これが人生で初めて。「握手をしてもらうのはいいけれど、サインはどうかな」って、僕の中でこだわりがあったんです。でも、堀井さんは特別で、今も大切に飾ってあります。


――おふたりは、昔から「ドラゴンクエスト」シリーズのファンとのことですが、「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズはアクションRPGです。このゲーム性の違いについてどのように感じていますか? 「ヒーローズ」ならではの魅力についてお聞かせください。


森山:『Ⅱ』の映像をいろいろと見せていただきましたが、いちばん感動したのは音楽です。「これは、あの時に聞いたフィールドの音楽だ」「城下町の音楽だ」って。今までプレイしてきた「ドラゴンクエスト」シリーズのさまざまな音楽が、ひとつのゲームで聴ける。そこにウキウキしました。


山田:キャラクターが動きまわり、しゃべっているのがいいですよね。かつての「ドラゴンクエスト」シリーズは、キャラクターも2頭身ですし、ドット絵で動きがありませんでした。戦闘中も、モンスターしか画面に映ってなくてこちらも動きがない。それが「ドラゴンクエストヒーローズ」だと、キャラもモンスターもいきいきと動きまわっている。その姿を見て感激しました。


森山:しかもコマンド選択ではなく、自分の操作で動いているわけですからね。僕自身はアクションゲームはあまりプレイしなくて、ひとりでコツコツ遊べるRPGが大好き。だからこそ、好きだったキャラクターがアクションRPGになっていきいきと動くのが新鮮でした。


――『Ⅱ』では、どのキャラを操作してみたいですか?


森山:前作は、マーニャがヤバかったですよね。『Ⅱ』で新しく登場するのはミネア、マリベル、トルネコ、ガボ、ハッサン......あとはククールでしたよね。この中だとガボかミネアに注目しています。


山田:ガボの動きが気になるよね。


森山:オオカミと連携するわけですからね。どうなるんだろう。


山田:僕は全員操作してみたいですね。せっかくですから、とことん遊びたいです。


――では最後の質問を。今後PS4®でどんなゲームをプレイしたいですか? PlayStation®に期待することをお聞かせください。


山田:自分はPlayStation®VRに超期待しています。去年、東京ゲームショウに遊びに行って体験させてもらったんですけど。


森山:なに、それ?


山田:ヘッドセットをつけて、360度ゲームの世界を体験できるシステム。ゲームの中に入れちゃうんだよ。ついにこういう時代がきたか、と。


森山:モニターじゃなくてヘッドセットなんだ! すごいな。


山田:でも、その時体験したのがホラー。ホラーはすごく苦手で映画も絶対観ないのに、PS VRでホラーを体験することになっちゃって。いや、あれはすごかった......。でも、PS VRで「ドラゴンクエスト」ができたらヤバいですよね。ぜひ実現してほしいです。





発売後も長く楽しめる! 無料ダウンロードコンテンツ、続々登場!!

発売後にも、まだまだお楽しみがいっぱい! 追加ストーリーやさらなる強敵とのバトル、マルチプレイ対戦など、『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』がさらに楽しくなる無料ダウンロードコンテンツを続々配信!! 本編を遊び尽くしても、冒険は終わらない!



【第1弾 6月2日(木)配信】

◆追加ストーリー トルネコ編
 クリア報酬:スライムのそろばん(トルネコが装備可能)


◆追加ストーリー マリベル&ガボ編
 クリア報酬:スライムエッジ(マリベルが装備可能)
       スライムのツメ(主人公・男女、ガボが装備可能)



◆メダル交換所の交換アイテムにスライム武器を追加
 スライムの双剣、スライムのこん、スライムスティック、スライムの杖(主人公・男女が装備可能)
 スライムブレード(ツェザールが装備可能)
 スライムアックス(主人公・男女、オルネーゼが装備可能)





【第2弾 6月9日(木)配信】

◆エスタークと戦える「地獄の帝王の間」の地図を追加
 クリア報酬:エスタークの双剣(主人公・男女が装備可能)


◆追加ストーリー マーニャ&ミネア編
 クリア報酬:スライムのおうぎ(マーニャが装備可能)
       スライムのタロット(ミネアが装備可能)



◆追加ストーリー テリー&ハッサン編
 クリア報酬:スライムソード(主人公・男女、テリーが装備可能)
       スライムグローブ(アリーナ、ハッサンが装備可能)





【第3弾 6月16日(木)配信】

◆追加ストーリー ゼシカ&ククール編
 クリア報酬:スライムのムチ(主人公・男女、ゼシカが装備可能)
       スライムアロー(主人公・男女、ククールが装備可能)



◆追加ストーリー アリーナ&クリフト編
 クリア報酬:スライムスピア(主人公・男女、クリフトが装備可能)


◆1人から最大4人で遊ぶことができる「時空の迷宮」にアクト、メーア、ビアンカ、フローラ参戦!





【第4弾 6月23日(木)配信】

◆竜王と戦える「悪しき竜族の王の間」の地図を追加
 クリア報酬:竜王の杖(主人公・男女が装備可能)


◆1人から最大4人で遊ぶことができる「時空の迷宮」にディルク、ジュリエッタ、ヤンガス、ピサロ参戦!




【第5弾 7月上旬配信】

◆マルチプレイ対戦モード「モンスターコインバトル」追加
 自軍の「迷宮の守護石」を守りながら、モンスターコインを駆使して攻撃せよ!

※ 配信コンテンツは、インターネットに接続した状態でゲームを始めて、ソフトを「アップデート」することでプレイできます。
※ 配信コンテンツで遊ぶためには、PlayStation®4、PlayStation®3、PlayStation®Vitaの本体を、インターネットに接続する必要があります。
※ 配信スケジュールは、変更になる可能性がございます。
※ 画面は開発中のものです。
※ 画像はPlayStation®4版のものです。





ハッピーバースデー「ドラゴンクエスト」! 本日限定TV放送のスペシャル映像を公開!

本日5月27日(金)、30歳の誕生日を迎えた「ドラゴンクエスト」シリーズ。30歳のお祝い、そして『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』の発売を祝して、本日限定で60秒スペシャル映像をTVで放映!

映像の冒頭では、『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』でキャラクターの声を演じる森山未來さん、武井咲さん、山田孝之さんがバースデーソングとともに、スライム、キングスライム、ホイミスライムなどが盛りつけられた誕生日ケーキが登場。


さらに映像内では、「ドラゴンクエスト」シリーズの歴代ゲーム画面を一気に振り返ることができる。最後には『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』のゲーム画面が映し出され、30年の歴史とシリーズの進化が感じられる映像になっている。


なお、TV放送は本日1日限りだが、スペシャル映像は下記サイトでも視聴できる。ぜひチェックし、いっしょに「ドラゴンクエスト」30歳をお祝いしよう。


◆シリーズ30周年記念タイトル『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』スペシャル映像はこちら

※TV放映されるものとは、内容が一部異なります。





まだ間に合う! 早期購入すると各種特典をプレゼント!!

また、パッケージ版、ダウンロード版ともに早期購入特典を用意【2016年6月26日(日)まで】。その内容は以下のとおりだ。


①「ドラゴンクエストⅠ」勇者コスチューム(主人公・男女用)
主人公男女が着替えることができる「ドラゴンクエストI」勇者のコスチューム。


②「元気玉」
使用すると、獲得経験値が一定時間増加する消費アイテム。


③『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』で使える「ホミロンの像のレシピ」
『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の追加アイテム。
フリービルドモード「知られざる島」にて「ホミロンの像」のレシピを覚えられる。



▼『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』のPS Storeでの購入はこちらから

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』の発売をみんなに伝える



ついに発売を迎えた『ドラゴンクエストヒーローズⅡ』。堀井さん、青海プロデューサーも胸を張る自信作だけに、プレイしない手はない! 発売後の無料ダウンロードコンテンツもお見逃しなく!!


----------------------------------------

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    PS3® パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS3® ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~4人)
・CERO:B(12才以上対象)

※PS4®版でオンラインマルチプレイを楽しむには、PlayStation®Plusへの加入(有料)が必要です。

----------------------------------------

PS.Blogの『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』ページはこちら

----------------------------------------


『ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり』公式サイトはこちら




© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※画面は開発中のものです。
※画面はすべてPlayStation®4版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン