PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- 』石渡太輔さん出演の生放送&イベントをレポート!【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/06/03

ついに発売され、アツい対戦などでオンライン、オフラインを問わず盛り上がっているアークシステムワークスの人気作『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- (以下、GGXrdR) 』! その魅力を電撃PlayStationスタッフがお届けする特集企画の第4弾では、「プレイステーション」公式生放送 プレキャス℠や東京・秋葉原での発売記念イベントなど、発売にあわせて行なわれた『GGXrdR』関連イベントのレポートを掲載。さらに、担当ライターによる発売後のオンライン対戦の様子など、『GGXrdR』の"今"も紹介する。石渡太輔さんと佐藤さきさんのコメントもあるので、お見逃しなく!!


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

アーケードの人気対戦格闘アクション「GUILTY GEAR」シリーズ最新作が、5月26日、キミの家にやって来る!【特集第1回/電撃PS】

プレキャス℠の番組MC、佐藤さきさんが『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』を先行体験! 初心者でも楽しめる魅力とは?【特集第2回/電撃PS】

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』新キャラクターの使用感などを電撃PSスタッフがロングレビュー!【特集第3回/電撃PS】

------------------------------------------




【プレキャスレポート】
「タイランレイブ」さく裂!? 佐藤さきさんが再び『GGXrdR』にチャレンジ!

『GGXrdR』発売直前の5月25日(水)に放送されたプレキャス℠では、司会の渡辺浩弐さん、特集記事第2回目にご登場いただいたMCの佐藤さきさんのお2人の進行のもと、本作のゼネラルディレクターである石渡太輔さん、総括バトルディレクターである関根一利(愛称:パチ)さんが、ゲームの魅力を実際のプレイをまじえながら紹介。パチさんが基本的なゲームモードを紹介しつつ、ストーリーモードの新トレーラーや「オンラインロビー」のプレイ風景など、さまざまな最新情報をお披露目した。

「チュートリアル」モードの解説では、番組MCの佐藤さきさんがプレイすることに! 特集第2回の経験もあり、佐藤さんは出題される課題をスムーズにクリアしていく。前回のプレイ時にその実力を見ていたパチさんは「うまくなっていますね!」と、さらに上手になったその腕前を絶賛していた。佐藤さんいわく「前回のプレイを、体が覚えていてくれたみたいです」とのこと。「コンボ」モードの紹介では、佐藤さんが第2回の特集で宣言した「ソルの必殺技『タイランレイブ』を決める」という目標に挑戦! リハーサルでは失敗を繰り返していたとのことだが、本番ではなんとすぐさま必殺技を出すことに成功した。佐藤さんは「練習通りにできました!」とうれしそうな笑顔を見せていた。


放送開始前に、かなりの練習を積んだという佐藤さん。宣言どおりに「タイランレイブ」を出せたことに大喜びだ。


番組の最後には、佐藤さんとパチさんが再び対戦! パチさんにはハンディキャップを付け、佐藤さんは操作が簡単になる操作タイプ「スタイリッシュ」で対戦がスタート。結果的には佐藤さんが押し切り勝利する。パチさんは「いい連続技を見せようと思ったんですが、本番に弱かったです......」と今回も悔しそうに佐藤さんの勝利を祝していた。


●佐藤さきさんコメント

操作を覚えているか不安でしたけど、前回「チュートリアル」をやり込んだおかげか、すぐ思い出せました! 宣言どおりに「タイランレイブ」も出せてよかったです。今回のプレイでは主人公のソルを使っていましたが、『GGXrdR』にはすごく個性的で魅力的なキャラクターがたくさんいるので、いつかは全員で遊んでみたいですね。また、プレキャス℠では今回のように最新ゲームをたくさん紹介していくので、ぜひ見てもらえるとうれしいです! よろしくお願いします。





【発売記念イベント】
秋葉原が『GGXrdR』1色に!? ファンが長蛇の列を作った、石渡太輔さんのサイン会!

『GGXrdR』発売日当日には、発売記念イベントとして、シリーズの産みの親である石渡太輔さんのサイン会が行なわれた。サイン会の会場になったソフマップ秋葉原・アミューズメント館には、多くのシリーズファンたちが集合。石渡さんは、ファンのみなさんとシリーズの話題で盛り上がりつつサインを渡し、たくさんの人と交流を深めていた。なお、当日はソフマップのアミューズメント館の屋上とJRの秋葉原駅構内に、本作の巨大広告を展示。さらに秋葉原を中心に広告トラックも走っていた。まさに、秋葉原が『GGXrdR』一色に!


会場となったソフマップやJRの秋葉原駅内には、『GGXrdR』の巨大広告が掲示!


当日はシリーズファンが秋葉原に集結! ファンのなかには、『GGXrdR』限定版に付属するビジュアルブックやポスターなどにサインをもらう人の姿もあった。


●石渡太輔さんコメント

本日はたくさんお客さんに来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。「GUILTY GEAR」シリーズは長年続いてきたこともあり、徐々にシステムが複雑化していき、初めて遊ぶ人に敷居が高そうという印象を持たれていると思っています。今回は、そういった方々にも簡単にプレイしてもらえるように、「ストーリーモード」や「チュートリアル」をはじめ、対戦格闘ゲームが得意ではなくても楽しめるコンテンツをたくさん用意させていただきました。

例えば草野球チームとプロ野球チームがあるとしましょう。草野球は草野球チームで、プロ野球はプロ野球チームでそれぞれ楽しんでいます。だけど、対戦格闘ゲームをプレイする多くの人は草野球チーム(初心者)でプロ野球チーム(上級者)に勝てないからということで、プレイを躊躇してしまうところがあると思うんですね。その考え方を少しでも払拭できるように「間口を広げる」ことが、今回の開発コンセプトになっています。対戦格闘ゲームのオモシロイところをみなさんに伝えられるように作ってきたので、いろんな方に楽しんでいただきたいですね。

また、アニメのように展開する「ストーリーモード」も、初心者の方もシリーズを楽しんでいただけるように前作から採用させていただきました。本作では、その内容が前作よりボリュームアップしております。スタッフが、技術的にも内容的にもがんばりましたので、こちらも注目していただきたいですね。このPS.Blogの記事を読んで、少しでも本作、もしくは対戦格闘ゲームに興味を持たれた方は、ぜひぜひプレイしてみてください。よろしくお願いします!





【オンラインモードプレイレポート】
気がつけば朝になる!? 対戦すると止まらない、白熱のオンラインロビーの魅力とは?

どうも、担当ライターのAOです。ゲーム発売日にダウンロード版を速攻でインストールし、そのままオンラインロビーで遊ぶ毎日を送っています! とりあえず、初日はプレイヤーがあふれかえり、とんでもないことになっていましたね(笑)。どこのロビーも満員で、アバターの通る道がないほどでした。

で、実際の対戦環境はどうかというと、基本的には快適にプレイできます。......が、人が多すぎるせいか、初日のランクマッチやロビー対戦が少し混雑ぎみでした。しかし、この記事を書いている最中に『GGXrdR』のアップデートが行なわれまして(早い!)、オンラインロビーがパワーアップ。対戦待ち受けの時間が大幅に縮小され、今ではスムーズで快適な対戦が楽しめています!


世界中のプレイヤーと対戦できる「オンラインロビー」。ロビー内は3Dの仮想空間となっており、自分のアバターを操作して対戦や交流が行なえます。


また、ロビー内では、釣りやサッカーなどのお遊び要素も楽しめます! 釣りをすると、キャラクターカラーやシステムボイスなど、さまざまなアイテムをゲットできます。ちなみに、本来はゲーム内マネーで購入するレイブンですが、釣りで入手することもできるとのこと。出現率は低いので、欲しい人は根気よく釣りを続けましょう!


ロビーで行なえる対戦の種類は、大きく分けて2種類。世界中のプレイヤーと対戦を繰り返して、自身のランクを上げていく「ランクマッチ」と、対戦の部屋を作って気軽に対戦を楽しめる「プレイヤーマッチ」です。とくにプレイヤーマッチは自分で部屋の方針や対戦数などのルールを作れるので、とりあえず対戦したいときは、こちらを選ぶのがオススメ! ルーム名に「初段~3段まで/新キャラのみ」といったように目的を書いておけば、自分と実力の近い人と対戦を楽しめますよ! 

夜から対戦を始めて、気づけば翌日の昼になっていました(笑)。あのとき付き合ってくれたプレイヤーさん、本当にありがとうございます!


プレイヤーマッチのルーム内は最大8人まで入室可能。サッカーボールが置いてあるので、ヒマなときはこれを蹴って遊びましょう!


初心者用のロビーも、もちろん用意されています。ゲーム始めたばかりの人は、こちらで対戦してみましょう!



そんな感じで、仕事も忘れてオンライン対戦を繰り返す毎日。まー、ときにはジャック・オーのサーヴァントたち(LV3×6人)にボコボコにされたり、ソルの「ファフニール」でゴロゴロにされたりして、顔が真っ赤になることもあるけどネ! 許せん......。と冗談はさておき、そうやって勝ったり負けたりを繰り返して、成長していけるのが対戦格闘ゲームのオモシロイところ。なので、最初は「勝つ」ではなく、「必殺技を出す」「練習したコンボを決める」など、自分の腕を磨いていくことを目標にプレイするのもアリだと思いますよ。初めての人も、気軽に楽しんでみましょう。

最後に、今回プレイした感想をまとめると、「人がたくさんいて、対戦も快適、オンラインロビーは最高!」としか言いようがありません。絶対にハマれると思うので、まだ体験してない人は、ぜひオンラインロビーで遊んでみてください!





アップデートで、ストーリーモードが追加!

経験者も初心者も楽しんでプレイできる対戦格闘『GGXrdR』。先日に行なわれたアップデートでは、オンラインロビーの調整やストーリーモードの物語の追加などが行なわれた。アップデート内容の詳細は、『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』公式サイトのお知らせをチェックしてほしい。


大ボリュームのストーリーモード。ソルたちの戦いの結末を、その目で見届けろ!



▼PS4®/PS3®『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』の購入はこちらから


------------------------------------------

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
(ギルティギア イグザード レベレーター)

・発売元:アークシステムワークス
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3
・ジャンル:対戦格闘
・発売日:好評発売中
・価格
 PS4® パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,800円+税
 PS4® パッケージ版 限定版 希望小売価格 9,800円+税
 PS4® ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
 PS3® パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,800円+税
 PS3® パッケージ版限定版 希望小売価格 9,800円+税
 PS3® ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:2人)
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


◆限定版同梱物内容
1.GUILTY GEAR Xrd Visual Book
2.GUILTY GEAR Sound LIVE 2014 Archives
3.闘神激突 Blu-ray Disc


◆パッケージ版早期購入特典
琴 慧弦(クム=ヘヒョン)ダウンロード用プロダクトコード


『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』公式サイトはこちら




© ARC SYSTEM WORKS

記事を探す
トップに戻るボタン