PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ドラゴンズドグマ オンライン』シーズン2.0最新情報! 新システムや侵食魔との戦闘フローに注目!!

by PS.Blogスタッフ 2016/06/09

多くのプレイヤーと協力して冒険や戦闘を楽しめるオンラインオープンワールドアクション、PlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『ドラゴンズドグマ オンライン』。6月30日(木)のシーズン2.0アップデート解禁が、いよいよ間近に迫ってきた。

これまでにシーズン2.0のさまざまな新要素を紹介してきたが、それもほんの一部。今回は、新たに追加されるダンジョンや戦技継承システム、さらには侵食魔との詳しい戦闘フローについてお届けしよう。

「危険区域」が隠された新たなダンジョンを実装!

シーズン2.0アップデートより、新たなダンジョンが追加! プレイヤーのレベル帯ごとに適したダンジョンが数種類用意され、実力に合った難度のダンジョンに挑戦することができる。まずは、その一部を紹介しよう。

ダンジョンの内部に不気味な胞子が張りついている。これはシーズン2.0で登場する新たな敵、侵食魔が潜んでいる痕跡だ。周囲に注意しながら、慎重に進む必要がある。

流れ落ちる滝が印象的な、自然豊かな場所。美しい外観ではあるが、内部には凶悪なモンスターが潜む。果たして、ここで覚者たちを待ち受ける試練とは!?

これらの新ダンジョンは、特定のワールドクエストをクリアする目的で訪れることもある。敵の経験値が通常より多かったり、ダンジョン固有の素材やエリアポイントを入手したりと、攻略することでさまざまな恩恵を受けられる。

また、新ダンジョンの内部には、特定の鍵を持っていなければ入れない、「危険区域」と呼ばれる場所がある。この鍵は特定のダンジョンで手に入れられる素材を使用して、クラフトで生産することができる。

新ダンジョンは、周回することで装備の強化と経験値稼ぎの両方を一度にこなせるので、次のレベル帯のダンジョンにもスムーズに挑めるようになる。これを繰り返して戦力を整えれば、高難易度のエクストリームミッションやグランドミッションにも挑戦できるようになるだろう。

覚者の強さを引き出す新システム「戦技の継承」

「戦技の継承」は、シーズン2.0アップデートで実装される新システム。「竜力の継承」と同じように、神殿の白竜に話しかけることで利用できる。

「戦技の継承」には専用の習得ツリーが用意されており、特定の条件を満たしたうえでブラッドオーブを捧げることで、新たな力が授けられる。最終的には強力なアビリティやカスタムスキルを習得できるので、ブラッドオーブをたくさん集めて強化に役立てよう!


【「戦技の継承」で習得可能な各ジョブの新カスタムスキルを紹介!】

◆ファイターの新カスタムスキル
「豪溜斬り」
~逆境をも利用せし追撃~

しがみついた状態から、力を溜めこみ豪快に斬り払う。溜め中は敵の揺さぶりにも耐え、連打することで威力が上昇する。

◆ハンターの新カスタムスキル
「天穹爆矢」
~天を制する爆炎矢~

連鎖的に爆発する火薬を巻きつけた矢を上空に放つ。射撃時に力を溜めることで起爆高度が上昇する。

◆プリーストの新カスタムスキル
「ソラースライザー」
~癒しの力を高めし聖なる光~

自身を中心に、生命治癒力を一時的に上昇させる魔法エリアを展開する。フィールドシフトにも対応。

◆シールドセージの新カスタムスキル
「ストーンライト」
~魔物を像へと変える光~

ロッドの放射光を敵に照らし続けることで、敵に石化の状態異常を蓄積させる。フォースゲージ1本以上の時、消費して技性能上昇。

◆シーカーの新カスタムスキル
「爆炎刃」
~爆炎と共に魅せる舞い~

自身の周囲に火薬を撒き、ダガーを弾いて爆発を起こす。空中でも発動可能。

◆ソーサラーの新カスタムスキル
「アイシクルピアス」
~術者に従いし魔の氷輪~

魔力を溜めたあと、氷の矢を放つ氷塊を発現させ、任意のタイミングで矢を高速放出する。魔力をさらに溜めることで、より大きな氷塊を放出できる。

◆エレメントアーチャーの新カスタムスキル
「癒し閃光」
~天を照らす癒しの光~

癒しの力を込めて魔矢を放ち、上空で起爆させる。矢は起爆時に強い光を放ち、照らされた味方の体力を一定量回復する(対不死には攻撃)。


◆ウォリアーの新カスタムスキル
「大牙抉り」
~魔物を貫く戦士の重撃~

しがみついた状態で勢いよく大剣を突き刺し、体を上下に揺さぶりながら抉ることで、攻撃と同時に敵のスタミナを奪う。連打することで揺さぶり回数が増加する。

◆アルケミストの新カスタムスキル
「アルケム・バースト」
~起爆を担う練成の拳~

練成物質を生成し、一歩踏み込んで敵を弾き飛ばす。その後、練成物質を解放して大爆発を起こす。しがみつき状態からも発動可能。


放出される胞子に警戒せよ! 侵食魔との戦い方を紹介!!

シーズン2.0で新登場となる侵食魔は、これまでにない状態異常を引き起こす強敵だ。大型の侵食魔に対しては新たな討伐方法も用意されているので、これらの詳細を紹介していこう。

【侵食状態になると時間経過で行動不能に!】

侵食魔が放出する胞子に長く触れ続けると、侵食の状態異常が発生する。侵食状態になった覚者は、時間が経過すると共に動きが鈍くなり、侵食が進んだが最後、行動不能に陥ってしまう。


侵食状態は仲間の覚者が近くにいればタッチして治すこともできる。タッチで状態異常を治す場合は、完治するまで少し時間がかかるため、周りの安全を確保しておくことが大切だ。

また、プリースト・エレメントアーチャーは侵食の回復速度が他のジョブよりも早いので、積極的に回復をしていこう。

【侵食大型敵の侵食核を破壊してダウンを狙え!】

侵食大型敵は時間が経過すると侵食が進行し、体から侵食核が出現する。侵食核は最大3本まで増え、本数が増えると、より強力な攻撃を放つようになる。


この侵食大型敵を討伐するステップとして、まずは胞子の放出を止めることが最優先。のけぞらせると放出が止まるため、侵食魔がのけぞりやすい遠距離アタッカーの攻撃が非常に有効となる。タンクが敵の注意を引いている間に、遠距離アタッカーは積極的に攻撃しよう。胞子の放出が止まったときが、反撃のチャンスだ。

胞子の放出が止まったら、侵食核を破壊してダウンを狙おう。ここでは侵食核を壊しやすい、近接アタッカーの攻撃や弱点となる属性攻撃が効果的だ。すべての侵食核を破壊してダウンを奪ったら、一気呵成の集中攻撃で大ダメージを!

現在公開中のシーズン2.0ティザームービーでは、胞子が舞う中での侵食魔との戦闘や、侵食核を破壊するシーンを確認できる。新たなストーリーやシステムの紹介と合わせて、チェックして欲しい。

また、「シーズン2.0」ではセットできるカスタムスキルが2倍に増える、スタミナを大幅に削ることができる新システムなど、戦闘が劇的に変化している。詳しくはプレビューサイトで紹介されているので、こちらのチェックも忘れずに。

「ドラゴンズドグマ オンライン」シーズン2.0プレビューサイトはこちら


シーズン2リミテッドエディション

シーズン2.0アップデートを記念して販売されるパッケージ「シーズン2リミテッドエディション」は、限定のアートブックのほか、1万円以上のオプションサービスと合計21種類のゲーム内アイテムが同梱された豪華なパッケージ。

さらに早期購入特典として、7月7日(木)メンテナンス開始前までに同梱のイベントコードを入力すると、100万ゴールドがもらえるキャンペーンも実施されているので、ぜひとも予約して手に入れよう!

6月30日(木)のシーズン2.0アップデート解禁が近づく『ドラゴンズドグマ オンライン』。大型モンスターとの新しいコンバットフローが加えられ、仲間たちと連携する戦闘の楽しさがさらに増すことだろう。

次回はシーズン2.0の最強装備を公開するほか、エクストリームミッションとグランドミッションの最新情報をお届けする予定。お楽しみに!


------------------------------------------

ドラゴンズドグマ オンライン

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4、PlayStation®3
・ジャンル:オンラインオープンワールドアクション
・発売日:正式サービス中
     シーズン2リミテッドエディション:2016年6月30日(木)発売予定
・価格:基本無料(アイテム課金制)
    シーズン2リミテッドエディション 7,800円+税
・プレイ人数:多人数ネットワーク(オンライン専用)
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------



▼『ドラゴンズドグマ オンライン』PS4®版クライアントのダウンロードはこちらから

▼『ドラゴンズドグマ オンライン』PS3®版クライアントのダウンロードはこちらから


------------------------------------------

PS.Blogの『ドラゴンズドグマ オンライン』ページはこちら

------------------------------------------


『ドラゴンズドグマ オンライン』公式サイトはこちら

『ドラゴンズドグマ オンライン』ソフトウェアカタログはこちら



©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

※画面の一部は、PC版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン