PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】PlayStation®VRがもたらす新たなゲーム体験

by PS.Blogスタッフ 2016/06/14

PlayStation®VR(PS VR)は、PlayStation®4の魅力を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするPS4®専用VRシステムです。ここではその仕組みをご紹介します。




ゲームの世界に入り込む感動。PS VRがもたらす新たなゲーム体験

バイザースタイルのVRヘッドセットを頭に装着すると、360度広がる3D空間が出現。頭部の動きや位置をPlayStation®Camera(PS Camera)が精確に検知し、目の前に映し出される映像がリアルタイムに変化します。さらに、3Dオーディオ技術が臨場感あふれる音を耳元に届け、ゲームの世界に入り込んでいるかのような"センス オブ プレゼンス"(存在感、実在感)をもたらします。

また、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)、PlayStation®Move モーションコントローラー(PS Move)の動きを捉え、映像に反映することもできます。DUALSHOCK®4のライトバーで照準を合わせて弾を撃ったり、PS Moveを剣のように振って敵と戦ったりと、コンテンツによってさまざまなアクションを楽しめます。





"センス オブ プレゼンス"をもたらすPS VRの技術

VRにおいて重要なのは、別の世界に自分が存在するという"センス オブ プレゼンス"(存在感、実在感)です。PS VRでは、以下のような技術により"センス オブ プレゼンス"を高めています。なお、"センス オブ プレゼンス"を実現するテクノロジーの詳細に関しては、コチラの記事をご覧ください。



◆滑らかな映像表現を可能にする5.7インチ フルHD有機ELディスプレイ

VRコンテンツでは映像の遅延、ブレ、残像感を低減し、スムーズかつクリアな映像を表示することが重要です。PS VRではこうした問題を解消するため、VRヘッドセットのディスプレイにさまざまな工夫を施しています。

VRヘッドセットには、有機ELディスプレイを採用。有機ELディスプレイは応答速度が速く、表示の遅れを最小限に抑えたスムーズな映像表現を実現できます。

さらに、PS4®に最適化したフルHD解像度を実現。高精細な映像が目の前一面に映し出されます。ひとつのピクセルを構成するサブピクセルに赤、緑、青の3原色を間引くことなく使っており、色彩表現も細部まで鮮やかです。

また、映像をより滑らかに表示するため、リプロダクションという技術を使い、60fpsで制作されたVRコンテンツを120fpsに変換しています。これは、1秒間に120回画像を表示しているということで、ディスプレイも、120fpsに対応する120Hz駆動タイプを採用しています。表示の遅延時間も18ms(1000分の18秒)未満に抑え、頭を素早く振っても違和感なく美しい映像を楽しむことができます。



◆視野角約100度を実現する光学レンズ

映像を視界いっぱいに拡大するため、ディスプレイの手前に光学レンズを搭載しています。約100度の広視野角を実現しています。

◆あらゆる方向から音が聞こえる3Dオーディオ技術

独自の3Dオーディオ技術を開発し、前後左右からの音はもちろん、上下からの音も正確に表現します。

例えば空を旋回するヘリコプターの飛行音、階段をのぼってくる足音なども、どこから聞こえてくるかはっきりとわかるほど。目の前に広がる仮想空間に立体的な音響効果を加えることで、ゲームプレイにさらなる臨場感をもたらします。



◆PS CameraでVRヘッドセットやDUALSHOCK®4、PS Moveをトラッキング

VRヘッドセットには加速度センサー、ジャイロセンサーを内蔵し、頭部の動きや位置を把握しています。さらに、VRヘッドセットの表面に9つのLEDライトを搭載し、PS Cameraでライトの位置情報を取得。奥行きまで精確に認識するうえ、背面にもLEDライトがあるため、後ろを向いてもVRの世界が広がります。

VRヘッドセットと同様に、DUALSHOCK®4のライトバー、PS Moveのスフィアの位置や動きもPS Cameraで捉えることができます。手の動き、手首のひねりなども認識し、細やかな動きを映像で再現します。


◆使いやすさを追求したデザイン

VRヘッドセットは、重心のバランスを取ることで、快適な装着感を実現しています。バンドとスポークによりフィット感を調節できるため、顔面の圧迫感や疲労が少なく、眼鏡をかけたままでも使用できます。また、ライトシールドにより、外界の光をシャットアウト。眼前に広がる仮想空間に、意識を集中させることができます。スコープを前後にスライドすれば手元を確認できるので、コントローラーを使ったゲームプレイも快適です。


◆PS VR独自の「ソーシャルスクリーン」

PS VRは、独自の「ソーシャルスクリーン」機能によりテレビモニターに映像を出力できます。そのため、VRヘッドセットを装着した人だけでなく、みんなで一緒にVRの世界を楽しむことができます。

VRヘッドセットで見ているものと同じ映像をテレビモニターに出力する「ミラーリングモード」に対応したコンテンツでは、家族や友達が遊んでいるVRゲームの世界を見ながら、みんなで盛り上がれます。

VRヘッドセットとは異なる映像をテレビモニターに出力する「セパレートモード」に対応したコンテンツでは、同じゲームを異なる視点で楽しむことができます。



◆利便性を高める周辺機器を同梱

チャット、コミュニケーションのためのマイクをVRヘッドセットに搭載。また、3.5mmのヘッドフォンジャックつきのリモコンが付属し、PS VRに同梱されたステレオヘッドフォンだけでなく、手持ちのヘッドフォンも使用できます。





充実したゲームコンテンツが続々登場!

PS VRの発売同日に、ソフトウェアメーカー各社様およびソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)から、PS VR専用タイトル/対応タイトル合わせて15本を日本国内向けにリリース予定です。

また、PS VRをお買い上げ後すぐにVR体験を家族や友人とお楽しみいただけるよう、発売と同時にPS VR専用タイトル『THE PLAYROOM VR』(SIE WWS)をPlayStation®Storeにて無料で配信いたします。

これらに加え、現在40本を超える(※2016年6月14日時点)PS VR専用または対応タイトルを開発しており、発売後も充実したソフトウェアラインアップをお届けいたします。

ソフトウェアラインアップにつきましては、PS VR公式サイトをご確認ください。







ゲーム以外のエンタテインメントも楽しめる!

PS VRで楽しめるのは、VRゲームだけではありません。PS4®用ソフトウェアタイトルはもちろん、映像コンテンツ、映像配信サービスアプリ、ユーザー自身が全天球カメラなどで撮影した動画、写真、シェアプレイや「Live from PlayStation®」といったソーシャル機能にも対応します。臨場感あふれる迫力の映像を楽しむことができます。



◆シネマティックモード

仮想空間内の大迫力のスクリーンで、PS4®用ソフトウェアや映画をはじめとする映像コンテンツなどを楽しめるシネマティックモードを搭載。2.5メートル離れた距離に、最大226インチ相当の大画面が現れます。画面はS(117インチ相当)/M(163インチ相当)/L(226インチ相当)の3サイズから選択できます。

※見え方には個人差があります。


◆360度動画/写真コンテンツ

全天球カメラなどで撮影された360 度全方向を見渡せる動画や写真を、PS VRで楽しむことができます。VRヘッドセットを装着してこれらのコンテンツをPS4®のメディアプレーヤーで再生すると、あたかもその空間に自分が存在しているかのような体験が手軽に味わえます。



------------------------------

PS.BlogのPlayStation®VRページはこちら

------------------------------


PS VR特設サイトはこちら



©2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン