PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

300人以上のキャラクターから仲間を選べる!『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』

by PS.Blogスタッフ 2016/06/17


再構築された《アインクラッド》=《アイングラウンド》でキリトたちの新たな冒険が始まる!

仮想現実のオンラインゲームをテーマに描かれる人気のライトノベル「ソードアート・オンライン」シリーズ。その一作目の世界《アインクラッド》を再構築し、新たなゲームとして描くPlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフトウェア『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』。
原作世界でデスゲームと化し、多くの悲劇を生んだ《アインクラッド》が安全性を確立したうえで「新生」するとあって、ファンの注目度も高い本タイトル。原作同様の「MMORPGらしさ」を重視したゲームシステムや、ヒロインとのデートシーンなど、気になるポイントを紹介していこう!


新たな世界の名は《アイングラウンド》。アスナをはじめとした、原作でおなじみのキャラクターも多数登場する。





懐かしくも頼もしい仲間との再会も!

かつてアインクラッドでキリトたちが出会った、頼りになる男性陣もゲームに登場。彼らとともに、冒険に出ることもできる!


エギル

CV:安元洋貴

《ソードアート・オンライン(以下SAO)》サバイバーのひとり。《SAO》時代は買い取り屋としてキリトたちプレイヤーをサポートしていた心優しい男。スキンヘッドの巨漢で、自身も両手斧を手に敵と戦う。



クライン

CV:平田広明

《SAO》内での初めてのキリトの友人となった人物。お調子者ではあるが、《SAO》時代は「風林火山」というギルドで仲間を引っ張るなど、芯の通った男。得意武器はカタナ。




「はじまりの街」で仲間と交流!

冒険の拠点となる「はじまりの街」では、原作でもおなじみの仲間たちとさまざまな形で交流を深めることができる。


親しくなった仲間とは連れだって街を歩くことができるだけでなく、友好度を上げれば手をつないでデートをしたり、お姫様だっこもできてしまう!?



友好度を上げるとサブイベントも発生

仲間たちの意外な一面を垣間見ることができるサブイベントは、友好度を上げることで発生する。気になるキャラクターがいたら、積極的に友好度を上げていこう。


仲間と一緒に釣りをしたり、お餅をついたり......。嬉し恥ずかしなハプニングもいっぱい!





MMORPGらしさを演出する総勢300人超の仲間たち!理想の仲間を見つけて冒険へ!

主人公であるキリトやアスナたちのほか、本作の舞台では多くのキャラクターがキリトたち同様に《ソードアート・オリジン》の世界を冒険しており、彼らを仲間に加えて戦うこともできる。その数はなんと300人以上!
キャラクターにはアスナたちと同様に、パラメーターや友好度が設定されているので、一緒に冒険に出るほど彼らもどんどん強くなる。お気に入りのキャラクターを見つけて、理想の仲間に育て上げよう!


見た目や装備、性格など、お気に入りのキャラクターを見つけて一緒に冒険しよう!


冒険で得た装備をプレゼントして、ステータスアップ。さらに頼れる仲間になっていく!





装備でキャラクターをカスタマイズ!武器も任意で変更可能

本作の冒険で入手できる装備は、実にさまざま。ステータスを重視するもよし、見た目との両立を目指すもよし......。装備した武器によって得意な戦法も変わるので、要チェック!


防具を変更すると見た目も大きく変化する。一見、キリトに見えないような重装備もできる。




片手剣

攻撃の範囲が広く、スキも小さいため、敵に対して先手を取り有利に戦いやすい。基本的な性能が備わっている扱いやすい武器だ。

曲刀

移動しながら大きく武器を繰り出すため、周囲にいる敵を同時に攻撃しやすいが、いずれの攻撃も予備動作が長く、攻撃のタイミングが重要になる。

細剣

正面にいる敵に対して素早く突く事に特化した武器で、リーチも長いため敵の攻撃範囲の外から一気に攻撃を仕掛けることができる。

両手剣

武器を振るまでの動作はかなり遅いが、長いリーチと広い攻撃範囲で、多くの敵をまとめて攻撃するのに向いている。


長いリーチを利用して周囲の敵に対し一度に攻撃することができる。突きを繰り出すこともでき、複数の敵と単体の敵で立ち回りを変えて戦う事ができるテクニカルな武器だ。

両手斧

リーチが短めだが、全武器種で一番の破壊力を持ち、攻撃の発生も遅くないので、敵の隙を狙って大ダメージを与えられる優秀な武器だ。

短剣

リーチは短いが、攻撃の出が早くモーションも素早いので、技の最中に敵が攻撃をしてきても、攻撃を中断して回避することが可能だ。

メイス

前方に対して振り下ろす攻撃で相手をのけぞらせることができる。与えられるダメージも大きく、敵の動きを封じながら戦うことができる。





大勢の仲間と協力して挑むレイドボス戦!

街で準備を整え、大勢の仲間たちとともに挑む、特別なレイドボス戦も本作には存在する。
他パーティに「部位破壊」「回復」といった指示を出し、レイドを指揮できるのが特徴の集団戦。強敵を倒せるかどうかは、プレイヤーの指揮の腕にかかっている!


弱点をみんなで狙ったり、役割を分担したり......。他パーティをどう指揮するかで、討伐難易度も変化するだろう。


新たに公開されたフィールドとモンスターたち

街の外に一歩出ると、そこはモンスターがひしめく弱肉強食の世界。新たに公開されたフィールドは、《ラ・ファスタル空中庭園》と《クルドシージ砂漠》だ。


《ラ・ファスタル空中庭園》

うっそうとした深い森の奥に見える古城の影......。


かつての主を失った空中庭園で、凶悪なモンスターが待ち受ける。



《クルドシージ砂漠》

天までそびえる巨大な竜巻が発生するなど砂塵吹き荒れる《クルドシージ砂漠》。


緑の少ない地域だが、砂漠の中にはオアシスも存在する。




クラストビースト

固い表皮と角を持つ森林の捕食者。俊敏な動きで獲物を追い、強烈な角の一撃を見舞う。

シェードデーモン

深淵より生まれし女性型の魔物。強力な幻惑を操るため、立ち回りに注意。

スケルトン

恨みを残し、死してなおさまよう歩く骸骨。見た目とは裏腹に、鋭い斬撃やソードスキルを繰り出す。

サモン・ザ・フェイトドミネーター

空中庭園のボスキャラクターで、生と死を司る獣。異なる2つの戦闘行動を交互に繰り返し、プレイヤーを翻弄する。切り替わる行動パターンを読みつつ、スキを突いて攻撃しよう。





初回生産限定版は豪華7大特典付き! 早期購入者特典もチェック!

本作の初回生産限定版は、サウンドトラックCDや特製のBlu-ray Discなど、豪華7大特典がセットになったスペシャル版。早期購入者には特典としてゲーム内で使用できる特別な衣装「メイド服」が入手できるプロダクトコードも用意されているので、ぜひ予約して入手しよう!


1.abec氏描きおろし限定版収納BOX
2.初回限定生産版用パッケージ
3.サウンドトラックCD
4.スペシャルコンテンツBlu-ray Disc
5.CD&BD収納用スペシャルケース
6.ミニクリアポスター
7.特別小冊子

※写真・イラストはイメージです。実際のものとは異なる場合があります。
※内容・仕様は予告なく一部変更になる場合があります。
※数に限りがあります。無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。
※一部店舗では取り扱いのない場合があります。詳しくは店頭にてお問い合わせください。




作品世界のMMORPGを通常の「RPG」というカテゴリー内で再現し、NPCを介したパーティプレイやレイドボス戦といったMMORPGの醍醐味も楽しめる『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』。原作ファンはもとより、RPGファンも要注目のタイトルと言えそうだ。お気に入りのキャラクターを育成できる要素も楽しみ!


------------------------------------------

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:RPG
・発売日:2016年10月27日(木)予定
・価格:
 PS4® 通常パッケージ版 希望小売価格 7,200円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,776円(税込)
    限定パッケージ版 希望小売価格 限定版 10,980円+税
 PS Vita 通常パッケージ版 希望小売価格 6,100円+税
     ダウンロード版 販売価格 6,588円(税込)
     限定パッケージ版 希望小売価格 9,880円+税
・プレイ人数:1人(オンライン時:2~4人)
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』記事はこちら

------------------------------------------


『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』公式サイトはこちら



©2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン