PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】E3で注目を集めたPS VRタイトル『Farpoint』『HERE THEY LIE』プレイインプレッション!

by PS.Blogスタッフ 2016/06/24

E3 2016のソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカブースでプレイすることのできたPlayStation®VRタイトルの中で、ガン型コントローラー「PlayStation®VR Aim Controller」が話題のシューター『Farpoint』と、ミステリアスなホラーゲーム『HERE THEY LIE』のプレイインプレッションをお届けします。 ※日本国内での発売は未定です。




『Farpoint』──不毛の大地で襲い来るクリーチャーを駆逐しながら惑星探索

『Farpoint』は、赤い砂と岩に覆われた不毛の惑星で、襲い来るクモ型のクリーチャーを駆逐していく、シングルキャンペーンタイプのPlayStation®VR専用FPSタイトル。最大の特長はE3 2016で新発表されたPlayStation®VR専用のガン型コントローラー「PlayStation®VR Aim Controller」を使ってプレイできることだ。

このコントローラーにはPlayStation®Move モーションコントローラーと同様のスフィアやトリガーがついているほか、アナログスティックをはじめとするDUALSHOCK®4の基本的な入力系も装備されていて、ゲーム内の移動はコントローラー左手親指部のアナログスティックで、視点移動は頭部の動きとリンクさせて行なう。また、銃口を上に向けるアクションでリロードも可能だ。

構えたところを狙える直観的なエイム、アナログスティックでの任意の移動などによる、高い没入感を得られる体感型シューターである。初期装備のマシンガンに加え、探索中に入手できるショットガンやグレネードも使用可能。さまざまな武装と射撃アクションを駆使し、クモ型エイリアンの群れを掃討する快感は格別だ。


『Farpoint』E3 2016最新トレーラーはこちら!




【プレイインプレッション】
PS VR
と「PlayStation®VR Aim Controller」で"理想的なFPS環境"を実現!!

敵に向かって銃をぶっ放すという、FPSの最もプリミティブな部分をVRの力で十全に体感できる作品。

今回披露されたデモは、決められたルートをまっすぐ目的地に向かって進むというもの。ガンコンを利用する作品でありがちなレールシューター型ではなく、自分の思うように移動しながら遊べる点が印象的でした。気がつくと移動中に動きに合わせて足踏みをしてしまったり、索敵中に思わず腰をかがめてしまったりと、その臨場感は数あるPS VR作品の中でも高め。

コントローラーがゲーム内の銃器とリンクしており、実際に銃を撃つ感覚を満喫できるのが本作の売り。エイムや武器切り替えのアクションやしっかりとしたフォースフィードバック(振動)なども、臨場感をかき立ててくれました。

移動(アナログスティック)と視点(PS VRのヘッドセットの向きと同期)、そして照準(銃口の向きと同期)の操作がそれぞれ独立しているのもこれまでのFPSと異なる点。銃口は前方に固定して横に蟹歩きしつつ、前後左右を見渡すなんてことも可能です。これって、けっこう革命的なことだと思いませんか?

デモでは初期装備のアサルトライフルと、途中で手にはいるショットガン、サブウェポンのグレネードを使い分けながら、奥地へと進行。一本橋やガケ沿いなど、VR視点では思わず足のすくんでしまうようなシチュエーションも用意されており、惑星探索ゲーム的な面白さもありました。

敵は数が多くうっとうしい小グモと、遠距離から放射線状に体液弾? を飛ばしてくる大グモの2種類。後者はかなり堅いので、弾をアサルトライフルで打ち落としつつ、近くに寄ってショットガンで撃破するなどといった工夫が必要です。目的地に到達すると、画面全体を覆うような超大グモが登場し......、これにどう対処するの? と身震いしたところでデモ終了。製品化が待ち遠しい!! (PS.Blogスタッフ・山下)

『HERE THEY LIE』──PS VRならではの恐怖を体験できるミステリアスなホラーゲーム

血を思わせるような真っ赤な液体の流れる地下水路を懐中電灯の明かりだけを頼りに探索していくミステリアスなホラーゲーム。映像は極めてリアルだが、歩いている通路が目の前で分岐したり、これまでなかった扉が現われるなど非現実的な要素も盛りこまれている。

公開されているデモ映像によると、探索エリアは地下水路だけに留まらないようだが(スラム街を思わせる不気味な街や、獣の皮を被った男女などが描かれている)、なぜ、プレイヤーがそのような境遇にあるのか、何が目的なのかなど、ゲームの全貌は現時点では明らかにされていない。


『HERE THEY LIE』E3 2016最新トレーラーはこちら!




【プレイインプレッション】
目前が歪む!? PS VRならではの新恐怖体験

PS VRならではの没入感が、そのまま恐怖に直結するという意味で、ホラーゲームほどVRにマッチするものはないのでは? 左アナログスティックで移動、○ボタンで懐中電灯のオン・オフを行なうだけというシンプルな操作性もあって、あっという間に作品世界に引き込まれてしまいました。地下水路内に響き渡る自らの吐息や、足に絡みつくような水音など、VRによって臨場感を増した効果音も恐怖心を大いに高めてくれます。

本作の見どころである通路がメタモルフォーゼするシーンは特にVRの効果が大。VRによって強くリアリティを感じていただけに、目前の空間がぐにゃりと歪む様子にはとても混乱させられました。 (PS.Blogスタッフ・山下)


E3会場でも注目を集めていたこの2タイトル、日本国内での今後の発表に期待したい。いまから要注目!

------------------------------------------

PS.Blogの「PS VR」記事はこちら

PS.Blogの「E3 2016」記事はこちら

------------------------------------------


PlayStation®VRの特設サイトはこちら



『Farpoint』
©Sony Interactive Entertainment America LLC

『HERE THEY LIE』
©2016 Sony Interactive Entertainment America LLC.
Here They Lie is a trademark of Sony Interactive Entertainment America LLC.

記事を探す
トップに戻るボタン