PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Broforce』で地形も常識もブッ壊せ! おバカアクションでアドレナリン全開!!【PS Indie×電撃PS01】

by 電撃PS編集部 2016/07/12

●『Broforce』はこんな人にオススメ!


日々ストレスを感じている人 ★★★
破壊衝動を抑えきれない人 ★★★★★
ハリウッド映画が好きな人 ★★★★



「物語を気にしないでゲームを遊びたい」「もっと頭を空っぽにして遊びたい!」「ゲームは暴れてなんぼでしょ!」と思う時ってありませんか? 深いことを考えずに、ただスカッと暴れるゲームがやりたい。敵を問答無用でボコボコにしたい。そんな暴れ足りない人たちにオススメしたいのが、今回紹介するPlayStation®4『Broforce』です。





ぶっ壊しまくりの爽快感! あとのことは(あまり)考えないでドカドカ撃ちまくれ!!

いろいろなところで言われてますが、本作の中身はとにかく単純明快。ハリウッドのB級アクション映画みたいに、とりあえず敵をボッコボコにすればいいのです。銃を撃つと敵だけじゃなくて地形も勢いよく壊れるので、敵を巻き込みながら地形ごと破壊してゴリゴリ進んでいきましょう。たまに、自分も巻き込まれてやられちゃいますが、それはそれ。

とにかく、頭を空っぽにして銃を乱射しまくっても最終的にゴールまでたどり着くか、ボスを倒せばクリアになるので問題ありません。細かいことを考えて悩むよりも、とりあえず動かしてみるゲームだと思ってくれればOK。登場する主人公たちもハリウッド映画から飛び出してきたような......というよりも、ほぼそのままの奴らが銃を乱射しまくって大暴れします!

たとえば、ターミネーターとかロボコップそのままな見た目のアニキとか、ちょっとマニアックな洋画(『プラネット・テラーinグラインドハウス』とか)のキャラクターがバンバン出てきますが、別人です。名前もロボコップじゃなくてBROBCOP(ブロボコップ)ですし、ターミネーターじゃなくてBROMINATOR(ブロミネーター)など、別人にブロナイズされてるので安心ですね。うん、安心じゃない。ブロってつければいいのかよ! ま、まあ、そんな細かいツッコミをするのはヤボというものですね。


『Broforce』 『Broforce』
『Broforce』 『Broforce』

『冒険野郎マクガイバー』のように、映画だけではなくアメリカのTVドラマからやってきたアニキも。元ネタが全部わかる人は、かなりのハリウッド通!




破壊のエクスタシーに全身ビンビンの大興奮! これぞ、まさしくスーパーハリウッド大戦!

そんなわけで、本作はとにかくおバカなゲームですが、中身まで空っぽではありません。とくに、ステージを始めるとハリウッド映画のヒーロー(もどき)がランダムで自機になり、仲間を救出するたびに「強制的に」キャラクターが交代するという部分がポイント。

狙ったキャラクターでプレイし続けるのは難しいので、必然的に操作キャラクターに合わせた戦い方をアドリブで行っていく必要があります。ここが面白いところで、冒頭で頭を空っぽにして遊ぶゲームと言いましたが、じつは「頭を使っていないようで無意識に考えている」ゲームだったりするのです。もっとも、遊んでいる間はまったくそんなことを意識せず、破壊の快感に酔えるのもいいところ。攻撃方法も、通常、近接、特殊と3種類存在し、それらを使い分けて戦っていくことでカッコよく立ち回れます。もちろん、使い分けなくてもカッコよく立ち回れます。延々と通常の遠距離攻撃だけ撃っていても、なんとかなるときはなるので、あまり深く考えなくても大丈夫です。直感で暴れましょう!


『Broforce』

敵の空爆や誤爆、味方の誤射でバコバコ壊れていく地形。ヒーローがそんなに破壊していいのか悩むかもしれませんが、そういうことは考えない方向で!

使えるキャラクターの性能も、キャラクターによってバラバラ。というか原作(?)通りです。まったく違うキャラクターたちを使い分けて、ガンガン進んでいくいい意味で大味な感覚が本当に気持ちいいんですよ。とはいえ、良くも悪くも大味なので、あまり頭を空っぽにしすぎると自分が進まなければいけない地形まで壊しちゃったりもしますが、そこはご愛敬。

さらに、ちょっと使いにくい性能のキャラクターがステージ開始時に割り当てられてしまうと、難易度がグッと変わってしまうという恐ろしいワナもあったりします。操作できるキャラクターも救出できるキャラクターもランダムなので、クセのないキャラクターが出るまでヒイヒイ言うことも......。逆に、爆弾を設置するだけのキャラクターで、どう立ち回ればいいのか悩みつつ、強いキャラクターが出るまで耐えるのも楽しみの1つと言えますし、それもまた本作のだいご味です。少々クセのある部分はありますが、それを補って余りある"豪快なおおざっぱさ"こそが、本作の魅力と言えるでしょう。


『Broforce』




目に映る物はすべてデストローーーーーイ! 脳汁が枯れるまで撃って撃って撃ち尽くせ!!

また、本作を遊んでみて思ったのが、良い意味でシンプルだというところです。ステージ内には難しいギミックもなく、収集アイテムなどもないので、取り逃してしまうことがありません。底意地の悪いトラップも存在せず、爆発する火薬などのトラップは敵も味方も平等に効果があります。いろいろな意味でズルがないんです。死ぬときは敵も味方も一緒。とにかく、ちょっとした攻撃や床にある爆薬などで、ボッカンボッカン地形がぶっ壊れていきます。これが、単純に派手で気持ちいいんですよ。ステージをクリアできなくても、ただぶっ壊しているだけでスカッとします。

こんな感じでシンプルで装飾がないからこそ、設定から登場人物。ゲームプレイに至るまで、とにかく徹底的に頭空っぽなアクションが楽しめるのです。ステージ開始時からボス戦まで、クライマックス全開なシチュエーションを楽しみたい人。高難易度のモードで頭をひねりながら、やるかやられるかの駆け引きを突き詰めたい人。とりあえず、何も考えずにサクッと豪快にプレイしたい人。何でもいいからド派手にぶっ壊してみたい人。ハリウッド映画が大好きでキャラの元ネタにニヤリとできる人。脳汁垂れ流しで気持ちよくゲームを遊びたい......そんな人たちに、オススメの作品ですよ!


『Broforce』

たまには、ゲームの中で暴れてスカッとしたい! そんなことを考えているそこのアナタ。『Broforce』はアナタを待っていますよ!


▼PS4®『Broforce』のPS Storeでの購入はこちらから!


------------------------------------------

Broforce

・発売元:GHI Media LLC,(Devolver Digital)
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクション
・配信日:好評配信中
・価格:1,480円(税込)
・プレイ人数:1人(オンラインマルチプレイ時最大4人)
・CERO:C(15才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------



© 2016 Free Lives. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン