PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ストーリーを終えたらマルチプレイに挑戦!【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/07/08

トレジャーハンターのネイトの活躍を楽しめる『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』。世界はもちろん日本でも絶大な評価を得て、今もなおセールを伸ばし続けるビッグタイトルだ。第3回までではストーリーの魅力を中心に紹介してきたが、今回は本編と同じくらいに遊び応えがバツグンのマルチプレイのおもしろさをお伝えしていく。本編を終えたプレイヤーはそこで満足せず、ぜひこの機会に奥深い&無限の楽しさが広がるマルチプレイの世界に飛び込んでみよう!


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

シリーズ最終章『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』! ついに冒険の幕が開く!【特集第1回/電撃PS】

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ついに発売! ゲームを超えた体験を見逃すな!!【特集第2回/電撃PS】

これはどこで登場したの?『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』と過去作との接点に迫る!【特集第3回/電撃PS】

------------------------------------------


『海賊王と最後の秘宝』のオンラインマルチプレイを遊ぶためには、PlayStation®Plusへの加入が必須となる。こちらはPlayStation®Storeのメニューから「PlayStation®Plus」を選び、「利用権」を購入するだけでOK。1ヵ月、3ヵ月、12ヵ月と3つのプランが用意されているので、自分に合ったものを選んで購入しよう。購入後はタイトル画面の「マルチプレイ」を選択し、世界中の腕利きトレジャーハンターたちとの戦いの舞台へGO!





初めての人は「トライアル」から始めよう! マルチプレイスタートガイド

右も左もわからない序盤では、対戦に及び腰になるのは自然なこと。だが、『海賊王と最後の秘宝』はそういった初心者でも、マルチプレイに慣れていくまでステップを踏んでいけるような仕組みがしっかり用意されている。

まずはマルチプレイメニューに入ったら、「トライアル」を選択してみよう。この「トライアル」では、ギアやサイドキックといった、マルチプレイならではの要素をひと通り試すことができる。しかも、各項目には目標が設定されており、クリアすることでカスタマイズパーツを購入することができる"レリック(ゲーム内通貨)"が入手可能だ。最初に挑戦できる難易度・中級はそれほど難しくはないため、まずは全項目で中級のクリアを目標にプレイしてみよう。


ある程度マルチプレイならではのギミックを理解できたら、いよいよ実戦へ! 「マッチを探す」のメニューを選択し、そのなかから「練習」を選ぼう。この「練習」ルールは、対人戦の経験回数が3戦未満のプレイヤーだけで構成される初心者用のルール。相手にするのは実際のプレイヤーたちだが、同じ初心者同士なので気楽にプレイできるハズ。まずは3戦みっちり「練習」でプレイし、実際のゲームの流れをつかむのがオススメだ。

ちなみに、ゲーム開始前に使用する武器セットを選ぶ場面があるが、最初はプリセット(ゲーム側で用意した組合せ)のものから自分に合ったものを選べばいいだろう。とくに好みの武器がなかったり、シューター系のゲーム経験が浅くて何がどう優れているのかわからない人は、「突撃」のプリセットが扱いやすくてオススメだ。基本的にはAK-47やグレネードで攻撃し、お金がたまったらRPGを購入し敵に向かって撃っていれば、ある程度は相手にプレッシャーを与えられる。

また、戦闘不能時にチームメンバーが拾えるお金を落とすブースター「置き土産」があるので、もし倒されてもチームに還元できるのもうれしい。


プリセットでは最初からさまざまな武器やギアなどが設定されていて、誰でも使うことができる。しかし、ゲームを続けていると、「この銃はそのままがいいけど、ギアだけ変えたい」など思うことがあるかもしれない。そんなときに役立つのが装備セットのカスタマイズだ。

メインメニューの「装備セット」の項目から自分好みにカスタマイズできるが、注意点が1つある。はじめのうちは自由に使える武器やギアが少なく、望み通りのカスタマイズができない可能性がある、ということだ。武器やギアなど、マルチプレイで使用できるすべてのものは、条件を満たすことでアンロックされていく。ただ、このアンロック条件自体は難しいものではなく、特定の武器を使い他プレイヤーを指定数倒すなど、時間をかければ達成できるものばかりだ。この「徐々に使える装備を増やして、自分に合った装備セットを作る」という過程も、マルチプレイのだいご味の1つと言えるだろう。

なお、同じ装備を使い続けることで、アタッチメントや効果の増強など、さまざまな追加効果が得られるので、気に入った武器やギア、ブースターが早めに手に入ったら、それを使い続けるのもアリだ。


「練習」を3回プレイすると、以後このルールではプレイできなくなるので、別のルールで遊ぶことになる。各ルールでは勝利条件が違うため、自分の好みに合ったものを選んでプレイしよう。最初は「練習」と同じ感覚でプレイできる「チームデスマッチ」がオススメだ。

ちなみに「チームデスマッチ ランク戦」は、勝敗によって自分のランクが変動する特殊なルール。「真剣に戦ってどんどん上を目指したい!」という人には向いているが、自信がなかったりカジュアルに遊びたかったりする場合は、通常の「チームデスマッチ」で十分だ。


◆ルールの簡単な解説

  • チームデスマッチ:制限時間内にどちらがより多く相手を倒せるかを競う。とにかく相手プレイヤーを倒せばいいため、初心者でも目的がわかりやすい。
  • 拠点制圧:マップに存在する拠点を確保し、勝利ポイントを溜めるのが目的。拠点は周囲の円の中に一定時間入っていると確保できる。拠点を確保していると時間に応じて勝利ポイントが蓄積していく。
  • 宝探し:マップに出現する宝物を自分の陣地へ持ち帰り、宝箱へ入れるルール。宝物の運搬中は移動が遅くなり、アクションに制限がかかるため、チームが連携しないと勝利が難しい。
  • チームデスマッチ ランク戦:ルール自体は「チームデスマッチ」と同じ。5戦した段階で自分のランクが決定され、以後は勝率に応じて自分のランクが変動していく。




お気に入りはどのキャラクター? そもそもこのキャラクターって誰なの!?

マルチプレイはどのルールも、ヒーローとアウトローにチーム分けされ、それから使用キャラクターを選択する。キャラクターごとの性能差はなく、しかもチーム内で同じキャラクターがかぶっても問題はない。それこそネイト5人対レイフ5人という、パラレルなシチュエーションでの対戦も可能だ。ぜひ好きなキャラクターで参戦しよう!


使用できるキャラクターは、アンロックが必要なものを含めれば総勢20名。半分以上は過去作で登場したキャラクターなので、知らない人も多いかもしれない。そんな人のために、ここでは本作の主要人物以外のキャラクターにスポットを当ててみよう。




カッター

CV:石塚運昇
(『砂漠に眠るアトランティス』に登場)

腕利きのトレジャーハンターで、第3作『砂漠に眠るアトランティス』の序盤からネイトとサリーに協力していたが、途中で怪我を負って退場してしまう。閉所恐怖症というトレジャーハンターとしては致命的とも思える弱点があるものの、総合的な能力は高い。『海賊王と最後の秘宝』のストーリー内での会話を聞く限りでは、まだトレジャーハンターとしては現役なようだ。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




テンジン

(『黄金刀と消えた船団』に登場)

ネパールの山岳地帯の村に住む男性。傷ついたネイトを助けたことにより知り合い、ネイトに協力する。英語がしゃべれないため完全なコミュニケーションは取れないが、ボディランゲージで意志を通わせ、冒険を通じてネイトと絆を深め、シャングリラへの道を解き明かす手助けをした。

(『黄金刀と消えた船団』より)




クロエ

CV:勝生真沙子
(『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』に登場)

『黄金刀と消えた船団』と『砂漠に眠るアトランティス』の2作品に登場した女性トレジャーハンター。ネイトとは過去にも冒険を共にしていたようだ。車の運転を得意とする描写やセリフが多く描かれており、ドライバーとして雇われることも多い。

(『黄金刀と消えた船団』より)




サリーム

(『砂漠に眠るアトランティス』に登場)

ネイトが不時着したルブアルハリ砂漠で暮らす遊牧民族のリーダー。砂漠のアトランティスを護る使命を担っており、行き倒れたネイトを救ったのちに協力してマーロウ一味と対峙した。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




ラザレビッチ

CV:菅生隆之
(『黄金刀と消えた船団』に登場)

元セルビアの亡命戦争犯罪人で、一度は死んだと思われていた。実際は生きており、テロ組織のリーダーとして活動。ネイトとシャングリラの秘宝を求めて争った。自ら前線に出て指揮を執るタイプで、その実力は折り紙つき。

(『黄金刀と消えた船団』より)




ノット、オルカ

(『海賊王と最後の秘宝』に登場)

おそらくすべてのマルチプレイ用キャラクターの中でもっとも影が薄いだろうと思われる2人。彼らとおぼしき人物が登場しているのは過去作ではなく『海賊王と最後の秘宝』だ。ナディーン率いるショアラインの傭兵たちで、とくに作中で名前は明かされないものの、カットシーンなどでナディーンの側に2人とそっくりな人物がいることがある。彼女の側近的な立場なのだろう。




マーロウ

(『砂漠に眠るアトランティス』に登場)

第3作『砂漠に眠るアトランティス』の黒幕で、エリザベス1世の時代から存在して世界を裏から牛耳ってきた秘密組織の現リーダー。サリーの元恋人で、若い頃のネイトとも面識がある。言葉を巧みに操り人を支配するのが得意で、目的のためには手段を選ばない。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




ラムセス

(『砂漠に眠るアトランティス』に登場)

マーロウに雇われた、イエメンの悪名高い海賊。芝居がかった口調やしぐさを好むが、その裏には悪党らしい残虐な面を秘めている。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




エディ・ラジャ

CV:高木渉
(『エル・ドラドの秘宝』に登場)

ローマンに雇われてネイトと敵対したトレジャーハンター。インドネシアの海賊のボスを父に持ち、部下の海賊たちを従えている。ゲームでは描かれないが、かつてネイトとは仕事をともにしたことがあるらしく、すでに互いに面識があった。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




フリン

CV:神奈延年
(『黄金刀と消えた船団』に登場)

『黄金刀と消えた船団』の冒頭で、ネイトに仕事の話を持ちかけたトレジャーハンター。トレジャーハンターとしての腕はあまりよくないが、金になる仕事を見つけることには長けている。強引な手段や、他人を利用するなどの悪巧みを行なう傾向が強い。

(『黄金刀と消えた船団』より)




タルボット

(『砂漠に眠るアトランティス』に登場)

マーロウの側近にして、秘密結社のナンバー2を務める男。黒スーツに身を包み、紳士然としたただずまいをしているが、幻覚剤や催眠術などを好んで使用し、相手から情報を得るという非道さを持つ。また、身体能力もかなり高い。

(『砂漠に眠るアトランティス』より)




ナヴァロ

CV:奥田啓人
(『エル・ドラドの秘宝』に登場)

ローマンの右腕として活動している男で、考古学者としての造詣も深い。しかし犯罪組織に関係するだけあって、凶悪な一面も秘めている。

(『エル・ドラドの秘宝』より)




ローマン

CV:土師孝也
(『エル・ドラドの秘宝』に登場)

膨大な古美術品を収集している犯罪組織のボス。基本的に自分は手を下す必要はないという主義で、現場指揮はおもに右腕のナヴァロにまかせている。

(『エル・ドラドの秘宝』より)





たまったレリックで宝箱を開けて、カスタマイズアイテムをアンロック!

ゲームで特定の条件を満たすと手に入るレリックは、一定数ためることでゲーム内の「ストア」での買い物に使用できる。「ストア」ではキャラクターの外見を変更するカスタマイズアイテムや、一試合でのみ恩恵を得られる「使い切りブースター」といったアイテムを得られる宝箱を購入可能だ。何が手に入るかはランダムなので、開けるときのワクワク感がたまらない!


【レリックで購入できるもの】

  • カスタマイズ用宝箱:所持していない外見を変更するアイテムや挑発のモーションなどがランダムで手に入る。
  • 秘宝/サイドキックオプション宝箱:アンロックされていないサイドキックや秘宝がランダムで手に入る(※プレイを重ねればアンロック可能)
  • ヒーロー武器宝箱:所持していないヒーロー武器がランダムで手に入る(※プレイを重ねればアンロック可能/ヒーロー武器をアンロック後に購入可能)
  • 使い切りブースター宝箱:マッチ選択時に使用できる使い切りブースターをランダムで入手可能

一方で、特定のアイテムを狙って欲しいというケースもあるだろう。そういった場合は、現実の通貨でアンチャーテッドポイントを購入し、それを使って欲しいアイテムを選んで購入する方法もある。なお、アンチャーテッドポイントのメリットは"欲しいアイテムをすぐに買える"ということだけで、すべてのアイテムはレリックで購入できる宝箱や、ゲームプレイを重ねることによって手に入れられるようになっているため、課金が必須ではないということも本作の特徴といえるだろう。


主なレリックのため方は以下の3つ。


①マッチに勝利する
自分で狙って取れるものではなく、入手量もそれほど多くないので、ゲームを遊んでいたら自然にたまっていてラッキー、というくらいに考えておこう。

②トライアルを達成する
比較的達成しやすいものの、同じ条件ではそれぞれ1回ずつしかレリックを入手できず、上限が決まっている。

③チャレンジを達成する
レリックの主な入手手段。指定された条件を満たすことで報酬としてレリックを得られる「チャレンジ」は入手レリック量が多く、ストアを積極的に利用したい場合はこれを狙っていくことになるだろう。「チャレンジ」は毎日1つずつ追加され、合計3つまで保持できる。1日に1つずつ達成してもいいし、3つたまったらまとめて消化してもいい。もちろん、カスタマイズアイテムなどに興味がないなら、まったく無視して好きなように戦っても問題ない。


これらのカスタマイズアイテムはゲームプレイにはまったく影響を与えないが、種類はかなり多く、自分だけのキャラクターを演出したり、おもしろい挑発モーションがあったりと、個性をアピールするのにはもってこい。そこで、今回はとくに見た目が特徴的なカスタマイズアイテムを数点紹介しよう。購入せずともストアでラインナップは確認できるので、一度のぞいてみるとモチベーションアップにもつながるはず!





ローカライズチームと一緒にマルチプレイを遊べる「アンチャーテッドCLUB」が隔週で放送中!

現在、隔週の金曜日の20時~22時にかけて、本作のマルチプレイを楽しむ生放送番組「アンチャーテッドCLUB」が、ニコニコ生放送のJAPAN Studio公式チャンネルで配信中! 本作のローカライズを手がけたSIE JAPAN Studioのローカライズチーム+αの面々が登場し、ユーザーとのプレイを通してマルチプレイの魅力を解説していく。オンラインマルチプレイに参加したい場合は、UC_ISHIDATE、UC_CHRIS_、UC_natchanまでフレンド申請を送ろう。


また、PS4®のコミュニティー「アンチャーテッドCLUB」では、マルチプレイを一緒にプレイする仲間の募集や、番組で募集するお題への投稿などを行なえる。コミュニティーへの参加方法は以下の通り。


① PS4®のホーム画面から「フレンド」を選択する
② 左の項目から「コミュニティー」を選択する
③ 「コミュニティーを見つける」を選択する
④ 「検索」を選択し、「アンチャーテッド」と入力して検索する
⑤ コミュニティーの「アンチャーテッドCLUB」を選択し、参加する


次回の放送は7月8日(金)の20時から。この機会に、ぜひ参加してマルチプレイを楽しもう!

「アンチャーテッド CLUB #4」 番組ページはこちら



▼PS4®『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のPS Storeでの購入はこちらから

------------------------------------------

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:通常版 パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    通常版 ダウンロード版 販売価格 8,532円(税込)
    デラックスエディション(初回生産限定) パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
・プレイ人数:1人(オンライン時:1〜10人)
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ページはこちら

------------------------------------------


『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』公式サイトはこちら


電撃PlayStation最新号の詳細はこちら




©2016 Sony Interactive Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog LLC

記事を探す
トップに戻るボタン