PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『テイルズ オブ ベルセリア』新キャラ&PVを初披露! 「テイルズ オブ フェスティバル2016」レポート

by PS.Blogスタッフ 2016/07/11

毎年恒例「テイルズ オブ フェスティバル2016」が、7月9日(土)・10日(日)の2日間にわたり、横浜アリーナで開催された。

このイベントは、歴代キャラクターを演じたキャストが多数出演し、スペシャルスキットやトークを披露する「テイルズ オブ」シリーズの祭典。シリーズゆかりのアーティストによるライブ、キャラクターパネルの展示、グッズ販売なども行なわれるとあって、毎年多くのファンが詰めかけている。

今年はさらに、全国40ヵ所でライブビューイングも実施。会場に来られないファンも、全国各地でイベントを楽しむことができた。



PlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『テイルズ オブ ベルセリア』が8月18日(木)に発売されるとあって、ファンのボルテージは最高潮! では、フェスティバル1日目にあたる7月9日(土)の模様をレポートしよう。




ベルベット役・佐藤利奈さんも登場! 総勢14名によるスペシャルスキット

イベント初日の9日は、あいにくの雨模様。しかし横浜アリーナに詰めかけた約1万2000人の「テイルズ オブ」シリーズファンは、開演前からテンションMAX! キャストによる会場アナウンスが流れると歓声が上がり、シリーズ歴代のオープニングムービーがモニターに映し出されると一斉にペンライトを振っていた。

イベントがスタートすると、司会を務める『テイルズ オブ シンフォニア』でゼロス・ワイルダーを演じた小野坂昌也さんと、『テイルズ オブ ゼスティリア』でエドナを演じた福圓美里さんが浴衣姿で登場。夏祭りのやぐらを思わせる2階建てステージから降りてくるのだが、なぜか小野坂さんサイドの階段だけ滑り台のような坂(その名も「小野坂」!)......。浴衣をたくしあげて坂を滑り下り、冒頭から爆笑を誘っていた。


続いては、「テイルズ オブ フェスティバル」恒例のスペシャルスキットコーナー! 14名もの歴代キャストが登場し、作品の垣根を越えた朗読劇を演じてくれた。


今回のテーマは、「テイルズ オブ 夏祭り」。登場したキャストと演じたキャラクターは以下の通りだ。


<7月9日(土)の出演者>

・小野坂昌也さん (ゼロス・ワイルダー役 /『テイルズ オブ シンフォニア』)
・福圓美里さん (エドナ役 /『テイルズ オブ ゼスティリア』)
・小西克幸さん (ロイド・アーヴィング役 /『テイルズ オブ シンフォニア』)
・檜山修之さん (ヴェイグ・リュングベル役 /『テイルズ オブ リバース』)
・山口勝平さん (ティトレイ・クロウ役 /『テイルズ オブ リバース』)
・鈴木千尋さん (ルーク・フォン・ファブレ役 /『テイルズ オブ ジ アビス』)
・鳥海浩輔さん (ユーリ・ローウェル役 /『テイルズ オブ ヴェスペリア』)
・中原麻衣さん (エステル役 /『テイルズ オブ ヴェスペリア』)
・逢坂良太さん (ミクリオ役 /『テイルズ オブ ゼスティリア』)
・柿原徹也さん (シング・メテオライト役 /『テイルズ オブ ハーツ R』)
・松風雅也さん (ヒスイ・ハーツ役 /『テイルズ オブ ハーツ R』)
・岸尾だいすけさん (ロクロウ役 /『テイルズ オブ ベルセリア』)
・佐藤聡美さん (マギルゥ役 /『テイルズ オブ ベルセリア』)
・佐藤利奈さん (ベルベット役 /『テイルズ オブ ベルセリア』)※シークレットゲスト



物語は、謎の力の高まりを感じたミクリオとエドナが、その原因を突き止めるべく夏祭りの会場を探索するところからスタート。

ユーリとはぐれたエステル、なぜか射的屋の店番をしているユーリ、謎のキノコ入りヤキソバを焼くティトレイ、ヤキソバを食べて語尾が「ですの」になってしまったルークたちなど次々におなじみメンバーが登場し、夏祭りにちなんだエピソードが展開された。

途中、ルークのお約束セリフ「俺は悪くねぇっ!」が飛び出したり、ミクリオやゼロスが"ノルミンダンス"を踊らされたり、ロクロウがアドリブを入れまくったりしつつ、やがてスキットは佳境へ。

召喚魔術によって魔物が現われると、全員がステージ上に集まり、技名を叫びながらバトル! さらにシークレットゲストである『テイルズ オブ ベルセリア』の主人公・ベルベットが登場し、会場の盛り上がりは最高潮に!! ラストは無事に魔物を倒して、めでたく大団円となった。



終了後のトークコーナーでは、初登場にもかかわらずアドリブを入れまくるロクロウ役の岸尾だいすけさんに出演者からツッコミが殺到!? しかしその後も気にする様子もなく、ステージ上の滑り台「小野坂」を滑ったり、いつのまにか司会のポジションを奪ったりと自由に動き回っていた。ベルベット役の佐藤利奈さんも「パーティメンバーに不安を抱きはじめました」と漏らすほどだった。





PV第5弾では宿敵の正体が明らかに! 『テイルズ オブ ベルセリア』最新情報コーナー

続いては、待望の『テイルズ オブ ベルセリア』最新情報コーナーへ。まずは、佐藤利奈さん演じる主人公・ベルベット、岸尾だいすけさん演じるロクロウ、佐藤聡美さん演じるマギルゥによるスキットで、『テイルズ オブ ベルセリア』のパーティメンバーの素顔、ベルベットが旅をする理由などが語られた。

スキットを演じ終えた3人が壇上に登場すると、佐藤利奈さんは「この会場でタイトルを発表してから1年、ようやく手元に届く日がやってきました」と今の気持ちを告白。

シリーズ初の単独女性主人公を務めることになった感想を問われると、「緊張しますね。心強い仲間がいると思っていましたが......本当に心強いのかな」と岸尾さんをチラリ。それでも「ベルベットもライフィセットも淡々としているので、収録していて『私たち、これでいいのかな』と不安になりますが、ロクロウとマギルゥの演技に勇気づけられました」と、団結力の強さをアピールしていた。


その後、プロモーションムービー第5弾を本邦初披露! 3年前、ベルベットの身に何が起きたのか、彼女からすべてを奪った相手は誰なのかなど、物語の核心に迫る映像が公開された。なお、このPVは『テイルズ オブ ベルセリア』公式サイトでも公開中だ。


『テイルズ オブ ベルセリア』公式サイトはこちら



また、物語の鍵を握るキャラクター2名も明らかに。ひとりは、ベルベットの仇敵となる筆頭対魔士アルトリウス・コールブランド。PVでベルベットはアルトリウスのことをアーサー兄さんと呼んでいるが......?

佐藤利奈さんも「もともと家族だったがゆえに、ベルベットも苦悩しています。今も、見ただけで泣きそうになってしまいました。ドラマティックな展開がいっぱいありますが、今は言えないのでぜひプレイしてください」と語っていた。


そしてもうひとりは、シアリーズ。彼女は強力な炎を操る聖隷で、3年前の事件を機にアルトリウスのパートナーになるが、今では離反。ベルベットを助けるため、単身監獄島へ忍び込むようだ。果たして味方なのかどうなのか、その立ち位置が気になるところだ。

なお、岸尾さんによれば「ロクロウにも因縁の相手がいるし、マギルゥにもいます。それぞれ対峙する相手がいる......と言っても過言ではないかも?」とのこと。人間模様が交錯する、奥深いストーリーが楽しめそうだ。

ラストは、ゲームの発売を控えた3人からメッセージが。

「スタッフとキャスト陣が、愛と魂をこめて作り上げた作品です。最新作にして最高傑作と言えるものができあがったのではないかと思います。たくさん遊んでくれるとうれしいです」(佐藤聡美さん)

「僕自身がプレイするのが楽しみです。夏休み真っ盛りの頃に発売されるので、プレイ環境も整っているはず。やるしかありません。いっしょにがんばりましょう!」(岸尾だいすけさん)

「ベルベットは冷たい氷のような女性ですが、その中に熱いものが燃えています。その熱い思いをスタッフ、キャストも抱き、一生懸命作り上げた作品です。『テイルズ オブ ベルセリア』は"君が君らしく生きるためのRPG"ですが、"みなさんがみなさんらしくあるための『ベルセリア』"でもあると思います。夏休みだけと言わず、新学期が始まっても仕事が始まっても、余すところなくプレイしてほしいと思います」(佐藤利奈さん)

なお、発売を目前に控え、全国各地で店頭体験会を開催予定。詳しいスケジュールは、こちらの記事を参考にしてほしい。




『テイルズ オブ ベルセリア』主題歌を熱唱! FLOWによる白熱のライブ

スキットや『テイルズ オブ ベルセリア』最新情報で熱くなった観客を、さらにヒートアップさせたのがFLOWによるライブ。『テイルズ オブ ベルセリア』主題歌「BURN」、アニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』オープニングテーマ「風ノ唄」をはじめ全5曲を演奏し、「テイルズ オブ」ファンを熱狂させた。

ステージ狭しと駆け回ったり、客席にウェーブを起こしたりする彼らのパフォーマンスに、司会の小野坂さんも「エネルギッシュですね!」と感激した様子を見せていた。


演奏後のインタビューでは、作曲を担当したTAKEさんが「アニメやゲームの主題歌は、映像と音楽という分野の違う芸術のコラボレーションだと思っています。お互いの相乗効果によってひとつの素晴らしい作品を生みだし、多くのファンに楽しんでもらいたい。そのために綿密な打ち合わせを重ねすぎて、スタッフさんとメル友になってしまいました(笑)。FLOWのロックと『テイルズ オブ』の世界が高次元でミックスできたのではないかと思います」と曲に込めた思いを語ってくれた。最後はボーカル・KEIGOさんの「テイルズ最高!」の叫びで、ライブは幕を閉じた。

こうして約4時間に及ぶイベントは、いよいよ終幕へ。ステージ上にこの日の出演者が勢ぞろいし、ひと言ずつ感想を述べた。ラストは会場のファンとともに「ビバ☆テイルズ オブ!」と恒例のコール! キャストも観客も満面の笑顔で手を振り、フェスティバル初日は幕を閉じた。



----------------------------------------

PS.Blogの『テイルズ オブ ベルセリア』ページはこちら

----------------------------------------


「テイルズ オブ」シリーズ公式ポータルサイト テイルズチャンネル+はこちら



©いのまたむつみ ©藤島康介 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©BNEI/TOZ-X

記事を探す
トップに戻るボタン