PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『人喰いの大鷲トリコ』最新画面写真を公開! 少年とトリコの絆はいかに育まれていくのか──。

by PS.Blogスタッフ 2016/08/11


数々のゲーム賞を受賞し、今なお世界中のユーザーから愛され続ける、PlayStation®2を代表する作品『ICO』と『ワンダと巨像』。そのゲームデザイナーである上田文人氏が手掛ける新たな神話、PlayStation®4用ソフトウェア『人喰いの大鷲トリコ』が、10月25日(火)に発売される。

本作は、邂逅を果たした少年と巨獣が、幾多の苦難を乗り越えながら絆を深めていくアクションアドベンチャー。プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲のトリコと共に、忘れ去られた巨大遺跡を冒険することになる。

今回は、新たに公開された最新の画面写真をお届けしよう。




少年とトリコの距離感を想像させる最新画面写真を公開!

今回公開された画面写真すべてに少年とトリコが映っているが、彼らの距離はさまざま。寄り添うように立っているシーンもあれば、少年の足場が悪く、トリコは遠く離れた場所にいるシーンも。しかし、彼らの距離が離れている場合でも、トリコは少年に視線を向けているのが確認できる。少年とトリコの絆は過酷な旅路の中で、どのように育まれていくのだろうか。


並び立ち、共に巨大な遺跡を見上げる少年とトリコ。彼らの目指す先に待ち構えているものとは?


薄暗い遺跡の中を進む1人と1匹。少年が振り返っているようだが、トリコがちゃんとついてきているか心配なのだろうか。


細いロープを渡る少年を、柱の上からトリコが静かに見守っている。壮大な景色に彩られた美しくも過酷な環境が、彼らの行く手を阻む。


上のスクリーンショットの別アングル。もしも足を踏み外したら、少年はひとたまりもないだろう。見守るトリコの胸中やいかに?


草場に隠れている様子の少年を、じっと見つめるトリコ。シチュエーションはわからないが、この程度で少年を見失うほど、彼らの絆は浅いものではないようだ。




少年とトリコの旅路を垣間見ることができるトレーラーが公開中!

今年6月の「E3 2016 PlayStation® Press Conference」では、本作のストーリートレーラーが公開された。少年とトリコが心を通わせていく様子や、鎧を身にまとった敵の姿、トリコとは別の大鷲など、気になるシーンが満載されているので、まだ見ていない人はチェックしてみよう。


『人喰いの大鷲トリコ』ストーリートレーラー


------------------------------------------

人喰いの大鷲トリコ

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・プラットフォーム:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2016年10月25日(火)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,900円+税
    パッケージ版 初回限定版 希望小売価格 6,900円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,452円(税込)
    ダウンロード版予約購入専用価格 6,372円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『人喰いの大鷲トリコ』ページはこちら

------------------------------------------


『人喰いの大鷲トリコ』公式サイトはこちら



©Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン