PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「リスアニ!」編集長がPS4®『初音ミク -Project DIVA- X HD』に挑戦! PS VR体験レポも!!【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2016/08/22

------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

PS4®だからここまでできた! より美しくなった『初音ミク -Project DIVA- X HD』を大解剖【特集第1回】

音楽ライター全曲解説! 上質のA&V機器で『初音ミク -Project DIVA- X HD』をレビュー【特集第2回】

------------------------------------------





"アニソンのプロ"も絶賛! 『初音ミク -Project DIVA- X HD』プレイレビュー

「Project DIVA」シリーズは、電子の歌姫・初音ミク主演のリズムアクションゲーム。"歌うようにプレイする"をコンセプトに、初心者から上級者まで楽しめる人気シリーズだ。

8月25日(木)に発売されるPlayStation®4用ソフトウェア『初音ミク -Project DIVA- X HD』は、同シリーズの最新作。好評発売中のPlayStation®Vita用ソフトウェア『初音ミク -Project DIVA- X』と基本的なゲーム内容は同じだが、フルHDの解像度と60fpsの滑らかな動きでシリーズ最高峰の美しさを実現している。



ゲームファンにはおなじみの「Project DIVA」シリーズだが、初音ミクファンの中には「ミクさんは好きだけどゲームは苦手」と手を出しかねている人もいるかもしれない。そんな人々に向け、アニメ音楽誌「リスアニ!」編集長・澄川龍一氏のレビューをお届け! 

アニソンやボーカロイド楽曲に詳しいものの、リズムアクションはそこそこ......という澄川氏が、楽曲重視の目線で各モードをプレイ。ライブパフォーマンスの見どころ、ライブエディットの秘訣、楽曲の魅力などについて語ってもらった。


2010年4月に創刊した、アニメ音楽の専門誌『リスアニ!』の編集長・澄川龍一氏。TVアニメ『クオリディア・コード』が目印の最新刊『Vol.26』が好評発売中!

リスアニ!WEBはこちらから。




【音楽に詳しいクリエイターだから作れる、迫真のライブ映像】

リズムアクションゲームをプレイしたことはありますが、実は「Project DIVA」シリーズは初めてプレイします。正直、ゲームはあまり得意なほうではありませんが、EASYモードなら押すボタンの数も少ないし、僕でも難なくクリアできました。

しかもめっちゃ楽しい! COOL判定が続くとテンションがあがって、前のめりでプレイしてしまいます。リズムアクションは携帯ゲーム機やスマホでプレイするイメージがありましたが、大画面でプレイすると迫力も圧巻。ミクさんたちのライブパフォーマンス、ステージ演出の臨場感も増して、感動すらおぼえるレベルでした。



「ライブクエスト」モードは、曲をクリアするごとに「ジェム」に「ボルテージ」が貯まり、満タンになれば次のエリアに進めるんですよね。さらに、「チャンスタイム」の発生中にうまくゲームをプレイすると、新しいモジュール(衣装)がゲットできるじゃないですか。変身演出が始まった時は、思わず「おおっ!」と声をあげてしまいますし、どんなモジュールが手に入るのかドキドキでした。

「恋愛裁判(アーティスト:40mP)」で、たまたま曲にぴったりの裁判官風モジュールをゲットした時には「なるほど、そういうことか!」と。楽曲のイメージに合ったモジュールが用意されているので、これらを集める楽しみも味わえそうです。


新モジュールをゲットし、澄川編集長もご満悦。


初音ミクファンにおすすめしたいのは、やっぱりライブ映像ですよね。キャラクターモデルもモーションも、「マジカルミライ」などの生ライブで観るミクさんと遜色ありません。曲ごとにステージデザインも変わりますし、カメラワークにもすごく凝っていて見ごたえ十分。セガゲームスの技術力に驚かされました。

中でも、ミク、リン、ルカがバンド編成で聴かせる「クール・メドレー ~サイバーロックジャム~(メドレーアレンジ:DIVELA マニピュレート:攻(おさむ))」はすごいですね! 当てぶり感が出そうなのに、ミクさんが本当にドラムを叩いているように見えます。

制作者サイドも音楽が詳しくないと作れない映像だと感じました。とはいえ、プレイ中はアワアワしちゃってゆっくり観ている暇はありませんでしたけどね(笑)。


リズムゲームに熱中し過ぎて、ライブ映像を観ている暇がない僕みたいな人は(笑)、「ライブエディット」モードでライブ観賞をするのがおすすめです。ライブ映像を観て流れをつかむことで、ゲームの上達にもつながるんじゃないでしょうか。




【リアルを超えた「ライブエディット」の革新性】

このゲームは、PVではなくすべて初音ミクたちのライブ映像で構成されているのも面白いですよね。僕は「マジカルミライ」などの初音ミクライブ映像を時々見返すのですが、実際のライブでもミクに羽が生えたり、特殊効果を使ったり、電子の歌姫ならではの演出方法が楽しいんです。

こうした演出がゲームにもきっちり取り込まれているのがうれしいですよね。ミクさんらしい動きが多く、カメラワークにも無理がないと感じました。

しかも、「ライブエディット」モードでは、彼女たちのライブを自分で編集できるじゃないですか。音楽制作ソフトと同じように、小節ごとに細かく照明や演出を設定できるので思い通りのライブパフォーマンスができそう。実際のライブ映像を参考に、カメラワークを考えるのも面白いと思います。

僕らも「リスアニ! LIVE」を企画・主催しているので、セットや演出効果の作り込みの大変さは理解しています。このモードなら楽曲やモジュール、ステージ、演出などをすべて自分好みに、しかも簡単にできますし、フルコーラスだから考えがいもありますよね。僕らもゲームに負けていられないなと感じました。


そのうえ、エディットしたライブ映像をPlayStation®VRで楽しめるんですか? これ、ゲーム体験がガラッと変わりそうです。自分が演出したステージを手の届きそうな距離で観られるんですから贅沢ですよ。これは革命的! 僕も早く体験したいです。




【初音ミク×リズムアクションで、さらに引き立つ楽曲の魅力】

supercellやlivetuneなどの初音ミク関連楽曲の第一世代がアニメ業界に進出し、今や動画サイト出身のクリエイターがアニメの主題歌、声優さんの楽曲を手掛けることも珍しくなくなりました。2000年代にPCゲームで活躍していた若手クリエイターが、一気にアニソンに進出したのと同じような状況だと思います。

初音ミクを媒介に、幅広い才能がいろんな分野に輩出されているのが今のボカロシーン。初音ミクの出現とともに、歴史が大きく動いたと感じています。デビューから9年、初音ミクを中心としたムーブメントは新たなカルチャーとして定着したと言えるでしょう。

初音ミクたちはどんな楽曲も歌いこなせますし、曲だけでなく映像と合わせて楽しむのが特徴です。そのため、楽曲も従来のセオリーにあてはまらないものが多いんです。トリッキーな構成、細かい譜割りの楽曲は、リズムアクションにすると非常に映えますよね。

「ハジメテノオト(アーティスト:malo)」のようにゆったりした曲は誰でも楽しめますし、「終極のメドレー ~超絶技巧暴走組曲~(メドレーアレンジ:cosMo@暴走P)」のように「これでもか!」と難しくすることもできます。

cosMo@暴走Pさんの楽曲は人間では歌えないほどテンポが速いので、リズムアクションにしたらとんでもないことになるに決まってるじゃないですか(笑)。でも、こうした楽曲があるからこそ、ゲームの幅も広がるんだなと思います。


「終極のメドレー」に挑戦したものの、あまりの難度の高さにコントローラーを投げ出す澄川編集長。


今回収録されている楽曲は、アニソン業界で活躍されているような有名クリエイターの曲も数多く収録されています。「キュート」「クール」などのエレメント(属性)に分かれているとおり、テイストの異なる曲が詰まったバラエティ感のあるラインナップになっていると感じました。

しかも、動画サイトで観られるPVとは違い、こちらはオリジナルのライブ映像。モジュールを着せ替えて、スクリーンショットも撮影できて......というゲームですから、初音ミクたちのファンにはたまらないでしょう。「こういう衣装でこういう曲を歌ってほしい」という願望を、ほぼパーフェクトに叶えられるゲームだと思いました。





PS VRでの「ライブ観賞」をいち早く体験! 初音ミクたちが手の届きそうな距離で歌う、踊る!!

『初音ミク -Project DIVA- X HD』のライブ鑑賞は、PS VRに対応! 発売後のアップデートにより、カメラワーク、ステージ、演出を自由に組み合わせた自分だけのスペシャルライブを、VR空間内で鑑賞できるようになる。PS.Blog編集部は、発売に先駆けていち早くPS VRでのライブ観賞を体験! その模様をお伝えする。

PS VRに対応するのは、「ライブエディット」モード内のライブ観賞。自分の手で編集したライブステージをPS VRで観賞できるのはもちろん、あらかじめ用意されたライブ映像もVR空間で楽しめる。

つまり、エディットが面倒だと感じる人でも、手軽にVRライブを観賞できるということ。収録楽曲30曲に加え、PS4®版発売と同時に無料配信される2曲の新収録曲もPS VRで楽しめるようになっている。


VRヘッドセットを装着し、再生したい楽曲を選ぶとVRライブがスタート。いきなり初音ミクが至近距離で踊りはじめるため、思わず「近い!」と声をあげてしまったほど。

てっきり観客席でライブを眺めるのかと思いきや、自分もステージに上がったような感覚で間近でライブを体感できる。こちらの鼻先をかすめるように流れる髪、肌や服の質感、顔に落ちる影などもリアルに描きだされ、初音ミクが"そこにいる"という実在感を存分に味わえる。3Dオーディオには対応していないが、それでも十分すぎるほどの臨場感だった。


また、方向キーの上下左右で自分のポジションやカメラ位置を変更することも可能。グッと近づけば手が届きそうな近さまで迫ることができ、一歩引けばステージ全景を見渡すことができる。横からステージを眺めれば、舞台袖からミクの様子をうかがうマネージャーか舞台監督のような気分まで味わえるのだ。

もちろんライブ会場の風景は360度描かれるため、振り向けばサイリウムを振る観客の姿も目に飛び込んでくる。さらに面白いのが、カメラの切り替えによってミクの背後に回り、ミクの背中越しにライブ会場の様子を眺められること! 「ステージ上のミクにはこんな風景を見ているのか」と、不思議な感慨を味わうことができた。

メドレー楽曲のように複数人がステージに上がる楽曲は、さらに迫力アップ! 誰をどんな距離、どんな角度で眺めるべきかあれこれ試しているうちに曲が終わってしまい、何度も繰り返し観賞したくなる。しかも、これが30曲+2曲分楽しめるのだからうれしい限り! PS VRが発売される10月13日(木)以降は、ぜひ初音ミクたちのVRライブも堪能してほしい。


※本作発売後のアップデートで対応予定です。

※画像はイメージです。




『初音ミク -Project DIVA- X HD』ダウンロード版の予約受付中! エクストラデータのセットも付属!!

PlayStation®Storeでは、現在『初音ミク -Project DIVA- X HD』ダウンロード版の予約を受付中! 予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日にダウンロードを待つことなくプレイできる。さらに、予約特典として、「初音ミク -Project DIVA- X HD ダイナミックテーマ」をプレゼント!



また、追加ダウンロードコンテンツとして配信されるエクストラデータもゲーム本編とセットになっている。楽曲「Sharing The World(アーティスト:BIGHEAD)」、「Hand in Hand(アーティスト:livetune)」のほか、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」の2010年バージョンから2015年バージョンまでのモジュールがパックになった「雪ミク 2010〜2015パック」、エア・ドゥの制服をモチーフにした初音ミク専用モジュール「CAスタイル A / 39」を、予約いただいた方限定で、ゲーム本編と同じく発売日の午前0時から利用できる。この機会に、ぜひご予約を!



◆予約受付期間
2016年8月4日(木)〜8月24日(水)


◆価格
8,629円(税込)
※本コンテンツは、キャンセルできません。即座に決済されますので、ご注意ください。


◆PlayStation®Store予約購入特典
・初音ミク -Project DIVA- X HD ダイナミックテーマ
・「Sharing The World」「Hand in Hand」ほか、セットになったエクストラデータも2016年8月25日(木)午前0時からプレイ可能


◆エクストラデータセット内容
・楽曲「Sharing The World」
・楽曲「Hand in Hand」
・モジュール「雪ミク 2010~2015パック」
・モジュール「CAスタイル A / 39」


◆自動ダウンロード開始日
ゲーム本編、特典および追加コンテンツは、2016年8月23日(火)午前0時以降、ご予約いただいたアカウントに「いつも使うPS4®」として登録されているPS4®に自動的にダウンロードされます。


◆プレイ開始可能日
2016年8月25日(木)午前0時以降
※PlayStation™Networkにサインインした状態でゲームを起動する必要があります。



▼PS4®『初音ミク -Project DIVA- X HD』のPS Storeでの予約購入はこちらから




発売に先駆け、3曲をプレイできる体験版をPlayStation®Storeで配信中!

現在、PlayStation®Storeでは、『初音ミク -Project DIVA- X HD』の体験版を配信中! この体験版では、「Satisfaction(アーティスト:livetune)」、「LOL -lots of laugh-(アーティスト:mikumix)」、「ラズベリー*モンスター(アーティスト:HoneyWorks)」の3曲をプレイできる。フルHDの解像度、60fpsの滑らかな動きに、いち早く触れてみよう。



▼PS4®『初音ミク -Project DIVA- X HD』体験版ダウンロードはこちらから




PS4®HDDベイカバー単品が好評販売中!!

PS4®HDDベイカバー「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project」の単品販売版が好評発売中! 絵柄は『"X" ver.』と『"FT" ver.』の2種類が用意され、それぞれジェット・ブラックとグレイシャー・ホワイトの2色展開。PS4®を電子の歌姫で着飾れる、ファンにイチ押しのアイテムだ。


Illustration by KEI


PS4®HDDベイカバー「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project」単品販売特設ページはこちら

ソニーストアでのご購入はこちらから




次回の特集記事は、発売日である8月25日(木)公開! プロデューサーの林誠司氏とディレクターの大坪鉄弥氏が、PS4®版の見どころを語る!!


------------------------------------------

初音ミク -Project DIVA- X HD

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:リズムアクション
・発売日:2016年8月25日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,990円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,629円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

※PlayStation®Vita版は好評発売中

------------------------------------------

PS.Blogの『初音ミク -Project DIVA- X HD』ページはこちら

------------------------------------------


『初音ミク -Project DIVA- X HD』公式サイトはこちら



© SEGA
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net 
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。

本作のキャラクター設定は SEGA feat. HATSUNE MIKU Projectが
本作のために設定したものであり、公式設定とは異なります。

※画面は開発中のものです。また、画面写真はPS4®版のものです。内容は予告なく変わることがあります。

記事を探す
トップに戻るボタン