PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

ローグライク×世代交代の親和性! 『ローグ・レガシー』は難しいけどクセになる!【Indie×電撃PS08】

by 電撃PS編集部 2016/09/20

●『ローグ・レガシー』はこんな人にオススメ


先帝の無念を晴らすような世代交代物のロマンを求めている ★★★
骨太でむずかしめなローグライクゲームがやりたい! ★★★
いじわるなパターンもあるランダムダンジョンで長く遊びたい ★★★★★



ランダム生成ダンジョンを探索し、敵にやられたら自分がプレイした経験だけを持って1からやり直しになる"ローグライクゲーム"。少しずつ強くなっていく感覚と、ランダムダンジョンで何度でも遊べるオトク感が人気のジャンルですが、そんなローグライクゲームと世代交代物を掛け合わせた名作が、今回紹介する『ローグ・レガシー』です。発売は約1年前ですが、今でもPlayStation®4のインディーゲームのなかで人気が高い、良作中の良作。今回は、まだ遊んでいない人のために『ローグ・レガシー』の魅力をお伝えしていきたいと思います!


20160920-indies-01.jpg




敵弾にワナが飛び交う高難易度ダンジョン! サクッとやられてサクッとリベンジ!!

本作は、2Dの横スクロールアクション。ランダムで生成される城や森のなかを探索し、ボスを倒して奥へ進むのが目的です。剣と魔法でテンポよく敵を倒し、サクサク先へ進んでサクサクやられるのが特徴です。はい、割とあっさりとやられます。序盤からザコが容赦なく攻めてきますし、1回やられたらおしまいというシビアさ。ちょっと油断すると、本当にあっさりやられてしまうんです。


20160920-indies-02.jpg

ですが、ここからが本番。ローグライクなので当然最初からやり直しなのですが、本作では手に入れた"資金"を持ち越して、次の世代以降の一族を強化できます。正確には屋敷を増築することで最大HPを上げたり、新たなクラスを解禁して、一族自体を強くしていけるのです。鍛冶屋を作れば、手に入れたレシピから武器や防具を作ってくれますし、付呪師を作れば、ルーンをつけてキャラクターに二段ジャンプなどの特殊能力を付与できます。開放された能力や装備はやられても子々孫々まで使っていけるので、何度もやられて少しずつ強化していけば、強い敵にも勝てる......はずです、そのうち。


20160920-indies-03.jpg

20160920-indies-04.jpg

ダンジョンに潜り、資金をためるだけためて力尽きる。次の世代を選んで再びダンジョンに潜って......と、このサイクルこそがローグライク! 気がつけば、ダラダラとハマってしまう危険性を秘めています。より強い装備のレシピを探して戻るハック&スラッシュ的なおもしろさもあり、敵にやられても世代を超えて強くなると思えば、くやしさもありません。ウソです。メチャクチャくやしいときもあります。なぜなら、このゲームは次の世代に資金を持ち越した場合、使い切らないといけないのです。城に潜るたびに資金を没収されるので、あとちょっとで成長するのに資金が足りない......なんてくやしくてたまらない状況も! そんなわけで、気がつくと「あと少し、もう少しだけ......」と遊んでしまうわけです。




脱力するようなキャラの特性としっかりした悪ノリ翻訳もよし!

跡継ぎに遺産を引き継いでいくというのが本作の特徴的なシステムでもありますが、この引き継ぎもちょっと変わっています。跡継ぎはランダムで選出された3人の子孫から1人を選んで操作することになるのですが、子孫たちはクラスに加えて"近視"や"虚弱体質"といった、ほかのゲームではあまり見られない特性を持っているときがあります。


20160920-indies-05.jpg

この特性は、ゲーム画面で目に見える形で反映されるのがおもしろいところ。"近視"は遠くの風景がボヤけますし、"空間失調症"だったら画面の上下が逆さまに。"虚弱体質"な人は敵の攻撃で吹っ飛んでしまいます。一見デメリットだけのように思いますが、これが良いアクセントになっていて、何度も繰り返すゲーム性と相まって「たまにはいいかな?」と思えてくるんですよ。いろんな特性を持った子孫でうまく先へ進めると、うれしくなってきます。


20160920-indies-06.jpg

20160920-indies-07.jpg

また、日本語による翻訳もバッチリ。バカバカしい特性をうまく日本語で再現しており、屋敷を建てたときの説明文など、おふざけに走ったテキストも見どころの1つです。クスリとくるパロディも散りばめられているので、探してみるのも楽しいですよ。




フェアリーチェストにエルフの宝箱......ダンジョン内のミニゲームも楽しい!

ダンジョンを探索していると、特殊な宝箱"フェアリーチェスト"が見つかる場合があります。フェアリーチェストは、"ノーダメージで敵をせん滅する""時間内に宝箱に触る"など、さまざまなお題が提示され、そのお題をこなさないと開けることができません。その代わり、成功すれば貴重なアイテムが手に入るので、ぜひ成功させたいところ。ほかにも、自分の資金を賭けて3つの宝箱から正解を選ぶ"エルフの宝箱"など、ただ探索するだけではなく、いろいろとお遊び要素が存在しています。


20160920-indies-08.jpg

そんなわけで、本作はとにかく完成度が高い作品。難易度はお高めですが、それが魅力にもなっていますし、安価なのでクリアできなくても値段分以上に楽しめるのは間違いありません。インディーゲームが好きな人も、ローグライクゲームが好きな人も、ぜひ一度遊んでみてください!


20160920-indies-09.jpg

20160920-indies-10.jpg


▼PS4®/PS3®/PS Vita『ローグ・レガシー』のPS Storeでの購入はこちらから!

20160920-indies-psstore-button.png

------------------------------------------

『ローグ・レガシー』

・発売元:Cellar Door Games
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクション
・配信日:好評配信中
・価格:PS4® 2,000円(税込)
    PS3® 2,000円(税込)
    PS Vita 2,000円(税込)
・クロスバイ対応
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------


20160920-indies-11.jpg

© CELLAR DOOR GAMES INC. 2013-2014. ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン