PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』スキルシステムと添い寝イベントを紹介!

by PS.Blogスタッフ 2016/09/09

20160909-saohr-01.jpg


abec氏描き下ろしの新キービジュアルが意味するものは......?

再構築された第一部の舞台・《アイングラウンド》での冒険が楽しめる、PlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフトウェア『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』。

仮想現実のオンラインゲームをテーマとした人気小説「ソードアート・オンライン」シリーズのゲーム化最新作とあり、ファンの注目度も高い本タイトル。ゲームオリジナルキャラクターである新ヒロインのプレミアは、NPCなのに設定が与えられていない奇妙な少女で、発売前からさまざまな憶測を呼んでいるヒロインだが......。


今回公開されたキービジュアルは、美しくもはかなげな様子のプレミアを描いたもの。イラスト担当は小説「ソードアート・オンライン」シリーズの挿絵を担当するイラストレーターabec氏。

水面に映ったもう1人の自分と向き合うこの姿は、本作のどんな内容を示唆しているのだろう......。第一部の舞台を再構築した新たなVRMMORPG《Sword Art:Origin》で、彼女と出会える日も近い!

スキルを磨いて戦闘を有利に! 「スキルツリー」システム

小説第一部の舞台と設定を同じくしつつも、《Sword Art:Origin》という新たなゲームとして再スタートした本作の舞台。そのため、歴戦の勇士であったキリトたちも一からゲームを遊び直すこととなる。たとえば戦闘を大きく左右する「スキル」は、本作ではスキルツリーに従い習得していく形式となっている。

なお、それぞれのスキルには習得条件があり、武器ごとの「熟練度」が必要だったり、ときには特殊な条件を満たす必要もある。


スキルを習得し、戦闘で強力なスキルを活用せよ!


スキルツリーを確認しつつ、どのスキルを習得しようかじっくり吟味。攻撃的なスキルを取る? それとも「パリィ」のような防御系?


ここでは片手直剣のスキル「スラント」を習得。相手にダメージを与え、攻撃命中率を60秒間下げるスキルだ。


スラントを覚えたことで、「デッドリー・シンズ」と「ソニックリープ」という片手直剣の新たなスキル2種類が習得可能に! 習得に別の武器種のスキルが必要なケースもある。

スキルの種類と特殊なスキルについて

スキルの習得には「スキルポイント」を消費する。スキルポイントは武器を使い続け、武器種ごとの「熟練度」を上げていくと手に入る。なお、スキルの種類は原作でもおなじみの「ソードスキル」のほか、さまざまなスキルが存在する。



バトルスキル

武器によらない技や体術スキルが使えるようになるもの、使用することでバフ効果を得るものなど、さまざまな効果を持つスキルだ。


バトルスキル 体術
「ウォークライ」で攻撃力アップ! HPリジェネ効果も併せ持つ。


バトルスキル 回復
「ヒーリングサークル」はパーティのHPを回復できるスキルだ。



パッシブスキル

一度習得すれば効果を発揮し続ける便利なスキル。有用な効果があるものはなるべく早めに習得し、戦闘を有利に進めたい。




エクストラスキル

複数の前提スキルが存在するなど、習得難易度が高いものが多い特殊なスキル。パーティ内での「役割」を強化するスキルが主だ。


習得条件は厳しいが、覚える価値は十分にあり!



エクストラスキルは各キャラ1つセット可能! どんな役割をキャラに与える?

エクストラスキルのエクストラなゆえんは、習得方法が難しいかわりに強力な効果を持つスキルが多いことと、そのほとんどがパーティでの「役割」を強化できる点にある。

エクストラスキルは各キャラクターに1つだけセットすることでき、たとえば「アタッカー」なら攻撃系、「ヒーラー」なら回復系、「タンク」なら防御系、「バファー」ならバフ付与など、プレイスタイルにあわせたセッティングが可能。


タンク

防御面やヘイト管理といった部分が強化される。敵の攻撃をひきつけ、仲間を守ろう。


アタッカー

攻撃が強化され、パーティの中心火力としての役割を担う。


ヒーラー

回復に長けるヒーラー。強敵と戦う際には重要なポジションだ。


手に入れた「エクストラスキル」は仲間たちにもセットすることができる。「アタッカー」のキリト、「バファー」のアスナ、「ヒーラー」のシリカ、「タンク」のリズベット......と、パーティ内の役割を考えながら自分なりの理想構成を作り上げよう。





「アバターカスタマイズ」で見た目をもっと自分好みに!

PS4®/PS Vitaでさらに美しくなった本作のゲームビジュアル。冒険へ向かう際は、アバターカスタマイズ機能を使って、キリトをより「自分好み」の容姿にしてプレイするのもアリだ。


いろいろいじって自分好みのキリトが作ってしまおう。装備の見た目も反映されるので、容姿にあわせた装備を選んでみても悪くない。


目の形、口の形、体型、髪型、髪色、瞳の色など、アバターは細部までカスタマイズ可能。


なんとキリトが女の子に!? 前作『Re:ホロウ・フラグメント』からカスタマイズ機能が進化し、女性用の衣装も装着可能となっている。



好感度を上げるとこんなこともできてしまう! イチャイチャが楽しい「添い寝」イベントとは?

本作ではヒロインキャラクターとデートイベントなどを繰り返し、好感度やフィーリングを変化させることで「手つなぎ」や、「お姫様だっこ」といったアクションも可能......というのは以前も紹介した要素。

デートでは会話に対するリアクションや、好感度による距離を見極めたアプローチなどが重要で、□ボタンで「つっつく」「ほほえむ」といったアクションも可能だが、デートがうまくいって「お姫様だっこ」の状態で自室に向かうと、なんと「添い寝」しながらおしゃべりができる驚きのイベントも発生する。


※クリックすると拡大します。
デートを繰り返して好感度を上げ、「お姫様だっこ」しても大丈夫なくらい互いの距離が縮まったら......。


究極の親密イベントとも言える「添い寝」イベントが発生。添い寝をした状態での会話を楽しむことができる。


添い寝イベントの専用ビジュアルが用意されているヒロインも!?


早期購入者特典のデザイン画を公開! 特典の「いにしえの装備 メイド服」を手に入れろ!

早期購入者特典として用意されたプロダクトコードは、ゲーム内で使用できる衣装「いにしえの装備 メイド服」が入手できるというもの。いよいよ公開となったデザイン画はこちら!


このメイド服を手に入れるためにも購入はお早めに!



ダウンロード版事前予約特典・βeater'sプレイヤー権もゲットしよう!

本作のダウンロード版を事前予約したユーザーには、製品版本編序盤の一部エリアを発売日より1週間先行でプレイできる「βeater'sプレイヤー権」もついてくる。こちらで遊んだプレイデータは、製品版に引き継ぐこともできるので、本作をいち早くプレイしたい人はこの特典をぜひゲットしたいもの。また、ダウンロード版はゲーム本編も発売日午前0時からプレイ可能という点も見逃せない。特典の詳細は公式サイトまたはこちらの記事を参照してほしい。



▼PS4®/PS Vita『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20160909-saohr-storebutton.png

たくさんのスキルの中から自分好みのスキルを取捨選択することで、キャラクターカスタマイズの幅がさらに増えた本作『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』。自分好みといえば、アバターカスタマイズの多様性もポイントのひとつ。

女の子のような見た目にもできてしまうのは「ファントム・バレット編」を彷彿とさせるマニアックさとも言えるので......発売後はぜひ、カスタマイズにアツくなってほしい!


------------------------------------------

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:RPG
・発売日:2016年10月27日(木)
・価格:
 PS4® 通常パッケージ版 希望小売価格 7,200円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,776円(税込)
    限定パッケージ版 希望小売価格 限定版 10,980円+税
 PS Vita 通常パッケージ版 希望小売価格 6,100円+税
     ダウンロード版 販売価格 6,588円(税込)
     限定パッケージ版 希望小売価格 9,880円+税
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~4人)
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』記事はこちら

------------------------------------------


『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』公式サイトはこちら



©2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン