PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』最新情報&レポート!

by PS.Blogスタッフ 2016/09/13

20160913-imasvr-01.jpg20160913-imasvr-02.jpg

話題のバーチャルリアリティ(VR)システム、PlayStation®VRの発売と同日の10月13日(木)に登場する、PS VR専用タイトル『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』(以下『シンデレラ VR』)。オンライン配信専用タイトルとして開発が進められ、価格が2,480円(税込)に決定した本作は、PS VRならではの臨場感あふれる映像と迫力のサウンドでライブを体験! 自宅に居ながらライブの興奮を味わえるという、プロデューサー垂涎の"VRアイドルライブ"だ。


20160913-imasvr-03.jpg

VRヘッドセットを装着すれば、そこはアイドルの卵たち「アイドルマスター シンデレラガールズ」が登場する、魔法のライブステージ! コンサートライトを手に取り、「舞浜アンフィシアター」のステージに舞い降りたシンデレラたちを応援しよう!!


20160913-imasvr-04.jpg

今回は、本作に収録される3種類の楽曲や、ライブを楽しむためのシステムといった最新情報を公開! また、発売に先駆けて本作を体験する機会を得たので、PS.Blogスタッフによるプレイレポートをお届けする。


20160913-imasvr-05.jpg




プロデューサーを夢のステージへ誘う、新曲を含めた3種類の収録曲を公開!

『シンデレラ VR』に収録される楽曲は、「お願い!シンデレラ」、「Star!!」、そして「Yes! Party Time!!」の3曲! 「Yes! Party Time!!」は本作のために書き下ろされた新曲で、夢のライブにピッタリな、パッションあふれる楽曲だ。この新曲のためにデザインされた新衣装と、躍動感あふれるダンスにも注目!


※クリックすると拡大します。


本作のライブでは楽曲ごとに決められたアイドルたちが登場し、ステージを盛り上げる。アイドルの入れ替えや衣装を切り替えることはできないが、客席の位置はライブ中に計6カ所へ自由に切り替え可能! その位置によって音の聞こえ方も変わってくるというこだわりぶり!


20160913-imasvr-09.jpg



収録曲① お願い!シンデレラ

20160913-imasvr-10.jpg

出演アイドル(9人):島村卯月・渋谷凛・本田未央・神崎蘭子・小日向美穂・城ヶ崎美嘉・城ヶ崎莉嘉・多田李衣菜・三村かな子


※クリックすると拡大します。


「アイドルマスター シンデレラガールズ」を象徴するテーマ曲!




収録曲② Star!!

20160913-imasvr-14.jpg

出演アイドル(5人):赤城みりあ・アナスタシア・緒方智絵里・新田美波・前川みく


※クリックすると拡大します。


TVアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」のオープニング・テーマ!




収録曲③ Yes! Party Time!!(新曲)

20160913-imasvr-18.jpg

出演アイドル(5人):島村卯月・渋谷凛・本田未央・赤城みりあ・安部菜々


※クリックすると拡大します。


『シンデレラ VR』のために書き下ろされたテーマ曲!





メインメニューで準備を整え、きらめきのライブに参加しよう!

メインメニュー画面には、ライブに登場する全15人のアイドルたちの1人が、新衣装を身にまとった姿でランダムに登場! どのアイドルが登場してくれるかは、ライブの後のお楽しみだ。収録されている楽曲のPV風映像も楽しめるため、ライブに行くのを忘れて見入ってしまうことも!?


20160913-imasvr-22.jpg



ライブを楽しむための下準備! 身に付けるコンサートグッズを設定!!

ライブには、アイドルたちの応援には欠かせないコンサートライトや、リストバンドといったコンサートグッズを身に付けて参加できる。「LIVEグッズ」画面で、身に付けるコンサートグッズを設定可能だ。

コンサートライトは、カラーはもちろん、左右の手それぞれに、同時に何本持つかまで細かく設定可能! 最大10セットまで設定でき、ライブ中に自由に切り替えることができる。楽曲の展開に合わせてコンサートライトを切り替えるといった、現実のライブのような行動も!


※クリックすると拡大します。


なお、ライブ中に行なうコンサートライトの操作は、DUALSHOCK®4とPlayStation®Moveのどちらでも楽しめる。





夢のステージを実際に体験! 『シンデレラ VR』プレイレポート!!

ここからは、PS.Blogスタッフによる本作のプレイレポートをお届けしよう。今回体験できたライブは、「お願い!シンデレラ」のステージ。"「アイドルマスター シンデレラガールズ」といえばこの曲!"ともいうべき楽曲のライブに、期待が高まる。

ワクワクしながら両手にPlayStation®Moveを持ってVRヘッドセットを装着すると、そこはライブ開催前で客席にすら誰もいない、静けさに包まれた「舞浜アンフィシアター」だった。「舞浜アンフィシアター」は、「アイドルマスター シンデレラガールズ」の記念すべき1stライブの会場となった場所。細部まで徹底再現された"聖地"に自分だけしかいないという貴重な体験に、思わず頬が緩んでしまった。





シンデレラガールズが目の前に! 最前列でライブを満喫できる夢の体験!!

ライブが始まると、ステージには卯月たち9人のアイドルが登場! 客席はコンサートライトを手に盛り上がるプロデューサーたちで埋め尽くされ、大歓声とともにきらびやかなステージが幕を開ける。......そこからはもう、驚きの連続だった。

ステージ正面の最前列という特等席で観賞していたため、アイドルたちの豊かな表情やキュートなダンスをじっくり堪能! 手を伸ばせばアイドルたちに触れられるのでは? と錯覚し、思わず手を伸ばしかけたのは秘密だ。周囲のプロデューサーたちの姿や歓声も臨場感を演出し、本当にライブ会場にいるのでは? という感覚を覚える。

そして何よりもアイドルたちが可愛らしく、存在感が格別! 「ああ、シンデレラたちはここにいたんだ......」と、何のひねりもない感想が頭をよぎるほどストレートな衝撃を受け、幸せな気持ちで心が満たされていく。





同じライブでも客席の変更で違ったものに! 程よい疲れもライブの臨場感を演出!?

楽曲が終了するとステージもそこまでのため、一回のライブは短め。しかし、今回は30分ほどのプレイ時間をいただいたので、時間の許す限り何度もライブを体験! 客席の位置を変更すると、ステージの見え方はもちろん、音の聞こえ方も変わり、同じ楽曲のライブでも毎回新鮮な感覚で楽しめる。コンサートライトを振らずにライブを楽しむこともできるため、お気に入りのメンバーの前に陣取って、その姿を心ゆくまで眺めるという楽しみもアリだ。

ひたすらPlayStation®Moveを振っていたため、終了時には腕に疲れが......。こんなところでも、実際のライブに参加したような気分を味わえるのが心憎い(笑)。DUALSHOCK®4でのプレイでは、方向キーとアクションボタンにコンサートライトの振り方がふりわけられており、キーを押してコンサートライトを振る仕組みとなっていた。臨場感を満喫するならPlayStation®Move、長時間楽しむならDUALSHOCK®4と、使い分けられるのも嬉しい!

VR空間に再現された「舞浜アンフィシアター」で、シンデレラガールズのライブをとことん楽しめる本作。自宅に居ながらライブを満喫できる夢のような体験とアイドルたちとの出会う衝撃を、本作の発売後にじっくり味わってほしい!


------------------------------------------

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:VRアイドルライブ
・発売日:2016年10月13日(木)予定
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,480円(税込)
・CERO:CERO:A(全年齢対象)
・プレイ人数:1人

※ダウンロード販売タイトル
※PlayStation®VR専用
※PlayStation®Move対応
※本製品はアイドルライブ体感コンテンツです。

------------------------------------------

PS.Blogの『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』記事はこちら

------------------------------------------


『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』公式サイトはこちら

「アイドルマスター」公式ポータルサイトはこちら

PS VR公式サイトはこちら



©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
協力:舞浜アンフィシアター

記事を探す
トップに戻るボタン